脱“障害者” ~社会がもたらす障害をなくそう~

協立(Costanding)すなわち、障害の有無程度に関わらず支え合う社会を目指して

地区フォーラム

2009年03月30日 | 記事
3月7日、慶応大学日吉キャンパスにて、
日吉地区フォーラムが開かれ、行ってみた。
自分の住む横浜市港北区の社会福祉協議会では、
いくつかの地区に分かれそれぞれに社会福祉協議会がある。
このうち日吉地区で行われていた活動が発表された。

仕事に時間を割くことが多く、自分の家は
ほとんど寝るだけの場所になっている。
自分の住む地域にもっと目を向かなくては。
コメント

春の外出

2009年03月30日 | 記事
3月6日、松風学園の利用者の春の外出行事に同行。
自分のグループは港北区のショッピングモールへ。
雨と寒さの中ではあったが、買い物、食事を楽しんだ。

実習生として松風に10日間来ていた学生も
この日が最終日で、利用者さんとほぼマンツーマンで
しっかりと付き添いをしてくれていた。

施設の中では普通に暮らしているように見える利用者も、
こういうところに来ると、食事、トイレなど
いろいろ不便が出てくる。
しかし、周囲のお客さんはこちらに対して奇異の目で見ず、
店員も普通に接してくれるのが嬉しかった。

こんな当たり前のことがもっと広がってほしい。
コメント

シンポジウム、の後の懇親会

2009年03月29日 | 記事
2月28日、横浜市主催の
「働きたい!あなたのシンポジウム」第5回が
情文ホールで行われた。

1~4回までは自分も関わっていたが、
今回は異動して初めての開催。
自分は参加できなかったのだが、
非常に盛り上がったようで、嬉しかった。

懇親会に途中参加した。
主催者はじめお客さんと楽しく話す。
異動した後でも人の輪が広がっているのは
とても心強いものだ。
コメント

講演会

2009年03月29日 | 記事
2月27日、横浜知的障害関連施設協議会(知障連)において
同志社女子大教授の村瀬学氏の講演があった。
氏は、「自閉症」という著書の中で、
自閉症がいかに特殊なことではないかを説いている。

自分も常日頃そんなことを思っていたので
とてもさらっと頭に入る内容だった。
コメント

滋賀フォーラム

2009年03月29日 | 記事
2月20~22日、滋賀県にて地域福祉のイベント、
アメニティネットワークフォーラム3が開催された。

全国の実践者や議員、知事、国の役人らが
トークや議論を繰り広げる。
バリアフリー映画祭なども同時に行われ、
千数百人ともいわれる参加者は朝から晩まで浸かるのだ。

2日目の夜は立食パーティ形式で交流会があり、
全国から来た参加者と懇談。

自分は仕事の合間を縫って21~22日に参加。
「障害者と報道」「触法障害者」などの分科会に出て
大いに刺激を受けた。

中には議員を過剰に持ち上げたり、
障害のある当事者の参加があまり見られなかったり
といったところは少し疑問だったが、
とにかく全国一のイベントと言ってもいいだろう。

帰りの新幹線では、一緒に行った同僚と飲みながら、
「横浜ではどんなことができるか」
「地方の市町村と横浜のような大都市では支援のあり方が違う」
なんて話で盛り上がったりした。

(写真はホテルから見た琵琶湖)
コメント

Yネットセミナー

2009年03月22日 | 記事
2月16日、横浜市内の有志施設による人権擁護活動、Yネットが
当事者向けのセミナーを開催した。
松風学園からも8人が参加。
自分も付添で同行した。

セミナーでは、施設利用者である自分が、
施設職員から意に反したことをされたとき
(例えば読んでいた本を時間だからと取り上げられたり
居室に勝手に入ってこられたり)
ちゃんと「いやだ」「やめて」と言えるようになろうと、
ロールプレイを行った。

普段人前で話す機会の少ない利用者には
刺激になったのではないだろうか。
もちろん、暗に職員としても気をつけなければと
気づかされるセミナーだった。
コメント (1)   トラックバック (1)

バレンタインデー

2009年03月03日 | 記事
2月14日、バレンタインデーに、女性利用者から
チョコレートを何個かいただいた。

施設では同性介護の原則があり、
女性利用者の支援をするのは女性の支援員なので、
基本的に男性の支援員が直接介助することはない。
もちろん自分も直接介助することはないけれども、
女性棟の管理職なので、唯一自由に(もちろん節度をもって)
出入りすることが許されている。
したがって、女性利用者にとっては、
ある意味、一番近い異性であると言える。

誰にとっても、異性の存在は、人生を豊かにする。
だから、ただ話し相手をするだけとはいえ、
異性としての自分の存在は有意義だと認識している。
(このことは、学生時代に保育所でアルバイトをしていて、
唯一の男性スタッフだったときも感じていた)

さてこの日は、泉区自立支援協議会という、
区内の障害福祉事業所たちのネットワークが主催する
シンポジウムが開かれた。
そのテーマは結婚、恋愛。

自分のいる施設は、利用者の平均年齢50歳。
とはいえ、ささやかな恋心はあるものだし、
恋愛まで考えなくても、男女の利用者を完全に分けずに
支障のない範囲で、一緒に活動することを意識したい。

別に現在完全に分けているわけではないが、
上記のように支援員が男女と別れていると、
自然に活動も分かれてしまうので、
男女の支援員同士が話し合いつつ、
利用者の豊かな生活について考えていければと思う。
コメント

インフルエンザ

2009年03月03日 | 記事
1月から2月にかけて、世間と同様、
松風学園でもインフルエンザが流行した。
施設全体というわけではないが、一人が発症すると、
その周囲の職員・利用者が次々と発症した。

その間、その一帯の利用者は、外出も極力なくし、
屋内でも共有スペースには入っていただかないようにし、
外からもなるべく人を入れないようにした。

言うまでもなく、これは本人たちの自由を制約するもの。
しかし、安全をいかに確保するか。
その境で考えている。
コメント