マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

金を出すのが財務省の仕事でしょう。

2011年12月31日 08時12分36秒 | ひとりごと
大変に面白いのだ。韓流大河ドラマ「不滅の李舜臣」である。
これは秀吉の朝鮮出兵に対し、唯一勝利した朝鮮水軍の英雄のドラマである。彼は女真族との戦いに勝利したにもかかわらず派閥抗争の中で不遇にあえぐことになる。しかし、王(当時は宣祖)の信任厚い幼友達(領議正の柳)の応援で全羅道の水軍の左将軍になる。
小西行長、加藤清正等、日本軍が釜山へ侵攻し朝鮮軍と対峙した時、朝鮮軍は民衆も国も捨てて逃げ出した。そして漢都にいた朝廷の官僚と王様は何をしていたか?

西人派と東人派の派閥抗争を繰り広げていた官僚たちはお互いに党利党略を優先し、相手に責任を押し付け合った挙句、都と民衆を残し我先に逃げ出したのだ。
これを笑ってはいけない。なぜなら日本だって同じなのだ。
人災か天災かはさておき、百年に一度規模の災害だった事は間違いなく、福島原発の爆発はまさに史上最悪の人災と言えるものである。
その時政治家たちは何をしたか?
「これで消費税を上げることが出来るとほくそ笑んだのではないか?」
数百年に一度の災害なんだ、従来の枠にとらわれない規模の国債発行は許されるであろう。円の国際的な信認が得られない?まさか・・・・。
このような事態において自民党が何を考えたのか?
党利党略である。何をするにも「まずはマニフェストを取り消してから話をしましょう・・・」である。

民主党の対応がどうだったか?どうもこうもない、民主党を非難する以前に官僚たちが正確な情報を政府に上げていたのかが見えていないではないか。
むしろ官僚たちは、この際民主党に恥をかかせるチャンスと見ていたのではないか。

社会党の村山さんが首相の時に阪神大震災が起き、民主党が政権に着いた途端の今回の震災。人はどう言おうが、私は偶然だとは思わない。つまり、人為的な災害であることは間違いないのだ。まあ、それは今日の話題とは関係ない、今回は危機管理の観点である。

私はドラマを見ながら朝鮮王朝の不手際を笑う気にはなれなかった。当時の朝鮮は二百年の平和にどっぷりつかり、官僚たちは自分たちの利権争いに夢中で国際情勢に興味がなかったのだ。

私はこのような百年に一度の国難の時に、財務健全化を叫び「財源は、財源を」などと叫ぶ財務官僚や財務大臣の態度を許せない。焦土と化した第二次大戦の後と同じではないか。特に放射能に侵された福島の住民は若い人たちを中心にただちに疎開させ、彼らの命を守らねばならない。そのために財務省は無制限の予算を配分すべきである。五百年に一度と考えるのなら、償還期限は500年でもいいではないか。その全額を日銀が引き受ければいい。本当は政府発行紙幣が一番なのだが、この際それは言うまい。あるいは、特別会計から必要な金額を強制的に復興費へ回すとか、緊急的な措置であるならなんだって許されるのだ。ようはやる気の問題ではないのか。

偉そうなことを言ってもしょせんは一国民にすぎないマヨちゃんだ。しかし、60年に渡り人生を生きてきた。その中には大きな不渡りを食らったことも、そして税務署から手痛い洗礼を受けたことも、そして隣の商店が火事で全焼した時などはまさに頭が真っ白になったこともある。しかし、こうやって無事に仕事をしている。家族と社員の生活を守る気概と政府が国民を守る気概となんら変わることはあるまい。
腐りきった朝鮮王朝と、腐りきった日本政府を比較しても仕方がないが、「不滅の李舜臣」を政府の要人たちは心して参考にするといい。

そんなことを考えながら、本年のブログを閉じることにしましょう。
皆さま、よいお年をお迎えください。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本はましな方か?

2011年12月29日 06時43分30秒 | ひとりごと
今日は29日、実は今日から年末休暇になる。はやい?いえ、店を開けたとしてもお客が少なくなるのでやらないほうがましでしょう。と、理屈はともかくとして、やはりお休みはうれしいものだ。気分のいいところでブログアップでもしよう。

今年一年を振り返ってみると、ひとつは震災、もう一つは民主党のマニフェスト違反、この二つしか思い出せない。震災ではっきりしたのは官僚、学者など、原発推進を主導した人たちはまったく反省する気がなく、すべては想定外であり予測できなかった以上罪はないという物言いである。これは武家社会ではありえないことで、やはり日本は平安時代の悪しき律令制を継続しているのである。
もう一つの民主党だが、なぜこれほど簡単にマニフェストを覆すことが出来たのか、国民は皆不思議に感じるだろう。鳩山さんは突然の辞任、菅さん、野田さんは首相になった途端まるで自民党の議員みたいである。どうして?
ここが肝心なところで、首相になるとなぜ変節するのかを考えねばならない。
以前から日本には大和朝廷があり、実質の政治はそこが行っているのだと書いてきた。具体的には戦前の枢密院のようなもので、日本の貴族、宗教関係、財界、官僚トップそして閣僚がその選ばれたメンバーである。
まず新しく選ばれた首相と、その指名を受けた閣僚は天皇からその地位を認められ、そして一人ずつ別室に呼ばれそこで初めて日本の政治構造を知らされるのだ。そして彼らは日本国憲法がほんの建前であり、日本の国体が平安時代から何も変わっていないことを思い知らされるのである。たぶん奥の院の政府を見た時、恐怖で自分の政治信条を捨てざるを得ないのであろう。この認証式を経て全員で写真を取るころには「えらいことになった・・・」と後悔するか、もしくは「言われた通りにすれば末代まで繁栄できる」との甘い言葉に酔うかである。
官房長官が記者会見に臨むとき一礼することになっている。よく見ると、どう考えてもあらぬ方向に向かって礼をしている。そこには国旗が立っているだけだ。国民でもなく、報道陣にでもなく旗に対しての礼である。国旗は何を意味するのか?そんなこと言うまでもないことだ、日本の最上位カーストは天皇しかないである。
つまり、議員と閣僚との違いは知ったか知らないかの違いなのである。
小沢氏がいまだに被告人にいるのは本人はそれを知っており、その立場に立ちたくないからだとも考えれるのだ。

河村さんは市民税5%減税をようやく達成したが、今朝の中日新聞のインタビューで「(民主党の)離党議員に減税日本入りを誘うという考えはないか」との問いに「減税というのはすさまじい戦いですので、そこら辺をどうしたらいいかは考えどころ。なかなか皆、減税とは言わへんでなあー」と答えている。
つまり、地方レベルに関してはある程度の自由が認められるが、国家レベルでの減税がいかに大変かを河村氏は知っているのだ。

日本の政治構造を知れば政治を考えること自体が無意味であり、むなしいことだとわかる。問題はこの日本に住むことが幸せなのかどうかである、外国で暮らしたことがないので判断が出来ないが、少なくとも世界の貧困国の政治構造を考えるとまだまだ日本人は幸せなほうだろうと思う。要は、それで満足するか否かだけのことである。
一般会計と特別会計を合わせ、日本の税収はおそらく400兆円ぐらいである。つまり、国民はほぼ平均年収と同額の税金を納めている。租庸調の時代から比べればましじゃないかと慰めるのも手である。今年から私はそう考えようかと思っている。そうじゃないとやってられないもんね。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょっと嫌な雰囲気ですが・・・・

2011年12月25日 07時43分33秒 | ひとりごと
先日、日本経済新聞だったかな?・・・を読んでいたら「金のリースレートがマイナスに・・・」ってな記事があった。「金を借りて売却し、その代金で投資運用する」という金キャリートレードは一般的にはあまり知られていないが、いずれにしてもここへ来てそれほどドル需要が高まっているのである、もちろんその原因とされるのがヨーロッパの金融危機である。つまり、マイナス金利とは不思議な現象だが逆にいえばそれだけ金の売却意欲が強いということだろう。

もちろんヨーロッパで起きている金融危機自体はよくある金融界の運動会みたいなもので、実体経済を伴わない格付け会社の悪い冗談である。かと言ってその影響は大きく、格付け会社の一言で大統領や首相が交代してしまうのだから、その仕組みは早い話「陰謀」と呼んでもいいのである。
金リースレートはここに出てるが、金を借りてついでに金利まで付いてくるのだからバーゲンだよな・・・・そんなことを考えながらネットを眺めていたら、でた!恐怖のシナリオが。
日本の大手証券会社が破たん処理?大きいからと言って破たんさせないというわけではないといいながら結局救済した「りそな銀行」クラスの衝撃である。
その情報は副島氏の重い掲示板を見ていただくとして、やれやれ今年も残り少ないというのに、まだまだ2011年は終わらせてもらえない様である。
その証券会社は超大手の立派な会社で、どう考えても破たんするような会社ではないのだが、格付け会社が少しでも格付けを下げるだけでもはや業務の遂行が不可能になってしまうのだ。同じように、ひとつの国が単なるいち民間会社にすぎない格付け会社の一言で破滅してしまう。
やれやれ、どうなるか私には見当もつかないが、来年まであと一週間である。これだけは断言しましょう。来年も大変な年になるだろうと。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年も終わりそうだね

2011年12月23日 07時23分25秒 | 古代史
今日は休日だ、個人的にはありがたいが、カレンダーを見ると内心少し焦るのである。
というのも実質三連休になるので、ただでさえ年末の集金は大変なところに、どう考えても日数が足りないのだ。しかたがない・・・適当に回れるところだけで済ますしかないな。それにしても、どうせ生まれるなら24日にしてほしかったよね、そしたらみんな喜んだろうに・・・・。

今年も大変な一年だった。長いリーマンショックの後遺症がようやく落ち着きを取り戻し、景気は多少上向きと喜んでいた矢先の震災であり、その傷が癒えない中でのタイの大洪水、さらにはヨーロッパの財政危機。これだけ打たれてもちゃんと生活し、暴動も起きない日本の大衆とは実にたいしたものだ。
もちろん零細カフェとうどん屋の経営者としてのマヨちゃんもたくましく生きてきた。コーヒー生豆の大幅な値上げも、小麦粉などの相次ぐ値上げにも負けず、価格据え置きを貫きとおした。今年もいろいろなものが壊れ、修繕費も結構かかった。でも、こうやってパソコンに好き勝手なことを書き込めることは実に幸せなことである。
そう言えば、3月には自分の膵臓炎、四月には女房の骨折。思い返せば結構大変な年だったのだ。しかし、日本人全体もこうして自動的に年を越す。一年をご破算にできないものの、来年こそは・・・となにかを期待するのも人間の懲りない性分ではある。

さて、河村さんの悲願である市民税減税法案は大幅に値引きされたものの一応は成立できた。しかし三年未満の見直しという条項が入ったため、三年後には廃止されることになるだろう。圧倒的な市民の支持があったにもかかわらず減税がこれほど大変だと分かった今、同じような動きをする市町村はもう出てこないだろう。意地でも10%減税を阻止するようかなり高い立場から命令があったことは容易に推察できる。つまり、河村さんのやっていることはそれほど権力者にとっては気に障わるのである。
いま注目の的は大阪市長だが、私は騙されないぞ、彼はどこかで奥の院とつながっている。石原都知事やみんなの党がすり寄っているのも気に入らない。
恐らく河村さんのような地域政党の支持層を分断化をしようとの狙いではないか。注意しましょう。

実は先日から秀吉研究の一環として韓流ドラマ「不滅の李舜臣」を見だした。いつものことながら韓流は長いのだ。今回は100話程度だから前回の「王と妃」の186話と比べれば楽勝なのだ。言うまでもなく、この李舜臣は秀吉軍を海戦で撃破したという韓国の英雄である。なにも韓国人の英雄に興味を覚えたのではなく、その当時の王朝を知りたいと思ったのである。
ドラマの最初から日本の武将、小西行長とか島津とかが出てくるが、出来ることなら日本人同士の会話はぐらい日本語でやって欲しいな。それにしてもこのドラマは面白く、あっという間に25話まで見てしまった、最近見た中では一番おもしろいといえる。
なんと言っても「王と妃」も「龍の涙」も残酷なだけで楽しいところは何もなかった。
まあ、「大王世宗」はハングル文字の創設とか、朝鮮独自の暦法を作るだとか、結構面白い場面があった。
秀吉研究を進める為にも頑張ってみることにしましょう。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

将軍様を悼む

2011年12月20日 16時24分34秒 | 古代史
まったく驚いた。なにが?北朝鮮の将軍様死亡のテレビ報道を見てである。いかにも北朝鮮に内乱でも起こりそうな表現ばかりである。後継者としての金正恩氏の立場が盤石でなければ死亡を公表することなどないではないか。かなり以前から将軍様が死亡しているという情報もあったし、複数の影武者の存在は否定できない。しかし、それはあくまで不安定な状況で必要なだけであり、だからこそ現在の北朝鮮は非常に安定していると見るべきである。
言うまでもなく正恩氏の母親は横田めぐみさんであり、めぐみさんの母親は高貴な血をひいていると私は述べてきた。しかし、言われているような馬の骨出身の金王朝だとしたら、たとえわずかとはいえ皇室のお種を差し出す必要はないし、あり得ないことだ。つまり、金王朝はそれなりに正当性を持っていると考えてみたらどうだろう。
現在の北朝鮮の前は日本統治下の朝鮮で、その前は李王朝、さらにその前は高麗、その前は統一新羅、さらにその前は三国時代・・・・もうそのあたりまで遡るとおとぎ話にちかくなるのである。

私も韓流大河ドラマで学んだのだから当てにはならないが、李王朝の成立はまさに簒奪王朝であり、王朝としての正当性、つまりお種の程度は疑わしいものがある。さらに高麗国の「王家」のお種もかなり怪しげで、結局半島で始祖と呼べるお種家系は「金家」、つまり新羅王家までさかのぼらなければなるまい。そして私の研究の中で金春秋は天智天皇である。まさか天智天皇が韓半島にいたとは思えないが、金春秋と金ユシン、そしてヒドムの関係、天智と中臣鎌足、そして蘇我入鹿の関係は同じことを述べている。ここで日本と新羅の歴史が重なるのだ。
可能性は二つ。新羅王家は日本の種を持つか、日本皇室に新羅の種が入っているか、どちらかである。ちょっと飛躍してるかな?まあ、妄想ですから細かいことはさておいて、もしそうだとして、そして北朝鮮の金王家が新羅王家の末裔だとしたら、日本の皇室としては無視できないのではないか。つまり、お種をやりとりできる関係だということ。
ただ、歴史的に見て新羅と日本はあまり仲が良くないっていうか、むしろ敵同士である。しかしそこはそこ、勝者の歴史書だからであり、近親憎悪なのかもしれない。

うーん、いずれにしても北朝鮮と日本が国交を正常化し、お互いが仲良くすると困る人が各国に出てくるんじゃないのかな。ましてや私の妄想では現北朝鮮に邪馬台国があったことになっている。北朝鮮を発掘すればそれこそ倭国の遺跡がざくざくとでたりして・・・そしてそうなれば高句麗は完璧に現在の中国領に存在したことが明らかになるし、韓国人の歴史観は根底から崩れてしまう。そうすると中国も黙っておれなくなる・・・・。うーん、やはり臭いものには蓋だよね。やばいやばい・・・・。

まあ、妄想家のマヨちゃんは金正日さん死亡の報でこんなことを考えました。だって、ニュース見ててもちっとも面白くないもんね。

コメント (23)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする