テコンドー・オムスクール ブログ
テコンドー・オムスクールの日記

オムスクール公式HPはこちら
⇒http://www.omschool.jp/
 



オムスクールの皆さん、夏合宿お疲れ様でした。

私は今、エストニアで行われる、「世界ジュニア・ベテラン大会」に向かう機内にいます。
ジュニア選手として参加する、垣屋龍宏も、もちろん一緒です。



私は、今回がベテラン大会4回目の出場となり、海外での大会への出場は6回目となりました。
もう、そんなになるんですね。
何事も、続ける事が大切なのです。



世界大会に出場するためには、約3ヶ月、毎週日曜日に本部道場へ行き、強化練習に参加しなくてはなりません。

朝10時から昼をはさみ、4時くらいまで練習します。
毎週が合宿のようです。
帰りの武蔵野線は、もうグッタリです。

でも、この練習を乗り越えてきたからこそ、胸を張って大会に臨めます。



参加するからには、一番高いところに登りたい。
でも、相手がいる勝負ですから、結果はやってみないと分かりません。

ただ、全力を尽くすのみ!です。



今回もたくさんの方から、「頑張って!」と応援を頂きました。
皆さんの期待に応えられるよう、力を尽くして戦って来ます。


いつも支えてくれる、家族・そして素晴らしい仲間に感謝しながら。



椿順子




にほんブログ村 格闘技ブログ テコンドーへオムスクールを応援していただける方はランキングが上がりますのでクリックをお願いします。
にほんブログ村

←テコンドー・オムスクールへのお問い合わせや練習日程のご確認はこちらからどうぞ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今大会は東日本大震災後の試合とあって、参加選手も当初100名前後を見込んでいましたが、
最終的には175名の選手にエントリーをしていただきました。試合開催が危ぶまれている中、
多くの選手・スタッフ・役員の方々の力を借りて、無事に大会開催ができたこと本当に感謝しております。
本当にありがとうございました。

今大会も出場選手はスタッフを兼任し、自分の試合への準備が万全ではなかったかと思います。
またスタッフも不慣れな中、まる1日ほとんど休みなく、本当に頑張って頂いていたと思います。
今大会の試合成績はなかなか思うようにはいかず、悔しい思いをされた方が多かったと思いますが、
選手・スタッフの皆さんの力で大会を無事に開催できたこともひとつの成果だったのではないでしょうか?
悔しい思いをしたということは試合までにたくさん練習を積んで頑張ってきた証です。
それを次回の試合・審査に生かして頑張ってほしいと思います。足立区テコンドー協会としても、
そしていち指導者としてもテコンドーを通じてひとりでも多くの方に、何かひとつ達成感・充実感を
得てもらえるよう努力してまいります。

大会は来年・再来年と続いていきます。また協会主催行事としても、充実したイベントを考えていますの
で、今後ともご支援賜りますよう宜しくお願い致します。

 

足立区テコンドー協会

会長 野本 大輔

←テコンドー・オムスクールへのお問い合わせや練習日程のご確認はこちらからどうぞ
にほんブログ村 格闘技ブログ テコンドーへオムスクールを応援していただける方はクリックをお願いします(ランキングが上がりますので是非ご協力ください)
にほんブログ村



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




[第21回全日本大会戦績]
団体戦マッソギ・トゥル 優勝
成年女子マッソギマイクロ級 準優勝
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
みなさん、全日本大会お疲れ様でした。

スタッフとして・応援部隊・少年部演武・選手として、
厳師範・渡辺先生は、大会役員・審判として、
朝早くから夜遅くまで、大変だったと思います。

応援にかけつけてくれた方も、都合で会場に来られなかった方も、
たくさんの励ましと応援の言葉を頂き、とても嬉しかったです。

私が初めて全日本大会を見たのは、2002年の「第13回大会」。
厳師範が、見事MVPに輝いた年でした。

翌年は、スタッフとして参加。

選手として出場したのが、2004年の「第15回大会」から。

更に「第16回大会」で、トゥル・マッソギで初入賞を果たし、
憧れた人たちと共に表彰台に上がり、とても感動した事を覚えています。

数えてみれば、かれこれ今回で7回目の出場になっていました。
その間に国際大会にも出場する機会を得て、多くの経験をさせて頂きました。

最初の何年かは、自分の試合に誰かを呼ぶ、なんて、とても出来なくて(汗)
試合をするのが、精一杯。

自信を持って、「私の試合を見に来て下さい!」と言えるようになったのは、
たぶん、2~3年前からでしょうか。

そして今年は、たくさんの人に応援に来て頂きました。

時間を見つけては走りこみをしたり、減量に苦しんだり、ウエイトトレーニングで絞られたり・・・
こつこつ努力をしている姿をみて、「椿の試合を見てみたい」と声をかけて下さった方もいました。

さに、私が試合に出続ける理由はそこにあるのかもしれません。

結果以上に、大会に至るまでに何をしてきたか、それを見てもらいたかったし、
それが表れるような試合をしたかったのです。

結局、マッソギ決勝では、最後のさいごに足が動かなくなり、
みなさんには歯痒い思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

準優勝という結果に、満足はしていませんが、これが今の実力と納得はしています。

次のステップへ向け、さらに精進していくつもりですので、
これからも応援、宜しくお願いしますm(__)m


それから・・・
スタッフをして下さった道場生のみなさん、本当にお疲れ様でした。

忙しい中やっと、仕事の調整をして協力してくれた方や、
体調が悪いのに頑張ってしまって後日さらにこじらせてしまった方もいました。
大変な仕事と解っていて、それでも毎年自ら買ってでてくれる方もいます。

ありがとう、という一言では言い尽くせませんが、本当に感謝しています!


コメントの最後は、やはり、この言葉で締めくくりたいと思います。


「みなさん、ありがとうございました!!!」



 
椿順子



団体戦ではキャプテンとしてチームを引っ張り見事W2連覇を果たした椿指導員。
8月に予定されている世界ベテラン大会での活躍に期待が高まります!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




磯直希君
[第21回全日本大会戦績]
ジュニアBマッソギ(+51kg級) 第3位
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

皆さん、温かい応援ありがとうございました。

僕は全日本大会は演武には出たことがありますが、選手として出場するのは今回が初めてでした。

大会の前日からものすごく緊張していました。
個人トゥルの試合ではあまりの緊張から途中で止まってしまって失格になってしまいました。

個人マッソギの部では3位に入賞できましたが、自分の思った通りの動きができなくて残念です。

今後は自分の苦手な部分をしっかり練習して来年また出場できるように頑張ります!

オムスクールの皆さん、これからも宜しくお願いします。


磯直希


===========================================================================


佐藤雄真君
[第21回全日本大会戦績]
ジュニアBマッソギ(-51kg級) 出場
ジュニア男子トゥル1段の部 出場
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

オムスクールの皆さん、応援ありがとうございました。

今回初めての全日本大会出場でしたが、とても緊張しました。

トゥルの試合では緊張しすぎて2回も間違えてしまいました。
演武では失敗してしまい、下を向いてしまいました。
せっかく綾瀬道場の代表として出場したのにとても残念でした。

今後は練習をたくさんして、トゥルを間違えたり、下を向いたりしないように頑張ります!!


佐藤雄真



最後まで残ってくれた応援団、スタッフのみんなと。

普段は親友でありライバルでもある磯君と佐藤君。
初出場の全日本大会は二人ともとても緊張したようですね。
今回の経験を糧にもっともっと大きく羽ばたいていくようにみんなで見守ってあげましょう!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




[第21回全日本大会戦績]
団体戦トゥル 第3位
成年男子マッソギヘビー級 準優勝
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

皆さんお忙しい中会場まで来てくださり、応援ありがとうございました。
大会関係者スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

堅い事ばかりを書いても記憶に残らないので、今日は選手目線で書かせて頂きます。

汗と涙と鼻血(鼻折れてます)と鼻水をまきちらし子供の様に号泣した、昨年試合後
の控室。
体も年間を通し壊れてばかりで「自分は終わったんだ。」と惨めさと絶望感しか記憶
していません。
それが今年は同じ時間・同じ場所で、雄叫びを上げることが出来ました。

負ける事で成長できると強く思った一年間でした。
特に体を壊す原因の追究、壊れない体の使い方の試行錯誤。
また自分のスタイルや体の長所短所、精神的甘さを客観的に整理し改めて見直す事が
出来ました。
それは幸運にも世界大会に選抜され、もう一度チャンスを頂いたと奮起し、しがみつ
くような思いの練習から大会出場とそれを振り返る過程で得たことです。
これは最後まで続きました。
全日本大会2日目個人戦前夜、布団に入り目を閉じると相手達が出てきます。興奮し
て、なかなか寝付けません。
どうしたら勝てるかなと往生際悪く色々考えていると、深夜3時に新技が脳裏を走り
ました。

布団から飛び出しイメージに近い動画をパソコンで検索。

数回見て、体の使い方を確認。

それを実際に家の外で試す。

「おぉ。」

やはり自分にしっくり来て、やりやすい新技でした。(地味ですが)
その後満足したのか1時間だけ熟睡して出発。

数時間後の本番で、実際にこの新技でキッカケをつくり、勝つことが出来ました。
さっきひらめいた技で勝つとは、我ながら…と思ってしまいましたが。

全体を通して思った事は、
ライバル達が強くなる事はとても有り難い事。
みんなしっかり仕上げて来てくれた事を幸せに思いました。
自分ももっと強くならなければと、また頑張れます。

最後にみんながレベルアップしたり自分が成長できるのも全て、
あの舞台を提供して頂けるからだと思います。
皆様、今年も貴重な経験をありがとうございました。


寺島亮介



期待通りの大技で見事決勝まで勝ち上がった寺島指導員。
来年の王座奪還に期待が高まります!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




[第21回全日本大会戦績]
団体戦トゥル 第3位
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

応援してくださった皆さんスタッフの仕事を引き受けてくれた方々ありがとうございました。
僕の結果は団体トゥルの部第三位、個人トゥル、団体マッソギ二回戦敗退でした。

団体トゥルはメンバー全員で集まり練習する事がなかなか出来なくて本番は間違えないようにすれば良いやと思い本番を迎えたのですが思った以上に勝ち進む事ができ、喜ぶよりもまず驚きました。

個人のトゥルでは二回戦敗退でしたがいつもどうり誰も僕が勝つと思ってないだろうと思い余計な力が入らずに出来たと思います。

団体マッソギでは………………一分一敗と結局一度も勝つ事が出来ませんでした(泣)
二回戦で戦った黄大勇副師範との一戦は終始相手のプレッシャーに押されてしまい最悪の結果だったと思います。
今まで何の為に強化練習してきたんだろうと思うほど何もできず、とても悔しかったです。

年明けから始まった強化練習では自分の力量を思い知らされ、挫けそうになりながらもその度に周りの人から応援され励まされ、たくさん支えてもらいながらなんとか辿り着いた全日本大会本番。
テコンドーを再び始めてからずっと支えてくれた皆さんに精一杯頑張ってる所を見せたかったのですがなかなか良い結果が出せずとても残念でした。

試合中に何度も心が折れかけましたが皆さんの声援のおかげでなんとか踏み留まる事ができたし、僕のなかではいつも以上の動きができていたと思います。

やはりオムスクールの雰囲気は温かいですね。何度も何度も離れたテコンドーですがその度にずっと気にかけてくれていた厳師範を始め指導員の方や練習生の方には言葉で言い表す事が出来ない程感謝しています。
皆と同じ道場でテコンドーやってる僕は幸せ者ですね(笑)

僕も今度から全日本だけではなく小さな大会でも行ける所はなるべく応援に行って皆が試合しやすい環境を少しでも作りたいと思います。
それが今僕の出来る事だと思います。
ですので来年も全日本に出る事になったらその時はまた気持ちの良い応援お願いしますね(笑)

今回は本当にありがとうございました。


団体トゥルでは先頭で気を吐いた横山さん。
まだ10代の彼には未来のオムスクールエースとしての活躍も期待されます!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




[第21回全日本大会戦績]
団体戦トゥル 第3位
パワーブレイキング 準優勝
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 スタッフならびに、応援をして下さった方々に御礼を申し上げます。
 
御忙しいところ、有難う御座いました。
 
今回、個人トゥル二段の部、パワーブレイキング、団体トゥル・マッソギに出場しました。
 
結果は、パワーブレイキング2位、団体トゥル3位という結果でした。
 
個人トゥルに関しては、今年は二段で出場し結果は一回戦敗退でしたが、内容としては悪くなかったと思うので、来年の全日本に向け、練習に励みたいと思っております。

 
パワーは、2位と入賞することが出来ましたが、とても悔しいです!
 この競技は、力もそうですが一番大事なのは正確性だと思います。微妙に上を蹴ってしまい枚数が稼げませんでした。
 来年は優勝を目指し、力と正確な蹴りが出来るよう練習に励みたいと思います。

 さて団体ですが、今回は新メンバーが2名入り新たな挑戦となりました。
 練習が始まり、不安も沢山ありましたが何とか団体トゥルで3位という結果が出せました。
 
マッソギは2回戦で敗退してしまい結果は出せませんでしたが内容としてはとても良かったのではと思います。
 
来年には、また新しいメンバーも増えると思います。その時にメンバーから外れぬよう、今以上に頑張っていきたいと思います。

 
それから、試合を観ていて思ったことがありました。
 
やはり強い選手や上手い選手は、体の使い方が上手い!バランスがよく、どんな蹴りを出してもぶれないということです。
 
ただ練習するだけでなく、そういった根本的な基礎をしっかり練習しないと更に伸びることは無いのかなと思いました。
 
今年は、体の使い方やバランスを重要視し練習と指導に役立ていきたいと思います。



白石



試合に出場した男子メンバーと厳師範で記念撮影。
白石指導員の胸元の銀メダルが輝いていますね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




[第21回全日本大会戦績]
団体戦トゥル 第3位
成年男子マッソギライト級 第3位
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
スタッフ、審判として大会を支えてくれた方々、本当にお疲れ様でした。

試合ではたくさんの方にご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。
僕はその後なんともなく元気に過ごしています。

今年の全日本も終わってみれば色んなことがありましたね。

団体戦ではなんといっても横山君、実生さんの新メンバーが入り、練習時間も十分に取れたとは言えない中でのトゥル3位入賞。
しっかりと練習すれば十分優勝も狙えるポテンシャルの高さを見せられましたね。

女子団体のW優勝&連覇さすがでした。
来年の3連覇にも期待が高まります。

個人戦では各自で課題など見つけていると思いますので僕の個人的なことだけ。

マッソギ1回戦では皆さんの期待に応えて順調な滑り出し・・・とは言えず極端なスロースターターっぷりを遺憾なく発揮し、ひやひやでの勝利。
2回戦も去年敗れている選手相手だっただけに試合前は妙に力んでしまい周囲には心配されまくり。
準決勝はご覧の通り。
面目ありません。。

そんな中でもアップに付き合ってくれたり、念入りにマッサージしてくれたり、セコンドについてくれた男子チームのメンバーには本当に感謝しています。

テコンドーを長く続けていれば色んなことがありますが、これほど自分の技術、精神面での未熟さがあらわになってしまった試合も珍しいです。

今回のことを反省して来年の飛躍への糧にすることを皆さんに誓います。

試合中の応援は本当に大きくて暖かかったです。
やられてしまった準決勝では観戦していた少年部の子達がたくさん駆けつけてくれて、先生とっても嬉しかったよ。
保護者の皆様、子供たちにはああいうことが無いようにしっかり指導していきますのでご安心ください。

大会で応援していただいた分以上に皆さんを盛り上げていきたいと思いますので、これからも宜しくお願いします!!






男子団体トゥルの様子。
優勝した西東京チームに敗れはしましたがポテンシャルの高さを発揮しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




全日本大会特集として今後、数度にわたって当ブログで出場選手の回顧録を載せていきます。
第1回は個人戦トゥルで初の入賞を果たし、団体戦、個人マッソギでも奮闘した中村宣子指導員です。

[第21回全日本大会戦績]
団体戦マッソギ・トゥル 優勝
成年女子トゥル1段の部 準優勝
成年女子マッソギライト・ミドル級 第3位

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今年も全日本大会が終わりました。

応援してくれた皆さん、スタッフを頑張ってくれた皆さん、セコンドに付いてくれた美帆さんありがとうございました。
審判の厳師範、選手の皆さんお疲れ様でした。

もうだいぶ前に終わった様な気もします。あっという間でした。

全日本に向けてチームを組んだ団体戦、人が集まらず出場すら危ぶまれていました、実は。
社会人のみでの構成なので練習もままならないのでは?と心配しましたが、神奈川・東京・埼玉・千葉・茨城からの寄せ集めチームは毎週毎週練習を重ね去年に引き続きのW優勝を果たしました。

やるからには優勝!と言うモチベーションの高い素敵なメンバーに大感謝です!!

個人的には、万年一回戦敗退だったトゥルでの準優勝!!
勝てないからと根をあげず地道に練習を重ねて来た自分を今回は褒めてあげたいです。

今まで得意として来たマッソギで3位と不本意な成績に終わってしまいましたが、見つけた課題、よわよわなメンタル面を克服できる位練習して研究して強い自分になりたいと思っています。

皆様今後共宜しくお願い致しま~す!! 中村





大会終了後、ともに練習を積んで来たオムスクール女子メンバーで記念撮影。
来年の活躍にも期待しましょう!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




練習時間の少なかった中、健闘した杉崎美帆さんです。
年々安定感が出てきていますので、来年また期待しましょう!!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


先生方、練習に付き合ってくださった方、そのほかにも沢山の方に支えていただいて
今年も全日本に参加することができました。
本当にありがとうございました。
まず結果ですが、個人マッソギ-51Kgに参加し、二回戦敗退ベスト8でした。
三年連続ベスト8。う~ん。理由は自分でもわかっているんです。一番は練習不足。
常々練習は自信という形になって力になり自分を裏切らないと思っていますが、それ
が今大会の私にはありませんでした。完敗です。
でもその中でもいつもと同じ結果が出せたのは、そのかわりにたくさんの人が私に力
をくれたおかげだと思っています。
反省すべきことはたくさんありますが、反省するだけでは、また来年も同じ結果もし
くはそれ以下の結果しか期待できので、一回一回の練習に集中して取り組み課題一つずつ、
つぶしていきます。また一緒に練習お願いします!
最後に、セコンドについてくれたうらさん、みなみちゃん、素敵な応援旗作ってくだ
さった北千住のみなさん、応援にきてくれたオムスクールのみなさん、中大テコン
ドー部のみなさん本当にありがとうございました。こんなにも素敵な仲間がいること
は心強く勇気をもらいました。すごくうれしかったです。
それに応えられるような試合が出来るよう精進するので、これからもよろしくお願い
します!
来年の話ばかりすると鬼が笑うので次回の練習から頑張りますo(^-^)o
北千住のみなさん、北千住魂で頑張りましょう!
                                   みほ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




惜しまれながら愛媛へと転勤された渡辺先生です。
記事がASC開催前に書かれたので若干前後してしまっていますが(すみません)、来年も審判委員長お願いします!!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「最高メンバー」



これが、私が購入した車です。

こちらでは、車がないと生活できません。
(何故、この車、この色?との質問には一切お応えできません。)

というのうは、さて置き、本題です。

今回の全日本大会は、非常に思い出深いものになりました。
突然の人事異動で古巣の愛媛へ赴任を命じられ、居心地の
良い日常が一気に崩れて、悩みました。
体重も一気に5kg減ってしまい、全日本大会では、どうなる
ことかと心配しましたが、逆に体重が減ったことにより体が
軽くなり、かつ、昨年の12月から始めた強化練習の自信もあり、
何とか皆の期待に答えられたかなと思っております。

最強ではないにしても、最高メンバーで望めた全日本大会。
いつの日か再び、同じメンバーで組めることを期待し、こちら
愛媛でも精進していきます。

と言いつつ、まだ、愛媛に来たと言う実感がなく、未だ、旅行気分です。
ASC大会に、普通に参加している可能性もありますので、
(感動的な送別会の余韻は残っておりますが)歓迎会を開いてください(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回の全日本大会でオムスクール一の大活躍を見せた、山本愛美さんです。
来年は迎え撃つ立場として、連覇に期待しましょう!!!


[全日本戦績]
団体戦マッソギ・トゥル優勝
個人戦ミドル級マッソギ優勝
敢闘賞



****************************




「@ぐるぐる@」

全日本から早2週間が経過しましたが。
改めまして応援してくださった皆様に感謝。
自分の試合のビデオを観て時間差でさらに感謝。

ビデオを複数回観ましたが、途中からはコートの中を観ていたのではなく、
オムスクールの皆さんを目を凝らして観てました。

皆さんの応援、勿論試合中も聞こえてました。
完全away地帯で主人が撮ったビデオの中では
皆さんは米粒でしたが、それでも熱意が十分伝わりました。
しかし米粒であろうと、そこからでないと皆さんは映らなかっただろうから、
主人にナイスポジショニングと褒めてさしあげたい。


スタッフの仕事をこなしながら気にかけてくれた方
前のめりになって応援してくれた方
立ち上がって声援を送ってくれた方
機転を利かせてセコンドにかけつけてくれた方
個人戦決勝での決定打を前にこれでもかというくらいのガッツポーズを
みせてくれたセコンドの方
試合後ハグしてくれた方
試合を始終見守ってくれた先生
勝利を前になみだ目になってしまった方
写真を撮ってくれた方
おめでとうを伝えに来てくれた方
ありがとうを伝えに来てくれた対戦相手の方
2日間朝から晩まで会場で一緒に戦ってくれた家族に


この場をお借りして、精一杯の”ありがとう”を伝えたいです。
(えっ、横着してるわけじゃないんですよ、ほんとに)


この気持ちはオムスクールの中で、グルグルグルグル回るものだと思っています。
勿論、オムスクール外でもグルグルしてるんですが。
でもオムスクール特有のグルグルがあって、これがまた他にはないグルグルなんですよ。


わかりますかねぇ・・・・・・わかりにくくてすみません・・・
わからなくてもグルグルしてますし
わたしも頑張ってグルグルしますから大丈夫です。


山本 愛美

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






去る3月21、22日の二日間に渡って第20回全日本テコンドー選手権大会が行われました。
結果についてはご存じの方も多いと思いますが、以下にオムスクールからの入賞者を挙げます。

優勝   女子マッソギミドル級    山本愛美さん
      女子団体マッソギ      東東京代表チーム
      女子団体トゥル        東東京代表チーム

準優勝 女子マッソギライト級    中村宣子さん

第三位 男子マッソギヘビー級   寺島亮介さん
      女子マッソギマイクロ級 椿順子さん
            Jr.Aマッソギ        佐藤大己さん
      男子トゥル一段の部   白石勝彦さん
            男子団体マッソギ     東東京B代表チーム
            男子団体トゥル       東東京B代表チーム

敢闘賞 山本愛美さん

また、これから数度にわたって出場選手の回顧録を掲載していきます。
第一回は団体チームキャプテンとしてチームを引っ張り、個人トゥルの部でも三位入賞を果たした白石指導員です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 スタッフならびに、応援をして下さった方々に御礼を申し上げます。

御忙しいところ、有難う御座いました。

今回、個人トゥル一段の部、団体トゥル・マッソギに出場し結果から言いますと。

個人トゥル3位、団体トゥル・マッソギ共に3位という結果でした。

個人トゥルに関しては、今年は一段で出場する最後の全日本大会であり、優勝するチャンスも有りながら、準備不足により3位で終わってしまいました。

今更ですが、もっとしっかり練習していればと悔いが残ります。

今年の9月に昇段審査を受けるので、来年は2段で出場出来るよう、悔いが残らぬように練習に励み2段トゥルに出場しメダルを狙いたいと思います。

また、マッソギについても来年こそは出場できるように頑張っていきたいと思います。

<o:p> </o:p>

今回の団体戦は想い出深いものとなりました。

メンバーは、元祖青春倶楽部のメンバーで出場することになったのですが、うちには若い黒帯が沢山いるので、本来ならば世代交代となるところ、皆仕事や家庭の事情により出ることができず、自然にメンバーが決まりました。

いつも渡辺先生は、今年はもう出ないよ!他に選手いるし、もういいでしょー といっていました。

そこを無理やりメンバーが足りないからといって、出てもらっていた訳ですが、今考えると渡辺先生や僕らメンバーには、他に出られる人がいなくてよかったなと思います。

元祖メンバー最後の全日本、一番輝いていたのは渡辺先生!練習でも渡辺先生が、副キャプテンとして皆を引っ張ってくれました。

結果は3位と惜しいもので終わったが、それ以上に得たものは沢山あったと思います。

今回、このメンバーで出場できた事を誇りに思うと同時に、今後は自分が渡辺先生のようになれるよう頑張って行きたいと思います。


                                 白石



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




茨城県大会のコメント最終回は綾瀬少年部からマッソギで優勝した直希君と太一君の二人です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

試合に出場して、とても緊張したけど頑張って金メダルを取れて嬉しかったです。

たくさん練習して今度はトゥルもマッソギも団体も全部金メダルを取ってMVPになれるように頑張りたいです。

たくさんの応援本当にありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします。


綾瀬少年部の入賞者と。よく見ると試合に出てない子が混じってるような。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月28日に行われた第53回昇段審査で黒帯を取得されました、岡田直亮さんから昇段のコメントが届いていますのでご紹介します。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

遅くなりました。去る9月28日に昇段審査を受審し無事に昇段することができました。


当日は調子がよく、ほどよい緊張の中いつも以上に体が動き、気持ち良く臨むことができました。


「精神的に強くなろう」と思いテコンドーを始めて4年が経ち、最初は「絶対ムリ。」なんて正直感じていたのと、あまり試合にでず入賞もしていない自分が黒帯になったなんて今だに信じられず、「自分でいいのかな?」と感じています。

ただただ感じたことは、この黒帯はみなさんのおかげで頂けたものです。みなさんがいなければ、取れなかったと思います。

一緒に練習することでトゥルやマッソギで、出来ないことが出来るようになっていくおもしろさがわかり昇段への気持ちに繋がったと思います。


オム先生を始め、黒帯の諸先輩方、そしてみなさんありがとうございました。

これからは、みなさんの力になれるようにがんばっていきますのでよろしくお願いします。

色帯のみなさん、諦めずに練習していれば必ず昇段することができます。頑張っていきましょう。



追伸
やっと妻に追い付きました…。
がっ、女性は強し…頭があがりません……。
家庭では白帯のままでいようと思います(笑)
ゆきえさんもありがとね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ