マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

ケトン食はガンを撲滅できるのか?

2020年09月27日 07時46分58秒 | 新規プロジェクト
異様に暑かった夏が突然終わり、秋がやってきました。
やはり今年は東京五輪のスケジュールに合わせた気象モードがセットされていたのか、それとも来年のためのシュミレーションだったのか・・・いずれにせよ神の領域を荒らしてもらうと非常に不自然なことになる。いい加減にしてもらいたい。
さて、波動とかタンパク質の研究に専念していたのですが、それらが十分にできてないのに次の課題が与えられました。今度は「ケトンを調べなさい、ついでに酵素も・・・
メソポタ・ヴァレーでは癌治療を食事療法でやりたい、それもケトン食で・・・・」とか。
とりあえず、現在のがん治療と言えば・・・外科手術、抗がん剤、放射線、免疫・・・みたいなのが主流ですが、食事療法で癌を治す?できるんかな…。
ケトンと言えば、自給さんが糖尿になり糖質制限をしているときにケトン体が出現し、やむなく炭水化物を摂取することにしたとあったけれど、どちらかと言うと身体には悪役との認識なのですが、さて、調べる価値はあるのだろうか。
まず最初に、ケトンとはなんぞや?
何らかの理由で血液中のブドウ糖が枯渇すると脳にエネルギが届かなくなり身体は肝臓で脂肪を燃焼させます。その時にできるのがケトン体といい、アセトン、アセト酢酸、βーヒドロキシ酪酸の三つを合わせた総称であります。このエネルギーは脳に届きます。また、一般の体の細胞、ミトコンドリアはこれらをエネルギー源にできます。
ところが大量のブドウ糖を消費し細胞を増やすがん細胞はこのケトン体をエネルギーとして使うことができません。
正常な細胞はブドウ糖が無くても脂肪を燃焼させてエネルギーを産生でき、脂肪と蛋白質とビタミンとミネラルがあれば細胞を増やし、体を正常に維持することができます。糖質(炭水化物)は五大栄養素の一つですが、脂肪(脂質)と蛋白質とビタミンとミネラルは体にとって必須ですが、糖質だけは必須ではありません。エネルギー源として使いやすいので糖質が主食になっていますが、正常細胞は脂肪をエネルギー源として利用できるので、糖質は無くても困らないのです。
しかし、がん細胞にとって糖質(ブドウ糖)は必須です。糖質から得られるブドウ糖が利用できなくなれば、がん細胞は増殖も生存もできません。つまり、糖質はがん細胞には必須栄養素ですが、正常細胞には必須では無いと言えます。この違いを利用すると、がん細胞だけを選択的に兵糧攻めにして死滅させることができるのです。
正常細胞はケトン体を代謝してATPに変換できます。
がん細胞ではケトン体をエネルギーに変換する酵素系の活性が低下しているので、ケトン体をエネルギー源として利用できません。また、がん細胞では細胞を増やすために脂肪酸を合成する酵素系の活性が非常に高くなっていますが、逆の脂肪酸を分解してエネルギーを産生する酵素の活性は低下しています。
つまり、体内のブドウ糖の量を減らし、脂肪酸の分解でATPを得ている体内状況を作り出せば、ミトコンドリアの機能が正常な正常細胞は脂肪酸の代謝によってATPを効率的に産生できるので生存できるのに対し、がん細胞は脂肪酸からATPを産生できないためエネルギーが枯渇して死滅するのです。
医学の世界でも賛否が分かれているところですが、やや極端な方法ではありますが、絶食や徹底的な糖質制限をしてケトン体を産生すればがん細胞の成長を止め、死滅できる可能性があるという。
食事で糖質を摂取すると血糖値が上がります。血糖値が上がると体は膵臓からインスリンというホルモンを分泌して血糖を下げようとします。インスリンはブドウ糖の筋肉組織や脂肪組織への取り込みを亢進してブドウ糖の分解を促進します。さらに、肝臓ではグリコ−ゲンの合成を促進し、脂肪組織では脂肪の合成が促進されます。このようにインスリンはブドウ糖の分解とグリコーゲンや脂肪の合成の両方を高めることによって血糖を下げます。
インスリンは食後の血糖値を下げるのが主な作用ですが、がん細胞の増殖を促進する作用もあります。がん細胞の表面(細胞膜)にあるインスリン受容体にインスリンが結合すると、細胞増殖のシグナルが活性化し、がんの発育や転移が促進されます。
糖質の摂取を減らして、血糖とインスリンが上昇しないようにすれば、それだけでがん細胞の増殖を抑える効果が期待できるのです。
「ケトン食」というのは、体内でケトン体が多く産生されるように考案された食事です。古来、さまざまな疾患に絶食療法が行われており、特にてんかん発作が絶食によって減少することは古くから知られていました。そして、「脂肪を多く炭水化物の少ない食事をと摂れば、絶食と同等の効果が得られる」という考えのもとに、1920年代に米国のメイヨークリニックでケトン食療法(ketogenic diet)が発案されました。
インスリンががん細胞の増殖を促進することは十分な根拠があります。インスリンの分泌を少なくする糖質制限食ががん細胞の増殖を抑制することも多くの動物実験や臨床試験などで証明されています。さらに、ケトン体ががん細胞の増殖を抑制する効果があり、糖質制限と高脂肪食によるケトン食が抗がん作用を示すことも最近多くの研究で明らかになっています。
さて、ケトンがガン治療にももちろん糖尿にも有効であるということが理解できましたでしょうか、じゃあ迷うことは何もない、やりましょう。でも、ちょっと待った!
実はそのケトン食ですが、これが全く一般的な物じゃないのです。
てんかんという病気のために開発されたと述べましたが、内容を見ると
引用、ここから
「ケトン食療法では、米・パン・パスタなどの炭水化物や、砂糖・フルーツなど糖分を多く含む食品は、摂取が制限されます。
必要なカロリーは、油脂分であるバターや生クリームを用いたり、肉・魚などからたんぱく質を摂取して補います。
注意点としては、水溶性の栄養素であるビタミンB群やビタミンC、カルシウム、食物線維が不足しがちなこと。
最近では、「ケトンフォーミュラ」と呼ばれる、医師が必要性を認めた場合に出される特殊ミルクや、ケトン食用の補助食品も開発されており、これらを利用することも多くなっています。
また、ケトン食療法にも段階があります。
糖質摂取量を一日80g以下にする「セミケトジェニック」は、長期にわたって行っても問題はありません。
糖質摂取量を40g以下にする「ケトジェニック」は3年を目安に行ってください。
最も厳しい「スーパーケトジェニック」は一日20g以下の糖質摂取量となりますが、1年以上の長期間行う場合は、糖尿病や動脈硬化のリスクが高まるため、必ず医師の指導の下に行うようにしてください。」
https://www.soycom.co.jp/fs/soycom/c/gr62から引用
要は、かなり偏った食生活になるのでそれなりの設備を整えた医療機関が必要になると考えます。また、ケトン食のレシピを見るとこれまたかなり専門的な知識と調理技量が必要な気がします。S氏の描くシュミレーションはまだ聞いていませんが、これだけでもかなり大きなプロジェクトになるでしょう。
忘れてました。このがん治療にはシバ教も取り入れるはずです。
この記事を書きながら自分がうどん屋をやっていることに少々罪悪感を覚えるようになります。早い、うまい、安いをモットーに炭水化物の固まりで、しかも徹底的に製粉した糖質と食物繊維しか残っていないような小麦粉を原料にしたうどん・・・なんと不健康を再生産しているようではないですか。かと言って、コメでも小麦粉でも消費者が喜ぶようにするにはどうしてもこうせざるを得ない。かくして街にはお腹がポッコリのおっさんが増えてくるわけです。せめて精製を控えた全粒粉を使うとか、胚芽部分を添加するとかを考えなければならないかもしれない。ごはんも玄米は無理にしても五穀米にし、多少でも栄養を取れるように改善すべきだろうか…うーん、悩ましいことです。
コメント (18)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GOTOの追加記事を書きました。

2020年09月21日 19時02分27秒 | 新規プロジェクト
大変疲れて帰ってきました。何よりも道路の混雑が半端なかったことと、ついでに寄った太郎坊の階段が思いのほか体に応えたということかな。
まず、最初に業務連絡です。
S氏から教育シュミレーションに関し、とても大きい提示がありました。それは「中学三年までに高校卒業のレベル、つまり大学検定が受かるレベルまでに達する特別な教育プログラムを用意する」という話です。方法は具体的にはまだお聞きしていませんが、S氏から過去にお聞きしている松果体を量子レベルで励起させるような画期的なプログラムではないかと想像します。この方法を使うと現在の教育システムがいかに人間を家畜化させようとしていることが分かってしまうでしょう。
つまり、今回のメソポタ・ヴァレーのターゲットが小学生や中学生の子供を持つ親御さんも含まれることになります。あるいは、期間限定の合宿みたいな企画も考えるべきかも・・・ですね。

さて、黄檗山萬福寺に行ってきた話を少ししておきます。萬福寺は驚くほどスケールのでかい寺院です。詳しくはネットで見ることができるので省きますが、わざわざ見てきたのが卍崩しでしたね。写真で見ていただくのは多くの建物の中のひとつ、開山堂です。
チャンと卍の文様が出てますよね。つぎの写真は一番奥にある建物、法堂の写真です。

これが卍崩しです。ほとんどの人は気づかれないでしょう。でも、やはり変ですね。
1654年、福建省から渡来した隠元禅師は単に臨済宗の坊さんだったのですが、1661年に創建された萬福寺は独立した禅宗の一派、黄檗宗になったわけです。それだけにいかに重要な役目があったかが想像できるわけです。
それが卍崩し、禅宗の仮面をかぶったユダヤ原理主義とキリスト教の集会所になったのです。要は、当時キリシタン禁止令が出ていた時代だったのでこのようにこっそり日本に潜んだということです。もちろん幕府は知る由もなく〇〇宮の差し金で冷泉家が動いたというのが真相だったのです。まあ、一般の方が考えるよりもはるかに力を持つ萬福寺ですが、表から見える姿は落ち着いたたたずまいを見せる普茶で有名な禅寺です。普茶は贅沢なので食べませんでしたが、健康にはよさそうなものですね。

さて、次に訪れたのは三井寺(園城寺)です。ここも立派なお寺です。特に何ということはないのですが、今後大化の改新や壬申の乱を研究するときにきっと役に立つと考えたのです。まあ、たいそう立派なお寺です、広大な敷地は固定資産税がかからないんだから宗教はいいよな‥‥。

太郎坊というちょっと変わったお寺にもゆきましたが、まあ階段を上った以外は特にいうことはありません。まあ、それが面白いのですがね。

で、最後に寄ったのは長浜です。とんでもなく人が出ていました。ほとんどの飲食店は行列ができていて商店街の周りは駐車場を求める車で大渋滞を引き起こしていました。今回の連休はコロナ疲れの反動もあるでしょうが、この長浜は若い人の努力とそして古い町並みが奇跡的に残った結果ともいえます。いくつかの新しい店舗は独創的で刺激的でした。今後メソポタミア・ヴァレーの店舗を整えるに当たり相当に参考になると考えました。
今回は太郎坊の階段で疲れてしまいゆっくり調査できませんでしたが、もう一度長浜の商店街を子細に検討する価値はあるような気がしました。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GOTOキャンペーンです。

2020年09月20日 16時53分19秒 | 新規プロジェクト
いま琵琶湖でブログを書いています。せっかくお国が補助金を出してくれるのだから使ってあげるが国民というものでしょう。
まあ、しかしすごい混雑です。大津は車が動きません。やっとこさホテルに着き、急ぎ伝達事項を伝えようとしています。
まず、伝達事項。つばささんへの返事で、庭はないと伝えましたが実は、四隅以外は裏庭があるということです。また、四隅については私達が直営店を使う予定ですので基本、皆様の住む住居には庭があるということで、訂正させていただきます。
また、那須町の定める開発指導要項に基づき、全て法令の定めるところで開発は行われますからまったく心配は不要だということです。まあ、当たり前ですが、皇統さんも少々カチンときているようでございます、無理もない人間ですから。
本当は第一期の開発部分のイメージイラストと部屋の間取りを掲載するつもりでしたが、コメントの嵐が収まるまでしばらく延期します。

さて、旅行はどこへ行ったのかというと、卍崩しで有名な黄檗山、萬福寺です。わざわざ二時間もかけて卍崩しの欄干を見てまいりました。
萬福寺に関しては伝えたいことがいっぱいなのですが、あまりにもマニアックなのでまた暇ができたときにやりましょう。これもメソポタの歴史解明の中で論議すればいいっか。肝心なのは、卍崩しの意味ですね。

すいません、疲れてますので明日にでも書きます。

今日は、伝達事項の連絡のみにします。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メソポタミア・ヴァレーのターゲットとは

2020年09月13日 08時43分12秒 | 新規プロジェクト
このマヨの本音ブログはメソポタミア・ヴァレープロジェクトを紹介するために再開したのですが、よく考えると一番肝心なことに触れていませんでした。それは誰をターゲットにした村なのかという点です。
ある方から「私でもはいれるのでしょうか?」というメールをいただきました。現在サンフランシスコに在住で、ご主人に先立たれ一人暮らしのご婦人です。もちろん大歓迎です。何の問題もありません。
ただ都心から遠く離れた山の中で暮らすわけですから、それなりのコンセプトがなければわざわざ暮らそうという人は少ないでしょう。
現在コロナ禍の影響でテレワークとか在宅勤務だとかで毎日会社へ行く必要がなくなったサラリーマンが急増しています。その影響か、那須町の別荘地が急騰しているとの情報をテレビが特集していました。このプロジェクトがそこまで予見していたわけではありませんが、行き過ぎた都心一極集中を見直す時期が来ていることは分かっていました。
週に一回か二回の出勤のために何も家賃の高い都心の高層マンションに住む必要はありません。現在は新幹線定期を支給する会社もあります。平日は緑豊かな那須の高原で暮らし、週一度都心へ出勤する、そんな時代がもう来ているのです。
要は、老後の隠居場所としてはもちろんですが、働き盛りのサラリーマンもこのプロジェクトのターゲットになってきたわけです。
さて、先日5つのシュミレーションの話をしましたが、それぞれの分野で研究されている方は特に今回のプロジェクトに興味を持っていただきたいのです。現に、医療シュミレーションの部分での応募はすでに多くいただいているようです。
自給さんのブログでも述べていましたが、現代の医療は医療業界の利益のための医療と言ってもいいでしょう。糖尿病なのにカロリー制限と薬の投与で治す、というより糖尿病患者を育てているわけです。本来は食事療法で改善するのが筋で、薬というより毒を飲ませてより深刻な状況に追い込んでいます。高血圧対策も同様です。少し血圧が高いだけで降下剤を処方する。根本的な高血圧の原因はなおざりです。
私の身内に痛風になった人が二人います。医者の言うとおりに治療しているうちに両者とも人工透析になってしまいました。
薬をすべて否定するわけではありませんが、対処療法ですから生活習慣病には別の対処法を使わなければなりません。薬は本質的に毒です。結局は腎臓にすべての負担がかかります。人工透析に使われる医療保険は想像を絶するものがあります。いわば人工透析がゴールみたいなものです。
つまり、医療業界のための医療が行われているということです。ただ、医者の中にもこれらに不信感を持つ人も多いのです。今回のプロジェクトにおいて波動を利用する人体改善法、あるいは東洋医学であるハリ、灸、指圧などを併用した治癒行為を使った本来の医療行為を研究したい人、そんな研究者を優先的に来ていただきます。近所に多くの医療専門家が住んでいれば住民は安心しますね。このヴァレーのコンセプトの一つがこの本来の医療を実現するということです。
さて、煩悩さんのブログに書かれてましたが、このヴァレーでは自家発電等のエネルギーシュミレーションが試みられます。発電方法はいくつもあります。まあ、太陽光もありますが、小型の水力発電、あるいは風力発電にみせかけるが実は磁力を使った永久発電装置も実験されます。あるいは常温核融合もじつげんするかも・・・ただ、根本的な問題として、実は電気の大半は垂れ流しされているところです。今後の電力は必要な時、必要なだけが基本になります。つまり、電力を充電するか、水素などの媒体に変換するかです。水素はトヨタがお得意ですから、メソヴァレーでは充電をメインに考えています。それがキャパシタです。現在各セラミック関連業界での最重点課題になっています。まあ、問題は充電効率ですね。高効率が実現すればこの村はエネルギーの自給自足が達成されます。この分野での研究者はぜひ住んでいただきたいですね。
私のメイン料理は歴史シュミレーションとなります。定期的に私の研究室で研究会を開催します。第一回目は「一体日本人はどこから来たのか」、二回目は「大化の改新は何だったのか」、三回目は「二・二六事件の顛末」・・・・こんなテーマなら簡単に100ぐらいは思いつきます。老後を快適に過ごしながら週に一度は私の講義を聞き、討議討論をする。そんな老後はいかがですか、とても知的興奮を覚えませんか、これが真実の歴史追求プロジェクトです。歴史好きなあなた、この村の住人になるべきでしょう。

老後は大好きな絵画を描きたい。手芸が好きで小さな店で手編みセーターを販売したい。刃物が好きで、手作りの刃物を作って売ってみたい。ケーキ作りが趣味でで来たら小さなカフェでケーキを売りたい、中華料理が得意で皆さんに食べて欲しい・・・・老後に儲けはともかくとして人と触れ合いながら社会の役に立ちたい・・・そんな小さな店が簡単に開業できる店舗付き住宅が用意されます。費用は住居付きで月10万円。二階建てです。夫婦二人には十分な広さです。もちろんメインストリートに面します。若い人でも老人でも同じ条件です。やってみませんか。
ただし、同じような業態の店が乱立しては困りますから村側が審査し適正に配置する予定です。
さあ、このようなエキサイティングな人たちがたくさん住んでいただく予定ですが、現実には大半は普通の方々に住んでいただきたいわけです。そのような人を集めるのが私の役割です。

実際、今私は波動や食品の栄養素の勉強を続けていますが、ネットの検索だけでは限度があります。近所にそれらの研究をされている方が住んでいればその問題はすぐに解決できます。みんなが刺激を受け、さらにいろいろな知見を持つ人たちがカフェに集い広い範囲の知識を交換する・・・これが私の目指すメソポタミア・ヴァレーの素晴らしい世界なのです。

さて、コロナ騒動も少し落ち着いてきました。せっかくのGOTOキャンペーンがあるのだから、我が家もそれに便乗するべきだということで、来週は琵琶湖方面に旅行してきます。三井寺に行きたいし、例の卍崩しの萬福寺あたりを見てきます。
卍崩しの萬福寺は話題満載なお寺なんですが、いずれ書くこともあるでしょう。
そうそう、ガンちゃん、頑張ってますね。頼りにしてますよ。
コメント (16)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天孫は人間だった。

2020年09月06日 06時43分58秒 | 新カルト マヨ教
私はブログをやっていますがあくまで趣味の範囲です。通常はうどん屋を本業としています。毎朝3時40分に起床、朝食と新聞のチェックを済ませ5時には会社に到着です。麺の仕込み、出汁の準備を済ませもう一つの店、カフェの開店準備をします。これが済むと6時半、もうお客がやってきます。カフェの店長が7時20分に来ます。彼と交代し、次にうどん屋の開店準備です。10時半に昼食を取り11時から開店します。店が終わるのがおおむね3時、ここから明日の麺を打ちます。4時には終わり家に帰ります。それが5時です。ここから夕食と勉強時間です。就寝は八時ですから、僕の自由になる時間は3時間となります。
別に私の予定を知って欲しいわけではありません。毎日ゆとりがない事を知っていただきたいのです。何が言いたいか?要はコメントの返事に時間を掛けるのは非常につらいということ、私はコメントを楽しみにしてきましたし、今後もそうしたいと思っていますが、できない場合もあることを承知してください。
さて、煩悩さんのところにもやや嫌がらせ的なコメントが来ていますが、要は皇統を利用しているじゃないかと批判されているように見受けられます。
以前言ったことですが、実は10年前、S氏からある種の集落を作り自主独立した小国家みたいなものを作りたいとの計画を聞きました。その計画は最初から皇統をトップにすることが前提だったのです。一番重要なのは水とエネルギー、次は産業だ・・・みたいな、すでに青写真ができていたわけです。最初の予定はフィリピンだったように覚えていますが、どこから那須になったのかの理由は私にはわかりません。が、日本でよかったというのが本音です。フィリピンでは女房が嫌がるだろうなと思ったからですが・・・。
皇統とは言うものの、彼はS氏から日本の仕組みから明治以降の〇〇宮の手法、仕組みなどのすべて聞き、全面的にS氏に協力することになりました。従って、現在彼は決して〇〇宮の陣営の人間ではありません。しかし、そこは皇統です、つまり○○宮も他の陣営もまず邪魔はしない、ていうかむしろ積極的に出資するかもしれないのです。反対陣営から出資を受けてもいいのかと思われるかもしれませんが、逆です。
戦時中、日本海軍の燃料を米国側が供給していたみたいなことはこの世界では常識です。商売は商売です。出資に対し上場時にお返しすればいいわけです。
皆さんの危惧する気持ちはわからないではありませんが、すべて戦略に含まれています。
天皇制のついて少し話をしましょうか。日本は倭国の一部であると私は言ってきました。日本というのは所謂ウエストファリア体制での国境であり、本当の所有者は倭国、つまりウバイドなのです。そしてその表の存在として日本国の王様が天皇になります。日本の王は誰が決めるのか?それは万世一系だから血流で決まる?そうではありません。〇〇宮が決めています。ただし、適当に決めるのではなく厳密なルールがあるはずです。そのために斎院・斎宮・斎王制度があります。
軽井沢のテニスコートで偶然出会い結婚することになったなんて話がありますが、まあテレビの仕込みなんてものじゃないですが、一応は選んだことになるのかな…。先日天孫さんにお会いした時「会社勤めをしているとき周りに複数の女性がいて、あとから思えばその中から好きな娘を選べよということだったみたいなんだが、まだ若かったから気が付かなかった、云々。」
つまり、王とは言うものの周りはすっかり囲まれている、これが現実です。ただ、やはり基本的には権力・権益を持っていますから、それを巡って政争が起きるのは歴史を見ればわかるでしょう。
とさんは「天皇制は宗教的で・・・」とおっしゃいますが、それはあくまでも支配者側の作り上げたおとぎ話で、ドルイド神官の常套手段ですよ。歴史は後から作られるわけですから・・・。
藤原氏は神官ではありません。彼らは不比等の時代に争いあっていた部族を4つの家系に集約しただけです。不比等の子供というのはおお嘘ですね。同様の技術は旧約聖書にも使われていますね。そう、人類がノアの四人の子供から出てきたみたいなほら話ですよ。同じ派閥がやることですから歴史書も同じ手法で作られています。
メソポタ・ヴァレーでは歴史シュミレーション事業の中で「真実の歴史」を研究発表することになっています。でも、真実の歴史って正直、怖いですよ。

神官は天皇ではなく秦氏です。そしてその婚姻関係で賀茂氏。自給さんが「鴨ねぎ」で説明してたでしょう。賀茂氏が禰宜だったわけです。
秦氏は客家。そして天皇はロマ人、アーリア人で放浪の民。近親相姦が好きらしいですね。とさん、私が冬眠している間に間違った知識を仕入れていたようですね。
では例えばアメリカはどうなんだというと、独立戦争を戦った13州がそれぞれ王国なのです。つまり王様が13人いて、さすがは民主的な国だけありその13人が多数決ですべてを決めているわけです。
で、マヨ君は天皇制をどう考えているかというと、さすがに歳をとってきただけあり「本当にご苦労様なことです」と思っています。少なくとも私はやりたくないな、トイレぐらい自由に行きたいし、嫁は自分で決めたいし・・・。
少なくとも天皇を恨むより、その周りにいて天皇を操ってきた人たちを憎みます。

そんなことで、今週は勉強する時間がありませんでした。あとで多少は書き加えたいと思いますが、カフェで売るためのパウンドケーキとクッキーを作らなければならないので難しいかな…。
コメント (27)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする