マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

もはや小沢さんが首相になるしかない。

2010年05月30日 09時38分54秒 | ひとりごと
じっくり考えました。そして私の結論は小沢氏が首相になるしかないと言う結論になりました。というか・・・、逆に小沢さんを首相にするために鳩山さんはわざと普天間で失態を演じたのでは・・・・と。
壊れた連立を元に戻し、参院選に向けて勝利するにはたぶんこの手しかないのではないか?
もとより鳩山さんがその地位に固執するタイプではなく、かといって小沢さんは自分からその地位を望むはずはない。つまり、お坊ちゃまが辞めるの当たり、小沢さんしかありえないと、ほとんどの議員が認めざるを得ない状況をつくり・・・・なんだ、最初からこの予定なのではないか?

うーん、あたるかどうかわからないけれど、妄想がふくらんできました。
そうだ!五月末の決断とは、まさか、自分が止めると言う事?
コメント (36)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

敗北宣言!

2010年05月28日 20時45分49秒 | ひとりごと
社民党党首、福島みずほ女史が閣僚を罷免された。これで私の信念は崩れた。
言い訳はすまい。私の言葉を信じていた人がいたとするならお詫びの言葉もない。
もちろん県外移設を望む人が国民の総意だとは思わない。おそらく多くの国民は米軍の駐留を必要悪と感じ、沖縄に彼等がいることで日本が平和なのだと思っているに違いない。そして意外と民主党の支持は減らないかもしれない。しかし、私はそんなわけにはいかない。
社民党は党首が罷免された事で連立政権の座にいることはないだろう。むしろ去るべきである。
喜ぶのは公明党なのだろうな・・・。
あー、それにしてもなんてこった!

しばらくこのブログは休む事にします。

一晩明けて、ブログを見るとたくさんのコメントが・・・、いえね、別にブログをやめる訳ではなく、少し頭を冷やしたいと思っただけですのでそんなに心配しないでください。

私は鳩山さんがうそつきだといいたいわけではない、恐らく相当の脅しを官僚達から受けていたのだろう、だから鳩山氏は民意を旗印に押し切ろうとした。しかし、どうしようもない「何か」があったんだろう。その証拠に、谷垣氏や石破氏たちが確信を持って普天間以外にないのだと話をしていた。彼らはその「何か」を知っているので鳩山さんの県外が出来ないことを承知していたのだ。ネットでもそれに関しいろいろなうわさがある。私には判断できないが、恐らくそのような大きな密約が存在していたのだろう。まずもって、やむを得ない判断とは国民には知ることのできないレベルの判断なのだ。福島さんもそれを知り、ギブアップしたのである。政治主導を覆した官僚達の切り札とはなんだったのか、謎は残る。

しかし、これだけは言いたい。小沢さんはこれで選挙を戦うつもりなのかと、連立を維持するのが小沢さんの考えのはずである。仮に社民党を離脱させるのが小沢さんの予定なら、これはこれで大成功ではあるが、私は小沢さんの大きな志を信じたい。
政府の決めることに従うと言うものの、連立が崩壊することを小沢さんが容認するのか、もはや私の希望は小沢さんだけである。なんとかしてちょ。今日が山場だな。

コメントがいろいろ来ています。しばらくの間、掲示板のようにしますので、どんどん書き込んでください。何でもいいですよ・・・。

コメント (33)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

看護師出身の女将軍の娘は

2010年05月28日 08時36分23秒 | 古代史
本当は今日鳩山首相は記者会見すると聞いていたが、延期になったとか・・・。
やはりここは少々引っ張っておいて・・・・驚きの会見!だとおもしろいんだがな・・・。ええい、ここまできたら何があっても驚かんぞ。

さて、「シバちゃん」のほうのコメント欄で、中丸薫女史の出自で盛り上がってしまった。基本的に私は本物だと思っている。仮に偽物だとすればかなり危ない仕事をしていることになる。おそらく堀川辰吉郎という存在を顕正する勢力が彼女を動かしているのではないだろうか。仮に彼女の出自を疑うものたちがその出自を詳しく調べると、いろいろと隠してあることが表に出てやぶ蛇になるだろうな。ぜひ、マスコミも彼女の出自の真贋を追求して欲しいものだ。

さて、別の案件から「陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(30)」を読んでいて、そこに、「看護士の出身で大陸に渡り、女将軍と呼ばれた中島成子の娘で,辰吉郎を父とする国際評論家、中丸薫が紫禁城の一室で生まれ育ったと聞いた時、・・・云々。」とあるではないか、間違いなく以前読んでいるはずなのだが、うっかり忘れていた。その後に、「佐野慎一「甘粕正彦 乱心の広野」にも、「儒学者中島撫山の子息で中島敦の叔父に当たる中島比多吉(明治9年生まれ)が18歳で清国に渡り、41年から紫禁城に入って三歳の溥儀の傍らにいた。」との中島家伝を書き留めている。」とある。

さすがに落合さんである。実によく調べている。
いずれにしても当時の京都皇統は清国宮廷と提携し、孫文を頭に漢人の中国、そして満州族による満州国を建国し、西欧ワン・ワールドに対抗しようと画策していたのである。その証拠に、紫禁城の内部には日本人の要人が住んでいたのである。
良い悪いは別にして、日本と清国が戦争状態にあり、日本が中国大陸へ侵略戦争を仕掛けたのだという戦後の近代史観は、逆に日本の皇室が二系統あり、京都の皇統の存在を隠す意図があるという事をぜひ知って欲しい。もちろん、右翼的に戦争を肯定するつもりはない。問題は、そのような清国と共同で大アジア構想を進めていた京都皇統の作戦を見事につぶし、結果的に大陸侵略という破廉恥な行為に摩り替えたのは誰なのだという事になる。

まあ、とりあえず、今日のところは中丸さんのお母さんは看護師出身の女将軍の娘だったと言う話題です。
コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なんとかしてよ

2010年05月27日 08時48分05秒 | ひとりごと
今週の週刊新潮と文春の広告が朝刊に載っていたが、相変らず民主党への批判だらけ。うんざりするが、今回は付け込まれる余地を作った鳩山さんにも問題はある。
ネットのニュースによると、「社民党党首の福島消費者相は26日、国会内で記者会見し、米軍普天間飛行場移設に関する政府の対処方針について、「日米合意に『辺野古』が入るなら、閣議にかかる文書に『辺野古』が入っていなくても賛成しない。二重基準であり、サインしない」と述べた。
 その場合、罷免されてもやむを得ないとの認識も示した。」(gooニュース)

もちろん当たり前だろう。今回の鳩山首相の決断?を福島党首がそのまま了承することは有権者に対する裏切り行為であり、決して許されることではない。
問題は民主党があるいは社民党が連立を維持するためにどこまで妥協するのかに掛かっている。

もはや五月末までそれほど時間が残っているわけではない。現状では私の望む最終結論とは程遠いが、一貫して鳩山・小沢体制を支持してきた私を裏切らないで欲しい。
しかし、「辺野古周辺」という表現はやや微妙だな、深読みしたいけれどちょっとわからない。おそらく後日、「ああ、周辺というのはそういう意味なんだ。」とわかるのだろう。
いずれにしても、早くすっきりしたいな。

書きかけです。
コメント (15)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本事業仕分け協会

2010年05月26日 05時53分50秒 | ひとりごと
公益法人などの天下り団体に対する事業仕分け第二弾が終わったようだ。実際のところ、私たち昼間働く人間にはほとんどそれを確認する時間はなかった。もちろん、その気になればユーチューブなどで視聴可能だが、見れば見るほど腹が立つだけだろうから別に見なくても構わない。
結果はどうかって?いくらかの国民が、「こんな馬鹿なことをやっていたのか!」と驚いていただければそれでいい。もともとほんの氷山の一角を少しつついただけなのだから。聞くところによれば、国関係で6000団体、市町村レベルまで広げれば2万はくだらないと言われるから、こんな無駄な組織を存続させていれば税金が足りなくなるわけだ。
私はこのような無駄な団体を全部なくせとは言わない。こんな人たちはろくに働かないのだから、たぶん無駄遣いをしてくれる人たちである。民間では養いきれないのだ。問題は肝心な予算がそれらの無駄遣いのため回らないことである。
そして、「財源はどうするんだ・・・」と麻生さんの絶叫になるのである。
答えは「財源はあるんだ。消費税は要らない。もし財源がないというなら、これらの特殊法人をひとつ残らず全部つぶすぞ!」といいましょう。これらをつぶしても、頭の良い官僚達は絶対に違う手を使い天下り団体を作るであろう。いたちごっこするより適当に生かしてやりましょう。そこに働く人たちに罪はないのだから。

私個人として一番関わりがあるのが消防かな。カーテンやカーペット、さらに壁紙には防炎ラベルを必要とすることがある。この防炎ラベルは本来、防炎協会という組織が発行するはずだが、愛知県の場合、これらの業務をすべて愛知県装飾組合という任意組織に丸投げしている。ここも怪しげな天下り団体である。しかも組合組織なだけに何をやっているのかまったく中身はわからない。この組合の仕事とは、組合員に防炎ラベルを発行することだが、組合員には格安に、組合員でない場合は高額なラベルを買わせるのである。具体的に言えば、ただの織ネームみたいなものが80円もするのである。
また、三年に一度研修に行き、くだらない講習をうけ、一万円を払うのである。こんな話は各業界、各職場に絶対にいくつかあるはずである。

何か事件が起きるたびに規制が強化され、それに対する認定をする組織が作られる。先日も子供が100円ライターで焼け死んだ。これが偶然かどうかは私は知らないが、さっそくライターを着火しにくいよう指導が入った。おそらくまた認定証が必要になり、また役人の天下り先が出来るのである。

ガス湯沸かし器、エレベーターの事故、エスカレーターの事故、すべては毎日のように起きているのに、なぜか急に報道されだして規制が強化される。
それらは役所とマスコミの連係プレーで行なわれる。これらの仕組みを国民が知るためにも、事業仕分けは出来たら日曜日、もしくは平日の夜に生放送でやって欲しかった。でも、何万もの団体を調べるのは簡単じゃない。
もうこれは事業仕分け専門の特殊法人を設立したほうがいい。職員は1000人規模、理事長には財務省から天下りしてもらおう。名前は日本事業仕分け協会にしましょう。

コメント (19)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする