マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

年末のご挨拶です。

2020年12月27日 08時26分13秒 | 日記
今日のヤフーニュースに「保健所が厚労省に「2類指定を外して」 体制の見直しで医療逼迫は一気に解消へ」との記事が載った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/90f09de6db33e3f50b92baafe22d55a4e1ba2bfd
コロナが2類に指定されたことがすべての始まりであり、これが5類であれば現在の騒ぎはまったくありえないことだった。
まあ、このような正論はネットや週刊誌にしか載らず、今後もテレビや新聞に出てくることはないのだろう。
いずれにしても今年一年、ほとんどコロナの話で終わってしまう。ダイヤモンド・プリンセス号がそもそもの始まりで、東京の感染者1000人越えで終わることになる。
良いことが何もない一年だったが、良かったことと言えばくだらない催事のほとんどが中止になったぐらいかな。今年を境にして葬式や法事、里帰り、記念パーティー・・・・等々、無駄な行事が行われなくなる元年になるのかも。必要な物だけ残るわけで、これはこれで結構なことかな・・・。

今年の仕事は明日までで、なかなか印象的な一年が終わる。10年に一度の大騒ぎはおおむね終盤に向かい、あとはどのように終わってゆくかという段階みたいだ。
前も話したかもしれないが、リーマンショックの痛い経験から「今後は年収300万」で暮らせるようにしなければということで、無駄使いをやめ質素に暮らすように心がけてきた。
朝は自分で焼いたパンと自家焙煎したコーヒーで済ませ、昼は自分で作ったうどんを食べる。夜はメインにキャベツとレタス、あとは多少の肉を食す。エンゲル係数は計算する必要もないぐらい。
自分で焼くパンと言ってもホームベーカリーを使う。強力粉にバター、砂糖、塩、水、あとはイーストとレーズンを混ぜる。クッキーやケーキを作ることを思えば楽なものです。ホームベーカリーを使うとその日の気分でバターを多くしたり、砂糖を増やしたり、自分の好きなようなパンが作れる。生クリームを入れて今はやりの生パンも作ることができる。多少時間がかかるのが難点だが、手放せない機会です。コーヒーはカフェのために焙煎するついでに今年政府からもらった個人給付金を使い自分用にマンデリンとキリマンジェロを仕入れたものを使っている。焙煎度合はあくまで自分用なので結構深煎りにしている。おそらく一般的には苦すぎるだろうと思う。合わせて120㎏もあるので3年ぐらいは在庫の心配はいらないな。
しかし、よく考えると現状の食事では栄養分が少々足りない気はする。今後はもう少し栄養も考えた生活を考えなければならない。そんな意味で前回触れた発酵発芽玄米を作りついでに味噌や漬物も作ってみたいと思います。

今年は久しぶりにブログを再開したので充実した毎日が送れました。今後もメソポタミアヴァレーの進捗状況の連絡と本業の歴史解明を進めてまいります。おそらく今年最後の更新となります。良いお正月をお過ごしください。

コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何もないのですが・・・・。

2020年12月20日 06時51分21秒 | 日記
今週はさぼっていたわけではないのですが、色々と忙しくブログの記事にできるようなことがありませんでした。とにかくコロナの騒動のおかげで仕事も不安定で困ったものです。カフェの女子店員の子供が通っている保育園で陽性の子供が出たらしく、保育園は休業、店員さんは年末まで出勤できなくなりました。保育園の園児の親は大半仕事を持っていますから即ち仕事に出れません。困りますね。
カフェはそこそこ忙しいのでこっちも困りますが、何とかやりくりします。でも、たった一人の感染で保育所が閉鎖というのは過剰反応という気はします。

さて、まゆみさんのブログは毎日見るようにしていますが、恐ろしい情報量なので目を通すだけで大変。まゆみさんご苦労様。
さて、コロナウイルスは本当にあるのか?ワクチンは安全なのか?それとトランプとバイデンの争いの決着はどうなるのか、この辺が彼女のブログの論点になっているようです。
コロナ騒動なのですが、私の考えとしたらこれは予行演習というか、インフラチェックと思っています。つまり、各世界の派閥は間違いなく生物化学兵器の研究をしています。どこの研究室も人類を破滅させるようなBC兵器の開発はできているでしょう。でも、本気で使えば人類は終末を迎えます。何度も述べているように終末論を本気で唱える派閥があるように真剣にそれを作っているわけです。ただし、条件があります。少なくとも自分たちだけは生き残らなければならないのです。つまり、治療法、防御法を確立できない限り使えない兵器なのです。要は、支配者たちは「その時」の訓練、シュミレーションをしておこうと考えているということ。
本当に感染者が出ているかどうかは私にはわかりませんが、本当に言われているような危険なウイルスがばらまかれた場合、恐らく私は真っ先に感染する可能性がつよいですね。なぜなら、防御対策を何も取っていないからです。もちろんMMSを飲んでいますから体の中に入ったウイルスはまず間違いなく排除できますが、鼻から入り、気管支に寄生されたら駆除できないかもしれません。

毎年のように気象操作による災害が発生していますが、私はいつもこれをインフラチェックだと解釈しています。現在のスパコンならばピンポイントの災害を作り出せます。どの地域のどの河川がどのくらいの雨量に耐えられるのか、がけ崩れはどの程度で発生するかというような貴重なデーターが取れます。もちろん人間や車の避難経路も重要なデータです。つまり、長い目で見れば安全で快適な村落を作るためのシュミレーションなのだと、そう考えないとやってられない・・・・と。
その意味で、コロナウイルスは一種の予行練習であると、まあ訓練と分かっているとみんな真剣にやりませんよね。政府も無尽蔵の財源があるわけではない。いずれ資金が尽き自粛要請もできなくなる。まあ資金があるうちは真剣に、いや真剣モードでやっちまえということでしょう。
ただ、私の予測では来年のゴールデンウイークのころには政府の対策資金が尽き、めでたく訓練は終了しオリンピックを迎える、そんなシナリオを考えています。だから非常事態宣言の二回目をいつ出すのかが焦点となります。現在の時短要請、移動自粛等の対策が多少成果を上げ、そのあとまた感染者数が増えるものの、政府は年度末の三月はちょっと出しずらい。ということは4月にだすのかな・・・・?
まあ、勝手な想像ですからどうなるかは神(支配者)しかわかりませんね。皆さんに置かれましては、決してコロナをなめないように本気で心配するふりをしてください。現在、本気でコロナを怖がっている人はおそらく全体の10%、全く警戒していない人が50%、あとは適当に怖がっている。もう少しみんなが怖がってくれないと訓練になりません。できれば、もう少し怖がるふりをしてほしいな。半分本気、半分冗談ですが・・・。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

糖尿病と言う闇に光を当てる

2020年12月13日 07時10分35秒 | 道成チャンネル
糖尿病と言う闇に光を当てる


道成チャンネルの第二弾です。内容は糖尿病に焦点を当て、現在の医療の闇に光を当てようという話です。

私も実は糖尿病と診断されたのですが、医者が奨める薬を拒み食事療法で何とか克服してきました。
1、夕食はサラダと少々の肉類とする。
2、寝る前3時間はなるべく物を食べない。
3、朝昼は食べたらすぐ活動する。要は取った糖質をなるべく早く消費する。
4、たばこはなるべく一日に30本吸う。
5、口がさみしいときは酢昆布とかキシリトールガムを食す。
6、スナック菓子は絶対に買わない。
7、どうしても食べたいときは少しだけ食べる。
これが私の糖尿病克服のプログラムです。最初は苦労しましたが、今は逆にこれを破ると体が拒否反応を起こします。もちろんMMSは一日二回服用しています。現状では全く健康体です。

いずれにしてもこれを守ればほとんどの人は糖尿病から脱出できます。もちろん他にも方法はたくさんありますが、その人の程度により処方箋は変える必要はあります。ただ、インシュリンが出ない人、あるいは少ない人は残念ながら現代医学のお世話にならなければならないでしょう。そんな大変な状況、つまり糖尿病になる前の予防医学が絶対に必要なのです。それでも糖尿病の入り口にいる人のほとんどは食事療法を導入すれば医者と製薬会社だけが喜ぶ薬を飲む必要はないのです。
薬を飲み人為的に血糖値を下げると体は必ず自分から血糖値を下げる努力をしなくなります。つまり薬に依存するようになります。また、薬により血糖値を下げ過ぎ低血糖症を引き起こす可能性も高いのです。
人間の遺伝子は普通に生活していれば病気にならず健康に人生を全うできるようにプログラミングされています。要は、健康でない人は普通の生活をしていないということです。

今回、成道成さんの提案が発酵発芽玄米なのですが、何が優れているか少し調べてみましょう。
まず白米と玄米の違いですが、白米は土の上に撒いても腐るだけです。玄米は土地の上で発芽します。つまり命を持っているわけです。一粒の中にバランスが取れたエネルギを持っています。玄米の持つ優れた栄養分のほぼ全部を削り、カス=粕だけを今の日本人は喜んで食べているのです。玄米とあとは梅干し、漬物、みそ汁などの発酵食品を少々取ればほかに何も取らなくても十分に生活が可能となっています。日本人の体の中の消化酵素のほとんどは炭水化物を分解するためにあり、タンパク質を消化する酵素はそれほど備わっていません。肉などはそれほど必要でないということです。
でも、玄米を現代人はあまり食べませんね。どうしてか?
要は、おいしくないからです。
ではどうすればおいしく食べれるか。それが発芽玄米です。玄米を洗い、水に浸し季節にもよりますが一昼夜、すると玄米は発芽を始めます。するとどうなるのか、実は玄米にはフィチン酸、アブシジン酸という成分を含み玄米の栄養素が働かないようにブロックしています。が、発芽するとブロックが外れ栄養素が解放されます。ただ、完全に発芽してしまうと栄養がそちらに使われてしまいます。つまり、発芽しかけたときが一番良いわけです。
発芽しかけたときの玄米が発芽玄米といいます。実際に食べていないので味のことは言えませんが、とてもおいしくなるとのことです。
さて、発酵発芽玄米というのは二つの考え方があります。一つは発酵(寝かせ)発芽玄米で発芽玄米を炊き、そのまま三日間保温するもので、食感はさらにもちもちするそうです。小豆と塩を混ぜて炊くとまるで赤飯のようだとか。
さて、もう一つは発芽させるときに乳酸菌などの菌を投入し発芽と同時に発酵させるのだそうです。これがどのような物か、今のところ見たことがないのでできてからのお楽しみということですか。
自然というのはすごいもので、白米と違い玄米には最初から血糖値が上がりにくい成分が含まれていて急激な血糖の上昇を防ぎます。数値を見ると糖質の差はそれほどないように見えますが、主食ですからその差はとても大きいものです。
ただ、現在のコンビニ・スーパーなどで売っている味噌、醤油、漬物などはほとんど添加物まみれで、しかも発酵を止めた状態にして売られています。本当の自然食品のパワーを得られていないことはう憂慮すべきことではあります。

さて、長々と何を書いてきたのか、糖尿病に限らず、主食に白米や食パンなどの精製品を使っていると体はどんどん悪くなる。主食を発芽玄米にすれば人間はDNAに定められた寿命を全うできるという話です。
問題は発芽玄米は主食にするにはちょっと高価だということで、そのあたりをメソポタ・ヴァレーで何とかできないかという提案なのです。


コメント (15)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

広島原爆の本当の目的は?

2020年12月06日 07時18分27秒 | S氏の告発
間違いがあり、少々修正しました。

さて、もうじき誕生日なんですよ。69歳になります。自分ではまだまだ現役連中に瞬発力でも思考力でも何ら劣ることはないと思っていますが、実は記憶力に関してはそろそろ認知の対策が必要じゃないかと悩んでいます。6種類ぐらいのイラストと、4桁の数字を眺め、その後にいくつかの計算をさせられる。その計算をしたあとに「最初のイラストに何が描かれていましたか?」とか、「4桁の数字は覚えていますか?」と言われ答えられるのか、「うーん、やばいじゃん」。
計算問題も、例えば「73-7」なら簡単だが、「ななじゅうさんひくなな」と書かれているとやや難易度が上がる。うーん、75歳の免許更新まで時間はたっぷりある、うん、訓練しておこう。

まゆみさんから何度かコメントをいただき、感謝してます。そして驚きました。まゆみさん家にこのブログを紹介されたとたんアクセス数がいきなり1000件増えました。相変わらずまゆみさんの影響力はすごいんだと感心しました。
まあ、現在このブログの平均アクセス数は400ぐらいで、特に増やそうとは思っていないし、多くなると悪質な嫌がらせが来るのでこっそりやってゆきます。奇兵隊さんの名前も懐かしいな…そういえば龍さん元気かな‥‥?

本題に入りましょう。
1944年(昭和19年)に千葉県印旛郡公津村台方(現・成田市台方)の麻賀多神社の末社である天日津久神社を参拝する。その直後、同神社の社務所で大本系の関連啓示となる『日月神示』(別名:『ひふみ神示』、『一二三神示』)を自動書記する。
この年、岡本天命は「最後の仕上げ」を宣言したのです。

ブレトン・ウッズ協定(ブレトン・ウッズきょうてい、英語: Bretton Woods Agreements)とは、第二次世界大戦後半の1944年7月、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州ブレトン・ウッズで開かれた連合国通貨金融会議(45ヵ国参加)で締結され、1945年に発効した国際金融機構についての協定である国際通貨基金協定と国際復興開発銀行協定の総称。

1944年7月のブレトン・ウッズ会議で、国際通貨基金と共に設立が決定された国際復興開発銀行は、翌1945年に実際に設立され、1946年6月から業務を開始した。

1945年8月 広島に人類初めての原子爆弾が投下される。

終戦の一年前、ドル基軸通貨に統一するためのブレトンウッズ協定が集結されるが、敵対する米国・欧州の国に混ざり日本もこの協定に参加している、って言うか逆に米・英とともに日本もその中心に入っている、変でしょ、戦争継続中だったんですよ。

この謎についてはこのブログでは何度も述べているが、要は寺内元帥の率いる中野学校の特殊部隊がインドネシアのオランダ領事館を急襲し、そこに保管されている大量の金塊を押収、ヨーロッパの王族を拉致しヘッセン側と人質引き渡しの取引をしたのです。
この金塊はアジア各国へ送られ、各国の軍部に保管させたのです。この金塊がドル基軸の裏付けになるのであり、いかに大量であったかがうかがい知れるというものです。
さて、今回はその話ではなく、なぜ広島で原爆が起爆されたのか・・・・の話になります。
要は、ブレトンウッズでドル基軸体制になることは分かっていて、その時点でドイツの敗戦は決まっていた。が、日本は敗戦国としてはそれほど存在感はなくこのままでは支援の中心がヨーロッパに行ってしまう。で、次の第三次世界大戦を見据え、岡本天命さんが登場する。そして大内家のおひざ元で日本製原爆を日本人(某乳酸菌会社の創業者にも名を連ねる北朝側の人物)が起爆スイッチを押した。これで日本は被爆国になり、ボロボロになっている発展途上国となる。つまり、開発銀行の援助の対象となり簿外資金の投入が決まる。アジア開発銀行ができたということですね。
もちろん以前述べたように、この起爆装置は日本独自の技術、乳酸菌と花火の技術が使われており、この起爆で世界でウラン起爆装置の権益が確定した瞬間でもあった。現在でもウラン型の原爆にはすべて日本製の起爆装置がセットで販売されるという。
世界開発銀行は現在世界銀行となり、そこで発行される世界銀行債という債券が支配者たちの資金の移動、交易の決済に使われているという。まあ、この債券を調べましたが、私たちにはわかることは少ないですね、プロの使う道具は我々庶民には縁がなさそうです。

さて、この話のおまけですが、寺内元帥の父親、寺内正毅は戸山学校出身です。S氏にそのあたりを確認したところ、「戸山学校は徳川尾張藩の敷地内に作られた学校で、そっちの派閥の教育がされたわけで、本来は中野学校(寺内寿一)の実行部隊だったのですよ。つまり、中野が戸山を裏切り北軍と共同歩調を取ったということ。だけど陸軍の次の大将、畑は元の体制に戻したわけだ。」
要は、寺内正毅の時代、彼が外相時代にヨーロッパに渡りプロイセンでビスマルクやサボイヤなどと語り合い、世界の動きや簿外資金の使い方などを学び広い視野、つまり世界は誰が動かしているのかなどの知識を得たのではないかと推察します。
実は中野学校というのはF機関(藤原機関という意味)で、陰陽師のスパイ組織だった。こちらも表と裏がある。五字切りが表で一つ足して六文字でダビデ紋、九字切りに一つ足すと十字、つまりキリスト教・・・みたいな。
いずれにしても〇〇宮のなかで東インド会社の系統に属するはずが、そこの重要拠点を襲撃したんだから〇〇宮もびっくりしたことでしょうよ。
皆は気が付いていないと思いますが、日本の現在があるのは実にこの寺内正毅と寿一、そしてビスマルクのおかげであると言わざるを得ません。いつか彼のお墓へ線香でもあげに行かなければと思っています。
残念なことに、寺内を現在の資料で調べてもろくな評価はされていません。歴史というのはそういうもので、真実は真実を知るものがひそかに「口伝」で伝えられるものなのです。
まゆみさんがトランプに関する記事をたくさんアップしています。しかし現状では大手マスコミの流すニュースに埋もれ、何が本当なのか全く判断がつかない。このトランプ騒動はいつまで続くのか、今のところ全く分かりません。S氏に聞いても「今のところお伝えする情報は入っていない。」とのこと、つまり現在進行中の案件なのだ。もう少し楽しませていただきましょう。

追加

キッシンジャーの情報が少しありますので追加しておきます。ナチスがユダヤ人を収容所へ送る前に、イスラエルに移住するなら優先的に逃がしてやるという話で、キッシンジャーとシュール・アイゼンバーグはドイツを逃れ上海へ入ります。上海は当時なんでもありの無法地帯。そこで二人は東インド会社のスパイとなった。要は東インド会社の兵器セールスマンになったということ。
つまり、セールスとして親会社は「コロナ後に金融危機を起こし、ドル基軸体制をひっくり返す」ことができないと、本気で戦争を引き起こしたいと言っていますと伝言したということでしょう。

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする