アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国の旅客機 爆発物情報で急きょ着陸 (NHK NEWSWEB)

2013年10月31日 | 中国の内政問題・少数民族弾圧
中国の旅客機 爆発物情報で急きょ着陸
NHK NEWSWEB 10月31日 17時57分

 中国の航空会社、首都航空によりますと、現地時間の31日正午すぎ、中国内陸部・湖南省の長沙から東部・浙江省の杭州に向かっていた首都航空の旅客機に、「爆発物が積まれている」という電話があり、江西省の南昌の空港に急きょ着陸したということです。
首都航空によりますと、乗客・乗員にけがはないということで、公安当局が機体の状況を詳しく調べています。

 インターネットには、ほかの国内線でも少なくとも2つの便の旅客機に爆発物が積まれているのではないかという書き込みもありましたが、今のところ、こうした情報の真偽は明らかになっていません。
中国では、今週、天安門広場の近くで車が歩道に突っ込み炎上した事件が起きたばかりで、中国各地でテロへの警戒を強めていました。
コメント

ウイグル独立派弾圧強化へ 「社会安定」誇示 天安門「テロ」 (時事通信)

2013年10月31日 | 中国の内政問題・少数民族弾圧
ウイグル独立派弾圧強化へ 「社会安定」誇示 天安門「テロ」捜査継続・中国
時事通信 2013/10/31-13:00)

 【北京時事】中国の習近平指導部は、北京市の天安門前に車が突入・炎上した事件を「計画的・組織的なテロ」と断定し、新疆ウイグル自治区出身の5人の容疑者を拘束したことで、ウイグル独立派への弾圧を強化する方針だ。中国メディアからは「反テロの力を引き上げるべきだ」(北京紙・新京報)との論調が相次いでおり、11月9~12日の共産党第18期中央委員会第3回総会(3中総会)を控え、社会安定に向けた断固たる決意を内外に誇示する狙いだ。

 30日の北京市公安局の発表によると、突入して死亡したウイグル族一家3人の車からはイスラム原理主義スローガンが書かれた旗が発見され、逃走していた5人のアジトからは「聖戦」の旗などを押収。公安局は独立派による組織的犯行とみて、「実行犯と共謀してテロを計画・実行した」と自供した5人を追及、さらに共犯者がいるかなど「捜査を継続」(公安局)する。
 一方、独立運動が活発な同自治区のホータン、トルファン両地区などでは事件が発生した28日以降、「パトロールが強化された」(ホテル従業員)という。

 共産党系紙・環球時報は「新疆を発着する航空機の安全検査はさらに厳しくなり、新疆の人々は(事件の)影響を受けていると感じる機会は増えるだろう」として、引き締め強化はやむを得ないことを示唆。「不審」というだけでウイグル族が次々に拘束されるなど人権侵害への懸念も高まっている。

コメント

中国公船、接続水域外へ 沖縄・尖閣沖 (時事通信)

2013年10月31日 | 安全保障と東シナ海紛争
中国公船、接続水域外へ 沖縄・尖閣沖
時事通信 2013/10/31-11:08)

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で、日本の接続水域を航行していた中国海警局の「海警」4隻が30日午後、同水域を離れた。4隻は28日から3日連続で同水域を航行していた。
 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「1123」「2102」「2166」「2350」は30日午後6時ごろまでに、久場島沖で同水域を出た。
コメント

ウイグル族5人を拘束 「テロ」断定、死亡3人は家族 (時事通信)

2013年10月31日 | 中国の内政問題・少数民族弾圧
ウイグル族5人を拘束 「テロ」断定、死亡3人は家族 天安門突入炎上事件・中国
時事通信 2013/10/30-21:19)

【北京時事】中国北京市の中心部・天安門前に小型四輪駆動車が突入し、炎上した事件で、北京市公安局(警察)は30日、車に乗って死亡した実行犯3人をウイグル族家族と特定するとともに、ウイグル族の共犯5人を拘束したと発表した。公安局は炎上後の車内からガソリンや刃物、鉄の棒などの凶器、宗教的なスローガンを記した旗を発見。事件をウイグル独立派による組織的かつ計画的な「テロ」と断定した。

習近平指導部は、11月9~12日に開催される共産党の重要会議・第18期中央委員会第3回総会(3中総会)を控え、迅速な捜査を展開。ただ政治の中枢である天安門を標的にした自爆テロに対し、指導部は衝撃を受けており、ウイグル独立派への弾圧を強め、社会の安定確保に全力を挙げる方針だ。

 天安門前に突入した新疆ウイグル自治区ナンバーの車に乗っていたのは、ウイグル族のウスマン・ハサン容疑者とその妻、母親の家族3人。車は28日正午ごろ、天安門前と天安門広場の間を走るメーンストリート「長安街」に沿う歩道に進入した後、猛スピードで故意に観光客らをはね、2人を死亡、40人を負傷させた。負傷者には上海在住の日本人男性1人も含まれる。
 車はその後、毛沢東の巨大肖像画下にある「金水橋」の欄干に衝突。車内でガソリンに火をつけ自爆し、死亡した。拘束した5人を含む容疑者8人は新疆ウイグル自治区出身とされ、公安局の発表した名前からウイグル族とみられる。

コメント

中国軍艦2隻、接続水域を通過 太平洋演習参加か (時事通信)

2013年10月30日 | 安全保障と東シナ海紛争
中国軍艦2隻、接続水域を通過=太平洋演習参加か-防衛省
時事通信 2013/10/29-23:03)
防衛省は29日、中国海軍のフリゲート艦2隻が沖縄県・与那国島と仲ノ神島の間の接続水域を航行し、太平洋から東シナ海に抜けたと発表した。同日午後にはミサイル駆逐艦など3隻も沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過して東シナ海に抜けた。いずれも領海への侵入はなかった。
 5隻は23日に沖縄本島と宮古島間を通過して太平洋に抜けており、中国海軍が太平洋で実施している演習に参加した帰りとみられる。同省統合幕僚監部によると、29日午前5時ごろ、フリゲート艦2隻が仲ノ神島の南西約45キロの接続水域を北東方向に航行するのを海上自衛隊の護衛艦「はるゆき」(第13護衛隊・長崎県佐世保市)が確認。2隻は時速約30キロで進み、約4時間後に接続水域を離れた。ミサイル駆逐艦など3隻は同日午後4時ごろ、沖縄本島と宮古島間を通過して太平洋から東シナ海に抜けた。

コメント

夜のニュースも遮断 天安門の車炎上事件 中国 ( 時事通信 )

2013年10月30日 | 中国の内政問題・少数民族弾圧
夜のニュースも遮断 天安門の車炎上事件 中国
時事通信 2013/10/29-20:20)

 【北京時事】中国で29日夜、北京の天安門付近に車が突っ込み炎上した事件を伝えていたNHK海外テレビ放送のニュース番組が一時、視聴できなくなった。画面が突然真っ黒になり、間もなく回復した。中国当局が視聴を規制したためとみられる。昼のニュースでもこの事件に関する放送が遮断されている。

コメント

ウイグル独立派を重点捜査 「自爆テロ」か、捜査協力で通知 (時事通信)

2013年10月29日 | 中国の内政問題・少数民族弾圧
ウイグル独立派を重点捜査=「自爆テロ」か、捜査協力で通知-天安門突入・炎上事件
時事通信 2013/10/29-14:15)

 【北京時事】中国・北京市中心部の天安門で、車が歩道に突っ込んで炎上、5人が死亡し、日本人を含む38人が負傷した事件で、北京市公安局が、新疆ウイグル自治区の独立派が関与した可能性があるとして重点的に捜査していることが29日分かった。公安当局は28日、市内の宿泊施設に対し、容疑者や違法車両の具体的情報を示し、捜査協力を求める通知を出した。

 北京市公安局は28日夜、中国版ツイッター「微博」を通じ、関係部門が事件捜査を展開していると発表。「自爆テロ」(中国メディア関係者)との見方が浮上している。
 
 29日未明には「微博」で、北京市の治安管理総隊が28日、市内の宿泊施設に出した「違法車両の手掛かり内偵工作の即時展開に関する通知」のコピー画像が出回った。通知は「28日にわが市で重大事件が発生した」と指摘。新疆ウイグル自治区に戸籍登録しているウイグル族とみられる男性2人を「容疑者」と特定し、新疆ナンバーの小型四輪駆動車4台を「違法容疑車両」に指定、それぞれ実名と具体的なナンバーを挙げている。
 
 その上で通知は「疑わしい人物と車両が引き続き犯罪行為を起こすことを防止するため、10月1日以降の宿泊客や駐車車両を調べ、もし手掛かりを発見すれば、直ちに報告するよう求める」と呼び掛け、連絡先の名前と携帯電話番号なども記している。連絡先の治安管理総隊関係者は電話取材に「答えられない」と述べた。
 突入・炎上した車に乗っていた人物が「旗のようなものを振っていた」との目撃情報もあり、少数民族が政治的要求を行うため、毛沢東の肖像画が掲げられ、共産党・政府の象徴である天安門に故意に突っ込んだとの見方も出ていた。

コメント

中国軍艦2隻、接続水域を通過 太平洋演習参加か (時事通信)

2013年10月29日 | 安全保障と東シナ海紛争
中国軍艦2隻、接続水域を通過 太平洋演習参加か 防衛省
時事通信 2013/10/29-18:24)


 防衛省は29日、中国海軍のフリゲート艦2隻が沖縄県・与那国島と仲ノ神島の間の接続水域を航行し、太平洋から東シナ海に抜けたと発表した。領海への侵入はなかった。
 2隻は23日に沖縄本島と宮古島の間の公海を通過して太平洋に抜けており、中国海軍が太平洋で実施している演習に参加した帰りとみられる。

コメント

天安門で車炎上、5人死亡 政治的抗議の可能性・北京 ( 時事通信 )

2013年10月29日 | 中国の内政問題・少数民族弾圧
天安門で車炎上、5人死亡 突入し邦人含め38人負傷 政治的抗議の可能性・北京
時事通信 2013/10/29-01:39)
 
 【北京時事】中国・北京市公安局によると、中心部・天安門広場前で28日午後0時5分(日本時間同1時5分)ごろ、スポーツ用多目的車(SUV)1台がメーンストリート・長安街の歩道に突っ込んだ後、炎上した。運転手と同乗者2人をはじめ計5人が死亡。歩道にいた30歳代の日本人男性1人を含め観光客ら38人が負傷した。

 北京の日本大使館によると、日本人男性は観光で来たが、事故に巻き込まれ口を切るなど負傷、市内の病院に入院した。話はできる状態という。また、フィリピン人観光客1人が死亡し、3人が負傷した。
 車を運転していたのは男性とみられるが、身元などは不明。インターネット上では、共産党統治に不満を持つ少数民族などが政治的抗議を表した可能性を指摘する見方が出ている。中国版ツイッター「微博」で流れる写真や発言を当局は相次ぎ削除し、事態の拡大に神経をとがらせている。

コメント

車が群衆に突っ込む 炎上、負傷者か 北京・天安門 ( 時事通信 )

2013年10月29日 | 中国の内政問題・少数民族弾圧
車が群衆に突っ込む 炎上、負傷者か 北京・天安門
( 時事通信 2013/10/28-15:07)

 【北京時事】中国北京市の中心部・天安門広場前で28日正午(日本時間午後1時)すぎ、乗用車が群衆に突っ込んだ後、炎上した。北京市人民ラジオの中国版ツイッター「微博」や新華社電(英語版)が伝えた。現場の様子を伝えた微博によると、同広場では倒れている複数の人がおり、負傷者が出ているもようだ。
 天安門広場の周辺は封鎖され、広場には多数の武装警察や公安当局が出動し、警戒に当たっている。最寄り駅の地下鉄1号線・天安門東駅では出入り口が封鎖され、地下鉄も停車していない。

コメント