新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

この様な時には鑑定を…②

2022年05月24日 | 四柱・その他
胎児にとってお母さんの胎中はとても重要です。
胎児はお母さんのへその緒を通して酸素や栄養等を吸収し育ちます。
また、胎中は一つの世界ですので、お母さんの心が安定し喜びを感じていると身体だけでなく胎児の心も安定して育つと思います。

四柱推命の変通星では、長男・長女に多い星(変通星)が比肩・食傷とも言えます(全てではありませんが)。
通常、女性が結婚すると夫のもとへ入ります。
新しい環境ですので、慣れるまでは不安があると思います。
また、最初の妊娠や出産も多少の不安を持つのは当然だと思います。
その不安以上の愛を夫から受けていれば良いのですが…
中には夫が仕事で忙しくて、妻の気持ちを受け留めきれない場合もあると思います。
その様な場合…胎児にとって、母体の環境は良いとは言えません。
不思議なものですね…
その様な中で生まれた赤ちゃんの命式を見ると、比肩や食傷(特に傷官)を持ったお子さんが多い様に思えます。
比肩は孤独性の星でもありますし、傷官は神経質な星でもあります。
その様な星を持って生まれて来る場合も多い様に思えます。

通常、3番目の子供を産む頃は、結婚生活も内外共に安定してくると思います。
その様な中での妊娠は、あまり不安は感じないかも知れません。
不思議な事に、その様な中で生まれたお子さんの命式を見ると…
比肩や傷官よりも、財星・官星・印星等が主体の星が多い様に思えます。

変通星の流れは1.比肩→ 2.食傷→ 3.財星→ 4.官星→ 5.印星の流れですので…
末っ子等の場合は、3番目以降の財・官・印の星をを主体に持つお子さんが多い様に思えます。
特に年をとって生まれた子供は印星が多いかも知れません。
印星は最後の星(変通星)です。そして印星(特に印綬)太過の命式は、身内から甘やかされる傾向が強いとも言われています。

赤ちゃんが生まれたら、一度命式を出してみて下さい。
星(天干星)の並びと、五行のバランスがどの様になっているかを知ると良いでしょう…。
商売に良い命式、勤め人に良い命式、スペシャリストの命式、あるいは経営者に良い命式等…
同じ親から生まれ、同じ家に住み、同じ様な物を食べて育った兄弟でも命式によって運や性格は違う事を感じると思います。
確かに、人間は環境からの影響も受けますが、みかんとリンゴとでは異なります。
お子さんが、どの様な命式(遺伝子)を持って生まれて来たかを知るのも良いと思います。
リンゴとミカンとでは育て方が異なるのですね…。

さあ、お子さんが生れた名前を付けると思います。
産まれる前から準備される方もおられると思いますが…
生れた年月日時から命式表を作成して、その命式に必要な五行の漢字を用いると良いと思います。
例えば…
女の子で、五行の火が必要な場合…
火は暖かいですし、明るいので…
温子や明子等も良いかも知れません。
火の持つ象意の漢字を付けると良いと思います。
五行の水が必要な命式の場合は…涼子さんなども良いかも知れませんね…
確かに字画も重要かも知れませんが、漢字の持つ意味の方が大切かも知れませんね…。

クリックしてね

新栄堂

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この様な時には鑑定を…①

2022年05月23日 | 四柱・その他
本日からシリーズで「この様な時には鑑定を…!」を記入したいと思います。
迷ったり気になった場合はご連絡下さい。
まず、最初は妊活について…。
一般的には…
妊娠に対して体の準備が整っているという点では、20代〜30代前半が適齢期と考えられそうです。
さらにその中で、もっとも体の準備が整っているのは25歳前後と言われている(産婦人科医)。
そして、厚生労働省によると、日本人の初産の平均年齢は約30歳とのことです。

四柱推命の場合、女命(女性の命式)では食傷が子供を表し、食傷を守る財星(偏財・正財)が胎盤や家庭を表します。
故に命式本体に良い食傷や財星がある方は基本的に子供運は良いと言えます。
家庭運・子供運の良い命式の方は、家庭や子供を大切にしたいという思いが強いですね…。
また、それらに対する優先順位が高い訳です。

しかし、それらの運が弱い場合は、口では結婚したいし、子供も欲しいと言いますが、その優先順位が低く、何が何でもという気持ちが少ない傾向があります。
故に、結婚や子作りのタイミングを逃してしまうと、そのまま独身という場合も多い様です。
特に、命式本体の時柱に比肩・劫財(敗財)等が出ている場合で、結婚や出産の適齢期の大運(20~30代)に良くない星(変通星)が来る場合は、中々環境が整わずに時だけが過ぎ去ってしまう場合も多いものです。

また、命式本体に強い偏印が出ていて、それを中和する星が無い場合は、お子様が出来にくい場合も多いものです。
そこまで、お子様を望まないという場合もありますね…。
そして、初めての妊娠・出産は不安も多いものです。
特に、命式本体に傷官が固まる場合(過傷官)や偏印が固まる場合は、何かと不安になって胎教も崩れる場合が多くなる傾向があります。
この様な場合は、ご主人様や周囲の方のサポートが必要かも知れませんね…。
安岡先生は、「運命の鍵は胎児に胎児にあるらしい」と言っています。

運勢の良い時は何かと環境が整い気持ちも前向きになります。
何か変だな…! 何かスムーズにいかないな! と思った時は、一度 鑑定をお受けになってみて下さい。
年や月によっても運気は変わってきます。
ベストな時を知って、そこにタイミングを合わせて行動すると良いでしょう…。
全てに時やタイミングがあると思います。

まず、自分を知る…。
そして、どの様な配偶者が自分に合うのか…?
そして、結婚運が来ている時!
子供運が来ている時!
それらを知る事も大切だと思います。

※ 次回は「子供を授かった時」の名付けについて書きたいと思います。

クリックしてね

オンライン講座へ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お経が好き…?

2022年05月18日 | 四柱・その他


上図の命式は、共に天干の変通星に比肩や印星が並んだ命式です。
また、比肩の十二運には歴史や過去や古いものを表す「墓」が付いています。
比肩は家庭を表す財星を剋する星で、印星(特に偏印)は内的精神的な知識欲を表す星でもあります。
印星の天敵は財星ですが、この様に比肩と並ぶと比肩が財星を剋して抑えるので、印星がフリーパスとなり良く働きます。
この様な命式の方は、お経が好きだったり、お坊さんになりませんか…? とスカウトされるかも知れませんね…。
代々、その様な家系に生まれていれば良いのですが、そうでなくても、その様なお役目を持たれた方なのかも知れませんね…。
現実世界では、職人さんやコンサルタント業等にも多いですね…。

クリックしてね

新栄堂
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンピンコロリ

2022年05月15日 | 四柱・その他
肉体を持っている人間…肉体は有限なので何時かは死にます。
できれば、病まずに寿命が訪れたら、2~3日で逝きたいものです。
長患いせずにピンピンコロリが理想ですね…
夜お風呂に入って寝て、眠る様に亡くっていたなんて理想ですね…。

既にお亡くなりになりました、初代会長(安田靖会長)がこんなことを言っておられたそうです。
ピンピンコロリの命式…
命式の天干に偏官等が多い命式は、忙しく走り回って、ある日突然…ピンピンコロリが多いとのこと。
偏官等が多いと、性格も男性的で走り回る性格の人が多いそうです。
気力で頑張るのでしょうね…少々の事があっても目的に向かって気力で頑張るので、つい無理をされることもあるのだと思います。
・偏官が強い人→ 社会で頑張りたいという欲求が強い。
・比肩が強い人→ 自分の中の思いを追求したい欲求が強い。
のだと思います(特に星が固まると…)
男性的な星(変通星)の人は、無理をしやすいのかも知れません。
無理をされれば、当然…ある日…ですよね…。

女性的な星(変通星)の代表が食神や正財や印綬という吉星だと思います。
この様な女性的な命式の方は、一途な行動や無理を通すことは少ないと思います。
疲れたら休むのが原則ですので、比較的細く長く生きる方が多い様です。

また、五行の「火」は血流という意味もあります。
故に火が固まり過ぎると、心臓・脳出血・血流に注意の暗示もあります。
火の多い命式(特に炎上格)の場合は、急に〇〇という場合もあるかもしれませんね…。

クリックしてね

オンライン講座
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

十二運…帝旺。

2022年05月13日 | 今日の出来事
皆さん、ご存知の様に、十二運星は全部で12個あります。
胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶ですね…
その中で、頂点に達するエネルギーが「帝旺」とも言えます。
(帝旺について)
・人の一生から見た場合は「トップに昇りつめた状態で、後は下り坂に向かう兆しのある」時期を表している。
・基本的な象意は、最強・勝気・統領運・強すぎて凶・浪費・地位・名誉・横暴・極端・養子等の意味がある。
・最強の旺相運。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の様なものかも知れませんね…。

過ぎたるは猶及ばざるが如しは『論語』が由来となっている。
ある時、孔子の高弟である子貢が、子張と子夏(二人とも同門の弟子)のどちらが優れているかを孔子にたずねたところ、「子張はゆき過ぎていて、子夏はゆき足りない」と答えた。
それを聞いた子貢は、それならば子張のほうがすぐれているのか再度たずねると、孔子は「ゆき過ぎているのは、ゆき足りないことと同じだ」と答えたという。

しかし、最強の旺相運であることは確か…。
また、十二運星の上には変通星があり、変通星と十二運は必ずセットで見ます。

・私の知り合いのKさん、現在投資ビジネスで中央アジアへ。彼女の大運は今年から 正官 帝旺…急に大統領からお会いしたいとの電話が有ったとの事(正官 帝旺=位が高い人)。中には、お金持ちの御曹司と結婚された方もおられました。
・そういえば、私自身も3年前から印綬 帝旺の大運。印綬 帝旺に入った時から無性に本を読みたくなりました。
・知り合いのNさん、30代の大運は食神 帝旺の大運だったそうです。…その時は、羽目を外して人生を楽しみ過ぎたと言っていました。
・近くのうどん屋のおじさん…正財 帝旺の大運の時…彼女が女医さんだったとのこと。
・その他、様々…

勿論、命式本体との関係にもよりますが…。
たとえば、傷官の強い命式の場合、正官の大運は荒れますし、
偏印の強い命式の場合は、食神の大運は荒れると思います。
また、凶星である 傷官や比肩に帝旺は良いと言えません。
しかし…
吉の変通星の十二運に帝旺等が来ますと、中々刺激的だと思いますね…。
サーキット場で1,000馬力のマシンに乗る様なものだと思います。
馬力のあるマシンをコントロールできる能力があれば楽しいと思います。
そうでない場合は、マシンに振り回される場合もありますね…。
また、甘い刺激も楽しいとは思いますが…刺激が強すぎても…
故に、通常は帝旺よりも一つ前の「建禄」の方が無難なのかも知れませんね…。

勿論、上記は部分推命ですので、実際の鑑定は命式全体+行運の全てを読み解く必要があります。


クリックしてね

教室案内
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

敗財の時期(月運)。

2022年05月11日 | 今日の出来事
本日、群馬県前橋市の「けやきウオーク前橋」で、定例の四柱推命の講座(24回目)を行いました。
メンバーは8人で、本日も全員が参加して下さいました。
生徒さん達は、四柱推命は難しいが、とても面白いと言って下さいます。
先生(講師)にとってはそれが一番の喜びで、どの生徒も我が子の様に可愛く感じます(私よりも年上の生徒さんもおられますが…)。

私は日干:甲、日干:甲の人の今月(5月)の流月は敗財。
そこで、敗財の話を少ししました。
敗財の時期は「俺の気持ちも分かって欲しいんだよね…」という気持ちになりやすいんだよ!と 言いましたら、
すかさず、日干:甲の他の生徒さん…はい、5月に入って私もその様な気持ちが湧いてきましたとの事。
また、ある生徒さんのご主人…。退職をされた後、敗財の大運…そういえば、うちの旦那「俺の気持ちも分かって欲しいと」時々言うとの事。

先日、TVで、「笑ゥせぇるすまん」藤子不二雄Aのブラックユーモアの記事が載っていました。
その作品中の謎のセールスマン「喪黒福造」が扱う品物は、人間の心…「心のスキマ」を埋めるのが彼の仕事とのこと。
その心の隙間の様な時期が「敗財」の時の心に似ていると思う…。
この様な時は、厭世的になりテンションも上がらず、情に流されたり楽して儲けたりしやすい時期とも言えます。
その結果として、情が流れてお金も流れる場合が多い…。
一般的に「魔」が差しやすい時期とも言えますね…。
敗財は、後ろから読むと財が敗れると書き、財という大切なも、例えば志しや健康やお金や人間関係が流されて分離しやすい時とも言えます。
大運・流年だけでなく、月の運気も知っておくと良いと思います。

クリックしてね

オンライン講座へ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

五行の太過と健康等…

2022年05月09日 | 四柱・その他


五行は木火土金水の五つで出来ています。
そして、一般的にはその五行のバランスが良い方が良いと言われています。
上図の命式は…
日干:辛で、地支に巳酉丑の完全三局(金の三局)が揃った命式です。
当方の流派では、三支が揃って局を成すと▲で表示します。

昨年の干支は辛丑、日干が辛の人にとっては比肩の流年。
また、命式本体の巳酉との関係で金局(巳酉丑)してますます五行の金が太過する年でもありました。
金尅木と、太過する比肩が宝である木の財星を剋す時期でもあります。
金は硬いものですし、辛には刃物(メス)という暗示もあります。
金の太過ですので…
若い人の場合では車やバイクに乗る方は事故や怪我には注意が必要の年とも言えます。
また、年配の方の場合は、病気等で身体にメスを入れる場合もあります。
駅の階段でつまずいて骨折という場合も考えられますね…

この命式の方ではありませんが…
日干:辛のある女性…昨年(2021年)の辛丑 比肩の流年…やはり巳酉丑で金局して金が太過し、
コロナワクチンの副反応(アレルギー)で大変な苦労をされた方もおられます。
(金の象意には)
骨・筋・肺・気管支・リンパ・事故・怪我・歯・結石・アレルギー等があるようですね…。

新栄堂

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安岡先生の名言から。

2022年05月04日 | 四柱・その他
私の四柱推命の先輩(S氏)は、私が四柱推命を学び始めた時に、易学者、哲学者、思想家で有名な安岡正篤先生の名言をよく語って下さいました。
以下は、過去に私がブログに載せた内容です…宜しかったクリックして読んでみて下さい。

1. 自分
2. 人間
3. 知命と立命・四柱推命
4. 安岡先生の命式

いかがでしたか…特に1番の「自分」について…考えさせる内容だと思います。
そもそも、東洋思想の陰陽・五行論では…
太極から陰陽が発生したと書いてあります。
陰陽、簡単に言えば女と男ですね…。
通常、男女とは言いますが、女男とは言いません。
また、通常は右左(みぎ ひだり)ですが、何故か左右(ひだり みぎ)と書きます。
男は右、女は左ですので、陰陽や左右と書くのも何か隠された意味があると思います。

古事記ではイザナギ(男)とイザナミ(女)とが出てきますが、最初に声を掛けたのがイザナミ(女)。
聖書でもアダム(男)とイブ(女)とが出てきますが、最初に食べたのがイブ(女)。
ギリシャ神話でのパンドラの箱、パンドラは女性ですね…。
「最初の女性」が〇〇なのだと思います。

さて、話を元に戻しますが、1番目の「自分」について…
自分の為に世界があるのか…それとも世界の為に自分があるのか…?
自分>世界
自分<世界 では、随分と生き方が変わってきます。

心と身体とを考えた場合…
心>身体
心<身体 でも、生き方が変わってきます。

夫婦の場合…
相手は自分の為に存在するのか、自分が相手の為に存在するのか?
で、夫婦関係も随分と変わってきます。

本来、陰陽というペアシステムは…
陰(妻)は陽(夫)の為に存在し、陽(夫)は陰(妻)の為に存在します。
互いの為に存在しているのですね…そして、夫が主体です。
自分の為に相手が存在するのか?
相手の為に自分が存在するのか…?

今の時代は、より本質を見つめる時なのだと思います。
・私は何の為に存在するのか?
・私とは?
・私は何の為に結婚するのか?
本質が分かると心が安定し、人生が見えてくると思います。

四柱推命はの命式は、あなたが生まれながらに持っている設計図(遺伝子)と同じです。
人は外的な力の反応で生きるのではなく、生まれた時に与えられた遺伝子(命式)に動かされているのです。
そして、遺伝子の欲求が満たされた時に幸福を感じます。
ご自分の命式を確りと知ると、自分の人生を有意義に生きる事ができると思います。

クリックしてね

オンライン講座




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土の太過(健康)

2022年05月03日 | 今日の出来事


五行には「木火土金水」の五つがあります。
その中で、生物(遺伝子を含め)を表す五行は木で、その母体となる様なもとが土とも言えます。
故に、五行の木と土とに星(●)が固まる方は、癌に注意という暗示があるそうです。
(現代はそうでなくても癌になる人は多い様ですが…)

上図の命式は生時不明の三柱でも五行の土に星(●)が4.5個と太過しています(△は0.5個分)。
五行の土は人体の部位に当てはめると、胃腸・大小腸・ポリープ・癌・痔病・足の疾患という象意があるそうです(特に大腸の様な気がします)。
ポリープができやすい体質かも知れませんね…
また、山に行ったり畑で土いじりが好きな場合もありますね。
良くも悪くも土に縁があるかたなのかもしれませんね…。

クリックしてね

新栄堂

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

比肩 「墓」

2022年04月28日 | 今日の出来事
四柱推命の十二運の一つに「墓」というものがあります。
「墓」は…
・休囚運の一つ。
・過去、墓守、先祖、宗教性、理財、金庫という意味があり、マニアックな一面も持っている。
死人を入れるのがお墓。
病人を入れるのが病室。
お金を入れるのが金庫。
罪人を入れるのが牢屋。
等、墓が開くとこれらが開く暗示も多い。
一般的に多いのが金庫が開いて多額なお金が出たということだ…
また、変通星の比肩は大切なもの(宝=財星)を剋す冬の様な星とも言える。
冬になると外界が寒いので熊も穴に入って冬眠に入る。
穴の中は暖かいので、その中で春が来るまで冬眠する。

時々、この様な方がおられます。
命式中の天干は優しい女性的な星の食神や正財や印綬が並ぶ命式、
行動力や社会性を表す官星(偏官・正官)は不及。
もともと、女性的な性格で、あまり社会でバリバリというタイプではない…

その様な方で、大運に「比肩 墓」等が出て来ると…
自分の部屋に籠ってしまう場合もある。
まるで子熊が冬眠している様な状態…
家の中の自分の部屋が一番ほっとするのだと思う。

食神や印綬や正財…吉星ですので、不思議と愛される性格。
ご飯も洗濯もお母さんがやってくれる…
目上に助けられ、不思議と食べるには困らない。
何か、目標があれば良いのだが…
冬が終わるのを待つしかないのだろうか…?

クリックしてね

オンライン講座へ

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

命式の傷(キズ)

2022年04月23日 | 今日の出来事


幸せとは何でしょうか…?
ある人はお金があれば…
また、ある人は、地位や名誉があれば…
頭が良ければ…。美人ならば…。強ければ…。
はい…人は自分の欲望(願い)が叶った時に幸福を感じるのですね。
そして、その為に必死になっているのが人間なのだと思います。
ロシアのプーチン大統領も、幸福になろうと思ってウクライナ侵攻を始めたのだと思います。
不幸になろうと思って行動する人はいませんね…。
しかし……どうなのでしょうか…

人の一生は僅か100年足らず、アッと言う間に人生は終わりを迎えます。
私も、いつの間にか古稀、昔は数え70歳は長寿だったのでしょうが、今は人生100年 です。
しかし、100年もアッと言う間に過ぎ去ると思います。

確かに、この世で生きるにはお金が必要です。
2022年の長者番付「イーロン・マスク」の個人資産は27兆円だそうです。参考資料
50歳の彼が100歳迄生きたとして、あと18,250日。
この金額は、彼が毎日14.8億円使うと終わる金額です。…凄い金額ですね。
お金…どの様に使うかが、何の為に使うかが重要だと思います。

究極、死を迎えた時に、ベットの周りに子供達夫婦が仲良く揃って、その後ろには孫達が沢山…。
そんな人生が良いな!と、最近思う様になりました。
夫婦・親子・兄弟達が仲良く、そして世界平和ですね。…月並みですが、それが一番だと思います。

四柱推命には、天干と地支とがありますが、主に天干は社会的なこと、地支は家庭の情的なことと看ることもできます。
また、年柱は先祖、月柱は親、日柱は自分と配偶者、時柱は子供と看ることもできます。
その様な観点で上図の命式表を見ますと…
1. 月支(子)と日支(午)とが水剋火と闘っています(天比地冲)。
2. 日柱の戊午と月柱の壬子が共に天干も地支も剋しあっています(天戦地冲)。
3. 五行図を見ますと、土の比肩と水の偏財とに星(●)が多く、これも尅の関係となっています。
4. 日支の午は羊刃で、月時の子は飛刃となり、この関係も少し気になりますね…。
通常、四柱推命では命式中に冲や刑があると、命式という遺伝子に傷が入っていると見る場合もあります。
この様な命式の場合、優しさと責任感と自我を持った性格なのですが、どうしても親や子供との関係で、スムーズにいかない情的なものも出て来ると思います。
一般的に、中心星に比肩を持つ方は、自分のペースで生きたくなるのでしょうね…。
命式は、遺伝子…魂みたいなものですが、そこに何らかの情的なキズが入っているのだと思います。
その心の傷が癒えると、感じる世界が変わり、見える世界も変わって来るのかも知れませんね…。

クリックしてね

通学コース


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

星(変通星)の良さを出せれば…。

2022年04月20日 | 四柱・その他
変通星は全部で11個あります。
比肩・敗財(劫財)、食神・傷官、偏財・正財、偏官・正官、偏印・印綬の11個です。
敗財と劫財については、日干が陽干の場合は敗財、陰干の場合は劫財となります。
たとえば…日干:木の場合…
甲から甲を見れば、比肩。
甲から乙を見れば、敗財。
乙から乙を見れば、比肩。
乙から甲を見れば、劫財となります。

また、変通星には吉星と言われている星と凶星と言われている星とがあります。
吉星には食神、財星(偏財・正財)、正官、印綬があり、凶星には、比肩、敗財(劫財)、傷官、偏官、偏印があります。
基本的に吉星と凶星とを比較してみると、吉星の方が苦労が少ない様な感じがしますし、凶星の方が苦労が多い様な感じがします。
また、言い方を変えれば、吉星は敢えて苦労の道は選ばない傾向があり、凶星は苦労の道を自分で選ぶ場合も多い様です。…比較すればですが…。

たとえば、同じ官星でも、正官は吉星、偏官は凶星と言われています。
もし、戦争が始まった場合、義の為にわざわざ激戦地に行くのが偏官。
無駄死にしたくないので、上手に戦地を選ぶ方は正官かも知れません。

吉星の代表的な星が正財・正官・印綬と言われています(+食神)。
これらの星は、良くも悪くも賢い星ですので、あまり無理をする星でもありません。
品のある常識的な星ですが、ともすれば「保身」を考える場合もあります。
悪く表現すれば、御身可愛く生きてしまう場合もあります。
自分を大切にするので、運も良いのでしょうが…。

一般的に凶星といわれる星は男性的な星(変通星)が多い様です。
男性的な星と言えば、比肩・劫財(敗財…少し人情的)・正官・偏官ですね…傷官は少し中性的なところもあるかも知れません。
(傷官と食神は、食傷といって共に思春期の様な星ですが、食神は女性的な星と言えます。)
男性的な星は力が強く、動くためのエンジンの様なものとも言えます。
特に偏官は敵陣に向かって突き進む武官の様なところがあります。
偏官が武官なら、正官は文官の様なものと言えます。
比肩も一途に自分の思いを貫き通そうという気概を持っています。

男性的な星には凶星が多いです(正官を除き)、男は度胸…行動してなんぼ ですね…
故に男性的な凶星は吉星でコントロールされると凶星の良さが出るのですね…
たとえば、偏官を上手にコントロールするのが食神と印綬です。
この並びの場合、食神の悪さを偏官がカバーし、偏官の悪さを食神がカバーする様なものですね…。
また、偏官と印綬とが並ぶと、AIでコントロールされた戦車みたいな感じになりますね…。

傷官も凶星と言われています。
女命で強い傷官を持つと、正官である夫に傷が入る暗示もあります。
また、男命の場合は、社会を表す職場(正官)に傷が入る暗示もありますが、その傷官の悪さを中和する星が財星と印星です。
傷官と偏財とが並ぶと、損得に敏感となり商才に恵まれ、傷官と印綬とが並ぶと技芸に恵まれる傾向が出てきます。

男性の場合、凶星を持ちながら、その凶星を吉星でコントロールされている命式の方が味があって面白いかも知れませんね…。
今の日本も、周辺国はロシア・北朝鮮・中国と、核保有国で癖のある国に囲まれています。
この様な環境の中で、国民を守りながら世界をリードする役割を担うには、それなりの命式が必要かも知れませんね…
今迄の日本は米国一辺倒…最低限、自分の国を自分で守る力も必要かも知れません…。

クリックしてね

オンライン講座へ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年5月度の四柱推命 Zoom講座のお知らせ。

2022年04月19日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )

2022年5月度…定例の四柱推命Zoom講座のお知らせです(主に当方の生徒さんが対象です)。

・5/8(日)14:00~16:00 四柱Zoom講座:中上 54。

・5/22(日)14:00~16:00 四柱Zoom講座:応用3(応用コーステキスト使用)。

※ 各回の参加費は1回 3,000円。

また、対面による、四柱推命の学習会(暦の会)は5/14(土)午後1:00~4:00 に高崎市中川公民館で行う予定です。
参加希望の方は、新栄堂(027-362-0074)迄ご連絡下さい。詳しくはこちら。
※参加費は4,000円です。
問合せ

新栄堂

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家庭よりも仕事。

2022年04月14日 | あのひとの命式


上図は、私の知り合いの男性の命式です。
(彼の命式)
・日干:戊
・天干の並びは、月上の印綬を中心とする比肩と偏官との並びの命式。
・表(天干)は、偏官→ 印綬→ 比肩と気が流れ、裏の五行も官・印・比のみに星(●)が固まる命式で、表と裏が同じ。
・四柱の地支(12運)は全て旺相(長生・冠帯・建禄)。

官→印→比の流れで、食傷や財星に星(●)が不及→ この様な命式の方は、家庭よりも仕事を優先される方が圧倒的に多い。
幸いにも、奥様の天干の並びは食傷と財星との並び、不足の彼の命式を奥様がカバーされていると思う…。
二人揃うと、食傷→ 財星→ 官星→ 印星と気が流れる。
究極的な相性の夫婦だと思います。

この命式にとっては、財星の大運が来ると財官印三宝の形になって運の上昇を見ることが出来る。
彼の場合、あと5年で偏財の大運が廻って来る。
40代から運気が上昇…40~50代の働き盛りの時期は、それなりに恵まれるのだと思う…。
幸せな人生を歩んで欲しいと思います。

クリックしてね

オンライン講座へ










コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大運が比肩の時。

2022年04月11日 | 四柱・その他


四柱推命の鑑定では、命式本体に対して、現在がどの様な大運なのかが看命のポイントになります。
その命式に対して良い大運なのか、それとも悪い大運なのか…?
ここを見間違えると、とんでも無い事になってしまいます。

変通星を季節で譬えれば、比肩は冬の様な季節となり、食傷は春、財官は夏、印星は秋とも捉えることができます。
例えば、比肩を冬として考えてみる時に…冬は植物が育つのが大変な時とも言えます。
しかし、同じ冬でも、暖冬の様な冬もあり、大寒波の様な冬もあります。
大寒波の冬は、植物が育つどころか、凍り付いてしまいます。
丈夫なビニールハウスを作り、その中でストーブをガンガン焚けば何とかなるかも知れませんが、燃料費は半端ではありません。

例えば、大寒波の様な冬を変通星で表すと、比肩 帝旺(比肩)の様なものとも言えます。
同じ比肩でも、下に付く十二運によって比肩(冬)のイメージが変わって行きます…。
比肩 長生と、比肩 帝旺では雰囲気が変わってくるのですね…。

さて、比肩には分離という意味があります。
また、家庭や情・財産を表す財星を剋す星でもあります。
故に、強い比肩(比肩 帝旺)等が、20代~30代の大運に出ている場合…。
特に女性の場合は、結婚して家庭を持つには最も良い年代かも知れませんが…なかなか結婚する環境が整い難い場合が多いものです。
例えば…
結婚適齢期の20代の大運に、強い比肩の大運が出ている場合…
・母親が大病を患い、その母親の看病をしていたので、結婚に意識が集中できなかった等…。
・また、単純にあまり良い男性との縁が持てなかった。
男性の場合は…
・良い職業に出会えず、収入が不安定な為に、自信を持ってプロポーズ出来なかった等…。
・その他、様々あります。

その他…
幼少期の大運に強い比肩が巡っている場合…
・その時期に良心が離婚したとか、仕事の関係で離れて暮らしていたとかもあります。
・身体が弱かった等もありますね…。

また、命式本体が温和な優しい星で構成されている場合…
比肩 墓の大運の時に、自分の部屋に籠り切っていたという場合もあります。
墓には穴とか限られた空間と言う意味もあり、冬になると熊が冬眠するように、部屋に籠ってゲーム等で過ごしている人も多い様です。

厳密に言いますと、同じ比肩でも12の種類がありますし、命式本体との関係によって、その反応も様々です。

一番、注意が必要なのが、命式本体の月上の変通星が財星(偏財・正財)の方です。
そして、大運・流年共に、旺相する比肩が並ぶ場合です。
行運が命式本体の月上の大黒柱を強く剋すのですね…。
たとえば…
大運:比肩 帝旺
流年:比肩 帝旺
この様な場合は、強い分離運になると思います。
健康が分離すると病気や怪我。
財産が分離するとお金の損失。
人との分離で生死別という場合も出てきます…。

今回は、比肩について書いてみました。

クリックしてね

鑑定案内

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする