パパと呼ばないで

再婚した時、パパと呼ばないでくれと懇願した夫(←おとうさんと呼んで欲しい)を、娘(24)「おやじ」と呼ぶ。良かったのか?

マジ卍

2018年01月21日 | Weblog
1月21日(日)晴れ


マジ卍ってご存知?
意味わからん!
写真撮る時にJKらが言うらしい。
使いたいとも思わないが、ただ、すごく良い時使うのか、すごく悪い時なのか、それだけ教えてくれ!

ちょっと前に「エモい」って言葉を聞いて、「エモい???」
エロいじゃなくて、エモい?
興味はないが、ただ、意味として良い意味か悪い意味かだけ、教えてくれ!
と思ってたら、どうやらエモーショナルからきた、「うまく説明できないけど良い!」って時に使うらしいと知る。

お正月に夫の弟達が我が家に集合。
その時に、中一の甥っ子が何かっていうと「ヤバっ!」
流石に「やばい」は、もう五十路のおばちゃんにも普及しており、一緒になって、何かと「やばいやばい!」を連呼。
その度に義弟Aが苦虫潰したような顔になる。
それが面白くて、ついつい大人げなくも「やばい」を言い続けるおば。
いちいち目くじら立てる義弟Aを見ながら、ちょっと頭固いおっさんだなあ〜と、自分のことは棚に上げて思う。
言葉ってのは良くも悪くも変化しているのだよ。
そして、そのまま残る言葉もあり、違う意味になっていく言葉もあり、消えていく言葉もある。

こういう言葉とは違うけど、ついこの前のこと。
午前の仕事の時、先生が思い出したように「そうそう!北海道行った時にカツジンが安くて、嬉しくて買っちゃったわ。」
するとI先生が「あたしも、帰省した時には探すようにしてるんですよ、カツジン!」
nの頭の中は???
カツジンって何???
若者の会話の中に知らない言葉が混じるのは気にならないけど同年代の会話に知らない言葉があるとすごく気になる。
思わず「カツジンって何???」
I先生「すごく効く栄養ドリンクなのよ!活蔘、活きるに高麗人蔘の蔘でカツジン。1本700円くらいするんだけど、すっごく効くの!」
高っ!
でも、今度風邪引きそうな時には飲んでみよう。

ワタクシに、定期的にお洋服をくださるおばさまがいる。
この前も、素敵なジャケットをいただいた。
が、あまりに素敵すぎると、我が娘に盗られる。
案の定「これ、ちょーだい!すごくイイねえ〜」
その話をおばさまに言うと嬉しそうに「あれはあたしも好きだったわ。あれ、ヨーガンレールなのよ。」
n「ヨーガンレール???」
おばさま「あら?知らない?」
ファッション関係は特に弱いという自覚はあるものの、やはり、自分より20も年上の方がご存知のことを知らないとはアンテナ低過ぎだろ!

今年は、もう少しいろんなことにアンテナ張り巡らせようというのが念頭の誓い。
そして、東京在住期限もそろそろカウントダウン開始。
鹿児島に帰ってから後悔しない程度に、もう少し東京を知ろうと思う。

今日の一枚は、スパイスラー麺『卍力』(マンリキ)
いつも行列なので通り過ぎていたが、今年のあたしは違うのよ!ってことで夫と並んで食べてみた。
スパイシー!
辛さに弱いワタクシには、ギリギリのライン。一度経験したから、満足です。
夫はお気に召したようで「癖になるな〜この味!」と言ってたから、また食べに並ぶことでしょう。

卍つながりってことで、お後がよろしいようで・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加