中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

中華街で一軒だけあった女性向けのショップ(福建路)「ラブリーショップ(ぬいぐるみ店)」閉店?

2015-05-10 05:26:23 | 土産・小物
看板も裏向けに、中も大規模な改装が実施されている。これは元の店舗に戻ることはない感じ。やはり、この手のショップは短命でした。しかし、2年ほどは頑張ったのかな。中華街では異質な業態、まして一通りの多い道から離れている。頑張っていたが、大変だったのかもしれない。       そうか福建路にある「Love dourney」はぬいぐるみ専門店なのだ。 &nb . . . 本文を読む
コメント

中華街で常温のまま持ち帰られる「饅頭」が購入できる店。

2014-12-26 03:53:41 | 土産・小物
中華街では対外の店が「饅頭」「点心」を頼めば購入できる。たいがい冷凍品を準備しているが、これからどこかに出かけるというと「冷凍品」は持ち運びに対して面倒な場合がある。とは言っても、郵送費までかけて土産とするのももったいない。常温で購入できる美味しい店を聞かれることが多い。             &n . . . 本文を読む
コメント

土産物店として頑張る「マライカ」。面白いカエルが「カサカエル」と言うらしい。

2013-09-18 08:21:49 | 土産・小物
 何か目を引く物があると面白い。なにか愛嬌がある。土産物屋はいろいろなところで見つけてくるのであろうが、特に中華街の店は、努力して居るような気がする。でも900円と言うのはいささか高いのではないだろうか。   . . . 本文を読む
コメント

エッグタルトは知っているが、公生和(大通り)では「蛋塔酥(タンター・スゥー)」

2013-06-18 14:07:45 | 土産・小物
エッグタルトだろうが、公生和では蛋塔酥(タンター・スゥー)と銘打って、自慢の品として出している用である。コピーも「ミルフィーユ生地」。それくらい優しい仕上げになっているのかもしれない。そういえば、どこか違うような、洋風の仕上がりともなっているようである。先日食べたが、ケー気のような感じでした。       . . . 本文を読む
コメント

香港路の駄菓子屋百貨が「笑顔(開運招福ストア)」になってからしばらくたつ。

2013-05-31 06:41:35 | 土産・小物
中華街の最近のはやりは「占い」。不思議に観光客の方なのであろうか、多くの女性が占いの店を利用しているようである。占い師は免許がいらないようである。従って、いろいろな店で様々な占い師の方々が頑張っている。ここは似顔絵などもやっているようである。以前の土産物とは違うが、なにか明るい雰囲気。市場通りに馴染んできている。   . . . 本文を読む
コメント

やはり同發は王道を行く、別館の売店で「馬拉糕」「煎堆仔」を中心に販売。

2013-05-22 06:28:42 | 土産・小物
同發別館の売店は、昔ながらの佇まい。同發らしい売店。別館と一体となっているので気がつかない場合が多いが、同發のおいしそうな土産等を準備している。この時期のシンプルな菓子は「馬拉糕(マーライコウ・中国蒸しカステラ)」「煎堆仔(ゴマだんご)」は土産の王道。特にシンプルなだけにその店の作り方が物をいう。綺麗に作られたごま団子は、一度は食べておきたい一品。   . . . 本文を読む
コメント

ついに上海路にも「占い店」。しかし、価格は985円。やや安い。

2013-04-22 08:01:32 | 土産・小物
占い店も屋号があるらしい「愛梨アイリー」という店舗らしい。なんと上海路を「上海ロード」と命名している。間違いではないが、店舗は非常にサッパリしたオープン店舗。もうそろそろ中華街だけでも占い師に関する資格・定義が生まれても良いのではないだろうか。   . . . 本文を読む
コメント

もうすでに開店していると思うが、「岩座(IWAKURA)」と言う店が開店(南門シルクロード)いるらしい。

2013-04-04 07:22:07 | 土産・小物
 私がごひいきにしていた。王興記の場所にパワーストーンの店が開業するらしい。どうも親会社は「チャイハネ」。蘇州小路のデデも改修。どうやら新たな業種を投入するらしい。たぶんすでに開業しているはず。最近中華街に行けずにいる私は確認できていない。情報があればうかがいたい。 でも岩座と書いて「IWAKURA」と読むのであろうか。   「王興記」のイメージ  良い店でした・ . . . 本文を読む
コメント

りーろん(「江戸清・市場通り」)では、張りぼての人形が大切に吊されていた。

2013-03-10 07:33:06 | 土産・小物
何の行事だっただろうか各店舗が張りぼての人形を制作していた。それを大切に保存・展示している店舗も多々ある。りーろんはそんなスペースはない。そうなれば?天井から縁起物の亀を吊している。何か心温まる雰囲気を生み出している。と思うのは私だけだろうか。 江戸清も頑張っています。「カップDEちまき」。 りーろん(江戸清)関帝廟においては、秋のメニュー(饅頭)。 豚まんの江戸清は、「チャーシ . . . 本文を読む
コメント

翠華の跡地、1階売店スペースの一部が「帽子屋」に!

2013-02-02 04:49:25 | 土産・小物
店名は定かではないが、1階の一部に「帽子屋」が誕生している。省スペースでの営業だが、中華街の中にある帽子屋との関連は調べていないので解らないが、不思議に中華街にはおしゃれな帽子屋が多い。やはり観光地、帽子を欲しくなるのだろうか。でもなにか親しみのある店である。   . . . 本文を読む
コメント