尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

塚口からギックリ腰で。それがすでにヒント

2013-10-31 07:00:00 | 健康 整体
時期的なものもあるのでしょうか。
運動会や、文化祭や、いろいろで親御さん、教職員の方のギックリ腰が増えてきた気がします。
気温の急激な低下もあるのかも、ですね。

この方は、塚口からギックリ腰手前でお越しになられました。

座ってもらうのも大儀そうな感じ。
うつ伏せはやめて仰向けだけで施術していきました。

途中でふと、、、

「こんなに痛くて塚口からどうやって来てくださったんだろう。送ってもらったんだろうか」と疑問に思ったんです。

今日最後のお客さまは「お風呂の栓を抜こうとしてギックリ腰になっちゃった」方でした。

施術をしながらいろいろお聞きしていると、最寄り駅は一駅向こう。

入ってこられたときはギクシャクと。

それでふと「こんな状態でどうやってお店まで来てくれたんだろう?」と思ってそれを聞いてみました。

答えは「自転車で」

「自転車なら楽なんですか?」
「自転車が一番、楽でした。ただ」
「ただ、なんですか?」
「信号で止まって、再度、動き出すときに痛くて、、、漕ぎ始めるとまた楽なんだけど」

聞いてよかった、と思いました。

「自転車の姿勢は楽」
ということは、この状態ならなぜ痛みを庇えるのか?どこを庇えているのか?を考えていくキッカケになってくれます。

そして、「漕ぎ始めは痛い」
ということなので、漕ぎ始めにはなにが起こっているのか?を考えるんです。漕ぎ始めに起こったことが痛みを出す引き金になる。漕いでしまえば痛くないんですから。

ギックリ腰でまっすぐに体を伸ばせない人に、ちゃんと寝かせて足の長さや骨盤の高さや椎骨のズレを調べてみなくても。

考える材料は、質問するだけでお客様からいただくことができます。
ギックリ腰の方がどうやってお店まで辿りつかれたか、それを質問させていただくだけで、「どこをみてあげればいいのか」が窺えます。

高度な検査法じゃなくて申し訳ないですけれど(苦笑)。
そのすべてに、意味が、ヒントが、ある、ということなのかも知れませんよね。
もっとお客さんの話しに耳を傾けたほうがいいよね、って思ったことでした。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの絵

2013-10-30 07:00:00 | 健康 整体
夏休みの宿題の絵。

よんちゃんも一年生のときに銀賞をいただいたのですが。

みんちゃん、特別賞をいただきました♪!♪!♪!
金賞の上で7人しかいないんだって。




夏休みにテレビでみた「だいおういか」にインスパイヤされて「海のなか」を。
それと、図鑑かなにかでみた「古代の海の生き物」を。そういや、夏休みに福井の恐竜博物館に行ったのもあって、その手の図鑑もおうちのなかに増えていました(笑)。

よんちゃんの一年のときの絵も海の中だったんですが、彼のときは潜水艦で自分も絵の中に居たけど、彼女のは、(他の絵と比べても)人間がいないという・・・(苦笑)。

しかも、メインだったイカの前を違う魚が横切ってるし(爆)←どうやらこの魚がお気に入りに途中からなったみたいです。


子どもの絵って、賞を選ぶ人は苦労すると本当に思う。
Aくんのと Bさんのと、どっちが上かって決められないよねー、子どものときは特に。大人の感性の範疇をはみ出してるもんね。
他の作品も見ててそう思いました。

選んでもらえて、良かったね、みんちゃん。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道から整体セミナーを・・・

2013-10-29 07:00:00 | 整体セミナー・整体スクール
北海道は根室からうちの整体セミナーを受講に、先日来てくださいました。
前日に「今晩、夜行バスで出発します」というメールをいただいていたので、「えっ?どういうこと?」と思っていたら、空港まで夜行バスで、ってことだったんですね。空港から飛行機で関空まで。関空からまた電車でかいつう館まで・・・
すごい・・・(驚)。

うちは、「二日間」がベーシックなんですが、事情もあって一日分だけのセミナーをさせていただきました。

僕は「人」が好きなので、セミナーのはじめや終わりかけのときにおしゃべるする、「なんとなくな雑談タイム」がとても気に入ってます。そのときに、その人となりが浮かび上がってくるからです。うちのセミナーを受講してくださる方(もしくは、この業界に入ってこようとしておられる方、すでに入っていてさらなる高みを目指している方)は本当にステキな人ばかり。
そして、この業界へ、、、という動機は人によってまったく違うのに、本質は同じところだったりするんですよね。

僕が受講生さんからお聞きしたいろいろなお話。
ここで書いたら皆さん、感動すると思うんですよね~。
(了解得ていないので、書きませんが。苦笑)

本当にステキなお仕事をさせてもらってるんだな~と改めて思った次第。


今日もありがとう。



関西でユニークな整体スクールと言えば、コチラ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肩痛、腕痛

2013-10-28 07:00:00 | 健康 整体
同じ日に肩痛、腕痛の方が続きました。

ある方は、腕をあげて後ろから身体の真横くらいにもってくるときが痛いとおっしゃっていました。
どうしてなったと思いますか?とお聞きしたら
(検査もいいですが、聞いたほうが早いんだもん。笑)
「寝るときに頭の後ろで両手を組むような格好で寝るからかなあ」と。うん、それかも(笑)。
検査して、「どこが悪いか」よりも「どうしてなったんだろう?」と考えたほうが近道のときもあるんですよ(笑)。
それが「わかれば」そのとき、「やってたこと」のなかに要因を探していけるからです。
「悪い場所」というのは、「今、このときの現状」だけを伝えてくれるだけでしかありませんから。

たとえば、こういうことも・・・・↓


もうお一人は「腕を前に出していると(運転、PCなど)腕と肩が痛くなる、とのこと。
ためしに、手と手をあわせて押し合いっこすると、痛みも強くなりました。
ということは腕を前に出し続けること、プラス「力を出すこと」もこの方の痛みには関係ありそうです。
実際にいろいろやっていただくと、「悪い場所」からでは見えてこないことも見えてくるわけです。
痛い場所、歪んでいる場所、ズレている場所、を見てみても、それだけではやっぱりわからないこともある。


よく、歪んでいるから、ずれているから、ここがこうなっているから、、、、という話を聞かされると思います。
だけど、お客さんは「こうしたら痛い」とおっしゃいます。
その「こうしたら」ということをちゃんと拾い上げていくと、「場所」だけではわからなかったことが浮かび上がってくるんです。

かいつう館はおしゃべりも多いですが、そのおかげで要因が簡単にわかることもあるんです。
つまり、、、、


みなさんのおかげです。

ってやつですね(笑)。


今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の営業につきまして・・・

2013-10-27 09:00:00 | 健康 整体
今日、27日はお昼間、お店を抜けて子どもたちの行事を見に池田市まで帰ります。
朝と、その後の夜早めにはお店で営業を続けますのでよろしくお願いします。
行事を観に行ってる間は、電話もつながりません。
合唱の発表会なものでして。
もし、よろしければ携帯から、僕の携帯にメールをいただけましたら、出演グループの交代ごとにチェックして返信させていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

kaitu-@ezweb.ne.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西宮から腰痛で

2013-10-27 07:00:00 | 健康 整体
二年くらいまえに、荷物を右から左へ、、、という作業中に腰を傷めて。
ここ2、3週間くらいで急に15分も立っていると腰が痛くなる、というお客様。
西宮から雨のなかを来てくださいました。
一応、「西宮で整体を探さなかったんですか?」とお聞きしたら、探してるうちにかいつう館が出てきたんだとか(苦笑)。

整体に行ってもあまり変わらなかったけど、、、という話もありましたが(笑)、それ以外にもいっぱいヒントをしゃべってくださいましたよ。

仰向けで寝ると足を伸ばして寝ることはできない、膝を立ててじゃないと・・・。
電車のなかで立っていてもすぐに前かがみになりたくなっちゃう・・・。

というような。
これから簡単に共通項を見出すことができます。

要はこの方は、「身体を伸ばしたくない」「身体を丸めておくと楽」とおっしゃっているんです。
仰向けで膝を立てた姿を、そのまま90度起してくれば、今度は、立位で前かがみになっている姿勢に近くなるでしょ。


で、あとはなんで身体を丸めておくほうが楽なんだろう?って考えたらするべきポイントが難しい検査をする前からなんとなく見えてきます。

たとえば、お腹が痛くて、ってときは背中が丸くなりますよね?それはそのほうが楽だからです。
このお客さんも、背中を丸くしておくほうが楽だ、と表現してるんですね。「それはそのほうが楽だから」ですよね、きっと。

ここで大事なのは、「それは身体が歪んでいるからだ」と切り捨てちゃわないことなんです。バッサリ切り捨てて矯正しちゃうと「そのほうが楽」という部分が見えなくなっちゃうんですよ。

極論すれば、お腹が痛くて背中を丸めてる人を強引に矯正して背中を伸ばさせる、ということになってくるんです。
「お腹が痛くて」が消えちゃうんですよ・・・・。


お客さんから「お腹をされたのは初めてです」と言われてしまいましたが、「今まで腰の筋肉とか腰の骨とかを施術してもらって腰痛が変わらなかったとしたら、あとは残ってるのはお腹じゃないですか」てお答えしておきました(笑)。

施術してる最中からベッドと身体の隙間に手をいれて「背中がベッドについてる!」とかいろいろ驚いてくださってました。


今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

27日の営業について

2013-10-26 10:00:00 | 健康 整体
27日日曜日は、子どもの行事の関係で、日中のお仕事を抜けさせていただきます(この間、電話もつながりません・・・)。
朝と夕方以降はお店にいる予定です。
よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

考え方ひとつで

2013-10-26 07:00:00 | 健康 整体
昨日の関連で。
富田林の方がお母様も連れてきてくださっていました。

今回は、「歩くと勝手に足が前に動いてしまう」ということでした。
周りの方は脳を疑っておられるそうで、(その可能性もあるので、まずは病院へ、ですね)ただ、手の振るえやその他の症状がまったくなく、じっと立ってるのも平気。手押し車みたいなのを押してるときも平気。なので脳じゃないんじゃないか、とご判断されてうちに来てくださったそうです。


いま、ここで考えられることと出来ること、を考えてみました。
じっと立ってるだけなら、そんなことは起こらない。手押し車を押すときも起こらない。
要は、「前に」「歩きだすと」それが起こる。

こういうことを僕は過去にみたことがあります・・・・

それも、うちの子供で。


子どもがもっと小さいとき、頭が大きくて筋力がついていってなかったとき。
前に傾くと、「トトトッ」と前に歩き出してしまい、頭が横に傾くと、横に「トットットッ」とよろけ、、、、


ふとそれを思い出したんです。


もしかして、体のなかのどこかの重心が前に寄り過ぎてそうなっているのかしらん?って。


全身の緊張をとって、まず体がまっすぐなるように考えて、重心がいい位置に来るように考えて、施術してみたところ、まずまずいい結果になってくれました。良かったですう~。
その後、日常のなかでの要因があればまた出てくるかも知れませんが、そのときはまた違う要因を考えてみようと思います。


もともと、腰痛のときにお腹をするのも、「お腹が痛い人と腰痛の人と姿勢が似ているから」ということもありました。
似ているときは、似た要因であることが多い。みたいですよ(笑)。ただ、それだと「簡単すぎて」そうは考えられない人が多い、ということだけで(苦笑)。

目の前の現象を、どう考えるか、で見えてくる世界が違ってきます。当然、そこから導き出されてくる整体観も変わってきますよね。



今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故によるムチウチ

2013-10-25 07:00:00 | 健康 整体
以前に二度来てくださった、羽曳野市のお客様がムチウチで起こしになられました。
僕がいつもよくしていただいている富田林の方が車で送ってくださいました。
遠くからありがとうございます。

ご来店時は首にカラーをしっかりと巻いておられました。

一応外していただいて、「いま、なにがつらいのか?」とお聞きすると
「上がまったく向けない」ということでした。
逆に「下を向くのは楽」だとのこと。

僕は、こういうことがわかったときは、この「二つ」の事柄が矛盾なく説明しうる要因を考えます。
どういうときなら上は向けなくて下は向けるんだろう?って。

と同時に事故のシチュエーションをどんどん聞いていきます。この方は正面衝突、、、エアバッグが膨らんで自分の顔が上を向いた状態になっていたそうです。今度はお聞きした情報が先に考えた要因を補強・裏付けるものであるか、を考えます。

だいたい、ムチウチに限らずこういう思考でやっていくんです。


今回は、事故→脳のために、また全体のために全身を固めてダメージを最小限にとどめる判断を体がした→ボリュームの大きい腹筋がカチッと硬くなって全身を止めた→腹筋が硬くなると(体の前が硬くなると)、前にひっぱる力が相対的に強くなる→「なので」下(前)には向きやすく、前(下)に引っ張られているから、上には向きづらい。
こんな想像をしてみました。


お帰りの際は、「カラー、もういらないね」とおっしゃっていただきました。うっれしーい。
最後に待ってくださっていた方が「お祓いを先生にしてもらえ」ということをおっしゃられて・・・(笑)僕は「お祓いはやってないですけど、お笑いならありますよ」ってお答えしておきました。

まあ、、、お祓いもお笑いも似たようなもんですしね(苦笑)。笑う人には憑くほうも憑きづらいですやん(爆)?なので、なるべく笑えるような施術を心がけてはいるんです(笑)。この方も「体が軽くなったー」っておっしゃってくれていました。



今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マタニティ整体・お尻痛

2013-10-24 07:00:00 | 健康 整体
最初から整体で探して来てくださった方。
妊娠5ヶ月で、以前から腰痛はあったらしいのですが、ここにきて左のお尻が痛くなってきた、とのこと。

歩いてるときも、立ち上がるときも、寝返りをするときも、お尻が痛いらしくて(汗)。

うちは、どこかの口コミサイトかなにかで、「癒し系」とか「神の手」とか書かれてあったのをみて興味をもってくださったみたいです。

まあ、神の手だったらもっと短い時間でスパスパ直しちゃうと思うんですが、うちはあいにくと60分を軽く超えちゃうことが多いです(苦笑)。そのかわり、人間らしくじっくりと施術させていただいています(笑)。

この方も案の定?80分近くかかってしまいました。
仰向けで取れる痛みはとっていって。
頭痛の話も出たのでそれも少しやって。
あとは立った状態で、靴下を履くマネでも痛みが出たので今度は立位のままで施術させていただいて。

かなり楽になった、というところで終了させていただきました。
施術のときに「身体を触っていると、どこが悪いか、どういう使い方をしてるか、わかるんですか?」と聞かれたんです。
どうして?って聞き返すと「そんな感じがするから」と。

はい、はっきり言って全然わかりません(爆)。だって、聞いたほうが早いんだもの。「どういう使い方してるんですか?」って(笑)。

このお客さん、仰向けで右足を宙に浮かせると、左のお尻が痛くなるんです。
こういうの、面白いでしょ?左を動かしてないときでも左が痛くなることがあるんです。
また、靴下を履くときに、右足で踏ん張って左腿をあげてくると左のお尻が痛くなるんです。
これは、右足を緩めたら左の腿をあげても左のお尻が痛くなくなりました。
不思議ですよね?

こんなの、検査や自分の感覚では僕にはわかりません。
聞いたり、目の前でやって見せてもらうほうが早いです(笑)。



お仕事も身体を使うものなので、痛いと大変。これで楽になってくれれば良いなあ。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加