迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

2011年11月02日 | さ行 外国映画
いわずと知れた「三銃士」であります!
銃士隊というのは、文字通り銃(この場合、マスケット銃)を装備した王の私兵みたいなもんだが、王の私兵ということはすなわち近衛兵ですな。とっても士気が高く、腕がいいのですが、銃をぶっ放して英雄・・よりは、やはりここは剣で戦わないと!

銃士の中でも特に腕に覚えありの、歴戦のつわものが、アトス・アラミス・ポルトスの三人でやんす。でもって、この三人のキャラクターを冒頭の数分ですっぱり見せてくれるうまい技は、なかなか!女不信に陥りそうな切れ者・アトス、神に仕えし色男・アラミス、気は優しくて力持ち、でもって伊達男のポルトス!そして田舎から血気盛んに銃士を夢見るダルタニヤンと役者は揃いました。

この配役がうまい!実際のところ、三銃士という話は、実はダルタニヤンが主人公で、若きダルタニヤンが無鉄砲少年から成長し、先輩銃士の三人と力を合わせていく!という流れですが、ここは三人に魅力がないとひきつけられない。でもって、見事に体言しているのであります。

うーーん、あたし的には、色男・アラミスのルーク・エヴァンスが良かった!香水の名前までになったというハンサム振りが見事に出ております。
ポルトスもいい。ポルトス役のレイ・スティーブンソンってのは、あたしがはまりまくったドラマ「ローマ」でダブル主人公だった人。このときの存在感がハンパなかったのですが、いい具合にキャラが生きてた。
声が印象的なマシューさんの切れ者のキャラもうまく効いてて、あとはダルタニヤンです。

ローガン・ラーマンねええ・・・。懸念はここだけだったのですが、敢闘賞をあげたい!うん、ガンバってた。百戦錬磨のおっさんたちを向こうに回して、臆すことなく堂々と渡り合ってましたね。

あたしゃ、常々、オーランドさんは、悪役顔だと思っていたのですが、悪の権化、バッキンガム卿はピッタリだったのではマッツのロシュフォールも、クリストフのリシュリューなんて、この人しかいない!みたいにはまってます・・・と言うことは、とにかく見事な配役。この配役をそろえた監督の慧眼の感服いたします!

歴史的なとこに、いろいろと文句をつけたいのは山々ですが、野暮なことはやめましょう。デュマの描いた「三銃士」のコンセプトをきちんと活かし、いい具合のエスプリと、はっきりくっきりした物語に仕上げたのは御立派です。

映画の冒頭、平和だったフランス云々・・・とありましたが、平和だったと言うのはごくわずか。この物語の王であるルイ13世の父、アンリ4世の時代にようやくそれまで延々と続いていたユグノー戦争が終わり、なんとかカトリックと新教徒を和解させたのですが、まだまだ政情不安定。

そういった政情不安な状況に必要だったのが、政治のスペシャリスト、いわゆる宰相と呼ばれるような有能な政治家だったわけで・・。それがリシュリューなのでありやす。デュマによって、超悪人にさせられてしまった枢機卿ですが、実際のところはどうだったのでしょうねえ。

次も続くようですので、この後もどう描かれて行くのか、マッツさんの後継者は誰になるのか、楽しみに待っていたいと思います!

◎◎◎◎

「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

監督 ポール・WS・アンダーソン
出演 ローガン・ラーマン ミラ・ジョヴォヴィッチ オーランド・ブルーム クリストフ・ヴァルツ

コメント (21)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 10月のまとめ | トップ | 肉or魚?? »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cochi)
2011-11-02 22:27:24
こんばんは。
巷では、何故か芳しくないようですが、全体の甘さはもともと、こんなもんですよね。少年少女の楽しみの《三銃士》ですから。僕は、この手のお話は、小学校時代からの大ファンでして、とにかく超スペクタルに変身して大満足なんです。でも、余りにも幾多の刺激ある作品に寝れ親しんでしまって、多少の消火不良感覚は残りますが。
3D映像がこんな物語にも充分効果的となると、これはいよいよ世界が広がります。世界観のバリエーションは幾つも用意されたほうが面白い。終わり方からすれば、続編ができるようですが、いよいよこれからが戦いの本番、どんな仕掛けが出てくるか、三銃士ファンとして、興味津々です。ダビンチの飛行船を持ってきた所がいいのか悪いのか、判断に、困りますが、いろいろ新解釈で面白かったことまちがいなしです。
できれば、より悪役っぽくやってくれたほうが、より輪郭がはっきりして盛り上がるのでは。
Unknown (cochi)
2011-11-02 22:31:32
寝れ親しんで⇒慣れ親しんでと訂正
よく似たような表現ですが、誤解を招きます。
Unknown (KLY)
2011-11-02 22:32:28
確かにローガン君がんばってましたねぇ。ってかほぼ全員が彼より格段格上の役者ばっかりですからね。日本ではどちらかと言うとミラとオーリーでお客さんを呼んでますが、私が好感持てたのはそれがウソではなかったこと。
ほら、よく名前だけつかって実は全然でてねーじゃんよ!ってパターンあるじゃないですか。ちゃんとフィーチャーされていたし、だからと言って三銃士の側が軽いわけじゃないというバランスが上手かったなと思います。
楽しめました♪ (マリー)
2011-11-03 00:02:53
私もアラミスが良かったです~。
あと幼い王様がいいキャラだった!

ローガンくんはガンバってました。
若いのにいい役どんどん貰って~なんか“もってる”子なんだな~と。
Unknown (mariyon)
2011-11-04 09:11:30
飛行船の派手な予告を見ていたもんで、お話が原作に忠実でびっくり。
アラミスファン(?)としましては、もうちっと個性的な感じが…。普通のハンサムで印象が却って薄い気がしました。
まあ、チャーリー・シーンよりはいいか。

オーランドくん、続編に期待でしょうか?

>cochiさま (sakurai)
2011-11-04 20:35:44
芳しくないんですか!
あたしの周りは結構評判いいです。
新しい三銃士!!という触れ込みでしたが、オーソドックスでしたよね。その辺が不評だったら、ちょっと悲しい。
やはり王道の物語は、きっちり描くことが大事だと思いますわ。
いつもがっかり3Dなもんで、これは2Dで鑑賞しましたが、失敗でしたかねえ。
2Dでも十分行けましたけどね。
>KLYさま (sakurai)
2011-11-04 20:37:46
そうでした。
この映画のいいとこは、配役のバランスがとってもいい。
それぞれをきちんとフューチャーし、それぞれの見せ場をきちんと用意し、それぞれが役割を踏まえている。
とっても良かったと思います。
>マリーさま (sakurai)
2011-11-04 20:50:35
何気にルイ13世の王様が人気なのよね。
あたしの友人のおばちゃんも、可愛くて、可愛くて、気に入った!!と言ってました。
ローガン君は、いい役貰いますよねえ。
華はなさそうなんだけど、なんかありますわ。
>mariyonさま (sakurai)
2011-11-04 21:11:58
意外なほどに、原作に忠実でしたね。そこがびっくりって、どういう感想だ!
予告を何度も見て、アラミス以外の役者は全部把握していたのですが、謎の人物だったので、それなりにミステリアスに待ってました。
いい男じゃないっすか。
「タイタンの戦い」見直して、確認しました。
出てた!印象全然なかったけど。。
僕は楽しめましたね (西京極 紫)
2011-11-09 22:59:47
「三銃士」、たしかに序盤あたりのストーリー展開は原作に忠実でしたね。
後半からはかなり破天荒でしたけど。
ミラ様、まるで峰不二子。
このスタッフで実写版「ルパン三世」撮れば良いのに…って思いました(^_^)

コメントを投稿

さ行 外国映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (LOVE Cinemas 調布)
超有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督が映画化。主人公ダルタニアンを『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマンが、謎の美女ミレディをミラ・ジョヴォヴィッチ、バッキンガ...
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)(The Three Musketeers) (KATHURA WEST)
三銃士物語は、鮮烈なSD映像で《超スペクタル物語》として蘇った。 《ダ・ヴィンチの飛行船》には、さすが唖然とし、壮大なロマンも感じるが、どこかの映画の海賊船みたいで、時代感覚が狂ってしまう可笑しさ。もうどうでもいいやと思いながら開き直ってみているうちに...
三銃士/王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船 (本と映画、ときどき日常)
監督 ボール・W・S・アンダーソン 出演 ローガン・ラーマン     ミラ・ジョボビッチ     オーランド・ブルーム いや~、ミラ・ジョボビッチ、妖艶で格好良くて素敵でした。 峰不二子そのまま(笑 国王を陥れようと盗んだ首飾りを取り戻すべく立ちあがっ....
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (風に吹かれて)
ONE FOR ALLALL FOR ONE公式サイト http://34.gaga.ne.jp 監督: ポール・W・S・アンダーソン  「バイオハザード」シリーズ17世紀。まだ若いルイ13世が王位を
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 原作と違う理由 (映画のブログ)
 高校時代、『ダルタニャン物語』に熱中した私は、まさしく巻を措くあたわずという状態だった。この長大な物語の先を早く読みたかったので、とうぜん授業中も読みふけった。  国語の授業でのこと、先生は教...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2D字幕版)  監督/ポール・W・S・アンダーソン (西京極 紫の館)
【出演】  ローガン・ラーマン  オーランド・ブルーム  ミラ・ジョヴォヴィッチ  クリストフ・ヴァルツ 【ストーリー】 17世紀フランス。銃士になる事を目指し、田舎からパリへと出て来た18歳のダルタニアンは、偶然に憧れの三銃士アトス、ポルトス、アラミスと知り....
ポール・W・S・アンダーソン監督 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
今日(2011年10月28日)2本目の映画は今日から公開の新作映画 先に観た「カウボーイ&エイリアン」同様、頭使わないですむ映画 冒険活劇、娯楽として観れるものにしようと、この作品にしました。 公式サイト⇒http://34.gaga.ne.jp/ 【あらすじ】 17世紀。...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (心のままに映画の風景)
17世紀フランス。 野心家のリシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)は、若くして王位を継いだルイ13世(フレディ・フォックス)の実権を掌握しようとしていた。 その頃、ヴェネチアでは三銃士のアト...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (Akira's VOICE)
シンプル・イズ・ベスト!  
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (こみち)
  中世の世六派が舞台だけど、なんだか現代もののような兵装や   兵器が出てきてSFチックな三銃士でした。ミレディーは、現代の   女性のように自分の赴くままに大胆に行動するセクシーな女性   そして、コンス...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D字幕版 (映画の話でコーヒーブレイク)
19世紀に発表されたアレクサンドル・デュマ原作の「三銃士」がこんなになっちゃいました~。 3Dでかなりの奇想天外ぶり。大冒険活劇です。 「カウボーイ&エイリアン」の奇想天外ぶりはかなり無理がありましたが、本作はとっても楽し~い。 ダ・ビンチだの、飛行船だ....
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 想像していたよりオーソドックス (はらやんの映画徒然草)
三銃士の物語はけっこう好きで、映画や本も読んでます。 映画だと1993年の「三銃
「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」The Three Musketeers (事務職員へのこの1冊)
三銃士のお話を初めて読んだのは小学校の低学年ぐらいだと思う。偕成社かポプラ社のジ
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (だらだら無気力ブログ!)
『三銃士』なのに三銃士は脇役なんだ・・・。
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 絢爛豪華~ポスト海賊決まり! (労組書記長社労士のブログ)
【=56 -9-】 何度も何度も映像化されている三銃士、その21世紀版、豪華キャスト、まさか三谷幸喜さんみたいに無駄に使い捨てはしないだろう、と期待満々!裏切るなよ~! 3Dは嫌いなので、字幕版の2Dで鑑賞、2Dの上映があって良かった。  17世紀フランス。銃士になる....
映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 (FREE TIME)
映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を鑑賞。
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2D字幕)感想♪ (★ Shaberiba )
飛行船はまるで海賊船のよう。 空飛ぶ三銃士!最高♪
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
何やら邦題はサブタイトルがゴチャゴチャしてますなあ。原題は”THE THREE MUSKETEERS”とシンプルなのに。 勿論これは大デュマの傑作「三銃士」の最新映画ヴァージョン。 ポール・W・S・アンダーソンが監督し、監督夫人のミラ・ジョヴォヴィッ...
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」□監督 ポール・W・S・アンダーソン□脚本 アレックス・リトバク、アンドリュー・デイビス□原作 アレクサンドル・デュマ □キャスト ローガン・ラーマン、ミラ・ジョボビッチ、、オーラ...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D) (C'est joli~ここちいい毎日を~)
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)'11:フランス・米・イギリス・ドイツ◆原題:THE THREE MUSKETEERS◆監督:ポール・W・S・アンダーソン「バイオハザード」「エイリア ...
映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-73.三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船■原題:The Three Musketeers■製作年・国:2011年、ドイツ■上映時間:111分■字幕:佐藤恵子■料金:400円(3D料金のみ)■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・製作:ポール・W・...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (銀幕大帝α)
THE THREE MUSKETEERS/11年/仏・米・英・独/111分/アドベンチャー・アクション/劇場公開(2011/10/28) -監督- ポール・W・S・アンダーソン 過去監督作:『バイオハザード IV アフターライフ』 -製作- ポール・W・S・アンダーソン -出演- ◆ロー...
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (いやいやえん)
「一人は皆の為に、皆は一人の為に」有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を大胆にアレンジして映画化。娯楽大作としては全体に軽いタッチの作品になってます。 ダ・ヴィンチが設計した飛行船が実際に
続編はあるのですかい?! 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ポール・W・S・アンダーソン出演:ローガン・ラーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルームアメリカ他映画 2011年 ・・・・・・ 4点
【映画】三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船…飛行船は特に必要ではないと思った。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2月4日(月曜日)は曇り。 まずは近況報告(週末の過ごし方)から… 先週から娘が高校の修学旅行(スキー旅行)に行っていて、この週末(2月2日から3日)は夫婦二人だけ。 こういう機会もあんまり無いし、結婚記念日も重なっていた事も有り、旅行にでも行こうかと...