脱“障害者” ~社会がもたらす障害をなくそう~

協立(Costanding)すなわち、障害の有無程度に関わらず支え合う社会を目指して

12月15日(火)のつぶやき

2009年12月16日 | Weblog
16:06 from web
社会福祉士通信教育、次の課題は、高齢者介護保障政策の歴史的展開について。
17:29 from web
ついに最後の課題。本人の主体性を尊重した援助とは何か。ある意味自分の出発点でもあテーマ。知的障害者の余暇活動ボラで、本人の主体性を尊重する必要を感じたのは10年以上前、学生のときでした。
21:20 from Keitai Web
市役所の健康福祉局の忘年会に途中参加。百人以上いて、企画した職員たちはサンタの仮装。自分は普段施設にいて役所にはいないので、懐かしい面々と話ができてよかった!参加者には横濱良品館のお菓子が配られた。
by takenday on Twitter
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 12月14日(月)のつぶやき | トップ | 12月16日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hoso)
2009-12-16 04:58:21
知的障害者の主体性を尊重するということは とても大切ば事だとおもいます どのような場面に遭遇した時にそのように感じたのでしょうか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事