東京湾の漁師 東京湾海人の日記

青混ぜ海苔の達人のブログです。

最後は

2021年04月14日 22時22分21秒 | Weblog

 

春は駆け足でやって来ました。

ほんと(フンチというらしいですが カネグモという)が 現れました。

茶色の蜘蛛から 最後の脱皮をして 黒い精悍な雲になります。

一般的に 田植え後に 現れますが もう いました。

 

後片付けでありますが まだ 海苔網が海に残っています。

今日は時化

まごまごしていると また 海苔が伸びてしまいます。

ほとんど 終了したのに 果たしてもう一日 摘採があるのでしょうか。

最終共販の日程が 前倒しになりましたので 間に合うかも心配です。

コメント

南が強くなるというが

2021年04月13日 22時31分15秒 | Weblog

 

凪!

急いで 防御網を外しに出かけました。

追いかけて 息子が 摘採船で 出航

・・・・たぶん 我が家は 最後の収穫か

息子いわく「また 伸びる」

 

しかし 共販の終了日程が 迫って来ました。

今日が 入札日

それから 1週間ほどで 最終共販を迎えそうです。

もう一度 採れるかな

コメント

青のり

2021年04月12日 21時12分36秒 | Weblog

 

寒い期間は 青のりは伸びずに 今 終漁を迎えようとしたとき伸びますね。

写真のように 青専門の柵を用意して 育てています。

 

ちょっと昔だったら 「そんな 馬鹿な」でしょうね。

 

貴重な 青のりは ここで採れます。

コメント

網あげ

2021年04月11日 21時28分29秒 | Weblog

 

海苔網を海から撤去をはじめました。

潮が引いて 浅くなりました。

ならば セ落としをしよう。

セ とは フジツボなどを 称して 言いますが 方言でしょうね。

 

今年は 写真のように 海綿が多く付着しています。

珍しいですね。

でも簡単に落とせるので ちょっと楽ではありますが できれば 無いほうが

いいのですが。

コメント

水回り

2021年04月10日 21時27分03秒 | Weblog

 

布団の中で 風の音を聞きながら うたた寝

海苔取りの予定でしたが 時化でしょう。

ゆっくりと 起き出して 田植えをします。

今年の田植えは 今日で終わりました。

機械を片付け 田圃の水周り

要は 水が 適当に入っているかを 見て周り 入っていない田圃には

水を入れたりして 夕方まで 田圃を見回りました。

コメント

生きる為

2021年04月09日 22時13分33秒 | Weblog

 

雉さんも ハトたちに誘われるようにして近くにやって来ました。

 

過渡期でしょう。

お医者さんは 予約制になるのが 最も多く認められます。

今日も田植えでしたが 明日は海苔を採ろう

ということで 早めに切り上げました。

田植えはもう少しになったので 急ぐ必要も無いかな

明日になれば 終わりですけど

 

コメント

田植え

2021年04月08日 21時34分19秒 | Weblog

 

河豚の産卵を見に来ましたが 今日はまだいません。

潮時が 早いのかな。

左下の 楕円形

何なのかな

ちょっと 暗くなってきたので 解りません。

 

田植えの最中ですので 海には出ませんが やはり海は 恋しいです。

コメント

田圃族

2021年04月07日 21時28分24秒 | Weblog

 

 

今朝は 起きられませんでした。

知らぬ間に 息子は 海から帰ってきました。

「海苔は 終わりだな。」

かなり 状況は悪いらしい。

ということで 私は 田植え

そして 代掻きと 田圃族で 過ごしました。

コメント

田植え

2021年04月06日 21時20分09秒 | Weblog

 

寒い風の日

しけですので 田圃をしましょう。

田植えをはじめました。

 

最初 田植え機の具合が 悪くて 四苦八苦

故障箇所を直し ゆっくりと 再始動

あせらないほうが 具合がいいのかな。

 

何が何でも 今日は 伸びすぎた苗植えてしまおう。

そして まだまだ 代掻きがあります。

とうとう 日が暮れてしまいましたが 終わりません。

コメント

田んぼが待っている

2021年04月05日 20時30分24秒 | Weblog

 

なんと 朝 起きたら 風がない

なら 海だ

支度をしていると コソコソと 北東の風が吹いて来ました。

「どうする?」

「しけにしよう。」

お互い 異議なし

写真のように 苗が伸びてしまいましたので 代掻きをしたいのです。

息子には 漁組に行くというので トラクターの燃料が切れていましたので

買ってきてくれ。

あるだけの燃料で 私は 田圃に

懸命に 耕して 夕方は かかりつけのお医者さんに

田圃の水周りをして 手を怪我しました。

看護婦さんが 待っている私の手を見て「あら!」

急いで 絆創膏を張ってくれました。

そして 隣に座って「潮干狩り料金は おいくらでしょうか?」

なんて

アットホームな かかりつけ医です。

コメント