テコンドー・オムスクール ブログ
テコンドー・オムスクールの日記

オムスクール公式HPはこちら
⇒http://www.omschool.jp/
 





先週、全日本大会が終ったばかりですが、今日は、府中の本部道場で、関東地区指導者練習会に参加してきました。

ITF-KOREAのイム・サンヒョク師範による『ステップ』の応用や練習方法の、実技を交えての講義です。

ステップ練習時の注意点、
鍛錬の仕方、
ミット蹴りへの応用、
など。
三時間にわたっての練習会となりました。


ホイッスルを使って、素早い反応の練習もあり、参加した師範・副師範・指導員には、イム師範からホイッスルがプレゼントされました。

道場では、ご近所迷惑になるかもしれないので、別の場所で使ってみたいと思います(^_^;)



ステップ練習は、やみくもに覚えただけでは意味がありません。
しっかりマスターして、マッソギに生かせるように、これからも修練して行きましょう!


(朴チョンウ師範から、素敵な写真を送って頂きました)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





大切な防具、汗が染み込んで臭いが出たりするので、陽に干したり、ファブったり、洗っちゃったり・・・
それぞれに、手入れはしていると思いますが。。。

本体はまだ大丈夫なのに、ゴムが伸びてしまったなんてこと、結構ありますね。

そんな時、自分は、ゴムだけ取り換えます。

手芸用品のお店に行くと5センチ巾のゴムを、欲しい長さだけ売ってくれます。
(ユ○ワヤでは見つからなくて、手芸センタードリームという所で見つけました)

マジックテープ部分から3センチくらい残して切って、そこに新しいゴムを重ねてガッツリ縫います。

自分の防具、道場の子供用の貸出防具、この方法で直しました。
これから、シンガードも直します。



大会の審判などで防具のチェックをしていると、適当に扱っている人が多いな、と感じます。

「服装の乱れは心の乱れ」なんて、学生の頃よく言われたけど、
道衣や帯をしっかり正すだけでなく、防具も大切にして、きちんと着けるようにしましょう!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明日、8月14日(金)、テコンドー・オムスクール綾瀬道場の練習は、夏合宿のためお休みになります。
柏テコンドークラブの練習は、通常通り行います。
どちらも、宜しくお願いします。


合宿の翌日、23日から、「世界テコンドー選手権大会inブルガリア」に出発します。
オムスクールからは、垣屋龍宏選手がシニアの世界大会に初出場します。
みなさん、日本からエールを送ってあげて下さい!


そして、もう一人、椿は国際審判デビューします。
語学力は、自慢じゃないが自信ありません!(キッパリ)
なので、テコンドー事典と英和辞書を駆使して、国際師範&国際審判のお勉強中。
予習しておけば、きっと何語だろうと理解できるはず!

言葉の壁なんて乗り越えて、多くのものを学んで来まーすo(^o^)o


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回は白石勝彦指導員です。やや長文ですが、元気をもらえる文章です。そして白石さんの頭の中を垣間見ることが出来ます。きっと執筆に時間を要したと思います。ありがとう、白石さん。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「行動しないで諦める?とりあえずやってみる?」
 
皆さんは、どっちですか?
 あの時やっていれば良かった。と後悔するか、結果はどうであれ、取り敢えずやってみるか。
僕は、取り敢えずやってみる派です。ま、撃沈する事が多いですけどね! 
「ハ ハ ハ」
でも、後悔はしたこと無いです。取り敢えずやったのだからと諦めが付くし、次ぎ頑張ろうと前向きになれます。
 楽天的とも思われるけど。
そう言えば、依然勤めていた会社の親方によく言われた。
『いいよな、お前はー!悩みなんて無いでしょ!楽天的だよねー
いや!楽天的過ぎだよ!と笑われたものです。』
別に悩みが無かった訳でもないし、上手く行かない事ばかりだったけれど大体の事は、笑い話にしていました。
だって終わった事を、いつまでも考えたってしょうがないし、時間の無駄だと思っていたから。そう思いません?
 人なんていつ死ぬか分からない、もしかしたら今すぐ大地震が来てペッタンコになっちゃうかもしんないし、事故に巻き込まれる可能性だってある。しかも時間は限られているし!
 最近読んだ本にこんなことが書いてあった。
『 Time is money 』(時は金なり)とあるが、これは間違いで
本当のことを言うならば、『 Time is life 』(時は命なり)と書いてあった。
ようは、失ったお金は頑張れば取り戻せるが、時間は絶対に取り戻すことが出来ないと言う意味だ。
なるほど!だから前に進むしかないと思いました。
 例えば、仕事、恋愛、テコンドー全てに言えると思う。
一般的に就職して、自分には合っていないけど我慢して勤め上げる。
当り前かもしれないが、僕は、偉いと思う。
だが、何処かで(つまらない、本当はこんな事はしたくない!でも毎月決まった給料貰えるし、転職するのは面倒だ)と思っているならば、考えた方が良いと思う。
気づいたら、転職出来ない年になってしまい後悔する事になるかもしれない。
ま、結局のところどちらが良いかは、その人次第。
こんな事は自慢にならないが、僕は転職回数が多い。聞いたら皆ビックリすると思う・・・ 教えないけどね (^^)。
でも後悔はしていない、確かに給料は少ないが、今までが無かったら、テコンドーもやっていなかっただろうし、道場の皆にも出会えていなかっただろう。
きっと、こうなる運命だったのだと思う。

 恋愛なんかでは、僕は気に入った人が居たら取り敢えず行動する。
言わないで後悔するよりも、言って駄目なら諦めもつくので。
ま、結果はご存知の方も多いと思うが、そうです!撃沈される方が多い?いや・・・惨敗です!!
なので、えーまた!と笑われます(^^)
友達には、「先ずは外堀を埋めてから言え」と言われるのですが、僕は、せっかちなのか、いつも直球勝負でビックリされ撃沈!
しかし!自分でもとても不思議な性格で、あまり引きずらない!
長くて1ヵ月、大体は1~2週間程で立ち直る。とても便利!
これも、駄目なら、いつまで考えてもしょうがない!時間の無駄次を見つけよう!あの人は、違ったのだ!
きっともっといい人が居るのだ!!と思うから。
これを書いていて一つのフレーズを思い出した!それは・・・
『だめだこりゃー!つぎいってみよう!』そうです。
いかりや長介さんです。
まさに自分!あー長さん、僕に言っていたんだね!と思ってしまった。
ちなみに、つい最近も撃沈しました!
今も撃沈秒読みでーす・・・(^^)

 最後にテコンドーで例えるなら、初めは出来なくて当り前!
出来ないから練習するのである!
 人それぞれ、覚えるには時間差があると思う、だから出来なくても諦めてはだめ!きっといつか、出来る時が来る!
諦めたらそこで終わり!
 これも、考え方一つだと思う。課題が多いって事は、それだけ上達する可能性が高い事だと思うし、そう考えた方が、前向きになれる!
しかし、ただ闇雲に回数をこなしてもあまり変わらない!
教える側は、口で伝えることと、実際にやって見せることしか出来ない。
なので、教わる側が自分より上手い人のを見て、自分と何が違うのか見比べて試行錯誤しながら身に着けていかなければ、なかなか上手くならないと僕は思います。
言ってみれば、職人の世界と同じですね。
親方は、仕事を教えてくれません。自分で見て盗むみ、覚えるのです。
だから、先ずは上手い人のを見て真似をし、後は自分なりに工夫をする。
これの繰り返しだと思います。
僕も、マッソギが苦手です。むしろ嫌いです!全然上手く行かないから!
でも諦めません、あと何年現役で出来るか分からないけれど、諦めず前向きに行きたいと思います。
後で、あの時もっとやっておけばよかったと後悔したくないので!
ようは、人生一度きり!悔いを残すか残さないか。
どうせなら、悔いを残さない方が、良いに決まってる!
なので、過去を振り替えず、前向きに進むしかないと思います!

なんかつまらない話になっちゃった。

                          おわり


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は黒帯コラム、柏の井本さんです。最近大発表をした井本さん。お料理も頑張っているようです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


最近、家を出た私。
お料理もがんばってます。
私の作った料理を紹介します。

「鮫のうま煮」です。
近所のスーパーで、モウカさめなるものが売っていました。
謎の鮫ですが、なかなかお手ごろ価格です。
鮫料理、初挑戦です。



まず、鮫を一口大に切って粉をつけて焼きました。
しょうが、にんにく、唐辛子をみじん切りにして、炒めます。



程よい大きさに切った野菜を入れ、秘伝のたれをからめます。




そのまましばらく煮たあと、鮫を戻し、水溶き片栗でとろみをつけます。
ごま油を少し入れいい香りにします。



自分で言うのもなんですが、おいしそうです。
作ってる途中に、本当によだれがたれました。
味噌汁、夏野菜の煮物、きゅうりの浅漬けを添えて完璧です。



感想を聞いてみました。
「美味(うま)しっ!!!!!
 料理の天才だね」
と言ってもりもり食べていました。
減量には不向きです。

それではごきげんよう



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




今回は前回の記事でも紹介した渡辺指導員の投稿です。
すごいです。激レアです。本当にありがとうございます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「私脱いだらすごいんです!!」

オムスクール綾瀬で微力ながら指導のお手伝いをさせていただいてますW辺Y夫です。
ここに載せた2枚の写真、私の学生時代の写真です。
これは、全日本学生ボディビル選手権に出場したもので、確か6位に入賞したものです。

痩せ型体系だった私は、シュワちゃんや北斗の拳に憧れて、学生時代にボディビルを始めました。とにかく、体を大きくしたかたので、トレーニングして吐くぐらいまで食べてを繰り返し、60kgだった体重は、3年後には90kgオーバーに。もちろん、脂肪もたんまりついてプロレスラーみたいな体系になりました。
そして、ボディビルの大会に出場することになり、今度は、筋肉をキープしながら脂肪を落とすという減量を行いました。ただし、減量は体重を落とすことが目的ではなく、余分な脂肪を削っていく作業なので、トレーニングして食べながら落とすということになります。減量幅もすごいですよ。半年かけて20kg落としました。
その完成型がこの写真です。

トレーニングは、今も続けています。今後の目標は、テコンドーと筋肉の融合ということで、外見のみにあらずテコンドーに必要な筋トレを追求していきます。
簡単ではありますが、黒帯コラムW辺Y夫でした。

PS.本画像の無断転用を禁ず!

 

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




今回は高指導員の投稿です。大会前には役に立ちそうです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



「メンタルトレーニング」って皆さんやってますか?

どんなスポーツ、競技でもコンスタントに結果を残すのは非常に難しいことです。
テコンドーでもそれは例外ではありません。

大会に出たことがある方ならわかると思いますが、試合前には誰もが大なり小なりの緊張をすると思います。

そんな時、私自身そうでしたが、「リラックスしなきゃ」とか「落ち着こう」とか考えますよね?

実際には、それで緊張がとれることはなかなか無いと思います。

なぜなら、俗に言う「リラックス」とは「余計な力を抜く」ことですが、普段は「意識しなくても」できていて、本来は「意識してするものでは無い」からです。

中には、試合前には緊張でがちがちたったのに、試合が始まると凄くいい動きをして、結果を残す人もいます。
そういう人は大抵、試合中は何も考えていなかったり、アドバイスがクリアに頭に入ってきて、試合後には試合内容を要所要所しか覚えていなかったりします。
要するに「集中」してるんですね。

実は、この「集中」と「リラックス」はほとんど同じことで、あれこれ考えて不安になっている時は本当の意味で「集中できていない」=「リラックスできない」ということになってしまいます。

なら大会の間中、常に緊張してしまうような人は、ずっとリラックスできないのかと言うとそうではありません。
普段からメンタルトレーニングを行っていれば、幾分かは解消できるはずです。

メンタルトレーニングといっても色んな方法がありますが、「反射」でリラックスできるようになるのが一番手っ取り早い方法だと思います。

例えば、普段仕事や学校から疲れて帰ってきてお風呂に入った後、好きな音楽を聴いてくつろいでいる時などは心身ともに非常にリラックスしていると思います。
この時、音楽をかける前に防具をつけてから、試合前や試合中の状況を少し考えながら音楽を聴いてみましょう。
姿を想像するとおかしいですが、大体1曲分くらいでも毎日続けていれば、試合前に「防具をつけてその曲を聴く」ことで「リラックス」という「反射」を作ることができます。

どうしても緊張してしまうという方は一度試してみてはどうでしょう?

また、ここで挙げたのはほんの一例なので自分で勉強して自分なりのメンタルトレーニングを実践してみてください。
テコンドーだけでなく仕事や学校における行事などにも応用できると思います。

まあまったく緊張しないという方には、興味の湧かない話になってしまいましたが・・。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




ネタ不足を解消すべく、黒帯の人達には交代でコラムを書いてもらうことにしました。記念すべき第一回は今年7月にはブルガリアで開催される世界ジュニア・ベテラン大会にも出場が決まっている椿順子指導員です。
と、いうわけで、黒帯の皆さん、ある日突然締め切りを言い渡されますのでネタを考えておいてください。次回は高進裕指導員です。お楽しみに。(早く提出してください。)

@@@@@@@@@@


ミルマスカラス、、、知っているひとはけっこう古い、かプロレス大好き!のひとですね。
千の顔を持つ覆面レスラー。

みなさんそれぞれテコンドー以外に、いろんな顔を持っていると思います。
私もテコンドーの指導員以外に、千とはいいませんが、いくつかの顔をもっています。
そのうちのひとつが、エアロビクスインストラクター。

という訳で、私のもうひとつのユニフォームを今日は紹介させていただきます。

画像1:普段はこんなのを着て仕事しています。タンクトップにカプリパンツ。 とても身体にフィットしてるので、ちょっと太るとすぐお客さんに指摘されてしまう、結構シビアな仕事です。気持ちだけはモデルなみ?


画像2:でも最近は露出が少なくなって、普段着とあまり変わらないような格好になりつつあります、、。Tシャツにロングパンツです。


画像3:実は、、、2、3年前は、こんなのを着てレッスンしてました(汗)今は、もうムリですけどね。テコンドー始めてから逞しくなっちゃって、ボディビルダ-みたいになっちゃうんです。道衣着てるとあんまりわからないと思いますが。


お、でも考えたら、うちの女子はみんな逞しいですねえ。あの中ではまだまだ私なんか、鍛え方が足りないですねえ。(みんな、ごめん)

これからも、テコンドーとエアロビクス、両方でますます身体を鍛えますYO!!

  TSUBAKI



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )