東京湾の漁師 東京湾海人の日記

青混ぜ海苔の達人のブログです。

海苔網

2019年08月21日 21時32分16秒 | Weblog



組合から 海苔網の新反が 来ました。

毎年 一定数を補充します。

そして 新反は アク抜きをします。

不思議なことに アク抜きをしないと あまり 海苔の種の着きがかんばしくないのです。
まだらになったりするので 必ず 行ないます。

それでも 結果は よくないので 1年送りにしています。
それは こだわりの 私だけなのでしょうか。

このまま アク抜きを続け 春まで 置いておくつもりです。
それから 格納して 次の年に 備えます。

海苔網だけでも こうして こだわり続けます。

コメント

稲かり 続きます。

2019年08月20日 23時15分03秒 | Weblog



雨?

降らないでしょう。

よかった 降らなくて

でも急ぎましたね。

あと 3日

コメント

ヤママユ蛾

2019年08月19日 23時27分06秒 | Weblog



これで たぶん 我が家の周りには 繭から 全て 羽化したものと 思われます。

この硬い繭を 食いちぎって 出てくるんでしょうね。

さなぎから 羽化した 蛾は以降 パートナーを求めて 交尾 そして 産卵と

呑まず食わずで 一生を終えるということです。

ちょっと 寂しいですね。

コメント

向こう地

2019年08月18日 21時56分11秒 | Weblog



なんと 向こう地の サザエ

いつも 房州のサザエしか 食べたことが無いので 非常に 珍しいです。

しかし いつも 思うことは 向こう地のほうが 資源が 豊かのように 感じます。

この混雑した アクアラインを渡って ご苦労様

コメント

続く稲刈り

2019年08月17日 21時42分49秒 | Weblog



なんと この木だけで 9匹のアブラゼミが いました。
いつも この木だけは いっぱい止まっています。

暑かったですね。
稲刈りは 弟が応援に来てくれています。
助かります。

息子に 自由に仕事はさせていますが 私と弟の籾摺りは さぞかし

年寄りが二人で やっている と思うのでしょうか。

もうじき 海が 始まりますので ベカ舟の修理も あわせて やっています。
てんてこ舞いですが 家で 籾摺りの機械を修理するよりも 港でベカ舟の修理のほうが

かなり 涼しいです。

籾摺りは 籾殻を風で 田圃まで 吹き飛ばすのですが 途中 曲がりくねった塩ビ管ですので

すぐに 穴が開いてしまいます。
補強剤に ステンレス製のジュースの 空き缶を切り 貼り付けて 樹脂で 固めます。
その年しか持ちませんが 修理を重ねます。
聞くところによると この塩ビパイプの会社が 倒産したらしく この直径の塩ビ管は 市場に無いそうです。

コメント

強風

2019年08月16日 22時34分11秒 | Weblog

 

強い風でしたね。

アクアラインは 最高速度40キロ制限だそうです。

とんぼは いっぱいいますね。

夜になっても 飛ばされぬように シッカリと 掴まっていました。

コメント

花火大会

2019年08月15日 22時59分38秒 | Weblog

 

無事 花火大会が 終わりましたね。
よかったですよね。

皆さんが 楽しみにしていて 実行委員も これが終わらなければ 夏が終わらない 気がします。

これで 一区切りですね。

 

コメント

初出荷

2019年08月14日 21時46分42秒 | Weblog




木更津市で 初の お米の 出荷が 行なわれました。

農協の組合長 地元の農家組合長 の次に 私 ご挨拶をしてくれと 言われまして

右奥の私が ご挨拶を申し上げております。

「私は 農協の理事 市議会議員ということでなく 1出品者として 参加しております。」

ということで 3反5畝の お米を出荷させていただきました。

稲刈りを始める前までは 酷暑といわれるほど 日照りが続き 始めた途端 毎日 雨であります。

これから 平穏に 稲刈りが 進むことを願います。
作柄は 平年作ぐらいには 収まるでしょうね。

雨続きの冷夏を 振り返りますが 冷害でなくて よかったですね。

コメント

お盆の迎え火

2019年08月13日 21時06分19秒 | Weblog



家族 総出で 迎え火です。

先頭の孫は なくなった ひいおじいさんを 覚えていると言う。

そうして 亡くなっても みんなの心の中で 生きている限り その人は 生きているのです。

それを忘れないために お盆と言う 行事が 残されていて このように 家族が全員で参加するのです。

孫たちは いつまで 私たちと 一緒に 迎え火を 焚いてくれるでしょうか

コメント

稲刈り始まる

2019年08月12日 22時29分09秒 | Weblog




朝 昨夜の雨が 残っており 早朝からの 稲刈りは 断念

8時過ぎに わたしが 乗りだすと また 雨が降ってきました。

コンバインは 格納し 新盆の2軒を 梯子して 帰ってくると 息子が 稲刈りを 終えようとしている。

一日の稲刈りは 乾燥機の 容量で決まります。

ひょっとしたら  冷害なのかな と心配をしていましたが 県の試験場は「平年作」だそうですが

果たして 創造以上に 乾燥機が 一杯になりました。

ほっとしました。

コメント