マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

権威ある人の言葉

2012年05月29日 19時32分51秒 | 新カルト マヨ教
MMSに関し、否定的なコメントがいくつか来ていますが、MMSを紹介しているHPをご覧いただき、判断はご自分で行ってください。
私はMMSで商売をしているわけでも、これを利用して何かしようとしているわけでもありません。単に、これを知ってもらうことで、多くの人たちが健康で安全な生活が送れたらいいなと思っただけです。
マヨ教としたのも、あくまで薬事法に触れないための方便にすぎません。

で、コメントの一つ。水道水のカルキと同じではないかとの話ですが、紹介したHPやMMSとは若干趣旨が異なりますが、二酸化塩素の関連商品を販売している大幸製薬のHPにも興味深い記事がたくさん載っています。

また、さる有名な方が「発がん性があるから俺は飲まない」と言われたと聞きましたが、上記の大鵬薬品のページに発がん性は否定されていますし、ラット検査も行われています。まあ、塩だって大量にとれば発がんの可能性はありますがね。

まず、私たちは権威のある人の言葉にどれだけ騙されてきたかお忘れですか。原発は安全だと言い続けたのは権威のある人たちだったでしょ。
アメリカの権威あるFDAが本格的にMMSに弾圧を加え始めました。これは人体に本当に危険だからなのか、医薬品業界・医者たちにとって危険な商品なのか、賢明な読者各位のご判断にお任せいたします。

私も最初は疑ったのですが、すでに3週間飲んでいます。極めて快調です。また、わがうどん屋の店員さんのひとりが飲んでみたいと言うので渡したところ、何ともならない便秘が即日治り、ひじが痛くて顔を洗えなかった亭主が平気で顔を洗えるようになったと喜んでいます。
最新の飲み方は、クエン酸のおかげでそれほど抵抗なく飲めます。安価でこれほどの効果の出るサプリは他にはないと思います。

今のままでは日本の保険医療は間違いなく破たんします。国民全員がこのサプリを飲用すれば医療費は半減するでしょう。その代わり、医者たちは悲惨なことになるかも・・・。
コメント (69)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アジア統一通貨、「円元」?

2012年05月27日 05時41分27秒 | 新カルト マヨ教
むずかしいな・・・・確かに私が最近述べていることは、ネバダレポートみたいにいたずらに危機感をあおっているように思えないこともない。ただ、楽観的な記事を書き、迫り来るX DAYの兆候を見逃すわけにもいかないし・・・何もなければ幸いで、平穏無事に過ぎてゆけばそれに越したことはないのだ。
もはや日本の将来のカギを握るのは中国しかないと考えているところに昨日すごいニュースが飛び込んできた。

「一部報道:円と人民元の直接取引が6月にも開始へ
5月26日(土)3時10分配信 フィスコ
 読売新聞の報道によれば、ドルを介さずに円と人民元を直接交換する為替取引が6月にも始まる見通し。「日中両政府が東京と上海に市場を整備する方向で最終調整」中であり、「近く正式に合意する見通し」とのこと。」

世界の支配者が描くシナリオに対し、衰退して行く地域に利権を持っている支配者の末端組織はそれほど従順ではない。すなわち色々な策謀をめぐらし、少なくとも自分たちの利益だけはなんとか確保しようとするのである。
世界の通貨はドル・ユーロ・円を中心に動いていることは言うまでもないが、眠れる大国である中国の持つポテンシャルは想像以上なのである。
ここを見てほしい。「新マネー・ウオーズ、勝者は人民元 」という記事である。

「19世紀の大英帝国は植民地南アフリカの金資源を独占し、金を軸にロンドン金融市場を世界の金融市場の中心に据えた。銀本位制の植民地インドは英国に対し貿易黒字を稼ぎ帳簿上は対英債権国だった。英国は対印債務を金建てとし、金の対銀相場を切り下げてインドの富を収奪した。
銀本位制の近代中国は「大恐慌」当初、打撃は軽くて済んだが、米ルーズベルト政権の銀価格引き上げ策のあおりで貨幣制度が崩壊した。蒋介石政権は英米の支援を仰いで「法幣」を発行し、日本軍の発行する通貨である軍票などの円紙幣の流通を阻んだ。だが、法幣も毛沢東の解放区が発行する銀行券「辺区券」に敗れた。辺区券は統一通貨人民幣(人民元)に更新された。」
興味深い記事は続くが、あとはお読みいただくとして、中国はモンゴル帝国時代に塩本位制にもとずく紙幣を発行してきた歴史があり、通貨に対する懐は想像以上に深いのだ。
先日お伝えしたように、中国の共産党も大幅に入れ替えが進んでおり、反日感情の強い派閥の勢力が縮小されつつある。米国債に関し、日中は共通のリスクを抱えている以上、お互いが共同作業し易くなって来たことはラッキーではないか。少なくとも米国債のデフォルトこそが両国に横たわる最大のリスクなのだから・・・。
そして円と元が直接取り引き可能となれば、両国がアジア全域の基軸通貨を決定できる可能性は高い。
うーん、新しい通貨を「円元」として・・・・なんだ、まんまじゃん。そのアジア通貨本部は台湾が一番適当だと思う。つまり、アジア共通通貨の誕生である。

これが我々に幸いをもたらすのかは議論の分かれるところだが、旧陸軍の目指した「アジアの西欧からの独立」がドル崩壊によってもたらされるとしたら、歴史の皮肉かもしれない。
それにしても中国の「辺区券」がどうして「法幣」に勝てたのか?その秘密を知る立場にないのだが、やっぱし大量の金塊をどこかに隠してあったんだろな。毛沢東の長征にはそんな目的があったのかもしれない・・・。



コメント (17)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生兵法、けがの元?

2012年05月24日 18時10分39秒 | S氏の告発
ABCDE理論を学んで、世界の仕組みが少しはわかった気でいたが、情報主のS氏から注意を受けてしまった。
「ブログを拝見すると、軍事的動きは全てEという形になっているようですが、Dも当然NATO軍や、兵器売買での運用は行っている点に御留意下さい。
米国内でもボーイング社とロッキード社では、勢力背景が違う様に、ヨーロッパ、中東においても双方の傀儡企業、軍、特殊機関が存在します。
これは、日本国内も同様です。
D側は、金融、人海戦術のみという事ではありません。地震発生装置も米国HAAPが独り歩きしていますが、フランスの電磁波技術、プラズマ技術も進んでいます。お分かりとは思いますが、念のため。」
私はなるべく物事を単純化したいため、大量破壊兵器、すなわち原爆や原発はE陣営のものと決めつけていた。が、原料となるウランを独占しているのはどこで、原発プラントに従事している企業、そして出来上がった劣化ウランなどを使って兵器を製造している企業、そしてそれらの兵器を販売する死の商人らはどの陣営なのか?
これらを調べることはそれほど簡単ではないようだが・・・・
「それらのうちのどの産業が変革期に来ているかが分かるでしょう。プラズマを初めとする、量子エネルギー技術の革新は、ウラニュームを必要としなくなる事を意味します。
武器原料の独占権移動が起こる、大きなターニングポイントになり得る産業革命なのです。米国軍事産業は、Dから独立する課程で、軍隊の指令権は独立したが、武器供給は受けていた時代、武器原料まで独立する時代とプロセスがあります。御参考まで。」

このS氏は恐ろしく賢い人なので、私にも同じレベルの能力を要求する。残念ながら私にはそれほどの知識も能力もないので、せっかくの情報を的確に伝えきれていないようだ。何よりも、間違った情報を伝えることだけは避けたいので、恥を忍んでここにお伝えするわけである。
で、今回の東北大震災による原発事故の意味するところは、「もはや核兵器は過去のもので、原発は要らないんだよ。」というメッセージだったのかもしれない。

そして二三日前、S氏から「日本はすでに衰退期に入っている。これは平成時代の少し前に世界最高機関が決定したことで、要は、世界の経済はゼロサムに設定されている。どこかが発展すれば、必ずどこかが衰退しなければ世界のポートフォリオが成り立たない。日本は発展期から安定期を経て、現在は衰退中なのだ」と言う。
私は平成になり日本の成長が止まったが、これは日本の支配者である天皇が変わり、日本の方針が変わったのだと解釈していた。しかし、そうではなく、世界の支配者達の会議で日本を衰退させることにしたのだと言う、そして日本の特権階級はすでに家族や資産を台湾を始め東南アジアへ移しつつある。
2015年に向かって日本は崩壊の道をたどっているとか・・・なんでも水甕座の時代?なんだって。まあ、この辺は宗教っぽくなってきたね。この続きはマヨ教講座でやりましょうか。



コメント (39)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中国で何が?

2012年05月22日 05時28分19秒 | 新カルト マヨ教
私は中国情勢はわからない。でも何かが起きていることはわかる。
そこでマヨ教のシバ神さまへご神託を仰ぐことにした。

「シバちゃま、中国はどうなっているのでしょうか?」、ポンポン(二拍二礼をする)

「中国は共産党の幹部、9人のうち7人を入れ替えようとしているぞよ。これは今まで中国を支配していたD(イエズス)からE(プロテスタント、スカル&ボーンズ)に主体が移りつつあるということじゃ。」
との事。

私にはわけがわかりませんが、一応お伝えします。

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何か起きそうですか?

2012年05月20日 06時59分01秒 | 新カルト マヨ教
今日は休日というので、昨晩は夜更かしをしてしまい、寝たのは10時半である。おかげで今朝はいつになく遅い起床となった。6時に起き、メールチェックをし、マヨ教信者?からのコメントを点検する。
そしてマヨ教、教祖さまの朝のお務めとして、「聖水」をいただき、シバ神と霊感による通信を始めた。

さて、シバ神からのご神託(S氏からのメールのことだよ)をもって、昨晩からいただいている夜引っ張りの信者たちへの返事としよう。

さて、2012年5月21日に何が起きるのか?
恐らく金冠蝕を大々的に報じ一般大衆を馬鹿騒ぎさせ、ホルムアルデヒドによる断水騒ぎでのショック療法を施す中、世界はまた新しい段階に突き進もうとしているのだ。
いま、英国に世界中の支配者が集まっている。もちろんエリザベス女王の即位60年式典が表向きだが、華やかな表の儀式の裏では重要な会議が開かれているはずである。王侯秘密会議320人がそれである。

フリーメーソンの極東地区トップを死守したい日本側(A&C)は、EU(D陣営)や米国(E陣営)の身勝手な要求を突き付けられる。足もとで日本の株式市場が脅かされ暴落一歩手前であり、気象兵器はもはやピンポイントで原爆級の被害を引き起こす技術を持っている。あるいは、禁じ手であるべき水道水への薬物混入テロも実施された。
日本・欧州・米国、この三国の通貨評議会が三極委員会なのだが、大量の米国債をそろそろデフォルトしたいE陣営、それを阻止したいが自分たちのユーロもそれどころではないD陣営が頼るべきところは日本しかないのである。
世界のために日本が犠牲となるっていうか、脅され日本の持つ秘密資金をフィリピンからスイスへ搬出することになるとか…。
要は、日本の景気を良くするために投入されるべき資金がよそへ行っちゃうってことかな?まあ、世界平和のために我々一般大衆がちょっと我慢すればいいのである。少々貧乏でも太平な世の中がいいじゃんね。

ところで、がれきいらんちゃ!で活動中のチャコさんと、そのお友達から拡散希望のコメントが来てますね、どうして東北の瓦礫がわざわざ遠い北九州まで運ばなくてはならないのか、良くわかりませんが、よほどおいしい事があるのでしょう。

以下、内容を転載します。

【超緊急全国拡散】

『瓦礫阻止!北九州1万人アクション』みんなで止めよう北九州!

石巻市の瓦礫を積んだ22台のトラックは19日に宮城県を出発。今まさに放射性物質を載せたトラックが高速道路を走行中。22日に市内の日明積立基地ストックヤードに搬入されます。23日試験焼却。

許せない!!みんな北九州市に集まれ!

21日、市民検討会後、国際会議場から市役所までビラまきしなからデモ行進。PM3:30 市役所本庁舎前で1万人の大抗議!プラカード・衣装自由。派手に!(小倉北区城内1-1 093-582-2525)

●22日、18時半に日明市民センターで環境局説明会が開催される。その場でも大抗議行動(北九州市小倉北区日明4丁目3-7 093-571-3704)●22日夜~23日朝8時30分。日明積立基地で門を封鎖だ!大抗議!車100でも200台でも集まれ!人間も集まれ!(北九州市小倉北区西港町96番地の2 093-581-7976)

全国の皆様、どうか北九州市にお集まりください。

緊急につき、まだ詳細は詰めていないようです。分かり次第書き込みます。

とりあえずのお問合せ先
「震災避難者お話会 北九州」HPから
のメールアドレスでお願いします。
http://hinanohanasi.blogspot.jp/

以上です。地域の信者たちは協力してください。






コメント (20)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする