中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

私が中華街でおすすめする店2018④ 謝甜記弐号店 本店の奥さんが営んでいるモダンなお粥のおいしい店。

2018-10-04 10:06:49 | 上海路
 私がわがままの聞く店は謝甜記かもしれない。以前常連客だった方から案内され度々宴会をした店舗。そのうちにいろいろな要望答えてくれるようになった。現在は、代代わりして息子さんが切り盛りしているが、んの味は維持している。中華街のお粥と言ってもそれぞれの店でかなり違う。現代風にアレンジしながら、幅のある世代に受け入れられているのは謝甜記かもしれない。       . . . 本文を読む
コメント

上海路も多少賑やかになった。「CHILLUULU」

2018-09-12 06:38:04 | 上海路
 モダンな建物が出現し、どうやらパンケーキの店らしい。中華がではないが店舗が少ない上海路に新たな光が差したと言う気がします。何か中華街でも違和感を感じないのは、謝甜記弐号店のモダンさと合っているのかもしれない。 私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成30年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横 . . . 本文を読む
コメント

謝甜記弐号店の前を通れば、「カレー」の案内。いや4階にカレー専門店ができたらしい。

2018-09-11 06:06:02 | 上海路
 ①サバ味噌カレー②海鮮マリネ③かつおだしカレーあんなど、いろいろなメニューかあるらしい。屋号は「ヨコハマシャリアンカレー」、どうやらこのビルのオーナーでもある「辰寿司」が本格的に、カレーを始めたらしい。すでにマスコミなどにも取り上げられているようである。でも本業の鮨はどうなっていくのだろうか。         はりランチは中華街「桂宮 . . . 本文を読む
コメント

中華街で長年ちゃんぽん一筋で勝負している店が「上海路(長崎屋)」にある。地道な店舗、食べてみるのも一考である。

2018-07-16 06:45:43 | 上海路
ちころが、私が見たときの看板は「(昔ながらの)ナポリタン」「麻婆丼」。確かに再度目にではあったように思うが、これほど堂々と出されると何も言えなくなる。でも王道のチャンポン・皿うどんは忘れていない。セットもなかなか面白い。普通の街にある店舗のようなもの。中華街のちゃんぽんしどうだろうか。         中華街で唯一のチャンポン専門店。長 . . . 本文を読む
コメント

春節頃の写真を整理していたら④ 彩香でも季節の料理が出されていた。春もおいしい物があった。夏メニューが楽しみである

2018-07-09 09:32:32 | 上海路
ランチもそうであるが彩香は季節毎の料理を提供してくれる店、何か情報がと思い写真を確認していたら、春節頃「春のおすすめ」が出されていた。フカヒレは別として、①黒酢豚2000円②あさりのオリエンタルハーブ風味2000円③皮付き豚バラ肉プアール茶煮込み650×4=2600円、仕上げは例湯これがおいしい④春の例湯2000円、とすれば8600円/4人だと約3500円で収まる。この季節の量での組み . . . 本文を読む
コメント

春節頃の写真を整理していたら③ 謝甜記弐号店の前に面白い看板

2018-07-07 06:00:51 | 上海路
どうやらこのビルのオーナーの鮨屋が「カレー屋・シャリランカ」と言う物を作ったらしい。4階と言うから辰寿司のスペース。看板を見ても鮨屋のカレーとなっているので、同じ店舗でしているのかもしれない。新しくなってから入っていないが、きちんとした鮨屋。どうしたのだろう。テレビでも紹介されたらしく、行列もできたのだろうか何か不思議なビルになってきていた。以前、謝甜記弐号店は向かいの作業場で営業、社長等の配慮で . . . 本文を読む
コメント

上海路② 大通りにあった「広新楼」が復活してから2年ほどになるだろうか、相変わらず魅力的なメニューが?

2018-07-06 07:35:41 | 上海路
 隣接する許厨房とともに特徴のあるランチ。こちらは全面に打ち出している「横浜野菜」を使った⑥「色々横浜野菜炒め」、どのように野菜炒めが提供されるのか楽しみである。聞かずに頼んで感動したいメニューである。そのほかにも①パクチーあるいはルッコラとレタス豆腐麺サラダまたは横浜野菜炒め、これは説明が必要かもしれない。サラダは野菜が選択できるようであるが、次が難解「豆腐麺と野菜炒め」の選択なのだろうか。中華 . . . 本文を読む
コメント

上海路① 市場通りにあった「許厨房」が復活してから3年になるだろうか、相変わらず魅力的なランチが?

2018-07-05 08:17:19 | 上海路
 家庭的な営みを続けている許厨房、上海路で頑張っている。中華街でも人通りが少ない上海路、謝甜記弐号店があるので、人が集まるが、新たな店舗として許厨房・広新楼(大通りにあった店)が再開、店舗を増やしている。単なる道路となっていた通りが、何か賑やかになってきている。 私が見たときは、①油淋鶏②宮保蛯仁③木耳肉④月見豆芽麺750円⑤お魚ランチ800円。目がとまったのが「お魚ランチ」、また魚をだしてくれる . . . 本文を読む
コメント

中華街にも新しい店① 上海路では、帽子店「RACHLL」という物ができていた。

2018-03-09 21:35:08 | 上海路
長らく空き家となっていた上海路の店舗が、帽子店となっていた。広新楼・許厨房に隣接して開業していた。上海路はそうでなくても人通りが少ない道路。こんな所に帽子店が生まれていた。大丈夫であろうか、本通り側にもあるが、客足は多くないと思う。でも中華街に不思議に増える帽子店、何か理由があるのだろうか。歩道を占拠し、格安の帽子・マフラーなどを無造作に販売していた。           . . . 本文を読む
コメント

やはり広新楼(KOSHIN-RO)の料理はこだわっている。ランチでも手を抜いていない。

2018-01-26 08:34:10 | 上海路
以前は大通りに店を構えていた広新楼。この所上海路に復活した新店舗は、以前とはイメージは違うが、メニュー・ランチを見てもも、客目線(気持ち)を考えてくれている。野菜・料理のビミョーな選択。以前の気配りはしっかりと残っている。最近は、横浜(神奈川)野菜にもこだわっている。⑥の「丹沢もやしとニラのピリ辛そぼろ肉炒め」など楽しい一品かもしれない。         廣新樓「広東」① . . . 本文を読む
コメント