テコンドー・オムスクール ブログ
テコンドー・オムスクールの日記

オムスクール公式HPはこちら
⇒http://www.omschool.jp/
 



全日本大会特集として今後、数度にわたって当ブログで出場選手の回顧録を載せていきます。
第1回は個人戦トゥルで初の入賞を果たし、団体戦、個人マッソギでも奮闘した中村宣子指導員です。

[第21回全日本大会戦績]
団体戦マッソギ・トゥル 優勝
成年女子トゥル1段の部 準優勝
成年女子マッソギライト・ミドル級 第3位

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今年も全日本大会が終わりました。

応援してくれた皆さん、スタッフを頑張ってくれた皆さん、セコンドに付いてくれた美帆さんありがとうございました。
審判の厳師範、選手の皆さんお疲れ様でした。

もうだいぶ前に終わった様な気もします。あっという間でした。

全日本に向けてチームを組んだ団体戦、人が集まらず出場すら危ぶまれていました、実は。
社会人のみでの構成なので練習もままならないのでは?と心配しましたが、神奈川・東京・埼玉・千葉・茨城からの寄せ集めチームは毎週毎週練習を重ね去年に引き続きのW優勝を果たしました。

やるからには優勝!と言うモチベーションの高い素敵なメンバーに大感謝です!!

個人的には、万年一回戦敗退だったトゥルでの準優勝!!
勝てないからと根をあげず地道に練習を重ねて来た自分を今回は褒めてあげたいです。

今まで得意として来たマッソギで3位と不本意な成績に終わってしまいましたが、見つけた課題、よわよわなメンタル面を克服できる位練習して研究して強い自分になりたいと思っています。

皆様今後共宜しくお願い致しま~す!! 中村





大会終了後、ともに練習を積んで来たオムスクール女子メンバーで記念撮影。
来年の活躍にも期待しましょう!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月21日、22日の2日間にかけて行われました、第21回全日本テコンドー選手権大会の入賞結果です。

黄色で塗られているのがオムスクール所属の選手です。

2日間、熱く大きなご声援をいただきありがとうございました!!

詳細は後日公式HP及び当ブログよりアップして参ります。


回顧録記事
①中村宣子指導員
②高進裕副師範
③白石勝彦指導員
④横山佑翔さん
⑤寺島亮介指導員
⑥磯直希君&佐藤雄真君
⑦椿順子指導員

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いよいよ3月21日、22日の2日間にかけて第21回全日本大会が開催されます。

オムスクールからは以下の11名が選手として出場します。


・高進裕  シニア男子マッソギライト級 シニア男子トゥル3段の部 男子団体戦
・寺島亮介 シニア男子マッソギヘビー級 男子団体戦
・白石勝彦 シニア男子トゥル2段の部 スペシャルテクニック パワーブレイキング 男子団体戦
・野本大輔 シニア男子マッソギライト級 成年男子トゥル2段の部 男子団体戦
・実生大裕 男子団体戦
・横山佑翔 ジュニア男子トゥル1段の部 男子団体戦
・磯直希  ジュニア男子マッソギ+51kg級 ジュニア男子トゥル1段の部
・佐藤雄真 ジュニア男子マッソギ-51kg級 ジュニア男子トゥル1段の部
・椿順子  シニア女子マッソギマイクロ級 シニア女子トゥル2、3段の部 女子団体戦
・中村宣子 シニア女子マッソギライト・ミドル級 シニア女子トゥル1段の部 女子団体戦
・山本愛美 シニア女子マッソギライト・ミドル級 シニア女子トゥル1段の部 女子団体戦


ぜひオムスクールの皆さんの熱い応援をお願いいたします。

大会トーナメント表→http://www.taekwon-do.co.jp/2010/zen21tona.htm
大会スケジュール→http://www.taekwon-do.co.jp/100316-01.pdf


また初出場となる、実生大裕さん、横山佑翔さん、磯直希君、佐藤雄真君にそれぞれ抱負を語っていただきました。


実生さん「ズバリ優勝目指して頑張ります!!応援宜しくお願いします!!」


横山さん「不安はたくさんありますが、応援してくれる人に見せても恥ずかしくない内容にしたいと思います!頑張ります!!」


磯君(左)「悔いの残らないように試合では練習してきたことを全部出してきます!」
佐藤君(右)「一試合一試合持てる力を全部出して精一杯頑張ります!」


初出場組は特に緊張も大きいと思いますので会場で見かけたらぜひ声をかけてあげてください。



全日本大会に向けて二人で猛特訓!!


2日間熱い声援を宜しくお願いします!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




春合宿の申込〆切は2月28日まででしたが3月7日まで延長します。
参加にもう一歩踏み出せない方も、諦めずにもう一度考えてみてください。





・練習についていけるかどうか不安な方
⇒練習は少年部でも十分ついてこられるようなメニューとなっております。
もちろん楽ではありませんがきつく感じられれば休み休みでもOKです。



・子供を送り出そうか悩んでいる親御様
⇒みんなで乗り越えた合宿はきっと良い思い出になります。
また、合宿を乗り越えることで得た強い気持ちと自信は今後に必ず役立ちます。



・審査を控えている方
⇒合宿で最後の確認をすることで審査本番に自信を持ってのぞめます。



・もっと練習したい方
⇒合宿中は指導員の手が空いていれば個人練習に付き合うことも出来ます。
普段はマンツーマンで教わることは中々ありませんが合宿中は可能ですのでこの機会にぜひ!


合宿の練習時間は全て合わせると約15時間ほどです。
週に1回2時間の練習で換算すると大体2ヶ月分くらいの練習を一気にやることになります。
技術の向上は約束しますのでさらにたくさんのご参加お待ちしています!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )