テコンドー・オムスクール ブログ
テコンドー・オムスクールの日記

オムスクール公式HPはこちら
⇒http://www.omschool.jp/
 



 全日本大会で、2年連続の優勝を果たした荒俣美月さんが、しばらくテコンドーから離れる事になりました。
大学で陸上競技に専念するためです。

 先週金曜日が最後の練習参加となりましたが、しっかりと自分の思い、後輩たちへのエールを語ってくれた美月さん。


 せっかく大学に入っても、ほぼオンラインでの授業、テコンドーもマスク着用で思うような練習がなかなか出来ない。
 そんな中でもひとり黙々と努力を重ねてきた姿を見てきました。
 たくさんの迷いがあったと思いますが、陸上に打ち込めるのは今しかない、そのためにはテコンドーと両立するのは難しい、と決断したのです。
 とはいえ、綾瀬道場はいつでもwelcome!です。
時間がある時は顔を出して、一緒に汗をながしましょう。
 そして、落ち着いたらあらためて、みんなで優勝のお祝いをしましょうね!











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









2021年2月28日(日)国立代々木競技場第二体育館にて、第32回全日本テコンドー選手権大会が行われました。

オムスクールから出場選手の結果は以下の通りです。

荒俣美月:シニア女子2段 優勝
横山佑翔:シニア男子3段 第3位
垣屋龍宏:シニア男子2段 第3位
川岸瑠那:シニア女子1段 第3位

おめでとうございます。

選手の皆様、審判・スタッフの皆様、応援に来てくださった皆様、本当にお疲れ様でした。
また、会場にお越しになれなかった皆様、選手への応援やご支援を、ありがとうございました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 綾瀬道場今年最後の練習模様をお伝えします。

ばらばらに蹴っている訳ではなく、前に立っている子とのジャンケン勝負です。
ハルヒくんとウララちゃんが考えてくれた、テコンドージャンケンです^_^

☆アプチャ・プシギ(前蹴り)→グー
☆トルリョ・チャギ(回し蹴り)→チョキ
☆ヨプチャ・チルギ(横蹴り)→パー

未就学児のトウマくんは特別ルールで、手でもOKです。

締め稽古は少年部の忘年会も兼ねているので、賞品あり。なので、なかなかの真剣勝負となりました。



2種目は的当てゲームをしましたが、写真を撮り忘れました。。。
高学年の子たちの自主的なハンデで、こちらも白熱の勝負となりました。


そして少年部の締めは、ウレタンのライトセーバーで防御の練習です。




どの子もノリノリでステップワークもばっちり!








子供たちがノリノリだったので、成年部でも同じ練習をやってみました。





大人もけっこう楽しそうです。


  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 2020年は思うように練習が出来ませんでした。
新型コロナの感染に注意をしながらの練習は、気を使う場面もたくさんありました。
 そんな中で、会員の皆さま、ご家族の皆さまのご協力が無ければ、無事にこの年末を迎える事は出来なかったことでしょう。
 心より御礼を申し上げます。
 
 本当にありがとうございました。

 皆さま良いお年をお迎えください。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






12月20日(日) 荒川区総合スポーツセンターで行われた昇段審査の模様をお伝えします。
(審査官:朴禎賢師賢、厳斗一師賢)

綾瀬道場からの受審者は石黒和馬さん。
息子さん・娘さんが見守る中で、見事、二段に昇段しました。
おめでとうございます!

受審者集合写真。



マッソギを得意とする石黒さんでしたが、トゥルの練習も地道に重ねて来ました。
いつも練習後には仲間や後輩たちを集めて、自主練習をしている姿が印象的でした。
そのトゥルの模様です。



続いてはマッソギの様子。
コロナ禍の中、マッソギの練習はほとんど出来ずにいましたが、ブランクを感じさせない動きです。


試割も安定の成功!

そして、なぜか腕立て伏せも!


賞状と帯の授与です。




色帯の時からずっと一緒に練習してきた生井さんと。

応援に駆け付けた仲間と。

一緒に昇段した湯浅さん(元綾瀬道場)とも喜びを分かち合いました。


あらためて、
石黒さん、生井さん、荒俣さん、
昇段おめでとうございます!!







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






12月17日、綾瀬道場にて昇段審査が行われました。
(審査官:朴禎賢師賢、厳斗一師賢)

この日は、生井千晶さん・荒俣美月さん2名が受審し、両名とも見事、二段昇段を果たしました。
おめでとうございます!


まずは、荒俣さんのトゥルの模様。
ダイナミックで力強いトゥルです。
地道な練習をコツコツと続けてきた成果を見せてくれました。






生井さんのトゥルの模様。
怪我を乗り越え、思うように練習時間を取れない中ではありましたが、この日のために着々と準備をしてきました。





続いては、試割の模様です。
生井さんのアプパルク!

荒俣さんのアプパルク!

同じく、トルミョ・ヨプチャチルギ!

ティミョ・トルリョ・チャギ!

生井さんも荒俣さんも、しっかりと準備をして臨み、全て試割を成功させました。

朴師賢の講評に耳を傾ける見学者。


結果発表と帯の授与。






見学した道場生にも、とても良い審査を見せてくれたと思います。
本当におめでとうございます!
そして、お疲れ様でした。


またこの日、一緒に受審するはずだった石黒さんは、仕事の都合で、別の日の審査となりましたので、次は、その様子をお伝えします。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12/20(日)に行われた荒川区大会。

オムスクールからは、3名の選手が参加しました。
綾瀬 安藤大河 小学高学年緑帯 準優勝!


綾瀬 安藤大地 中学男子青赤帯 準優勝!
綾瀬 植野秀哉 中学男子青赤帯 第3位!

試合中の写真は撮れなかったので、朝の練習風景のみですが・・・
自分は審判のため応援も出来ませんでしたが、3人で協力して、良く頑張ってくれました。

来年は大勢で大会に参加出来るようになっている事を祈ります。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









成年部では、3級と10級の審査が行われました。
ダイチくんのトゥル、形がとてもきれいです。


約束組手も直前まで一生懸命に練習していました。


こちらは10級のクドウさん、膝をしっかり上げての前蹴りです。


横蹴りも、蹴り足も軸足もカカトをしっかり目標に向けています。


ダイチくんの試割は見事成功!




動作の名称を答える審査もあります。
言葉を覚えるだけだと、すぐにまた忘れてしまいます。
立ち方、高さ、どの部位で、何をしているか、
意味と一緒に覚えるようにするのが良いですね。



審査はその時の結果だけでなく、それまでの練習過程もとても大切だと思います。

『心』『技』『体』

これからも、技術とともに身体も、そして心も鍛えていきましょう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月6日(火)、約10ヶ月ぶりに、綾瀬道場の昇級審査を行いました。

臨時休業などもあり、道場生にとっては待ちに待った審査となりました。
今回、少年部の受審者は4名です。


まずは8級、黄帯の様子。

2人とも力のこもった元気いっぱいのトゥルを見せてくれました。

トゥルの次は基本蹴りです。



全力で跳んでいます!

更に約束組手。


背の高さも年齢も違うふたりですが、たくさん練習して、ずいぶん息が合うようになりました。



続いては、6級緑帯の審査です。

大会のトゥルでは入賞常連のふたり、審査でも緊張のそぶりを見せません。


跳び蹴りもたくさん練習してきました。


高く跳べていますね。

兄妹のふたりは、約束組手も家でも練習しているそうです!
本当に熱心に練習していて、息もピッタリ?




緑帯になると板割りの審査もあります。
これがなかなか難しいです。
ミットは当たれば気持ち良い音がしますが、板は力・スピード・タイミング、少しずれると割れません。


写真がこれしか無いのですが、ちょっとジャンプが足りなかったかな。

審査をひと通り終え、厳師賢からの話を真剣に聞く子供たち。
ひとりひとりに、良いところ・直した方が良いところ、のアドバイスがありました。
これからの練習に活かしていけると良いですね。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ