goo

ディテーリングで若返り


【88,900km+108,420km=197,320km】

【エンブレム交換】
過去に一度交換しているリアエンブレム。
洗車などでクローム部分が剥がれて来ました。
こうゆう場所が弱っていると、どんなに車を綺麗にしても
中古感は増してしまいます。しかし欲しい時に部品が製造中止
になってしまうので、車両の生産中止後10年を超えると
極端に見つからなくなる部品です。
特に”カラヴェル”という名称は、日本の某メーカーが
80年代後半から権利を持っているようで、日本ではT4に使用されず
入手困難な部品です。



VGJさんにオーダーしてあった”Caravelle”のリアエンブレム。
前回も書いた通り、まだ少量ドイツには残っているようなので
数枚を購入。我が愛車は、正規並行輸入なので2週間程度で
届きました。因みに1枚=5,000円程度。適正価格だと思います。
(注:このパーツの購入には車検証の提示が求められます)



裏側を見ると、クラシックパーツ扱いのパーツナンバーシール
が付いています。これは一度正規品を開封確認して
再パッキングしたことを示しています。
正規輸入ですので、何かあれば無償返品が効きますから
大変安心です。もしクラシックパーツをフォルクスワーゲン
正規ディーラー以外で購入される方は、こんな点にも十分
注意してみてください。



さて、ここからは訳あって「オートサービスヤマダ」さんで
作業です(理由は下記参照)。
先ずは手で、どれくらいエンブレム裏の両面テープが固着してるか
調べます。この車はそうとう前に交換したので、固着部分が多そうです。



ドライヤーで熱します。業務用のヒーターも手ですが、
熱が必要以上に加るので、ヘアードライヤー程度が良いと思います。



テグスをエンブレムとボディーの間に入れて剥がします。



エンブレムは無事に外れました。
しかし、固形化した3Mの両面テープが固着しています。



シリコンオフで丁寧に汚れと固着テープを剥がします。



爪は柔らかさや傷を付けない素晴らしい工具になるのですが、
指も爪もたまったもんではありません。
実はこの作業が嫌で、ヤマダさんの所に持って来たのです。



専用の電動消しゴム登場。
歯医者さんが歯石を取るのに使う素材とよく似ています。
これでこすると、ボディーを傷つけずに固着したテープが
綺麗に剥がれます。



固着した両面テープが無くなり、エンブレムに沿って
黒く残っているのは水垢。その下のカスはボディーではなく、
消しゴム側が削れて取れた粉です。



もう一度、シリコンオイルで丁寧に汚れを落とします。



コンパウンドを使い、軽く擦ると・・・



多くの汚れが落ちました。
しかしこれで諦めないぞ!



もう一度コンパウントを少量付けて、バフで慣らします。
あくまで優しく、力を入れない。



これで新車時の肌に。
でも、まだまだ終わらない!



山田御大が隠し持っていた秘蔵のコーティング剤で
ボディーを再コーティング。



これが作業中の手。赤とオレンジの矢印は力の加減。
黄色い円の中で、この微妙な力加減を行い、
ボディーに均一の力(均一の温度)を掛けて、
塗装の中に薬剤を解け流し込んで行く感じです。
多分、これが山田御大の磨きのポイントでしょう。
この方法は、僕の師匠であるアメリカの塗装の魔術師、
チャールズ・ピーターソン先生が内緒で教えてくれた
プロ中のプロしか知らない磨きの境地です。
関係者には知られていますが、出来る人は限られています。



ツルツルになったボディーに、マスキングテープを貼り・・・



新しいエンブレムを装着。



細かい所まで良く押して装着して・・・



完成!
”VR6"エンブレムは、ドイツでも在庫切れで、
番号も消滅している事から、入手は困難でした。
代わりに、当時のパサートやゴルフに使われていた
エンブレムを入手しましたが、サイズが小さくて変な感じに。
今度はこのエンブレムを外してレストアするかなぁ。

<店舗紹介>
有限会社 オートサービスヤマダ
横浜市戸塚区戸塚町1006-4
TEL 045-865-3039 FAX 045-865-3035
みがき:1万円~ / コーティング:3万円~
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« e-ゴルフ(日... 英才教育仲間 »
 
コメント
 
 
 
エンブレム (花貴)
2018-10-10 08:48:34
昔々、ステッカーをはがすのに、ドライヤーを使いましたが、正解何ですね。ところで、Mi-PS2ですが、BSよい硬い感じですね。Pi-P1を入手したので、近くで交換する予定です。
 
 
 
花貴さまへ (H.Nakazawa)
2018-10-12 01:27:09
コメントありがとうございます。
Miはビードが良いですね。世界のどのメーカーもこのビードの強さには勝てません。腰があるサイドウオールと真円で硬さを感じるかも知れませんが、イザという時のコントロールの良さは流石だと思います(意見には個人差があります~)。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。