越後の大工刃物販売日記

大工刃物産地の新潟から日々感じた一言。
最近は食べ物ブログに変更しつつある?

小瀬の若鮎2 

2009-09-30 20:41:46 | おいしいよ(スイーツ)
先日紹介した「小瀬の若鮎」の詰め合わせを、また関市の虎屋刃物商店さんからいただきました。

今回は3種詰め合わせ。



小瀬の若鮎

甘さ控えめな求肥をハチミツがたっぷり入ったふんわり柔らかな生地でくるみました。焼き立てにこだわり、日に何回にも分けて焼くので、溶けるように美味しさが口の中に広がります。
夏季限定の商品でございます。

優しい甘さの生地とこれまた甘さ控えめの求肥が相変わらず美味い。





新製品 2012年ぎふ清流国体の応援菓の「きらめき

たっぷりのバターと上之保産のゆず果汁を加えた生地で、自慢のつぶあんを包んで焼き上げました。ゆずの香りがさわやかな、ソフトな焼き菓子に仕上がりました。47年ぶりの岐阜県での国体を盛り上げたいという思いをこめて、開発いたしました。



新潟では今「トキめき新潟国体」が開催されていますが、これは3年後の「ぎふ清流国体」の応援菓。 こんなお菓子があるんだ。

写真で見た感じのままのお菓子ですが、ひとつ伝わらないものは、ゆずの香り。

中の餡はつぶあんなのでつぶあん派としては、これはうれしい。





梅ゼリー

奥長良川の冷水と厳選された梅で作られた、ほんのり甘酸っぱいゼリーです。固すぎず柔らかすぎない絶妙な食感と、天然の紫蘇の美しい紅色もお楽しみください。

シソの香りのゼリーがさわやかな食感。



ワインカラーの宝石箱や~!



コメント (2)

田斎 「松樹千年」

2009-09-29 21:00:51 | 道具
極田斎 木目追入ノミ 3寸5分の朱丹(紫檀)柄です。

柄には汚れないようにビニールパックしてあり、取ればすぐに使えます。

7月に田斎さんの工場見学にお連れしたお客さまの注文ですが、思ったより早くできてきました。





美しいですね。

写真だけ撮らせていただいてすぐに納品しました。

大事にお使いください。

でも、もったいなくて実際に使えないかも?
コメント

ファミリーマート 「こだわりカレー」

2009-09-28 20:44:49 | おいしいよ
出張中、無性に食べたくなってファミリーマートで見つけた「こだわりカレー」

なんと今どきだからか 298円!

前に期待しないで食べた時に意外においしくて驚いたカレーです。



12種類のスパイスとフルーツを使用したこだわりカレー

フルーツがたくさん溶け込んでいるようで甘さを感じるが、だんだんスパイシーになっていって口の中はホット状態。

具はほとんど(全く?)なくルーのみだが、なんだか美味い。安い。そして量は少なめ。



カレーの好みも個人差があるので、自分ではおいしいと思いますが、味の保証はいたしませんのであしからず。
コメント

兼続・お船ミュージアム 入場者10万人達成!

2009-09-27 19:34:37 | 与板


先日(9/20)の新潟日報の朝刊で「兼続・お船ミュージアム10万人」の記事を見つけました。

NHK大河ドラマ「天地人」の放送開始に合わせて、今年1月にリニューアルオープンした時には年間5万人の目標でしたが、約8ヶ月でなんと倍の10万人の入場者を記録しました。

以前の4/26のブログ記事「兼続・お船ミュージアム 入場者3万人達成!」では、年間10万人が達成できるのではと書いていますが、それ以上のペースで達成しました。

今後の目標は20万人とのことだが、いくらなんでもそれはちょっと・・・・いつまでに・・・

すでに「天地人」の舞台は会津に移っていて、すぐに山形へ、なにより「天地人」があと3ヶ月ほどで終了してしまいますから。

「天地人」後が、問題ですね。


でも、この小さな町によくぞこれだけの人が来てくださったものです。

ありがとうございます。

・・・・・

上記の記事は20日すぎころに作って投稿が今日になったのですが、偶然にも本日(9/27)の新潟日報に南魚沼市の「愛・天地人博南魚沼」の入場者数が30万人を記録したとの記事がでていました。

「愛・天地人博 南魚沼」も見学させていただきましたが、とても見やすく楽しめる展示で市の中も見所や宿泊設備もたくさんあり集客力が違いますね。
コメント

餃子の王将 「天津飯とシューマイ」

2009-09-26 19:04:50 | おいしいよ
【 食べ物ブログファンの方々??お待ちどうさまでした


出張中(9/16)、ちょっと前の話になりました。


夕食を久しぶりに愛知県西尾市の餃子の王将でいただきました。

この店は自分で食べた王将の中では一番おいしいと思う店。

王将マニアではないので、10軒以下程度でサンプル数がそれほど多くはないですが・・・。



天津飯 399円 

前に食べた時にはご飯の中に刻んだショウガが入っていたような気がしたが、今回は入ってなかったようでわからなかった。

ふっくら玉子と甘い餡がとっても美味い!

王将の天津飯といえば関西と関東で味付けが違うとテレビ番組でよく話題になるがここは関西なので茶色の中華味でした。

ケチャップ味の天津飯なんて食べたことないなあ。





シューマイ 241円

今晩は餃子よりシューマイが食べたい気分。



蒸したてにカラシをつけて・・・う~ん、美味い!



王将は店によってメニューだけでなく味が違うのですが、この西尾店はやはりどれもおいしいと思います。

と、いうよりこの店以外はもう利用してないので確認のしようがないのですが、最近の王将は、マスコミでかなり取り上げられているので以前より全体に美味しくなっているのかもしれません。


今回は、この店の欠点である2品頼むと異常に間があいて持ってくるので「いっしょに食べたいのにもう食べ終わっちゃうよ」がなくて2品がすぐに提供されてよかったよかった。

時々無性に食べたくなるので次はいつになるかな?

コメント

晩年夫婦鉋 「千寿翁・萬寿翁」の削り比べ

2009-09-25 19:19:06 | 碓氷健吾氏
【 3日間続いた業界ネタも今日が最終日。】


「夫婦鉋」の本の中でも紹介されている「千寿翁・萬寿翁」鉋の削り比べの現場に立ち会いました。

この鉋ができた時に碓氷さんは削りテストを上條先生に依頼され、その結果が上々だったことから先日からようやく販売を開始されました。

鋼をいろいろと試してみて、切れ味は問題ないのに顕微鏡でみるとちょっと組織が気にいらないとボツになった試作鉋がかなりあるとのことです・・・すごい。

この鉋が完成するまでの碓氷さんの苦労もずっとリアルタイムで見ているので、本と同様こちらも満足のいく鉋ができたようなのでよかったです。




今回 3人の削りの名手が揃ったことから、碓氷さんの自宅で急遽削り比べとなりました。

最初はご自分で台入れして調整もされた上條先生から。



その後に、杉村棟梁。



小川棟梁も。



名人の競演というすごい光景でした。

3人の感想は、千寿翁と萬寿翁は甲乙つけがたいほどの切れ味でほとんど違いがわからないくらいに切れるとの事でした。

この材料では強いていうとサンドビック鋼(炭素鋼)の萬寿翁の方が艶がでているような気がするけど、他の材料ではまた違った切れ味がでるかもしれないとのことでした。

次回の「削ろう会」会報(12月ころ?)で、この鉋について掲載される予定です。(上條先生が削る写真も)

お楽しみに。
コメント

「夫婦鉋」出版記念お祝い会

2009-09-24 20:01:17 | 碓氷健吾氏
4連休の中の9/22に「夫婦鉋」の本の完成記念のお祝いが碓氷さん主催で開かれ、私までがご招待いただきました。



参加者は、本の制作に関わった杉村幸次郎棟梁、上條勝先生、小川三夫棟梁(写真後列左から)と私、碓氷さんご夫妻の6人。

聞き書きの塩野米松先生は、法要とぶつかったため残念ながら欠席されました。

本の完成までの様子と内容は昨日のブログ記事で。



「想像してたよりいい本ができた」と、とってもうれしそうな碓氷さんご夫妻。



普段は飲まれないのに少しお酒が入っていつもより饒舌な碓氷さん。



小川棟梁とは初対面でしたがとても気さくで懐の深い方でした。

上條先生とは旧知の間柄でしたが、いつもながらおちついて温厚なお人柄です。



「削ろう会」の会長の杉村棟梁には、9年ほど前に与板で「削ろう会」があった時に私が立ち上げたばかりの「越後の大工刃物・大工道具」のHPに「削ろう会」のページを作成したので許可をいただこうとお話ししました。

その時に「「削ろう会」ではHPを作らないので代わりにやってください」とお願いされてから準オフィシャルサイト?として活動しております。

以来、その後「削ろう会」でお会いするたびにご挨拶してお話をさせていただいています。




上條先生と杉村棟梁は「削ろう会」の今後についての会談ですかな?

杉村棟梁と小川棟梁は同年代らしいですが、小川さんがあまりこのような会に参加されないそうで意外にも初対面に近い感じでしたが、意気投合され何度も握手されていました。



日本を代表する鍛冶屋さんと宮大工さんによる昔の名工や鉋について、日本建築や「削ろう会」の今後についてなど有意義なお話をたくさんお聞きすることができました。

例の「火天の城」も原作者や映画監督まで小川棟梁に話を聞きに来られたり、シナリオの訂正をしたなどという興味深い話なども聞けていつまでも話は尽きず・・・。

気が付けば4時間半も経っていてお開きになりましたが、まだまだ話足りない感じでした。

驚いたのはお三人ともお酒が強く、どれだけ飲んでも全く乱れず最後まで楽しいお酒だったのは、下戸の私にはうらやましい限りでした。

とっても楽しい至福の時を過ごせて幸せでした。

楽しい時間をありがとうございました。
コメント (2)

碓氷健吾・明恵著 「夫婦鉋」の本が完成しました。

2009-09-23 07:33:09 | 碓氷健吾氏
このブログのコメント欄で依頼がありましたので、「夫婦鉋」の本について紹介します。

今年の春ころから碓氷さんが執筆をスタートした本が、9月17日に無事完成して納品されました。

私も少しは関わったので感慨深いものがあります。



この本が完成するまでの過去のブログ記事

2009/5/1 碓氷さんの近況報告

2009/6/4 碓氷健吾氏の執筆進行中

2009/8/15 碓氷健吾・明恵 著「夫婦鉋」



カバー


カラーグラビア写真:仕事の工程 


カラーグラビア写真:代表的鉋一覧(私が撮りました)


研究論文(勘にたよる鍛冶屋さんではなく科学的思考もされる方です)


顕微鏡写真による研究成果


第ニ部「私たち夫婦鉋鍛冶人生」は聞き書きの名手といわれる塩野米松氏による文章


この業界の方はご存知でしょうが、碓氷健吾氏は越後与板の鉋の鍛冶屋さんで日本でも一・二といわれる名工で、平成13年には勲六等瑞宝章を受章されました。

昭和3年9月28日生まれで今年で81歳になられます。

その碓氷さんが、鵤工舎の宮大工の小川三夫棟梁さんと長野県上松技術専門校の上條勝先生の勧めで鍛冶屋人生の集大成として後世に記録に残すために執筆されました。

内容は、ご自分の生い立ちだけでなく、鉋の製造過程や鋼について今までの研究結果もまとめたこの業界の人なら必ず読みたくなるような本です。

「削ろう会」で発表された論文やカラーグラビア写真なども会長の杉村幸次郎氏の許可を得て、豊富に掲載しました。

私は、ひょんな事から碓氷さんが書かれる手書き原稿をワードに起こして校正と取りまとめのお手伝いと鉋の写真撮影などをさせてもらいました。

お手伝いをする中で、碓氷さんご夫婦にはたくさんお世話になり、またいろいろと教えていただくことができました。

完成した本を手に取ってみて、いい本ができたのではとうれしく思っています。

・・・・・・

この本は販売サイト「越後の大工刃物・大工道具」でご購入できます。
コメント (2)

セブンイレブン 「滋賀の恵みプレート」

2009-09-22 19:15:48 | おいしいよ
出張中、セブンイレブンの滋賀県限定の弁当「滋賀の恵みプレート」をいただきました。

滋賀県とセブンイレブンは共同で結構いろんな商品を開発しているようです。


滋賀の恵みプレート 598円




滋賀県産牛肉のソテー


チキンのトマトソース煮と滋賀県産下田なすのチーズ焼き


滋賀県産小松菜のツナコーン和え


滋賀県産水菜漬け


滋賀県の牛肉といえば近江牛だが、さすがにこれは違うのでしょう。

味付けがわりと濃いのでおかずとしてはよし。

パスタもレンジした時に溶けたバター風味で美味い。

ナスは好きだけれどチーズ焼きはいまいちおいしくなかった。

滋賀県と関係ないようなチキンのトマトソース煮が普通に美味しかった。

この弁当もネットクーポン取得で170円のポイントバックがあり、実質428円。

このポイントバックと「滋賀県限定」があったから買ってみたけれど、通常ならこの価格の弁当の選択はなしかな。
コメント

与板十五夜まつり 創作みこし

2009-09-21 19:27:28 | 与板
与板十五夜まつり最終日(9/20)


町内、団体、有志、幼稚園、保育園などによる創作みこしの行列が昼からメインストリートを通行止めにしてありました。

10年以上、生では見てなかったけれど、久しぶりに見たら以前よりかなりグレードアップしているのに驚きました!

大人みこし、子供みこし、既成みこしの3部門があり、大人みこしと子供みこしは3位まで、既成みこしは優勝を決めるらしい。


稲荷町(子供みこし優勝)       幼稚園(子供みこし2位)       


水道町(子供みこし)          新風會(既成みこし優勝)


橘井會(大人みこし優勝)       安永(大人みこし2位)



横町(大人みこし3位)         与板支所会                


水道町(大人みこし)


時節柄、「天地人」、直江兼続、お船のテーマが多いですね。

手造りの「みこし」とは思えないほどの出来映えのものがたくさん。

みんなかなりの時間を費やしてがんばったんでしょうね。


弟の町内の水道町が大人も子供も3位までに入らないとは審査の基準がわからない。

ひいき目でなく、よい出来だと思うのだが・・・おかしい???

・・・・・

偶然撮れたナイスショット!(と思うんだけど・・・)

コメント

与板十五夜まつり 本番2

2009-09-20 20:24:00 | 与板
与板十五夜まつり(9/19)の続き。


ここが、登り屋台の最終目的地の八幡様。



境内には、いろんな露天もでていて賑やか。

屋台が登って来るのはまだまだ先なのにすでに観客が待機中で通路は歩くのもままならず。



恒例の松明走行。遠くから松明を持った団体が近づいてくる様子は壮観。

この後にいよいよ登り屋台がスタート。



八幡様は自宅から歩いて5分くらいのところなので「ちょっとそこまで見てくるか」の感覚でお出かけ。

自宅近辺の道路には車がいっぱい駐車しているのを見るとかなりの人出か?

全部で3台の屋台が登るが、八幡様に到着するとちょうど1台目の上町の屋台が登ったところ。

すんなりとは上げずにかなりの時間をかけて右に行ったり左に行ったりして時間を調整してから一気に上げる。

久しぶりに生で見たが、やはりワクワクして興奮してくる。



2台目の新町の屋台。



引き手の方も大興奮!!



さあ、最後のひとふんばりだ!




10年ぶりに目の前で見ましたが、他の地域の方が感心したようにすばらしいお祭りだと思いました。

いつも出張にぶつかるのでなかなか見ることはできませんが、守り続けたいお祭りですね。


前の「与板十五夜まつり」の記事も参考にどうぞ。
コメント

与板十五夜まつり 本番1

2009-09-19 20:53:42 | 与板
昨晩9/18夜の民謡流しから今年の与板十五夜まつりが始まりました。

例年なら月の中頃は出張で留守なのですが、今年はカレンダーの関係で少し遅れたおかげで約10年ぶりに家にいます。

今日19日(土)は、午後から町の中心部を通行止めにしておまつり広場が開催されました。

明日から4連休なので、今日は仕事をしていたけど少し早めに切り上げてでかけてきました。(ブログネタ、ブログネタ!)


ここで車はストップ          フワフワアンパンマン


やきそばなどの屋台村         エレファント特急


打刃物製作体験コーナー        かんな削り大会


キックターゲット              ダンプカーしがみつきゲーム


竹とんぼ製作コーナー(ありゃ専務!)  大判焼きも今日からオープン!   


あちこちに絵灯篭が。 みんなかなりうまい!


よさこい小学生かわいい!      よさこい中学生迫力満点!


与板舞踏団「舞夢」の「天地人あゝ兼続」かっこいい! 


お天気も暑くも寒くもなく、雨の心配もないのでかなりの人がでていました。

子供向けの催しが多いが、みんな楽しんでいる様子。

この他にも金魚すくいや、綱引き大会などがありましたが、こちらは間に合わず残念。


夜の部に続く。
コメント

ココプレッソ

2009-09-18 21:07:29 | おいしいよ
meiji と POKKAが共同開発した「ココプレッソ

「贅沢なココアと芳醇なエスプレッソのうまさとうまさがうまざった。」



セブンイレブンでは、携帯でネットクーポンを取得してからナナコ(プリペードカード)で支払いをすると、あとでポイントが一部戻ってくる商品のリストが定期的にメールで連絡がくるのですが、今回のリストの中にこの「ココプレッソ」がありました。

最初に申込みが必要ですが、現在店頭ではあまり紹介してないのでわからないかもしれない。

これは120円の商品なのに、あとで120ポイントが戻ってくるので実質はなんとタダ。

前にも「アムスメロンのホイップメロンパン」が145円で145ポイントバックがあったが、通常は一部バックで全額はめったにない。(当たり前

普段は缶コーヒーは飲まないのですが、せっかく(無料)なのでいただきました。

あまり甘くなくココアのコクとコーヒーの味がよさそう。

でも、冷たいまま飲んだためか、香りをあまり感じなかった。

リピートはなしかな。
コメント (8)

松屋 「豚と茄子の辛味噌炒め定食」

2009-09-17 21:08:40 | おいしいよ
今の一押しメニューらしいノボリにつられて茄子が好きなので、久しぶりに松屋へ。



豚と茄子の辛味噌炒め定食 580円

定食についている野菜サラダ



フレンチドレッシングをたっぷりかけていただく。 新鮮な生野菜が美味い。



豚肉と茄子とたまねぎを辛味噌で炒めたものだが、肉がちょっと硬くて茄子が柔らかすぎ。




味噌の味が濃くてごはんがススムくんなのだが、リピートはなしかな。

コメント

映画 「火天の城」 見ました!

2009-09-16 21:06:11 | 日常雑感
出張中の日曜日(9/13)、前日の12日からロードショーが始まった映画「火天の城」を見ました。

映画の舞台が滋賀県の安土なので、地元?彦根の映画館(ビバシティ)は、普段と違って結構な混み具合でした。




4~5年前に山本兼一氏の原作を読んで感動してから、まさか映画になるとは思っていなかったので楽しみにしていました。

「火天の城」関連の過去のブログ記事

2008/11/4 火天の城

2009/6/18 信長の館 

2009/6/24 映画「火天の城」宣伝ホームページ


オープニングで鉋の薄削りがあったが、鉋の見せ場はそれだけでちょっと物足りなかったけど、あれだけの話をよく映像にしたなあと感心。

ノミや釿(ちょうな)、鉞(まさかり)などは結構出てくるけど、鉋かけは一番絵になるので残念でした。

CGを駆使して作ったのだろうけど、映像化するのは大変だろうという場面がたくさんあったのにたいしたもの。

最後があまりにあっけなく「えっ、これで終り???」と拍子抜けしたエンディングでした。

でも、全体的にはよくできた映画ですので業界の方は(もちろんそうでない人も)見ても損はないですよ。

(原作はもっとおもしろいけれど・・・)
コメント