マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

日本を支配する渡来人

2012年10月28日 09時08分49秒 | 世界の支配者
今朝コメントの返事の中に「日本は日本人じゃない人が率いている」というような意味のことを書いた。
もちろん戸籍のない皇族はもちろんのこと、日本に住み、日本人の顔をしているが、彼ら日本の所有者は日本人としての自覚もないし、日本を愛していると思ってはいけない。彼らはカーストの最上位であるバラモンであり、我々一般大衆、つまり日本原住民を虫けらにしか思っていないのである。言うまでもなく日本人は8000万人ぐらいが適正だと思っているのだ。
もちろん日本を支配した渡来人は積極的に混血し、閨閥を形成してきたが、あくまで第一陣、二陣、三陣の間が中心で、原住民で、このサークルに参加できる人はそれほど多くないだろう。
ではこの仕組みはどうなっているかと言えば・・・・
「木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)は京都市右京区太秦にある神社である。式内社で、旧社格は郷社。祈雨の神として信仰を集めている。通称木嶋神社(このしまじんじゃ)。また、本殿東側に織物の始祖を祀る蚕養(こかい)神社があることから蚕の社(かいこのやしろ)の通称が広く知られている。現在では祭神を天御中主命・大国魂神・穂々出見命・鵜茅葺不合命としている。」
言うまでもなく大国主が地祇で、アーリア人?っていうか、古代にシベリアから渡来し青森の大湊を拠点とした縄文人の代表取締役のことである。天御中主命が天神様で期限300年から400年ごろに渡来したイスラエル部族で、彼らを中国人は秦氏と呼ぶ。彼らの中心には祭祀集団のレビ族がいて、これが賀茂氏である。
ウガヤさんは神武のことで、色々論議はあると思うが、結論から言うとユダ族である。
これら三者が談合し、日本を支配することに決め、三柱鳥居を作ったのだ。

私はユダヤ人中心の陰謀論に組みする気はなかった。しかし、現実にその中で生きている人から聞いた話なのだから、どんなに一生懸命研究し、大量の歴史資料をひっくり返して調べるよりも、ご本人達の証言の方が間違いないではないか。
そして、彼らが自分たちがイスラエル部族であるというのだから、これは否定できないのである。
ユダヤ人はアッシュケナジーとステファラディーの二種類があると言われるが、それは大きな間違いで、それらの二つがわかれるもっともっと以前、つまり彼らがエジプトへ赴くもっと以前に東へ向かったセム族がいて、彼らはミズラヒムユダヤと呼ばれる。
彼らはそれこそ世界へ散った。産めよ増やせ、地に満ちよである。その中で、東の果て日本は彼らにとっても種の保存に最適だっただろう。もちろん日本だけでなく、中国にもチベットにも韓国にもシベリアにもアフリカ、メキシコにもコロニーを作ったのである。
時代が流れ、ユダヤ人たちは世界中をめぐり、彼らの末裔を探し出し、「あなたたちは同胞ですよ、一緒に世界を統一しましょう」みたいな陰謀をめぐらしたのではないかな。日本の場合、天神、天孫は文句なくイスラエル部族であり、自分たちにも当然その自覚はある。問題は地祇であり、彼らにはそのような自覚があったとは思えないが、それが表面化したのがシオニスト運動であり、ナチスなのである。アーリア人としての自覚はあったと思うが、その流れがエフライムとつながったというユダヤ同祖論ははなはだ危ないのである。
日本各地に散らばる地祇の末裔は地の名士が多いのである。彼らに「同胞意識」を吹き込むのがそれこそ「シオニストの陰謀」で、これがなかなかやっかいなのである。高山右近の末裔なのだという?な人もいるし、カタカムナ云々みたいな人もいる。いずれにしても彼らは日本を占領した渡来人の末裔であり、所詮は日本原住民にとっては征服者であり敵なのである。私たち日本人が日本人としての自覚を持つとしたら、私たちの神は山であり、森であり、太陽の恵み自然の恵みが天の恵みなのである。

おまけついでに日本を代表する商社が三井だが、下賀茂神社の摂社のなかに三井神社というのがある。由来によれば、「古くは三身社と称したとする。『山城國風土記』にみえており、賀茂御祖神社よりも古くから祀られていたと考えられている。
本社西本殿に隣接した地に祀られている、西本殿に向かって左手に三井神社の3社の小祠が並んでいる。
現在は東社が伊賀古夜日売命、中社が建角身命、西社が玉依媛命であるとする。」
この三柱の神の意味は深いが、たぶん真ん中の人がレビで、そこへお妃を出したのが三井だったということか・・・?

三つのユダヤ人の中でユダ族であるイエスを殺したユダが世界の悪の根源みたいに言われるが、実はこれは陰謀である。彼らユダヤ(イスラエル部族)はベネチアからスイスへ移住し、そこから世界へ指令を出している。ただし、彼らも一枚板ではなく、BDEと分かれ世界中で対立を繰り返しているのだ。日本はアメリカの傀儡なのではなく、アメリカの所有者であるBDEによって動かされているのである。
さて、日本は日本人が動かしているわけではないことを少し理解していただけたであろうか。つまり、赤字国債発行法案が通過しないと日本人は大変に困るのだが、日本人じゃない日本の支配者は少しも困るわけではなく、馬鹿な首相がその責を負い、「政府が馬鹿だから日本がIMFの管理下に置かれたのだ」と国民が思うだけなのだ。一番大事なニュースを敢えて小さく扱い、石原元都知事と維新の会の話題ばかり取り上げるのは国民を欺くいつもの手品である。


コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自民党や民主党が悪いわけではありません。彼らを選んだ国民が悪いのです。

2012年10月25日 15時13分58秒 | 世界の支配者
ご承知の通り、早急に臨時国会を開催し、一日も早く赤字国債発行法案を通過させないことには大変なことになるのだ。

日経WEBより・・・「国の予算執行に欠かせない赤字国債発行法案の成立が依然として見えない。このままだと11月末には公共サービスの財源が枯渇し、国民生活に影響が及ぶと財務省は警告する。日本版の「財政の崖」が迫っている。
 「政府機能の一部閉鎖も絵空事とは言えなくなってきた」。民主、自民、公明の3党党首会談が物別れに終わった19日夜、予算編成を担当する財務省の幹部は財源が尽きた場合の対応を水面下で検討していると明かした。」

事は本当に深刻なのだ。

NHKWebより・・・「衆議院議院運営委員会は、臨時国会の召集に向けて、24日に理事会を開きましたが、野党側が反発して欠席したため、委員長に内定している民主党の高木元文部科学大臣は、職権で、25日午前、改めて理事会を開きました。
この中で、政府を代表して出席した藤村官房長官は、赤字国債発行法案の成立や衆議院選挙の1票の格差の是正などを図りたいとして、臨時国会を来週29日に召集する方針を伝えました。
これに対して、自民党や公明党は「先の通常国会で野田総理大臣に対する問責決議が可決されたことへの具体的な対応を示すよう求めたのに、何の回答もなく不誠実だ」などとして、25日も出席しませんでした。
民主党は、26日に改めて理事会を開き、野田総理大臣の所信表明演説やそれに対する各党の代表質問の日程などについて協議したいとしています。」

ちょっと待ってよ、自民党が衆議院の内閣不信任案に賛成していれば、とうの昔に解散をしていたはずで、本音は解散をしたくないくせに・・・・。馬鹿どもめ。

このまま自民党が党利党略優先で、赤字国債発行法案の通過を認めないならば、最悪の場合(っていうか、本当に)日本はIMFの管理下におかれ、国家破綻扱いされるという事がわからないのかな?

復興財源の利権で笑いの止まらない野田さんよ、自分の儲けより国家の存亡がかかっているのだぞ。どうせいずれ解散するのだ、早く自民党に擦り寄れよ。

でも、これらはスケジュールに沿って行われていることで、政治家を恨んではいけない。首相でも自民党の総裁も何ともならない力がかかっているようだ。ただし、国民にはくだらない与野党の勢力争いにしか見えないのだろうな。
支配者は国民が政府を見放すことを望んでいる。
本来なら支配者に対し向けられるべき憎悪や復讐心を、単に「政治が悪い」という方向へ転嫁するのだ。

いずれにしても、国家破たんまであと数日しか残っていない。どうする?民主党、いや、どうする自民党か?

コメント (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

単なる胃炎だったみたい。

2012年10月24日 05時29分29秒 | 新カルト マヨ教
みぞおちの痛みがひどく、仕事もままならないため、仕方がないので医者へ行きました。
医者「どうしました、久しぶりですね。」
mayo「実は、ずーっと絶好調で、何にも問題がなかったんですが、ここ一週間、背中とみぞおちが痛く、また膵炎が再発したようなんですが・・・。」
医者「みぞおち?一年前に痛かったのは、もう少し下ですよ。今度は胃が悪いんじゃないの?」
mayo「胃ですか?えー?膵炎じゃないの?」
医者「mayoさん、検査嫌いは知ってますが、今回はCTを撮りますよ。はい、レントゲン室へ行って、それから又もどってきてください。」
って事で、CTスキャンをすることに・・・。

医者「えーっと、やっぱり胃炎ですね。すい臓の腫れはないし、腸もきれいだし、前立腺も大丈夫。つまり・・・胃が動いてないっちゅー事です。痛かったでしょう。我慢しすぎですよ。」
mayo「そうか・・・、前回は胃が悪いと思ってガスター10を飲んで効かなかったけど、今回は飲めばよかったなー。しまった。」
医者「とりあえず、すい臓の薬は止めて、胃酸の出を抑える薬と漢方の胃薬を出します。すぐに良くなりますよ。今回は私の見立てが正しかったですね。たまには医者へ来てください。」
mayo「はーい。反省します。」

結局、一晩寝たら痛くも痒くもないというか、絶好調に。
思うに、MMSのおかげですい臓はすっかり良くなり、腸も元気。一年前に少し腫れていたという前立腺も正常になった。
原因を考えると、ひとつは精神的なストレス。これは大いにある。色々悩むことが多いのだから、当然でしょう。
もうひとつは、すい臓が悪いと思い込み、ややMMSを濃くする傾向があったという事。
MMSは強力な殺菌剤だから、胃の粘膜を刺激する可能性はある。つまり、ある程度体内の除菌が済んだら、少しずつ薄くしてゆく方が良かったのかもしれない。

今のところ原因は断定できないが、とりあえずMMSの濃度を少し薄くしてみようと思う。
信者の皆様で、胃の調子が悪い人はちょっとMMSを中断するか、濃度を薄くしてみてください。(たくさんの水を飲めば良いわけだけど・・・・)

いずれにしても、お騒がせしましたがもう大丈夫です。
コメント (19)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大名古屋市と中京都

2012年10月21日 05時56分33秒 | ひとりごと
どうも気に入らない。橋下市長の朝日新聞に対する取材拒否がである。

橋下大阪市長に関する週刊朝日の記事自体は読んでいない。政治家のプライバシーには興味がないからで、政治家は「何をするのか」がすべてであり、何を書かれようとも、有権者は政策だけで判断すれば良いことである。ただ、私にとって彼の出自の問題より、大手サラ金側に立って弱者から金をむしり取っていた事実について、彼は政治家として説明する必要があるような気がする。

いずれにしても、週刊朝日の記事に問題があるなら週刊朝日を訴えるのが筋で、彼は弁護士である以上、それが専門ではないか。それを朝日新聞が親会社だという理由で取材拒否するというのはまさに八つ当たりであり、権利の乱用である。さらに、週刊朝日は連載予定のシリーズを中止するとのこと。これは報道の自由、国民の知る権利を奪う行為である。朝日新聞社は堂々と戦うべきであり、このようなことが国民の利益を奪う行為であることは間違いない。

有権者は自民党に絶望し民主党を選んだ。そしてそれに絶望し、いわゆる第三局を探している。そんな中で、やはり本命は維新の会であることも事実である。光市殺人事件の問題から私は橋下市長を信用していないが、大きな力が彼に何かをさせようとしていることは否定できない。(失敗すると思っているけど・・・・)
私が彼に多少なり期待するのは、官僚主導の中央集権体制の打倒であり、地方自治の獲得である。それが道州制でしかなしえないとするのなら試してみる価値もあるのかと思うこともある。まあ、それはそれで問題は多いのだが・・・・。

現在、名古屋では河村市長と大村知事とがしっくり行っていない。当然だろう、名古屋は尾張国だし、大村氏は三河国なのだから。三河とは即ち、加茂郡のことで、日本のレビ、賀茂氏の領地である。要は、中京都となればどっちが主導権をとるかという問題になる。しょせん利害が違っているのだろう。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

教祖さまが体調を崩してはシャレにならないね。

2012年10月21日 05時21分47秒 | 新カルト マヨ教
先日読者より、「MMSはどうしたの?」との問い合わせがあった。もちろん私はマヨ教の教祖さまとして、その布教に努めるとともに自らも実践している。入信して約半年、夫婦二人で飲み始めたMMSがようやく1本を終わろうとしている。一本で3500円だからこんな経済的なサプリはそうはない。飯山先生のとぎ汁乳酸菌はほぼただだから、それには負けるが・・・・。

で、最近MMSも記事を書いてない理由を言いわけも含め述べよう。つまり、自分の身体が調子悪いからだ。5月ごろに飲み始め、劇的に体調が良くなり、快食快便快眠と、もうスーパーマンになった気分だった。一番の私の弱点はすい臓である。毎日飲んでいたすい臓の薬をやめ、MMS以外は飲まないようにした。ところが、8月に入り、にわかにすい臓がうずき始め、激痛に見舞われるようになった。これはすい臓が出す膵液が自らのすい臓を攻撃している状態で、医療的には膵液の分泌を押さえる以外治療法はないようだ。
私としてはこの原因はウイルスにあり、MMSで治癒できると考えていた。
とはいえ、痛いし、ほっておけばすい臓は消滅し・・・・これはまずい。
で、現在はMMSを飲んで2時間後、膵臓の薬を飲むようにした。要は、MMSが薬を異物と認識し、分解してしまうと困るからで、MMSの効果は二時間ぐらいらしいので、時間差を利用し、両者の良いとこどりをすることにした。
ところで、真剣に悩んでいた腱鞘炎はほぼ完治した。なぜMMSで腱鞘炎が直るのかの理由はわからないが、関節に入りこんだミネラル分(金属?)が分解されるからであろうか。
また、MMSの強力な殺菌力のおかげで、風邪もひかないし、胃腸の調子は絶好調である。
ただ、体調が悪いのは確かで、背中とみぞおちに激痛を覚えながら、人に対し、MMSをお奨めするのもなんだかな?・・・という気分だったのだ。

それと何よりも、多くの人にMMSをお奨めしたが、多くの人は何回か服用したあと止めてしまい、結果何にもならなかったことが大きい。私は商売でやっているわけでもないし、結果について責任がとれるわけでもない。つまり、医療行為をするのではなく、「このようなサプリがあります。理論的にも合理性があり、かつ安価です。ここに詳しく説明されており、もしよろしければ使ってみてください。」という以上のことは言いたくない。あとはその人の勝手である。
ただ、私の読者で多くの人がMMSを飲用したはずだ、出来れば結果をお伝えいただけると嬉しい。


コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする