中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

最初に企画に応じてくださったのが「毎日文化センター(カルチャー)」 「散策記録をまとめます」

2020-07-08 05:12:49 | 大通り
毎日文化センター  中華街おいしいランチの楽しみ方&お店散策 毎日文化センター 中華街 中華街楽しむ・知る講座     13時30分15時30分程度 実際に中華街で飲食をしてみて①お店の人の解説を聞きながらの飲食②飲食のオーダーの方法、利用方法③食後の「ミニレクチャー」を講座として組み立てます。 第1回 12月20日(木) 「ランチをコースにして食べて見よう」 . . . 本文を読む
コメント

以前あった老舗(華勝楼)の面影を全く残さない一角、何か屋台風に小さな店が増えてきた。残念。

2020-07-06 06:01:11 | 大通り
大通りで違和感のある一角、まして萬珍楼の隣、以前は個室高級中華料理店として感張っていた華勝楼、取り壊されバラックのような建物が建てられ今や景観も損ねている。最近は間口1間程度の割ともなっている。ティクアウトは楽しめるが、中華街では自由に食べられるスペースがない。ゴミは捨てられている悪循環がある。その一つの「庄苑」以前の間口を半分とし、タビオか専門店が入った。最近は2店舗割りが4店舗割りになったよう . . . 本文を読む
コメント

(三国演義と)隣接する福臨閣はきれいに店を維持している。居抜きで経営している店舗でも違うもの。

2020-07-05 04:46:01 | 大通り
 色々料理等も工夫し、サービスメニューも多い福臨閣。「お得料理セット」と言うわたくし好みのセットも提供されていた。院内も落ち着いたスペースその中で長のみが1250円でできるのであればありがたい。お腹が空いていれば、定食にランチにビールという手もあるかもしれない。 お洒落なメニューも多く、「特製フカヒレ三昧コース」が2000円程度で食べられるのはありがたい。経営は大変なのだろう、店の一角を「福茶」に . . . 本文を読む
コメント

中華街大通りに新しくできた「三国演義」。お踊りらしくない看板が気になるが?

2020-07-04 06:25:29 | 大通り
 中華街では禁止されている客引きを堂々と行う新店舗。中華街の雰囲気を壊していることは間違いない。中華街の商店会(発展会)にもは入っているのだから、もう少し考慮してもらい物である。以前あった老舗が、非常にモラルのあった店、残念である。 食べ放題をメインとしている店の中華街の進出はやはり歓迎されない物である。まだ入ったことはないが? いよいよ警戒は開放されました。感染に気をつけて中華街で鋭気を養いま . . . 本文を読む
コメント

状元楼は今年で65年目らしい。やはり中華街の老舗である。おいしい料理が楽しみである。

2020-07-03 07:24:55 | 大通り
  中華街では美食節(150程度の歴史のある中華街。歴史を有する世界最大級の中華街としての魅力をより多くのお客様に隅々まで深くお届けしたいという思い)があり、各料理店が先日までおいしい特別料理を提供していた。今年はコロナで大変だったとも聞く。 状元楼でも毎年工夫し、毎年のように賞も受賞している。それらの料理を楽しんでもよいが、今年は一層記念の65周年、いろいろなイベントもあると思う。現在 . . . 本文を読む
コメント

同発新館の売店は、その都度(季節)事おいしいものを提供してくれている。

2020-07-02 06:24:07 | 大通り
 以前は中華街最大のホールを持っていた新館。耐震とも聞くが、スペースを入口のみに縮小し、ティクアウトとイートインのスペースで頑張っている。以前から併設されていた売店では同発ならではの土産物が取りそろえられている。当然、おいしい点心も販売されている。 「芝麻湯圓」という、「黒ごまあん入り白玉」を寒い時期には販売されていた。何か和風の雰囲気のするスイーツである。     . . . 本文を読む
コメント

老舗を買い上げた「鵬天閣」中華のテイクアウトと思っていたが、なんと「パイナップルケーキ」。

2020-06-10 07:07:07 | 大通り
そういえば、原宿・表参道あたりで、パイナッブルケーキが流行っているという。わたくしも台湾系の店に入ったことがあるが、バナナだったかもしれない。そのあたりは非常に流行に速い店舗はつかんでいるのかもしれない。以前あった庶民的な大型店(白楽天)が何か懐かしい。あまりモダンになりすぎるのも問題である。 いよいよ警戒は開放されました。感染に気をつけて中華街で鋭気を養いましょう。   &n . . . 本文を読む
コメント

中華街もしばらく行っていない。もうじきいけるかな① 謝甜記本店も最近はさっぱりしてきている。

2020-06-09 05:01:44 | 大通り
店内を多少整備したらしく、まち中華らしい雰囲気から少し進化したような気がする。先代が作った料理店もすでに70年。お粥と言えば謝甜記(中華街)という人も多い。ほぼ同じも野を出すが、本店派と弐号店派に分かれる。わたくしは奥さん家族が運営する弐号店が落ち着くが、本店の雰囲気・味はさすがというところがある。比較してみてほしい。 いよいよ警戒は開放されました。感染に気をつけて中華街で鋭気を養いましょう。 . . . 本文を読む
コメント

龍翔も飲食店として落ち着いてきた。焼き物がおいしい大通りの店。

2020-05-11 06:15:15 | 大通り
 同發の向いに焼き物専門店として開業した「龍翔」も、飲食店を併設することで店構えにも貫禄が出始めた。最初は仮店舗のような雰囲気でつるし焼き豚を堂々と同発本店の真ん前で始めたのだから、偉い。でも食べて見ると同發の物とはまた別な感じのする味。独自性が活きたのであろう、お客もついてきているような気がする。  わたくしが食事した頃は、焼き物を中心とするメニューしかなかつたが、正式許可を取ったのだろう、今 . . . 本文を読む
コメント

同発別館の「贅沢ランチ」は、平日限定ではあるが、楽しみである。

2020-05-10 05:16:04 | 大通り
本店のランチも楽しいが、ミニコースのように盛りだくさんに組み込まれているランチも楽しい。おかず(メイン)が2種つくものと、1種に点心つくものいずれも6品から7品のセットとなっている。やはり品数が多いと中華料理も楽しい物。1400円は決して高くは感じない組み合わせである。1回の天井の高いスペースで食べるとのんびりできる。季節の料理も楽しい物が出されているが、牡蠣も季節が終わっていることであろう。 . . . 本文を読む
コメント