中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

相変わらず低価格のコースも紹介「宴会コース」。3980円(飲み放題付)なら十分。「龍興飯店」

2017-03-31 08:22:54 | 香港路
意外と海鮮も得意な龍興飯店。低価格で満足できるものを提供してくれる13品で飲み放題が付いて3980円。その名も宴会コース。吞まないのであれば、海鮮のコースもある。2階だと50名程度は可能(貸し切り)。とにかく多彩なコースもあるのも楽しみである。ランチも見逃せないのがこの店舗。以前は大いにお世話になりました。飲み放題・食べ放題でも2980で済むらしい。     &n . . . 本文を読む
コメント

「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART8詳細  中華街にいろいろな食事を店オリジなるのコース(料理)を食べ尽くしましょう

2017-03-31 06:30:05 | 媽祖小路
この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp 参加したい方はご連絡ください。ネットでカルチャー(散策・グルメ)   「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART8詳細   中華街にいろいろな食事を店オリジなるのコース(料理)を食べ尽くしましょう 中華街は、「路地歩き」「牌楼を確認しながらの町歩き」「中国茶」「料理体験」「コースを . . . 本文を読む
コメント

占い業界も大変らしい。香港路にできた「金運館」では、500円にダンピング。

2017-03-30 08:56:36 | 香港路
 20軒程度はあるであろう増えた占い店。顔写真入りの占い師のラインナップは当たり前であるが、変な風俗店まがいの店舗にもみえる。客引きも多くなっている。タイムサービスとなっているが、かなりの時間帯がワンコイン状態。もうそろそろ中華街で占い店はいいのではないだろうか。             &n . . . 本文を読む
コメント

「ユーポー麺(中華風油蕎麦)」と言う物が、新しくできた七福小籠包で提供されていた。

2017-03-30 08:42:25 | 香港路
 東新飯店がなくなり、香港路に新しい店舗「七福小籠包」が開業した。小籠包と店名にうたっているので、当然小籠包がメインな料理店だと思うが、いろいろな料理も提供している。中山路にある食べ放題の店の追加店だが今後どのように展開されるかが楽しみである。マーラー麺なる物も紹介されていた。でも「牛バラ肉入りマーラー麺」は強烈そうである。         . . . 本文を読む
コメント

台南小路③「杜記」。刀傷麺専門店であるが、単品・ランチも充実。麦酒も380円で食べられるのはありがたい。

2017-03-29 08:15:56 | 台南小路
小規模の店であるが、四川を中心とする刀傷麺がおいしい店。少しずつ単品も出すようになっていたが、最近は品数もだいぶ増えてきている用である。おもしろいのは、ランチメニュー。5種もあるがすべて定食タイプ。最近は、刀傷麺はランチにはいっていないのかもしれない。でもおいしいピリ辛料理。この店の物は独特である。賞味あれ。         &nb . . . 本文を読む
コメント

台南小路②福楼の向いにある「ニイハオ(你好)」。料理は福楼同様だが、飲み放題も始めていたらしい。

2017-03-29 07:49:49 | 台南小路
何度お世話になっただろうか、点心もついて600円程度から食べれるランチは、私にとっては非常にうれしい存在。ボリュームあるランチが食べたいときにはうかがった物である。異国情緒が感じる台南小路、いまだに3軒が魅力ある店舗を継続してくれている。       你好「台湾料理」⑩ そんなときは路地で「焼きそば・ニイハオ」 你好「台湾料理」⑧ ニイハオ(台南小路 . . . 本文を読む
コメント

台南小路(香港路と市場通りをつなぐ路地)の福楼もがんばっている。「アサリ麺」もあったらしい。

2017-03-28 08:24:10 | 台南小路
あさり麺と言えば、中華街では吉兆(北京小路)というのが代表格。ついで福建路の双明楼かもしれない。いつも通り何度も訪れている「福楼」。アサリ麺には目が向かなかった。しかし、野菜・根菜類も入った具だくさんの模様。このディープ名店で食べるのも良いかもしれない。           中華街で忘年会。24名も集まる大宴会。「フカヒ . . . 本文を読む
コメント

もうそろそろ暖かくなってくる来る時期「火鍋」を寒い日に食べておきたい。四川飯店(中山路)。

2017-03-28 08:19:51 | 中山路
写真で見る限り一式は結構な量があるようだが、四川料理専門店の火鍋は寒いときに食べておきたい。辛い鍋とこくのあるスープの鍋両方を楽しめるのは、中国人らしい発想である。でもよく見れば、具材は3種の選択なのかもしれない。後は追加注文すれば楽しめるのもしれない。鍋を楽しむのは冬だけではないが、やはり季節感は日本人にはあるのかもしれない。得意の刀傷麺が〆というのもありがたい。   &nbs . . . 本文を読む
コメント

メニューが豊富で様々な物も提供する「京城飯店(香港路)」。何かおいしそうな「有頭エビの鉄鍋辛子焼き」

2017-03-27 08:55:17 | 香港路
中華料理で「エビ」は様々な料理として珍重されるが、鉄板を得意とする京城飯店では、バーベキュー的な「鉄鍋」仕上げが紹介されていた。大きめの皮付きエビがどんと入っているが、香ばしさが伝わってきそうな雰囲気。唐辛子も多そうなので、辛い物かもしれないが、おいしく仕上げられているに違いない。ビールに合うが、この店は麦酒も300円/程度。安心して頼めるかもしれない。     . . . 本文を読む
コメント

関帝廟通りの「龍翔記」、小型ではあるが鶏(たぶんダック)を開店しながらディスプレイしている。

2017-03-27 08:51:31 | 関帝廟通
  食べ放題ではあるが「北京烤鴨」を打ち出している龍翔記。開店はしないようであるが、店頭で仕上げられている。効果を生み出すためであろうか、扇風機が添えられているのは、中華街らしい。硝子を触ると結構熱いからきちんと仕上げをしているのかもしれない。1980円(2140円「税込」)でこれも含めて食べられるのだから大変な物である。食べ放題も増えてしまうのはしょうがないのかもしれない。 &nbs . . . 本文を読む
コメント