テコンドー・オムスクール ブログ
テコンドー・オムスクールの日記

オムスクール公式HPはこちら
⇒http://www.omschool.jp/
 




オムスクールでは3・6・9・12月に昇級審査を行っています。と、いうわけで今年最後の昇級審査が近づきつつあります。皆、目が真剣です。中には一人で夜公園で練習している、とか、会社の空スペースでこっそり練習してる、なんて話もチラホラ。練習熱心はOKですが「変な人」なんて噂されない様にご注意。
上級者になるにつれ、審査にも慣れてくる一方、全くの初めてである白帯のメンバーはやや緊張ぎみです。写真は厳先生にチェックしてもらっているところです。ここが第一関門。そろって色帯になれるといいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最後に高知道場の皆さんと。
練習が終わったのが夜9時過ぎ。その後再び金一国師範のご自宅で夕食をご馳走になった後、11時ごろに一部の方が集まっているということで合流することになりました。
夜も遅くなっているのにテコンドーで盛り上がる皆さんの話からはテコンドーが大好き、もっと上手くなりたい、という情熱が伝わってきました。
会が終わったとき、既に午前一時過ぎ。この日には中四国大会参加のため、皆さんも広島への移動があるというのに。
わずかな時間ではありましたが本当に楽しく、そして刺激的な高知訪問でした。機会があればまたお邪魔したいと思います。本当にありがとうございました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




厳先生もトゥルを中心に指導をしました。
高知道場の皆さんの練習はとても楽しく、和やかな雰囲気であることが大変印象的でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そしてついに道場生の方々か一人、また一人と現れ、未だかつて無い、という大人数に。そのため一度に全員では練習出来ず、帯ごとに分かれて行われました。
金一国師範の指導は理論的、科学的であり、いつもの練習では「なんとなく」で流してしまう点が非常に明確なものとなり、大変勉強になりました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まず向かったのはスタジオレッスンの見学。スポーツクラブ内で行われている柔軟体操、基本動作をメインとしたクラスでした。キックミットも「テコンドー用語」もない、でも誰もがわかるように、そして無理なく取り組めるような工夫が随所にあり、今後初心者への指導を行うにあたり、大変参考になりました。

そして一国師範のご自宅にお邪魔して少し休憩した後、ついに「高知道場」へ!!

お邪魔した練習場所は事情によりいつもと違うところ、ということでしたが、とても立派な施設でした。
まずは道場生が来るまでの間、師範二人で4段トゥルの練習を行いました。「4段のトゥルを人に見てもらえる機会はなかなか無いから嬉しかった。」と厳先生。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もう10月の話になってしまうのですが、厳先生は高知道場へ指導のため出張しました。
その時のことを今更ながらご報告したいと思います。

時は10月7日、高知道場長、金一国師範と以前から訪問の約束をしていた厳先生はついに高知へ向けて飛ぶこととなりました。
朝の早さと厳しい手荷物検査を何とか切り抜け、羽田から高知に着いたそのとき、まず驚いたのが滑走路すぐ近くまで迫る住宅地。その距離数十メートルしかありません。こんなに飛行機のそばに家が建っていて大丈夫なのでしょうか??余計な心配をしつつ、ついに金一国師範のもとへ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、本日ブログを開設しました。
とはいえ、PCには強いとはいえない私。
どうなるかわかりませんがオムスクール裏サイトとして頑張っていきたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )