マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

オリンピックの派閥とは

2021年03月28日 18時57分19秒 | ひとりごと
最初に言っておきます。今日は首の調子が悪く、とてもネットに集中できる状態じゃなかったので記事と言えるようなものは書けないので、あらかじめお詫びしておきます。
とはいえ、毎日モリンガクッキーを食べる習慣にしたので三日おきぐらいのペースでクッキー作りをしています。作ったことのない人に教えますが、クッキーはスピードカッターと冷蔵庫、そしてオーブン機能の付いたレンジがあれば誰でも簡単に作れます。
一度コツをつかめば誰もがおいしいと言ってくれるクッキーが作れます。ただし、商売としてはとても成り立たないです。やはり、業務用のガスオーブンでないとね・・・・要は、焼くのに時間がかかるし、それなりに気を遣うことが多いです。現在カフェで少量を販売してますが、笑ってしまうほど売れないです。ただ、作っているときは楽しいですね。時間を忘れます。

さて、コロナですが、盛んに変異種で騒いでいます。聖火ランナーが走りだしたとたんやたら感染者数が増えつつあります。やはりオリンピックは中止すべきという声も当然広がってますね。さて、どうしたものか・・・・このまま開催に持ち込めば一体日本はどうなってしまうのか?
まあ、心配しなくても、今年一年ぐらいは終わらないでしょう。僕はもうすっかり覚悟を決めてます。ワクチンが国民の6割ぐらいに行き渡るのが何月になるのかが当面の課題になるのですが、肝心のワクチンが本当に効くかどうかは今のところ誰もわかりません。どうせたいした感染病じゃないんだから生理食塩でも摂取すればいいと思うけどね。ワクチンを売りまくり、毎年新しいコロナワクチンを売る体制ができればこの騒動も一応終わることができるでしょう。
さて、日本の中でオリンピックを開催したい派閥、できたらやめたい派閥、どっちでもいい立場、大きく分けて3種類に分かれます。
ずばり、オリンピックを開催するのは黒色派閥ということで、彼らの資金運用の一環のようです。黒色派閥ではわかりませんよね。ここは所謂死の商人たちです。日本では加賀前田家の統治していた福井・富山がほぼ黒色日本支店になっています。以前、北陸宮の話をしましたが、福井周辺は良港に恵まれポルトガルやスペインのイエズス会が交易を盛んにやっていたようです。富山には薬の製造や兵器、軍船の製造が盛んだったわけです。富山の五箇山村では硝石の製造をしていたことは有名ですよね。ここから乳酸菌、花火につながり原爆の起爆装置につながります。従って黒以外、つまり黄色(弾薬、小型兵器・・・大量破壊を除く)と緑(農産物、鉱物資源)の派閥は様々な妨害をするのでしょう。今回の東京五輪はマーク騒動、国立競技場の予算問題、マラソンの会場騒ぎ、竹田会長の辞任、森首相の発言問題、演出での女性蔑視問題などなど・・・これ以上ないぐらいの問題が出てきました。僕から言わせればどうでもいいような些細な問題をマスコミが大騒ぎさせたようにしか見えません。つまり、支配者たちの3分の2は中止を望んでいるわけです。ここ一か月ぐらいが山ですが、どうなるのか、オリンピック競技よりもおもしろいですよ。

さてさて、いずれにしても今年の夏ごろまでに大企業はほぼテレワーク体制を完成し、オフィス街は最低でも2割、下手をすると4割ぐらい人出が減ることになります。正直、オフィス街の飲食店に限らずあらゆる商店は売り上げ減少に見舞われることになるでしょう。つまり、根本的に商売を見直さなければならないのです。私のような年寄りはもはやあきらめてますが…。
何度も言ってきましたが、世界の主要国のGDP値は今後の百年ぐらい先まですでに決定していると聞いています。日本はどうなるかと言うとGDPは横ばいのようです。つまり、日本の支配者たちが何を考えているかと言うと、人間を減らし、一人当たりの収入を増やそうという考えと、貧乏人を増やし、その分金持ちが余分に収入を増やすという手を考えます。後者の可能性が高いですね。

内容がなくてすいません。また。

コメント (19)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

街に人があふれてる。

2021年03月20日 22時49分24秒 | 日記
今日クッキーを作りました。カフェ用の七種類なのですが、見て欲しいのはクッキーじゃなくてテーブルクロスです。
何故か名古屋にタンザニア専門店があることを知り、面白そうなのでたずねそこで買ったのがこのテーブルクロスでした。また、タンザニアはコーヒー豆のキリマンジェロが有名です。深煎りすると濃厚な苦みがとてもおいしいのです。(まだ最適な煎り具合は見出していない)
ちょっと前、タンザニアの大統領がコロナを軽視し、ワクチンなど要らないと公言していたとニュースで見て、やや心配していたのですが、やはりちょっと許されなかったようですね。まったく残念です。

さて、先日某週刊誌のライターからうどん屋の取材の申し込みがありました。珍しい事なのでびっくりしましたが、特に拒否する理由はないので気楽にお受けしました。彼は某週刊誌に麺類専門のコーナーを持っているフードライターで、当店のカレーうどんを紹介したいとのことでした。取材自体は簡単に済み、よもやま話のほうがはるかに時間がかかりかえってご迷惑をお掛けしたかもです。
たまたまクッキーのサンプルがあったので食べてもらったのですがモリンガを知っていました。ちょっとびっくりでした。いずれ記事が掲載されたときはまたお知らせしますね。

ちょっと前、MMSの安全性に関し十分に説明できていなかったのでできる限り情報を集め載せるつもりでした。しかしMMS、いわゆる二酸化塩素をいくらネットで検索してもあくまで消毒剤とか殺菌剤としか扱われないので、経口した場合の安全性を証明するものはほぼ存在しないようです。ようは、食品添加物ではあっても飲用は前提ではないとされている、つまり毒だと言っているわけです。ただ、次亜塩素酸などと違い、酸化することで殺菌するわけで、この殺菌力は抜群で細菌、雑菌、そして不要な金属などを無害化します。言ってみれば「毒を以て毒を制する」働きをします。
何度も言いますが、米国やヨーロッパでは二酸化塩素で水道の殺菌をしており、日本でもそれ(水道の殺菌)は認められており、循環式の温泉の殺菌、特にアルカリ性温泉ではその優れた特性が利用されています。
安全性に関しては各自 https://jimhumble.co/ とか、http://www.mms12.jp/index.php?ClO2
で確認してください。
ジムハンブルは言っています「MMSは病気を治さないことに注意することが重要です。MMSは酸化剤であり、病原体を殺し、毒を破壊します。これらが体内で減少または排除されると、体は適切に機能し、それによって治癒することができます。私はよく「体は体を癒す」と言います。MMSは、体がまさにそれを行うことができるように物事を並べるのに役立ちます。」
従って、健康になるための方法、食育を中心とした生活習慣の改善がまず第一に重要で、次に不足する栄養を補填するためのサプリ、さらには不要な薬害ともいうべき農薬、添加物、保存料などの毒素の排出などを研究しなければいけないわけです。
S氏からメソポタヴァレーのために食物因果表という資料をいただいており、これを改良し、食育によって医者いらずの健康法を確立せよとの指令を受けています。なかなか発表できないのですが、もうしばらく、ていうか気長にお待ちください。
因果表とは食物をアルカリ性か酸性か、また陰陽かを判断し、どのような組み合わせが体に良いかを判定するものです。なぜなかなか発表できないかと言うと、体にすごくいいというものがあまりにも一般的でないということです。
例えば、陽性のアルカリ食品は強い浄血作用があり、強い治癒力を持つと言われます。一例として寒フノリ、タンポポの根、吉野葛、シジミ、ひじき、板コンブ、根昆布・・・ね、一般的じゃないでしょ。これでは食事を作れませんよね。だからもう少しお待ちくださいというわけです。
サプリに関しては正直僕はあまり得意ではないのでまゆみさんにお任せします。そして問題の添加剤とか、防虫剤とか殺虫剤などの知らないうちに体内に摂取されてしまう物質に関しては僕はMMSでかなりの部分はカバーできると考えているのです。

女房の友達に乳がんに侵され余命1年を宣言された方がみえました。彼女は抗ガン剤の投与と手術を拒否し、スリランカへ行き断食とヨガでデトックスをし、以来5年以上たちますが現在も元気に働いています。以前炭水化物ががん細胞の主食だと述べたことがありますが、断食はガンに打ち勝つために有効なようです。薬に頼らず健康を保つ方法はまだまだあるように思います。くれぐれも薬に頼るのではなく食育中心で生きてゆく方法を探してゆきたいものです。
コメント (15)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

たまには地政学

2021年03月14日 08時52分20秒 | 日記
さて、今モリンガクッキーを食べながら記事を書いています。奇跡の木といわれるモリンガの葉っぱから作られたパウダーを使うのですが、粉を飲むのは嫌だし、青汁もまずそうだし、おいしく食べるにはクッキーが最適・・・ということで、当分これを続けることにします。クッキー一枚に含まれるモリンガはたかだか0.5gしかないのでこれで健康になるかは疑問ですが自己満足って言うか、糖質を取る罪悪感を多少は和らげる効果があるかも・・・。
今週は色々勉強しなければならないことが山積みなのに、電子図書で「図解 世界史で学べ!地政学」という本を買ってしまい米国史の勉強や明治維新の研究はちょっと一休みになってしまいました。
地政学とは世界情勢を読むには必須の学問なんだけど、騙されてはいけない。これは実は支配者たちが世界を常に緊張させ、戦争を絶やさないための学問だということ。地政学の基本はロシアを最大の悪玉に仕立て上げ、それに対しその周りに交互に敵味方を配置する・・・・みたいな学問であります。よって、なるほどと感心する前に、支配者たちが何を考えているかを知るべきです。そこに正義などありませんぞ。ましてや人民に平和などあるはずがないのです。
ロシアがいわゆるランドパワーで日本や英国、そして米国も大きなシーパワーと定義されていて、問題はロシアの国境沿いに中国が配置されていること。そしてその中にウイグル、モンゴルがいる。南の押さえにインド、その押さえにパキスタン等、何重にも平和にならないような工夫がされている。本当に支配者たちは賢い。
国境が民族を分断するように引かれ、さらに宗教がそれに絡む・・・うーん、お上手です。
世界の嫌われ者といわれるロシアですが、じゃあロシアのオーナーは誰か?という話ですね。一番最初にロシアに入ったのはノルマン人(ヴァイキング)でしょう。要は、ドルイドですよ。つまり世界を支配するケルト人の国です。そしてキエフ公国がビザンツの後継者となりロシアはキリスト教国となる。さらにドイツ貴族と姻戚関係を持つ。さらに共産革命を通じヘッセン陣営がロシアを席巻する。つまり、ヨーロッパもロシアも同じような派閥がオーナになっているわけで、地政学に沿って戦争を引き起こす、つまり大きな茶番劇を我々は見せられているということになります。もちろんヴェストファーレン条約上の国境線で仕切られた表の国家は大変な苦労を強いられる半面、本当のオーナーたちは武器や弾薬、あるいは戦費の融資等で金儲けをしているという話になります。
戦争が起きるとその戦費たるや天文学的な金額になります。勝ったとしてもその後始末は民衆が背負うことになります。我々にできることは戦争をしない政治家を選ぶことですが、いざとなると民衆は当てになりません。コロナでわかると思いますが、マスコミの洗脳に弱いのが大衆です。本当に情けないことです。皆が裏の事情を知ればもっと平和な暮らしができるのに‥‥。
問題は本当のオーナーが誰なのかですよね、S氏によればG5を所有する裏のオーナー達ということになります。その昔、三百人委員会という本がありました。そうあの太田龍さんが書いた本です。たぶんあれがその本質に近いのだと考えます。(そのものではなく、考え方を言っています)
S氏は以前「マヨさんも支配者になったつもりで世界を眺めてください。考え方が変わるかもです…」と。
国境はあくまでも表の表記であり、本当の国境は昔からそれほど変わっていないのでしょう。
今日は3月14日、あと一週間で非常事態宣言が解除されるよていです。問題は在宅勤務の割合がどうなるかですね。現状、私の認識では大手企業は30%ぐらいが在宅をしているように感じている。わがうどん屋も非常に苦しい毎日ですが、そう簡単に終わらないだろうと覚悟をしています。今後は変異種も出るということでまだまだ終わりは見えてこないな、黙とう!
コメント (15)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

狐じゃなくて河豚?

2021年03月07日 08時03分58秒 | ひとりごと
ファイザー社製のワクチンは推定一人分で2000円から2200円とか言われる。7200人分で、ざっと1兆4千万円程度か…、他にアストラなんたら社製を始め複数のメーカーのワクチンも購入される。これは日本の話で、こんなことが世界中で行われることになる。
ワクチンの安全性云々は僕にはわからない。ただ、大急ぎで急遽作られたものだけに保証できるはずはないし、誰にも予測できない。
世界中で購買される総額は一体どれだけになるのか?まあ、ざっと30億人X2200円・・・桁がわからんわ!
さて、これだけの金を何処から捻出するのかが問題になりますね。簿外資金?そりゃあそうでしょう。ドル基軸の世界機構が認めた今回のコロナ騒動、そこが予算を出さなければ、表の政府にはそんな大金があるはずがない。
この様な10年に一度のイベントには必要な金は出るんです。
ただし、出すだけではなくプールされている総額が減らないよう運用されなければならない。つまり、100出したら10年で100の運用益を出すことで元金の総量は保つ。要は、出す側は世界機構だが、運用する金に世界の支配者派閥が群がってくる。10年でどれだけの利率で運用しなければならないかはちょっと言うわけにはいかないが(10年で五倍にするとか・・・)、かなりの利率だと言える。だから、G5やG20以外の簿外の入らない低開発諸国あたりは高額なワクチンをまともに購入し、その代金は借金するのだろう。かくして世界の諸国の格差はさらに広がり、借金が返せない国は国土や企業を先進諸国へ差し出す羽目になる。
現在の世界は格差の拡大と富の集中が進んでゆく。目標はワンワールドなのだから自由経済の行き着く先は決まっている。軍事で統一するか、金で支配するかという違いしかない。
ただ、世界機構はどうしてこんな案件を認めたのだろうか、ドル基軸側がこんな子供だましのようなコロナ騒動を起こすことに反対しなかったのか疑問が沸いてくる。
以前に書いた覚えがあるが、戦争をしたくてしょうがない派閥に対し、戦争以外の提案の中で「これぐらいならやむを得ないのか」という案件がこれだったということと、今後の先進医療の中でmRNAに対する期待度が高く、この分野に集中的に資金を提供することは悪くないと考えたのではないか、ということが私の想像であります。
で、今回のワクチンは完成品ではなく、試作品の一つであり、もちろんコロナウイルス自体も一つのサンプルなのだと思います。
将来、医薬品の多くがその技術を利用した治療となるのかもしれません、今はそのための産みの苦しみ?と考えることにしましょうか、そうでなければ現状に我慢できませんね。

さて、私の暮らす愛知県は今週非常事態が解除され、時短が縮小されました。しかし今週一週間のうどん屋の売り上げはまったく回復せずむしろ低迷しています。売り上げの予測はまったくできず、どのように仕込めばいいのか胃の痛い毎日が続いています。
一日6万円ももらえる飲食店はホクホクでしょうが、全くもらえない業者のことも忘れないで欲しいですね。

毎日のように某知事、女狐が危機を煽っていますが、彼女の本当の目的は何なんだろう。あまりのしつこさに思わず勘繰ってしまいます。結局は「金」だろうな・・・と思うのです。国から都に交付金が降り、その交付金から補助金、協力金、助成金などがばらまかれる。問題はそれらに利権が付いているのではないかと考えています。
世の中ほとんどのことが既得権と利権で成り立っている。利権があるから世の中が動いていることも事実ですが、利権のために我々の生活が制限されてはかなわない。まあ、私のような個人にそれらを立証できるわけがないので単なるたわごとでしかないのですが、女狐を見るたびにそのような妄想が付きまとうのです。
石原都政ですが、彼の父親は孫文を日本に匿いフグ計画を進めた派閥だと聞いています。菅首相と対抗し、自分の力を誇示する女狐を見ていると、きっと彼女のバックはフグに違いないと思います。あの顔を見ると「河豚」を連想してしまいます。
コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする