中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

五福臨(南門)の定食は、何か面白い。スープが平日がお得らしい。

2019-09-16 08:41:20 | 南門シルクロード

あまり看板など丁寧に確認しない者だが、小さな文字で「スープが平日はフカヒレスープ、土日祭日は変更」になると記載されている。週末等に入ったことはないが、アップグーレードするのかマイナーチェンジするのかは解らないが、多分玉子スープ・コーンスープ等に代わるのかもしれない(マイナーであろう)。

 

 

 

 

五福臨 中国料理 045-754-5293

「特徴」 1.時々いろいろなサービスも付加しているランチを提供してくれる。 2.17程度までランチを提供しているときもある。 3.小規模な店であるが家庭的な雰囲気の感じる店 4.開店以降、味が格段に向上している。 5.御飯の炊き具合が美味しい店舗である。

「ランチ」 650円 料理1品+スープ+お新香+杏仁豆腐

 

五福臨「中国料理」② 南門シルクロード新規店「五福臨」のランチを試してみた。

 先日、お誘いを受けていたので「ランチ」を食べて見た。①エビとイカのチリソース②牛肉と玉葱の炒め③チャーシューと玉子のふわふわ炒め④スブタ650円⑤担々麺+炒飯750円がそろっている。

 ここは定番「スブタ」で試してみた。酢豚は初めての店で良く頼むメニュー。単純・オーソドックスであるが、その店の味が正直に出る物。料理人の味の好みがわかるものと勝手に決めている。

 ご飯、玉子スープと香の物(ザーサイ)が運ばれてきた。ご飯・スープは大きめの器に入れられてくる。おきまりのスープ呑み(飲み干してみて・・様子を「お代わりのお誘い」)ほしを決行する。何度か前を通るが、気配はない。

 その後料理が運ばれてきたので、食事に専念する。まずは印象。粘っこい。たぶんと思い食べて見れば、「あまーい」。時々ある酢豚。酢の香味も殺されてしまうほど。肉はそこそこに入っているが、野菜は少ない。スプーンも添えられていない。

 味付けがしっかりしているので、ご飯が進む。お代わりを頼むが・・・、あまり頼む人がいないのだろうか。メニューにも「おかわり自由」とはない。ここは私とは印象がわるい明華の隣。有料では・・・の不安。

 杏仁豆腐も甘めの仕上げ。甘い感じが好きなのかもしれない。店は中華街が初めてらしい。その成果、華々しい開店の雰囲気がなかったが、・・・。これからがんばりたいと意思表明を強いた。ご飯はサービス、安心しました。

 ランチのボートの裏側で発見できなかったが、開店サービスをしているらしい。組み合わせれば、ビール3本+ピータン+バンバージー+翡翠蒸し餃子を頼んでも2650円。2~3人等で楽しめそうである。

 

 

 

 

 

 五福臨「中国料理」① 一周年の五福臨のランチを堪能。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 老舗がなくなり、大通りにつ... | トップ | 魚屋がいとなむ中華料理店、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

南門シルクロード」カテゴリの最新記事