木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

明け方はきれいに晴れていたのに、今は雲が厚くなっています。

今朝は4人のチーム練のほか、ソロのライダーにも4人も遭遇しました。

みんな、スズカに出るのかな?

さて、私がある料理や食材につかまるとしばらくそのネタが続くのは

このブログの読者ならご存知の事と思います。

この夏、東南アジア系料理の次に来たのが豆腐です。

昨日のお昼の焼き肉ワンプレートに乗っているのは、駒屋の油揚げの煮物。

「磐田市 豆腐屋」で検索するともう1軒、田中豆腐店がありました。

奇しくも、ここも毎朝の練習コースのすぐ脇、家から4km、

昨夕、仕事が終わると直行。

「あのー、豆腐と油揚げを分けてもらえますか?」

70過ぎの気さくなおじさん、「うちの油揚げは普通だよ、がんもどきがおいしいよ。」

「じゃあ、豆腐とがんもどきをください。」

豆腐100円、がんもどき2枚で160円。

豆腐は駒屋の170円に対して70円も安い、原材料の違いは豆はどちらも北米産。

こちらの豆腐には消泡剤の表記があります。

自慢のがんもどき、

油抜きして、

圧力鍋で

煮物にしました。

晩酌スタートは真鯛のカルパッチョですが、

日本酒「元文」に切り替わり、がんもどき登場。

サクサクした感じでおいしいです。

最後の1杯は冷や奴でしめましょう。

こちらは、駒屋のものに比べると非常に柔らかくて絹ごしのよう。

今度は両者を並べて食味テストをしてみましょう。

それでは今日も元気に行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 暑さを逃れて... Leaf、最後の一日 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。