アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

尖閣諸島、「日本が盗んだ」=ニューヨーク時事

2012年09月28日 | 米中紛争と東アジア
尖閣諸島、「日本が盗んだ」=国連演説で領有権主張-中国外相
ニューヨーク時事(抜粋)

楊外相は尖閣諸島について、日清戦争の終わる1895年に日本が「これらの島々を占拠した」とし、当時の清朝が不平等条約によって強制的に尖閣諸島の領有権を日本に奪われ、第2次大戦後に中国に返還されたとの認識を示した。
 
演説に対し、日本側は総会議場で答弁権を行使し、「日本政府は1895年1月、尖閣諸島を日本領土に正式に編入することを閣議決定した」と反論。「中国政府と台湾当局が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは1970年以降になってからだ」と指摘した上で、「両国の意見の相違を過去の戦争に安易に結び付ける姿勢は説得力がないばかりか、非生産的だ」と批判した。中国側も日本に再反論し、両国が2度ずつ答弁権を行使した。(2012/09/28-13:29)
コメント

尖閣:中国外相、日本を名指し批判 国連演説 毎日新聞

2012年09月28日 | 米中紛争と東アジア
中国政府が度々言っているこのセリフ。
「世界の反ファシズム戦争の勝利の成果を否定し、戦後の国際秩序に挑戦するものだ」
 私には支離滅裂で理解不能なのですか…


尖閣:中国外相、日本を名指し批判 国連演説
毎日新聞 2012年09月28日 11時12分(最終更新 09月28日 11時36分)


ワシントン白戸圭一 中国の楊潔篪外相は27日夜(日本時間28日午前)
国連総会で演説し、日本政府の沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化について「日本政府による島の購入という一方的措置は中国の主権を侵害した」と述べ、日本を名指しで批判した。
 楊外相は演説で、日本政府による国有化は「世界の反ファシズム戦争の勝利の成果を否定し、戦後の国際秩序に挑戦するものだ」としたうえで「違法であり無法だ」と述べた。
コメント

アーミテージ氏“日中衝突すれば米の失敗に” NHKニュース

2012年09月28日 | 日米同盟と日本の安全保障
 第二次大戦戦勝国であるアメリカ合衆国と中華民国(台湾)。
 日本は敗戦国で領土のことなんて言える立場に無かった。
 その戦勝国である中華民国を大陸から追い出した中国共産党。
 尖閣諸島をめぐる争いは当事国それぞれの戦後を映し出している。

 それにしてもアーミテージさんいつもありがた~いお言葉
 ありがとうございます。
 この問題アメリカだけが悪いとは思いません…


 アーミテージ氏“日中衝突すれば米の失敗に” 
 NHKニュース9月28日 5時11分 (抜粋)

 アーミテージ氏は、「それでも日中間で衝突が起きた場合は、アメリカ外交の失敗を意味する」と述べ、アメリカが強い危機感をもって事態を見守っているという見方を示しました。
さらに、平和的な解決に向けた今後の対応については、「周辺海域の資源の共同開発などの選択肢がある。しかし、アメリカが決めることではなく、日中間で解決すべき問題だ」として、当事者同士が冷静に最善の方策を協議するべきだと強調しました。
コメント

国連 尖閣巡る日中の文書と海図公表 NHKニュース

2012年09月27日 | 米中紛争と東アジア

国連 尖閣巡る日中の文書と海図公表
(抜粋)
NHKニュース9月27日 11時40分

 日本政府の国連代表部は、これに対して、24日付けで国連に対して文書を送り、この中で日本は、「中国が領海基線を示した海図などを提出した行為は受け入れがたく、法的効力はないものだ。尖閣諸島は、歴史的事実からも国際法に照らし合わせても、日本の領土であることに疑いはなく、領土の主権について解決しなければならない問題は存在しない」と反論しています。
中国は、近く国連の大陸棚限界委員会に東シナ海の大陸棚延伸の申請も行う構えで、尖閣諸島を巡る問題が国際法上の議論に発展する様相も見せています。
コメント

野田首相が国連総会で演説 日本経済新聞 電子版(抜粋)

2012年09月27日 | 米中紛争と東アジア
領土、国際法で解決 野田首相が国連総会で演説
中韓を念頭に 2012/9/27 3:33 日本経済新聞 電子版(抜粋)


国連総会で演説した野田首相(26日、ニューヨーク)=ロイター
 野田首相がニューヨークでの国連総会に出席するのは2年連続。演説では中韓両国への直接の言及は避けつつ、「国際法に従い紛争を平和的に解決することは国連憲章の理念であり国際社会で共有されている原則だ」と強調した。

 さらに「日本はICJに加盟して間もない時から強制管轄権を受諾し、『法の支配』が重要との考えを実践してきた。各国が強制管轄権を受諾することを呼びかける」と表明。竹島の領有権問題で日本が提案したICJへの付託を拒否した韓国政府をけん制した。

 中国での反日デモによる日系企業への破壊行為なども念頭に「自らの主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試みは、人類の英知に反するもので決して受け入れられない」と主張。「未来の世代に平和で安定した国際社会を残すためにも法の支配の強化を訴える」と強調した。

コメント

国連総会で「領土」演説へ 国際社会にアピール  共同通信

2012年09月16日 | 米中紛争と東アジア
首相、国連総会で「領土」演説へ 国際社会にアピール
 2012/09/16 02:00 【共同通信】
 野田佳彦首相は、21日投開票の民主党代表選で再選された場合、今月下旬に国連総会で演説し、領土や領海の問題に「法の支配」の原則にのっとり対処する重要性を訴える方針を固めた。政府関係者が15日、明らかにした。沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島をめぐる中韓両国との対立を踏まえ、国際法を重視する姿勢を打ち出し、日本の立場を国際社会にアピールする方針だ。

 首相が国連演説で領土問題を取り上げるのは異例。毅然とした対応で中韓の強硬姿勢をけん制する狙い。ただ中国側が国連事務総長に尖閣領有権を主張する海図などを手渡したばかりで、対立をあおる恐れもある。

尖閣諸島の領有権についての基本見解 (外務省見解)

  尖閣諸島は、1885年以降政府が沖縄県当局を通ずる等の方法により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみならず、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行なって正式にわが国の領土に編入することとしたものです。
 同諸島は爾来歴史的に一貫してわが国の領土たる南西諸島の一部を構成しており、1895年5月発効の下関条約第2条に基づきわが国が清国より割譲を受けた台湾及び澎湖諸島には含まれていません。
 従って、サン・フランシスコ平和条約においても、尖閣諸島は、同条約第2条に基づきわが国が放棄した領土のうちには含まれず、第3条に基づき南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれ、1971年6月17日署名の琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政権が返還された地域の中に含まれています。以上の事実は、わが国の領土としての尖閣諸島の地位を何よりも明瞭に示すものです。
 なお、中国が尖閣諸島を台湾の一部と考えていなかったことは、サン・フランシスコ平和条約第3条に基づき米国の施政下に置かれた地域に同諸島が含まれている事実に対し従来何等異議を唱えなかったことからも明らかであり、中華人民共和国政府の場合も台湾当局の場合も1970年後半東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面化するに及びはじめて尖閣諸島の領有権を問題とするに至ったものです。
 また、従来中華人民共和国政府及び台湾当局がいわゆる歴史的、地理的ないし地質的根拠等として挙げている諸点はいずれも尖閣諸島に対する中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上有効な論拠とはいえません。
コメント

日豪安保連携協議へ 中国念頭 NHKニュース 9月13日

2012年09月13日 | 米中紛争と東アジア
 NHKの2時のニュースで中国有事について配信を始めた。
 がんばれNHK!パチもんCCTVなんかに負けるな。
 
 中国包囲網
 米・豪・インド・ベトナム・フイリピン日本・連合軍
 パチもん中国共産党と人民解放軍は黄海のヘドロへ葬れ!

日豪安保連携協議へ 中国念頭 NHKニュース 9月13日
コメント

パチもん中国経済の崩壊が始まった!

2012年09月10日 | 中国バッタ屋経済の終焉
  ロイター日本語webによればパチもん中国経済について下記のように
 配信した。

 8月の中国貿易統計、景気鈍化懸念高まる
中国税関当局が10日発表した8月の貿易統計によると、輸出の伸びが
予想を下回った一方、輸入は予想外に減少した。
内需低迷や世界経済見通し悪化の影響が現れ、中国当局にとって、
経済政策運営が厳しさを増していることが裏付けられた。

 北京 10日 ロイターより 抜粋

 で…これがプロパガンダ通信社パチもん新華網日本語webでは
 こう変わります。

 第4四半期に1回の追加利下げが行われる可能性があるとされた
 。0.25ポイントの利下げを実施するほか、広義マネーサプライ(M2)
 伸び率を約14%に維持し、そして適切な財政政策を講じれば、中国の
 第3、4四半期のGDP成長率が8%以上に回復することは可能であるという。

 新華網日本語より抜粋

 アホちゃうか?
 貧乏はよく知っているはずのパチもん経済の中国。
 けれどバブルはもうすぐ崩壊するのに気が付かずに
 貧乏国だったこと思い出したくないは「世界にとって大迷惑」!
コメント