河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

2/9(土)13時半。【生演奏でバッハを】「イタリア協奏曲&フランス風序曲」NHK文化センター京都(大丸より徒歩5分)

ロマン派の萌芽?

2013-02-14 01:32:08 | モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会
また昨日のつづき。

前回の17番までは、小節線をまたぐスラーというのは
たぶん1回もなかった(?)と思う。

が、この18番から急に、小節線をまたぐスラーが出てくる。
赤い星印のところ(第44小節目・オケ)、17番までなら「ファ(4拍目) → ド(1拍目)」は
ぜ~ったいに切れていた。

ここ以外にも、たとえば19番フィナーレなどにも頻発。
明らかにモーツァルトさんは、この小節線をまたぐことを楽しんでる。。。

これってロマン派の始まりか?!
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 18番ソロ部分 | トップ | 16日土曜日5時 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えー、そうなんですか? (TOTORO)
2013-02-14 16:29:26
 小節線をまたぐスラー、いつも何気なく聴いていますが、ここで初登場だったとは!!!
 音階を多用したり付点のリズムが多かったり、モーツァルトの協奏曲って似た曲が多いように思っていましたが、いろいろなところで進化を遂げて行ったのですね。20番になると一気にジャンプして別人が作ったかのようだし。あ、でも20番のことを書き始めると、さらう時間がなくなってしまうでしょうから、またの機会でいいです。(本番の時に弾きながら説明してくださると最高ですが、時間が足りませんね)
そうですね (コウノミサコ)
2013-02-15 02:15:41
似てるけど違う、ってのが最高にオモシロイのですね。
時間があればま書きます。

コメントを投稿

モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会」カテゴリの最新記事