座間郷総鎮守 鈴鹿明神社ブログ「社務日記」

神奈川県座間市入谷西鎮座、座間郷総鎮守 鈴鹿明神社の神事や日々の様子、神社の豆知識をお知らせ致します。

祭具の修繕

2024年05月28日 | その他

今日は予想より雨の上がる時間が多いものの、基本的には小雨が降ったり止んだり。

境内の掃き掃除は早々に見切りをつけ、屋内でできる作業を中心に行いました。

そのうちの一つが神社で用いる道具の修繕、写真にあげましたのは拝殿の椅子「胡床(こしょう)」の塗り直しです。

この胡床は木部分が黒く塗られており、やはり座る方の踵が当たる部分ですので足元が擦れて色がはがれてしまいます。

ヤスリを掛けて一度木目を晒してから漆を塗り直す、のが一番丁寧で美しいのですが、流石に素人がそこまではできません。

応急処置という事で、はがれた部分を黒く塗り直すに留めました。今は「漆風塗料」というものがあり、扱い易く色も同等で、便利なものです。近くで見ると筆跡が分かってしまう出来ではありますが…

夏、秋、冬とこれから神社の行事が増える時期です。出来る事から準備をして参りたいと思います。


紫陽花

2024年05月27日 | 境内の様子

日本列島の太平洋側に梅雨前線があり、梅雨の時期も徐々に近づいてきています。

又、今日の午後から明後日の早朝にかけて接近してくる台風の影響もあり警報級の風雨になるところもあるようです。

梅雨の時期といえば紫陽花。


参集殿の中庭にあるものはすでに色付いています

境内の紫陽花も色付き始めたものや花が付き始めたものと様々。


社務所前にあるものは未だこれから


今年新たに植えたものまで


柏葉紫陽花

6月8日には当社の御田植祭が斎行されますが、そのころには全ての紫陽花が見頃を迎えるのではないでしょうか。

今年の梅雨は雨が多いとの予報。

蒸し暑く不快な時期となりますが紫陽花を愛でることで少しでも気分を変える事ができたらと思います。


鯉の奉納

2024年05月26日 | 境内の様子

当社には度々鯉の奉納があります。

大概はご自宅で飼われていた鯉を当社の神池へと放流するかたちとなりますが、大きさもそれぞれでご自宅の大きな池で飼われていた大きなものや水槽で飼われていた可愛らしいものまであります。

当社の神池の水は裏の龍源院の裏から流れてくる湧水が注いでいますので、比較的綺麗で水温も少しひんやりとしています。

ストレスがかからないようにそっと放流致しました

奉納をお考えの方は鯉をお持ちになられる前に先ず神社へご一報下さい。


境内の様子

2024年05月24日 | 境内の様子

本日は大変穏やかな晴天に恵まれております。九州地方では梅雨入りが発表され、台風1号も発生したとの報道がございました。沖縄では大変激しい雨に見舞われているようです。十分お気をつけください。

朝より境内清掃を行いながら、境内の植物、木々の様子を見てきました。この時期は、アジサイ、ツツジ、梅の実などなど様々な植物が生き生きとしております。お参りの際は見つけてみてください。


境内樹木の枝下し

2024年05月23日 | 境内の様子

当神社では夏の例大祭前や年越し前を始め、大事な行事の前などには植木職人の方に入っていただいて境内樹木の剪定等を行っています。

しかし手が届くところであれば職員の手でするべきというもの。今日の午後、空いている時間に境内の外に伸びた枝を一部切りました。

玉垣の外はすぐ道路になっているため枝葉が通る方の邪魔にならないように気をつけてはいますが、この時期の緑の成長はしばしば予想を超えます。もし参拝の折に危ない枝等を見かけましたら、お知らせいただけますと幸いです。


南天の開花

2024年05月22日 | 境内の様子

南天と言えば濃緑の葉に寒い季節の赤い果実、赤飯の飾りにのど飴の名前に…というのが一般的なイメージでしょうか。

当神社の境内にもあちらこちらに南天が植わっているのですが、暑くなってきたこの時期、冬には実がなっていた南天の頂上に白い花が咲き始めているのを見つけました。

実よりもさらに小さい花で、つぼみはまるで白米のようです。

季節が変わるごとに境内では様々な木々が花を咲かせます。ご参拝の皆様も木々のその季節ならではの姿を探してみてはいかがでしょうか。


梅雨近づく

2024年05月21日 | 境内の様子

日中は強い陽射し、風は涼しく時折雨の日があって…と、今月初めに急に夏らしくなってからはある意味変化の少ない天気が続いています。

しかし今日沖縄・奄美地方が梅雨入りを迎えたとの事。境内でも次の季節のしるしが見え始めました。

アジサイの蕾も形になってきました

境内の清掃中にもキノコが見られるように

既に暑い日が続いていますが、これから湿度も上がって熱中症の危険性も高まります。

皆様もお庭の手入れ等に併せて、暑さ対策もなされますようお勧め致します。


小満

2024年05月20日 | 

昨日から続いている雨で最近の暑さとは違い、今日は涼しくも感じます。

さて、今日からは暦では『小満』(しょうまん)と言われる時期に入ります。

この小満とは万物の成長する気が徐々に強くなり、天地に満ち始めるという意味があるそうです。

またこの時期は、秋に蒔いた麦が穂をつけ農家の方が、ほっと一安心出来る頃です。このように「小さく満足する」ことから『小満』と呼ばれるようになったそうです。

この時期の気候は落ち着いて過ごしやすいですが、本格的な梅雨に先走りぐづいた天候のことを「走り梅雨」と言い、その後に晴れた日が続き、梅雨入りとなるそうです。

そうなると昨日と今日の雨は「走り梅雨」なのかも知れませんね。暦を気にしてみるとこの時期はどのようなものなのか知ることが出来ます。

皆様もこの時期はどのような時期か暦を参考にしてみると面白いかもしれません。

 


境内の清掃

2024年05月19日 | その他

本日、午前中はお宮参りや交通安全等のご祈願で境内が賑わいを見せました。

午後からは、各所境内の清掃を行いました!

桜の季節から一気に新緑の季節へ境内も様変わりしましたが、雑草も一気に成長する時期でもあります。本日は、参集殿中庭の草むしりを行いました。

清掃前は一面雑草だらけでありましたが、何とか雨が降る前に草むしりを終えることが出来ました。これからも皆様方は気持ちよくお参りできるよう、境内の美化に努めてまいります。


注連縄奉納同志会総会開催

2024年05月18日 | 注連縄奉納同志会

今日は朝から強い日差しが照り付けてこの時期にしてはとても暑い日和となっています。

五月五日に立夏を迎え暦の上では夏になっており、座間でもちらほら田植えを行う田んぼも出てきました。

当社のお田植えは毎年6月初旬。この辺の田植えの最盛期となります。

当社のお田植えから稲刈り、最終的には注連縄の奉製を行って頂いております注連縄奉納同志会の総会が本日午後3時より開催されました。

会員39名のところ出席者は27名で過半数を超えているので総会は成立

執行部

奥津副会長の司会にて開会されました

井沢会長の挨拶

規約により議長は会長が務めることになっています

令和5年度事業報告や決算、令和6年度の事業計画や予算を審議し了承を得て総会は無事終了しました。

その後、来賓を含めて懇親会を行いました。

当社の注連縄は餅藁で奉製されておりますのでお田植えの際はもち米の苗を植えています。

田起こしなど令和6年度の活動はすでに始まっているかと思われますが、これからの一年宜しくお願い致します。


一粒万倍日

2024年05月16日 | 

本日は暦の上で一粒万倍日でございます。

一粒万倍日とは、一粒の種を蒔くと万倍にも実が結ぶ意から、開店、種蒔き、投資は吉とされ、逆に人から物を借りたり借金は凶とされます。

一粒万倍日は二十四節気と干支の組み合わせによって決まります。今月は28日も一粒万倍日になります。

大きな決め事や新たに何かを始めるときなどは暦を見て、参考にしてはいかがでしょうか。


皐月十五日月次祭 斎行

2024年05月15日 | 神社祭事

本日7時より国の隆昌と氏子崇敬者の皆様方の弥栄をご祈念申し上げ、月次祭を執り行いました。





今朝は気温が低く少し肌寒く感じましたが、日中は汗ばむ陽気となりました。

これからの季節は更に気温が上がってまいります。

暑い時期が長く続きますので、水分補給等を行い体調を崩すことのなきようお願い致します。


神奈川県神社庁相模中央支部祭式研修会開催

2024年05月13日 | 神社祭事

朝から雨が降りしきる本日午前9時より当社参集殿に於いて神奈川県神社庁相模中央支部祭式研修会が開催されています。

神社庁から祭式講師をお呼びして年一度の祭式研修となってります。

神奈川県神社庁相模中央支部とは厚木市、座間市、海老名市、綾瀬市、大和市と愛川町、清川村内に鎮座する神社神職の集まりです。

この研修は一年に一度みずからの神社作法を点検する役目を担っていますが、神職も高齢化と共に参加者が減少傾向にあり近隣支部にもお声がけを行い他支部より参加者を募っての開催となっています。

研修会前には当社で正式参拝を行ってから参集殿にて行われています。

 

午前は基本作法を行います

祭式研修は通常午前は基本作法を行い、午後は年毎に内容を変えて行っています。

午後の内容は建築儀礼

建築儀礼では地鎮祭や上棟祭といった建物を建てる際に行う祭典の作法を祭壇等を準備して執り行う予定です。

この研修は午後4時頃に閉講式を行う予定です。

天気は警報級の大雨という予報も出ていましたが比較的日中は小雨の時間もあり風もそれほど強くないようなので安心しました。

日頃の作法とはいえ自己流になりがちなところもあり神職にとって一年毎に見直す機会があるのは大変貴重な時間だと思われます。


御神輿のお祓い

2024年05月12日 | 境内の様子

当社ではお人形のお焚き上げ前のお祓いなども承っております。

本日は古くなってしまった御神輿のお焚き上げ前のお祓いを執り行いました。

お人形などは9時から16時半までの時間でしたら、当日の受付でもご対応できますが、このような御神輿などの大きなものは事前にお電話にてご相談いただけると幸いです。

またガラスケースや段などはお預かり出来ませんのでご了承ください。


太鼓橋の清掃

2024年05月11日 | 境内の様子

今日も朝から青空広がって日差しが強く少し暑さを感じますが、強い風が吹いているでせいでとても過ごしやすくなっています。

境内の常緑樹が次々と葉を新しいものに変えていくため、時季外れの古い葉が沢山落ちてきています。

それに合わせて花も咲かせているのでいろいろな花粉が飛んでいて掃除を始めるとくしゃみが止まらなくなる時があります。

それに合わせて境内の太鼓橋の欄干などが土埃や花粉で汚れが目立つようになるので逐次清掃を行っています。

この季節は何度か拭き掃除を行っています

境内には桜の花の名残がいっぱい落ちてきています。

落ち葉などが落ち付くまで今しばらくかかりそうです。