マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

まだまだ続きます。

2021年01月24日 09時23分50秒 | ひとりごと
あーあ、毎日がいやな話ばかりでいまいち元気が出ないところですが、皆様いかがお過ごしでしょう。ブログを書く気力も失せそうではありますが、意外とアクセス数が良いのでついつい書くことが思いつかない中、無理やり更新させようと奮闘しています。

コロナ騒動ですが、ここへ来てうどん屋の数字もカフェの数字もシャレにならないぐらい落ちてきています。いわゆる時短要請とは無縁の業種のため、何ら補助を受けていない我々はただ首をすくめて嵐の収まるのを待つしかないわけです。現状の雰囲気では2月7日に終わるとは思えず、長くつらい戦いは当分続くのだろうと覚悟をしているところです。年齢的にはもう立派に高齢者の一員ですのでこの際時代の目撃者として地獄を見てやろうと決めていますよ。

バイデンが大統領に就任したように報じられていますが、確信の持てる情報が得られない以上、しばらくは観察するしかないようです。まあ、トランプ氏もこれ以上抵抗しても得られるものはないだろうから、そろそろ幕引きとするのかな‥‥現状では予測不能ですな。まゆみさんのブログを見ると新聞にでは得られない情報が満載です。バイデンは就任早々トランプの政策を完全否定した大統領令をいくつも署名しています。トランプもオバマのいくつかの政策を否定しましたが、まるで米国が韓国になってしまったようで、こんなことでは国際的な信用は保てるのかやや心配になります。やはり議会民主主義のほうが国民の信任が得られるのではないでしょうか。大統領制と言うのはやや極端に振れますね。

さて、前回(昨年4月)のコロナ緊急事態宣言の時、企業、特に大手企業が従順に政府の要請に従ったことに非常に驚き思わずS氏に聞いたことがあります。即ち、「大手企業はどうしてこれほど政府に従順なのですか?」と、その答えは「日本の大企業はほとんど、ていうかすべてが二つの銀行に支配されています。その一つが日本マスタートラスト銀行ですよ。ここを支配しているのがドイツ銀行。現在、ドイツ銀行が破綻するといううわさがありますが、ここはつぶれません。明治時代、日本は発電技術をシーメンスに依存したわけですが、シーメンスとドイツ銀行は密接につながります。」。要は、日本の特に大企業は大株主、ドイツ銀行の言うなりにならざるを得ないということのようです。
このマスタートラストはもちろん調べれる範囲で調べてますが、表面的にはドイツ銀行が支配していることは見えてこない。即ち、見えないような仕組みがあるのではないか。例えば劣後株であるとか劣後債とか・・・庶民には分からないことだが・・・。
これらのように世の中には一般の国民には見えない、また知る必要のない事柄がたくさんあるのです。例えば、日本の所有者はご存知天皇になるわけだが、あくまでウエストファリア条約における国境線における話で実際はウバイド=倭国の所有物であることはこのブログの読者はご存知でしょう。

G5が現在世界をけん引しているわけですが、表に見えるG5の大統領や首相が世界を引っ張っているわけではなく、G5の真の所有者たちの会議が世界の明日を決めているということです。従って5人ではなく、もっと大勢いるのでしょう。詳しくはまだ教わっていないのでお伝えすることはできません。
コロナ騒動の実施も当然ここで決まったことでしょうから、われら単なる個人が何を言おうが計画通り進みます。その計画書には当然どのように終結するかは決まっているでしょうから静かに従うしかないのです。
あと半年もこの騒動が続けば大手企業の破綻も出てくるでしょう、当然M&Aが行われ、世界の経済地図も変わります。こうして世界は徐々に寡占化され世界中の利益がほんの少数の人たちの手に握られるわけです。
と言ってせっかく作り上げた文明です。彼ら支配者たちも快適な生活を過ごすために現状を満足しているわけではなく良いことも考えてくれているでしょう。S氏が常に言われるのは「彼らは功罪半ばするのですから決して憎しみを持たないように」だそうですから、早く功に向かってゆくことを祈ってやみません。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今週がヤマ場だよね

2021年01月17日 06時49分54秒 | ひとりごと
最近はまゆみさんのブログを見るのが日課になっている。と言うのも私はトランプさんにほとんど興味を持っていないので毎日精力的にトランプ氏の挙動を追っているまゆみさんのブログは本当に新鮮って言うか、目からうろこって言うか、すごいなと思います。
まあ、今週のうちに結論が出るのだろうけど、何があっても驚かないぞ!

さて、愛知県も何とか非常事態宣言の仲間に入れてもらえ、知事さんはさぞお喜びなのだろう。一日6万円の協力金がもらえると大喜びの飲食店は多い反面、何の補償ももらえない圧倒的多数の商店は首をすくめ一日も早い通常営業に戻れることを祈っていることと思います。
非常事態宣言から数日たちましたが、売り上げは平常の6割から6.5割ぐらいで推移してます。もちろん赤字になります。一か月ぐらいなら平気ですが、現状で期日通りに終了するとはとても思えないのでやや緊張しています。マスコミでは飲食店ばかりに注目しますが、それは違います、私の周りは繊維問屋がまだ多数存在していますが結構店を閉じています。とにかく不要不急の外出を控えるようにするとやはり支出は減ります。結局零細小売業は消えるしかないのか・・・・。
何度も言ってますからまたかと思われるかもしれませんが、コロナの究極の目的は「戦争をやる」ことです。それがダメなら「ドル基軸体制の崩壊」です。アメリカの現状はコロナがなくても十分に非常事態ですからいつFEMAに政権が移ってもおかしくないわけで、さらにコロナ禍、そして株式市場の大暴落が加わるとちょっと恐ろしいことになりかねません。
戦争を始めるきっかけはいくらでも作り出せますが、国民のやる気を引き出すには少々時間がかかります。これはやはり貧困が蔓延するのが条件です。まあ少なくとも10年スパン、大きく見ると100年スパンの話ですからすぐにと言う話ではないのでそういう観点で世の中を見ていて欲しいということです。
さて、米国の研究書「11の国のアメリカ史」はようやく読み終えましたが、チャコさんのテキサスに関する質問に的確にこたえられないということで、やはり勉強が不十分なことと、この本だけでは説明できないことがはっきりしてしまいました。
しかしながら米国ばかりに構っていられないのでこの件は少し宿題として置いといて、現在の課題「三井家」に焦点を移していきます。
三井家の研究の手始めとして渋沢栄一を調べることにしました。普通ならwikiで調べる程度で済ますところですが、母が鹿島茂の「渋沢栄一」の文庫本を持ってたのでちょっと分厚くて時間がかかりそうだがこれを読むことにします。少し読んだだけですが、字が小さくて老眼の私にはとても大変です。
さて、埼玉県の農家出身の渋沢がどうしてパリ万博へ徳川の随行員として見学することになったか、どうしても合理的に説明ができない。最初は尊王攘夷を志していた若者がなぜか一橋家に仕え、最後は日本経済の父みたいな立身出世物語になりますが、どう考えてもできすぎですね。今年の大河ドラマの主人公になるそうですがが、不合理な真実をいかに合理的に見せるかが脚本家のお仕事になるのだろう。
彼が生きた時代、まさに明治維新時代そのもので、彼を調べれば明治維新全体を調べると同じかも・・・楽だな。

さて、サンシモン主義と言う言葉をご存知でしょうか。僕はまったく知りませんでした。
https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/13153/1/kokusainihongaku_1_1_25.pdf
やや長いですが、wikiよりは読みやすい記事で勉強になります。
ではまた。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こんなことで防げるの?

2021年01月10日 08時02分10秒 | ひとりごと
新型コロナウイルス騒動もそろそろ佳境を迎えている。二回目の緊急事態宣言が出る関東圏での結果いかんによってはオリンピックの中止も視野に入ってくる、ていうか、現在の経過からして開催はもはや無理なのではないかと大半の市民、都民は思っているのではないだろうか。世界の支配者たちもオリンピックのことまで考慮していなかったのだからこれは仕方がない。奇跡的でかつ自然に見える回復シナリオを描かないことには開催は難しいのではないか。
さて、インチキコロナをここまでの騒動にでっち上げた世界中の支配者とその手下のマスコミがいくら頑張ったところで、一般市民の大半はそのインチキさにもはやあきれるていうか、うんざりしているのだ。
でも、反対に真剣に第二類感染症に分類されているコロナウイルスが本当にどこかの、まあ一番可能性があるのが中国か北朝鮮を思い浮かべると思うが、軍がバイオテロを仕掛けたと考えると現状の日本の対処方法で果たして国民の生命を守れるだろうか。
まず、夜の飲食が時短により禁止、不要不急の外出は止めろ、原則在宅勤務を推奨・・・?本当にこんな程度でウイルスの蔓延を防げるのか?
言っておきますが、今回のコロナウイルス騒ぎはあくまでも訓練だということを言っておきたい。つまり、コロナで深刻な感染は起き得ない。しかし、世界的に「仮に第二類感染症ウイルスがばらまかれたとしたらどのように対処するか」の課題を与えられ、信じられないほどの資金が供給されている。その単位は京単位である。もう各派閥はあふれるほどの補助金、給付金等の奪い合いで大変だろう。これが簿外資金であることは明白でしょう。要は、基軸通貨機構もその訓練の意義を認めているということでしょう。

この空前絶後の予算分捕り合戦の陰で、我々何の補助もいただけない業者は首をすくめ、この事態が早く終わることを祈るしかないのだが、どうせやるなら今後のまさかの事態に役立つような対策をしていただきたいものだ。

PCR検査と言うのは増殖回数を増やすことでいくらでも陽性患者を作り出すことのできるブラックボックスなのですが、これがあるからこそインチキコロナウイルスが検出される。本物のウイルスであれば、それほど増殖しなくても検出できるだろう。現在の感染者はいうなれば「本物のウイルスだったら死んでますよ」と言う話である。と言うことは、もっと真剣に感染経路をたどり、疑わしい人物は隔離しなければならない。陽性患者は自宅で静養?冗談じゃない、隔離しなければだめでしょう。
そうなれば政府ていうか、軍隊は戒厳令を敷き、移動の禁止、外出禁止、生産活動も禁止、とにかくすべての活動を停止しウイルスの拡散を防がなければならない。
まあ、本気でそれをするときはもはや戦争状態のはずだ。そんなことをしたら回復するのに10年は必要になってしまう。それはいくら何でも大変なので、菅さんや安倍さんも悩んだことだろう。
そのあたりを考えてみると、確かに自分にも大きな負担がかかっているのは事実だが、せっかくなのだから政府に付き合って、真剣に第二類感染症の怖さを実感してみようと考えている。つまり、本当に感染を防ぐにはどうしたらよいのかをである。
あなたが首相だったらどこを中心に感染防止をするのか?もう一度ダイアモンド・プリンス号が寄港したら最善の方法はどうなのか?
色々考えるとなかなか興味が尽きない。
まあ、国民はそこまで考えなくてもいいのかな・・・・?

さて、トランプ氏はいよいよ大統領の地位をあきらめたのか・・・・の問題も議論しなければならない。
現在のマスコミに真実を求めるのは非常に難しいのだが、ファイスブック、ツイッターなどのいわゆるSNSもついに言論の自由を守れなくなってきた。言論の自由は大原則なのに、仮にも一国の大統領の発言を削除したりアカウントを停止するなど、理由はともかく、あってはならないことではないだろうか。まさに現在の米国は異様な状況にあると考えざるを得ない。

まあ、どちらにしても右手、〇〇宮と左手、シオニストとベルファシ同士の内輪もめに過ぎないのですが、この結果は大統領選のやり方自体を考え直す時期が来ていることを示している。次回の大統領選はきっともう少しましな方法になるだろう。まあトランプ氏が大統領で成し遂げた成果がそれだとするならややさみしいが、大統領の役目と言うのはそのぐらいなのだろう。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あけまして、おめでとうございます。

2021年01月02日 07時56分39秒 | 日記
皆さま あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
記事を書く気はなかったんですが、月が替わるとブログのカレンダーの更新マークが無くなる。なんとなく印がないと寂しい。新年のあいさつ代わりなのだから中身がなくても構わないだろう・・・と言うことで、思いつくまま書いて行きます。

年末の紅白歌合戦ですが、僕は見たくないのでビデオで「ゴッドファーザーパート1」を見たいと主張、だがパリは紅白を主張する。
まあ、見たいのなら仕方がない、ってことで紅白は見ました。結果、今までになく見入ってしまいました。例年の入り乱れてのくだらない応援合戦みたいなものがなく、歌を優先、どれがと言うのでなくどの歌手も一生懸命歌に集中していた。特にフルオーケストラをいくつも用意するところは、さすが国民から受信料をもらいすぎているNHKだけのことはあります。まあ、今年も受信料は払います。
さて、年が明け、毎年我が家の恒例行事が食事会です。元旦はお休みのところが多いのでホテルのレストランで開くのですが、密を避け、大人数の会食は控えるようにと言うお達しが来ている。我が家の家族会は総勢15名、高齢者はわが母、95歳、そして既往症を持つ義理の兄さん、透析中、この二人がやりたいというのなら決行したい。先方のレストランは「ご親族同士なら全く問題はないです」と言うことで無事行うことができました。街もガラガラ、道もガラガラ、レストランもお客は少なく、逆にとても丁重なサービスが受けることができ大満足でありました。
今日二日は初詣に行きます。人の溢れる有名な神社は行く気はなく、昔から知っている誰も行かないような静かな神社二か所に行くつもりです。家から徒歩でまいります。
帰ってきたら神社の様子を貼り付けますね。
暇があるのでアメリカ史をもう一度調べていますが、南北戦争と今起きているトランプ氏の大騒ぎとの類似点の考察ですね。基本的に清教徒=ヤンキー=アングロサクソン対ノルマン=奴隷貴族=東インド会社みたいな構図ですが、他の大半の州もその成立時の構成から内部に分裂の火種を持ちつつ、最後は奴隷解放に賛成か反対かで対応が分かれた・・・みたいな感じですか。
したがって、奴隷以外の争点は先送りされ、もやもやしたまま現代まで来てしまった。しかし公民権運動という問題がさらに問題を複雑にし、それが現在のトランプ氏の支持層が思いのほか強くなっている原因のようです。まあ、人種問題は解決しないっていうか、解決する気はないですね。
さて、もう一つの勉強課題が三井です。明治維新の本当の主人公は岩倉具視であるというテーマをまず決め、その陰謀を資金面から支えたのは三井である。これが結論で、結論が先に来てあとはそれに沿って歴史的事実を肉付けしてゆく作業をします。まあ、やり方が逆だろう・・・とは思うのですが、結論が間違っていれば目も当てられない話なのですが・・・・。
https://note.com/saharamakoto/n/ndda4826a93a9
嵯峨天皇(52代天皇:在位809年〜823年)の時代に心身を浄める神池(糺の池)の役割を賀茂御祖神社(下鴨神社)に移したとされる。「糺の池」が移されたのは、ちょうど平安時代(794年〜1185年頃)であることから首都の整備計画の一環だと思われる。

木嶋神社の御神紋は「二葉葵(ふたばあおい)」であり、下鴨神社と同じ(上賀茂神社、松尾大社も同じ)。近年まで太秦を含む広域は「葛野郡」と呼ばれており、葛野(かどの)という呼称は古くは『日本書紀』にも登場する。その流れも踏まえても太秦の秦氏と下鴨神社の賀茂氏とは深い縁や共通する役割もあったであろう。
この元糺の池にあの有名な三本鳥居があり、養蚕神社ともいわれる。この神社の宮司が三井だったと。要は、天孫、天神、地祇の三者が手打ちした場所と、手打ちさせた本人が三井だったとも考えられる。もちろん真実は何処にも記されていない。
明治維新の始まる前、三井は江戸、京都、大阪に支店を持ち、幕府、新政府両方につながりを持っていた。しかし最終は京都店の意向により新政府を応援する側に立ったと伝えられる。が、物は言いようである。
まあ、この辺を含め三井を研究することは日本の歴史を研究するということにつながると考えています。ただ、どこまで調べることができるのか、調べることはいくらでもあるし・・・。
ってことで、今年もよろしくお付き合いを・・・。

さて、今初詣から帰りました。約二時間半の遠足みたいなものです。
自宅から歩いて30分で覚王山日泰寺。ここは年に何回か散歩で訪れます。広くてなかなかいいところです。写真は五重塔です。参道には小さいけど面白い店もあり結構楽しいところです。

そこから歩いて6分。小さいころこの辺に住んでいたので遊び場にしていた神社です。山神社です。
そこからまた歩いて10分。蝮八幡社に行きました。思ってより人が多く、びっくり。このあたりは池下と言い、昔池の下だったんでしょうね。
帰りはもう歩けないのでバスで帰ります。敬老パスを持っているのでタダです。乗る人の全部が敬老パスです。こんなんでいいのかな…?とは思いますが、30分に一本ではねえ、あてにできないもんね。
コメント (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする