不適切な表現に該当する恐れがある内容を一部非表示にしています

マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

まあ、結果オーライです

2012年11月23日 07時53分42秒 | ひとりごと
河村氏率いる減税日本もあっちこっちと迷走を続けたものの、ようやく亀井氏らの新党に合流することになるようだ。もともと考え方や背後関係を考えると維新や慎太郎と一緒に仕事をするのは無理があったのだ。
小沢氏の「国民の生活・・党」とも連携すれば第二の第三極?となり、それなりの議員数を確保することも夢でない。自民にも、民主にも、右翼にもこの日本を任せたくない人たちにとって、ようやく本物の第三極が誕生したことになる。
さて、私ももう棺桶のサイズを測り、いつでも発注する準備をする歳に来ている。つまり、感情ではなく現実的な判断をする年代なのだ。そういう意味で、「脱原発、反TPP、反消費税」を少しだけ考えてみよう。

反原発。もちろん感情論からすれば、原発などいらないし、できるのであればすべて撤去し、日本から原子力を消し去るべきだ。もともと発電効率を考えると原発は決してエコなどではないのである。ではなぜ原発が各地に作られたのかというと、ひとつには核製造は大変においしい兵器産業であるということ。これは憲法の規定により表に出せない産業である。つまり、日本国家は裏稼業として原発商法を繰り広げこの収益は裏金として我々の生活にもかなりの部分影響を与えていると言わざるを得ない。
もう一つの側面として、日本全土に点在する反国家勢力に対する押さえとしての原発である。原発の核兵器製造工場は言うまでもなく自衛隊や米軍基地とセットである。
つまり弥生時代に追い込まれ全国へ散った縄文時代の末裔は日本の全土に広がり、今でも国体変革を夢想しているのだ。彼らの武装蜂起を恐れ、彼らへの威嚇として原発と米軍基地、そして自衛隊基地が位置付けられている。
何度もブログで述べたように、発電としての原発はほとんど意味はなく、ウランの濃縮工場、つまり兵器工場というのが本音なのである。
だから、反原発を唱える前に、まず今述べたことを認識していただきたい。つまり、国民は知らないうちに兵器産業の収益の恩恵に少なからず関わっていることを知り、そのうえで原発の可否を考えなければならないのである。ただ、核兵器自体がそろそろ時代遅れになりつつあることもまた事実であり、徐々に縮小し、最終的にゼロにするのは双方にとって最も痛みが少ない方法である。東電が実質国営化され、損失は国民の負担となることが決定している。つまり実質的に原発商法は終わったということであり、実質的に答えは出ているのだ。

さて、TPPだが、私はもちろん反対である。なぜなら、中身がまったく見えないからで、参加してから検討するという論理は極めて危険である。つまり、君子危うきに近寄らずである。
ただ、郵政問題と同様、これも古来からの権益をひっくり返す意図があるのだ。郵政族はいわゆる全国に存在した豪族の末裔達の権益集団だった。
小泉が考えた郵政改革の本筋はそこである。しかし、最終的に外資による日本乗っ取り論議にすり替えられ、結果、損をするのは国民となったのである。しかし、確かに郵政族は解体したのである。
TPPの本当の狙いは農協解体だろう。古来から日本を支配してきた神々は農業を支配してきた。その本丸が農協である。この組織は言ってみれば功罪半ばする組織であり、良くも悪くも地祇の有力な砦でもある。
TPP自体には反対だが、一度この権益組織を解体する必要性もあるのだ。
ちょっと歯切れが悪くなるが、農協を解体するためだけにTPPに参加するのはやや無謀だな・・・やっぱし、反対しておこう。

さて、減税である。本当に不思議なことだが、国民が多数決で議員を選ぶのが民主主義である。つまり、国民が喜ぶ政策を掲げるのは立候補者として当然だろう。国民の大半は税金が大嫌いで、特に消費税は大嫌いではないか。なのに、減税を掲げる河村さんがどの政党からも嫌われるのはおかしいことである。つまり、河村氏以外の大半の候補者は国民よりも背後の支援者を優先した。要は、選挙資金を出してくれる人がご主人さまで、国民主権は建前にすぎないのだ。

私は国会議員時代から河村氏を注目してきた。はっきり言って、彼は一度も私を裏切らなかった。筋を通す人である。今回のドタバタも恐らく彼の戦略通りであり、大村氏と橋下氏を切り離すためのウルトラCだったと見るべきである。
一応、今回のことで、減税日本も全国的に有名になった。結果オーライとしておきましょう。
コメント (26)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

良いじゃないか、名古屋だけで。

2012年11月18日 06時24分24秒 | ひとりごと
お祭りがあったりして、パソコンの前でゆっくりするのも久しぶりである。その間に政局はずいぶん変わってしまったようだ。野田氏と安倍氏の談合による解散であり、国民のことなどまったく無視した欲だけ、つまり金に目のくらんだ人たちの政治である。
要は、表裏合わせると莫大な額に及ぶ復興財源を補正予算で自民党と民主党、さらには公明とが談合し、お互いに十分満足できる内容に落ち着いたから、まあこのあたりが限界と野田氏は決断したということのようだ。もっとも、田中真紀子さんが文科省の方針に逆らい、新大学の認可を渋ったため民主党は大いに困ったのだが・・・。
なにせ、日教組に金を配分するには文科省を怒らしたくないからね・・・。どこまで行っても日本は官僚が支配しているんだ。真紀子さんが10人ぐらいいれば日本の政治は変わるだろうね・・・。

奇兵隊さんのコメントで答えたように、安倍氏は田布施出身であり、田布施は九州にもあるが、いわゆる朝鮮である。別に私は朝鮮だからどうだというわけではないが、九州の田布施出身なのがあの有名な小泉である。田布施には何かがあるのである。
明治維新に大きな力を発揮したのはあの松下村塾である。そしてその創始者はWIKIによれば「松陰の叔父である玉木文之進が1842年(天保13年)に設立し、松陰も学んでいる。」とあり、その塾は尊王攘夷を掲げて京都で活動した者や、明治維新で新政府に関わる人間を多く輩出した。
この玉木氏は室町時代に大きな勢力を持っていた大内氏の末裔だとの情報があった。つまり、日本で一番最初にイエズス会の教会を作ることを許可した大内氏は歴史上では断絶したように書かれているが、広く種をまき散らした結果、現代までその血脈は生き続けているのである。冷泉氏などの貴族とも血縁を結んでおり、その広がりは私たちには想像もできない。
問題は、大内氏が百済王の末裔だと主張していることで、当時から半島とのネットワークは出来ており、明との交易を独占できたのも一種独特の人脈があったものと想像するのである。
また、これは聞いた話で私には裏がとれないが、鉄砲の日本への伝来は種子島からと歴史は語るのだが、実は大内氏はそれより以前から鉄砲を手に入れ、大陸との交易で売買していたのだと言う。つまり、山口は当時からコスモポリタンだったわけだ。
要は、私の言うABCDE理論のD勢力の拠点が戦国時代にすでに日本に出来ていたということ。

ついでに言うと、IMFや国連のトップに韓国人が任じられているが、韓国の国際的な地位からしてちょっと不思議ではないか?どうも、韓国にはそれらの国際機関を動かす一派がいるようなのである。
まあそんなことより、明治維新で大内氏の末裔が政治の表に出て、その中で田布施の人脈は操り人形として機能したのだろう。その田布施の安倍さんと、松下政経塾の野田さんの関係はどうなるのか?
つまり、松下さんが世界の家電メーカーにのし上がるにあたり、田布施の歴代首相にお世話になり、そのお礼も含め政経塾を創設し、現代の松下村塾を作ったと考えるべきである。つまり、野田氏は安倍氏を首相にするために一肌脱いだということだろう。

さあ、私が一番気にかかるのが河村たかしである。意外にも自ら太陽党にすり寄り、挙句に橋下氏の強硬な反対で合流を拒否されてしまった。結果は単なる地域政党に終わる可能性が高いが、深読みするなら、大村氏の思惑、即ち維新との合流を打ち砕くために河村さんが打ち出した戦略なのかもしれない。いずれにしても政局だけで合流しても、所詮は野合にすぎないのだ。
先日も言った通り、さわやかに孤立するほうが意見の合わない政党に入るよりましじゃないの。私は太陽党に断られたことは良いことだと思っている。良いじゃないか、名古屋だけで。
コメント (19)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

忙しくて更新できず。

2012年11月11日 06時48分52秒 | ひとりごと
さて、昨晩から我が家に古い友人たちが泊まり込み、ブログの更新が出来なかった。また、今日は今日で長者町のお祭り「ゑびす祭り」があり、カフェは本日営業である。もう出かけなければならないので、申し訳ないけど今日もブログの更新は出来ないようだ。
最低限お伝えしなければならないのは、アメリカの大統領でオバマが再選を果たしたのは正直「助かった!」ことである。
ロムニーはモルモン教、危ない危ない。こんなのが大統領になれば一足飛びにイスラエル・イラン戦争である。まあ、ハルマゲドンを目指している陣営にとってはやや予定が狂ったということか・・・。
もうひとつ、赤字国債発行法案が審議入りし、自民党も解散を条件せず成立に協力することになったという。日本のIMF管理も少々先送りになったのかな?

短くて申し訳ないけど、今日はここまで。

コメント (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さわやかに生きましょう

2012年11月02日 20時14分53秒 | ひとりごと
明日は土曜日だけど祝日である(何の祝日なのかしらないけど・・・)。シメシメ・・・連休なのだ。とはいうものの、明日は出勤しなければならない。というのも、かねてから我がカフェの厨房から地下の料亭へ水漏れがあり、色々対策を講じたものの未だに収まらない。で、結局三つの個室の内装を全面的に改装せざるを得なくなったってわけ。で、明日と明後日の二日間で施工することになった。
まことにありがたいことに、カフェの保険の中に個人賠償責任保険という特約付きの火災保険に入っていて、これでほぼ全額が出してもらえる。感謝感激ですね、まあ、用心深く保険に入っていてよかったよかった。ただし、相手に対する被害の補償は出ても、事故の原因となる改修費は当方の負担である。水漏れの原因というのは簡単にわからない。もう3年ぐらいあれこれ対処したが、未だに完全には止まらない。困ったものだ。

さて、胃炎はもう完全に直り、現在は絶好調である。やはりMMSはすごかったのだ。私を昔から知っている人は「なんだかすごく健康そうに見えるね」と言ってくれる。そう、ここ数年来で一番健康になったのである。何より、いかなるウイルス、細菌も怖くないのだから・・・・。

そう言えば、東京都知事をおやめになった石原さんだが、じっくり考えたけど、やっぱりあの人を支持することはできない。たしかに官僚による中央集権を打破し、地方自治を獲得しなければならないという考え方は正しい。でも、それだけであの人のバックである日本会議の方針を飲むわけにはいかない。ましてや石原氏に一番のバックは大手ゼネコンの鹿島なのだ。
震災がれきを真っ先に受け入れたのは東京都だが、当然その処理で大もうけしたのは・・・・・?
鹿島と言えば、鹿島神宮である。鹿島自体は恐らく日本へやってきたイスラエル部族の第二陣であろう。彼らは縄文人を東北へ追いやり、後の神武による日本成立に大きく貢献したのだ。
日本は大きく分けて征服した者と征服された者の二種類に分けられる。圧倒的多数は征服された側なのである。その征服者の最大の象徴が天皇ではないか。日本人はどうしてそんなにあの人をありがたがるのか?日本国籍も持ってないのだぞ。
私は日本国民に被害者意識を持てと言っているのではない。征服者の権威や権力に寄り添い、奴らのぶら下げるニンジンに食いついてほしくないのだ。

官僚たちを見よ。彼らの大半は日本の原住民のはずである。それが目先の栄華や老後の安定のため、同胞を支配者へ売り渡しているではないか。鹿島に限らず、多くの支配者の末裔が日本の経済を牛耳り、確かに彼らが日本の経済を支えているのが現状である。
しかしその陰で多くの中小企業や弱小会社が押しつぶされ、踏みつけられてきたのだ。

私は現在小さいカフェと小さなうどん屋で生計を立てている。小さいながらも製造直売でエンドユーザーとつながっている。コーヒーは生豆を買い、自家焙煎で提供する。うどんはもちろん自家製麺で、出汁も自分で取り、味付けもすべて自分でやっている。小さいけれどプライドは大きいのだ。誰に遠慮することもない、自分の好き勝手に経営している。儲からないのも自分の勝手だ。
なにが言いたいかって?つまり人に頼らないってことかな。恐れる物など何もないと言えばうそになるが、権威や権力にこびる必要など何もない。こんなさわやかな生き方は貧乏でなければ出来ない。金持ちになろうとするから権力にこびる必要が出てくる。
つまり、貧乏を勧めるわけではなく、さわやかな生き方を捨ててまで金を欲しがるような人間になってほしくないということが言いたいのだ。

話が大幅にそれたかな・・・?つまり、私は河村さんが維新や石原党に擦り寄るぐらいなら名古屋の地域政党でいいじゃないかと思うのだ。大きくなればどうしても妥協が必要となる。大きくならなければ筋を通せる。私は貴重な「減税」というお題目を失ってほしくない。小さいながらも大きなプライドを守ってほしい。それだけである。

コメント (20)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする