JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

デジタルオシロスコープ SDS1102購入について

2018年09月29日 11時14分34秒 | 96無線コラム

デジタルオシロスコープ SDS1102購入について

オシロスコープ100MHz 岩崎通信SS-7810のYahooオークションで落札するとウェブ画面にやたらと関連デジタルオシロの商品がアップされだした。
よく見ると、今回購入した中古品と同程度で新品のデジタルオシロが購入できることが今頃判明した。
デジタルオシロだとFFTの機能まで付いている。また欲しくなった。
中国製なので少し不安であるが、思い切って購入するこことした。

SCSダイレクトショップYahoo!店
ハイコストパフォーマンス 1Gs/S 100MHz FFT機能付カラー デジタルオシロスコープフルセット SDS1102 SDS-1102 OWON SCS正規代理店保証 価格29,980円
SDS1102の特長
特長
重さ1kg、超薄型厚さ約7cmで移動も楽々、場所もとられず持ち出しも便利です。
(この機種は電池動作できません)
FFT機能搭載でスペクトラム解析もできます。
高解像度800x480pic7インチモニターのカラー観測でとてもわかりやすく使いやすくなりました。
ビデオ信号も安心の100MHz帯域で1GSPSの10Kのロングメモリーです。
USB外部メモリーに記録保存もできます。
1000000ポイント/秒の高速作画アップデートエンジンによりリアルタイム観測が可能に。
USB接続とPCソフトにより、データ解析、転送、保存、管理、プリント出力が簡単
高級オシロスコーププローブ2本付き  
機能
  FFT機能搭載でスヘクトラム解析も楽々
    1ボタンAUTOセットアップ機能、プリトリガー機能、自動校正機能搭載
  10kロングメモリーで波形のZOOMインアウトが可能です。
  ピーク波形検出、アベレージ、パーチェス測定機能搭載。
  16波形保存、比較、計測設定保存機能、20パラメーター測定、カーソル測定機能搭載。
    ワールドワイド電源仕様で海外でも使用できます。持ち運び便利な取手付

製造については、作りが少し荒く検品などのまだまだ品質を高める必要を感じたが商品の機能自体の問題はなかった。
ただし、説明書が英文のうえ簡単な機能説明の内容しかなかったが、直ぐにユーザ登録すると日本語による詳細な使用説明書がメールの添付ファイルのPDFで入手できた。
やはり現代のデジタルオシロは使い勝手がよく、そろそろアナログオシロからの卒業を考える必要があるようだ。
なお、ネットで中華製の表現をよく見るが、このような表現をする輩は、日本のエレクトロニクスの製造技術の衰退事実を真摯に受け止める必要があるのではないのか。

一部訂正について
匿名の方から以下の部分の指摘がありましたので訂正させていただきます。(メーカーの製造品質には問題がありませんでした。)
LCD右上の青い部分
LCD右上の青い部分はLCD保護シートをはがすためのつまむところなので引っ張ってはがせます。


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/


 

コメント (1)

オシロスコープ100MHz 岩崎通信SS-7810の購入について

2018年09月29日 10時32分33秒 | 96無線コラム

オシロスコープ100MHz 岩崎通信SS-7810の購入について

無線機の修理については、昭和50年代製造の自衛隊放出の60Mhzのアナログオシロをいまでも使用している。
ただし、何時故障してもいいように、バックアップとして岩通IWATSU 8613 デジタルオシロスコープ用意しているが、このバックアップ機のほうが先に故障してしまった。


このため、新たにバックアップ機を調達する必要があり、断捨離中ではあるがオークションにて落札してしまった。
以下落札情である。
オシロスコープ 100MHz 岩崎通信 SS-7810 超美品 動作確認済み完動品 100MHzプローブ2本付き 
商品の情報 
現在の価格  :  29,000円(税0円)
残り時間 :  終了 (詳細な残り時間) 入札件数 :  2 (入札履歴)
詳細情報
個数  :  1
開始時の価格 :  28,500 円
落札者 :  mXXXXXXXX7 / 評価:194 (評価の詳細)
開始日時 :  2018年9月 11日(火) 16時 22分
終了日時 :  2018年9月 16日(日) 21時 22分
入札者評価制限:  総合評価での制限 あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
早期終了 :  なし
自動延長 :  あり
オークションID :  c679076401
商品の状態 :  中古
返品の可否 :  返品可 (正規運用範囲における一ヶ月以内の故障)
出品者の情報
出品者 : nornor250  評価 : 216 ( 217 -  1)
商品発送元地域 : 大阪府
ヤフオク!の新しい買い方(外部サイト)
商品説明
岩崎通信SS-7810100MHz3chオシロスコープ
プローブ2本
SS-0130Rリードアウト補正機能付き
ほとんど使用感なく美品、完全動作品です
機能はもちろんスイッチ動作、画面表示、操作上の不具合見られません
AC100v入力プラグ グランド付き3極からグランドなし2極への変換プラグお付けします
高周波域のナノ、マイクロレベルの波形観測 XYモニタや電化製品、自作ホビー機器の修理など活用ください
本体1台(取説なし)
プローブ2本(仕様書あり)
ACケーブル(変換プラグあり)
扱いやすく定評のある測定器
安価スタートします
ご検討願います
配送方法 ゆうパック   送料全国一律:1,200円(税込)
オシロスコープ 100MHz 岩崎通信 SS-7810 超美品 動作確認...のページトップに戻る
入札者の順位   すべての入札履歴
1ページ中 1ページ目を表示 (入札合計:2件)
入札者 / 評価   入札額 個数 最後に手動入札した時間
 miXXXXXXXX7 / 評価:194 (評価の詳細) 最高額入札者 
29,000 円 1 9月 16日 21時 15分
 A*P*p*** / 評価:16   28,500 円 1 9月 15日 9時 15分
1ページ中 1ページ目を表示 (入札合計:2件)
大きな画像を見る (全3枚)
商品画像
小さな画像をクリックすると、下に拡大表示されます。


無線機の修理に欠かせないオシロ機能として欲しかったのは、オシロ波形を観測しながらその波形の周波数が直読できる機能である。
本機にはこの機能があり大変満足している。
SS-7810オシロスコープの特長
カウンター(COUNTER)
入力信号(同期信号)の周波数をカウンターで設定します。
手順
A同期をかけます。(“2.8同期部”参照)
A同期がかかっているときは、測定結果を常時画面右下に表示します。
指定されたA同期信号源が測定対象になります。
VERTモードでのA同期信号源は、若い番号に入力した信号を同期信号源にします。(“2.8.1同期信号源VERT”参照)
A同期がかかっていない場合または入力信号が測定可能な周波数範囲を超えている場合は、0Hzを表示します。

 

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

 

 

コメント

オシロスコープで時計を「SGX-03Aオシロ時計」の購入について

2018年09月16日 14時51分25秒 | 96無線コラム

オシロスコープで時計を「SGX-03Aオシロ時計」の購入について
以下ヤフーオークションにて購入し、自機に実装してみました。
大変ユニークな商品で気に入っています。
☆オシロスコープで時計を SGX-03A オシロ時計 信号発生器基板☆
商品の情報 
現在の価格  :  1,800円(税0円)
即決価格  :  2,000円(税0円)
残り時間 :  終了 (詳細な残り時間)

入札件数 :  1 (入札履歴)

詳細情報
個数  :  1
開始時の価格 :  1,800 円
落札者 :  miXXXXXX7 / 評価:191 (評価の詳細)

開始日時 :  2018年9月 6日(木) 21時 42分
終了日時 :  2018年9月 9日(日) 21時 41分
入札者評価制限:  総合評価での制限 あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
早期終了 :  あり
自動延長 :  あり
オークションID :  v567491484
商品の状態 :  新品
返品の可否 :  返品不可
出品者の情報
出品者 : takechin614 

評価 : 816 ( 816 -  0)
送料、商品の受け取りについて

商品発送元地域 : 石川県
商品説明
SGX-03Aは、PICを使用した信号発生器用ユニットです。
オシロスコープのXY機能を使い、オシロ時計を描画する信号を出力します。
RTCモジュール(オプション:+300円)を接続することで、時間の読書きが可能となり本格的なオシロ時計になります。
RTCモジュールはボタン電池でバックアップできますので、電源をOFFしても時間はカウントします。
概略仕様は、以下の通りです。
 ◆ ノーマルモードでは、24種の矩形波信号を生成。4種を同時に出力。
 ◆ RTCモードでは、6種の矩形波信号を生成。RTCモジュールとI2Cで通信し、時間の読み書きが可能。
 ◆ オシロ時計を描画する信号は、1000ドット40フレーム/秒で両モード共通。
 ◆ SW1・SW2のスイッチは、出力信号の切替やオシロ時計の操作に使用。
 ◆ LEDの点滅回数で、今どの状態(ポジション)かを識別。
 ◆ 8MHzのクリスタルを使い、内部で4倍し32MHzで動作。
 ◆ 電源電圧は 、3V~5.5V。
 ◆ 消費電流は無負荷で約8mA(LED点灯時は約11mA)。
 ◆ 厚み1mmのガラエポ基板を使用し、両面に緑色のレジスト・部品実装面に白色のシルク印刷あり。
 ◆ 部品実装済みのサイズは48.3mm×38.1mm×約10mm、重さは約8gです。
本品には説明書等は同梱されていませんが、以下よりダウンロードできます。
http://takekit.web.fc2.com/SGX-03A2/stand/SGX03A-CMP.pdf
オプションや仕様・回路図などは、以下のホームページでご覧いただけます。
http://takekit.web.fc2.com/SGX-03A2/index.html
実装部品は形や色が写真と違う場合が有りますが、仕様や性能に違いは有りません。
趣味で製作したものであることをご理解の上、ノークレーム・ノーリターンでお願い致します。
ホームページのギャラリーに、ご落札頂いた方のオシロ時計の写真が有ります。
配送方法 クリックポスト   送料全国一律:185円(税込)
☆オシロスコープで時計を SGX-03A オシロ時計 信号発生器基板☆のページトップに戻る
入札者の順位   すべての入札履歴
1ページ中 1ページ目を表示 (入札合計:1件)
入札者 / 評価   入札額 個数 最後に手動入札した時間
 miXXXXXXX7 / 評価:191 (評価の詳細) 最高額入札者 
1,800 円 1 9月 8日 13時 23分
1ページ中 1ページ目を表示 (入札合計:1件)
入札者の順位   すべての入札履歴
大きな画像を見る (全3枚)
商品画像
小さな画像をクリックすると、下に拡大表示されます。

 


以下愚痴ですが、バックアップ用のデジタルオシロを久しぶりに起動試験したらバックアップRAMエラーで起動できなくなっていました。
残念ですが処分します。

 

 

コメント

国産家電各社の液晶テレビ製造衰退考

2018年07月04日 16時44分10秒 | 96無線コラム

国産家電各社の液晶テレビ製造衰退考

このブログは独り言の単なる愚痴にすぎません。
NECのテレビ付きのパソコンのシステムディスクが損傷し、システムが立ち上がらくなった。
なんとか、システムの初期化によりパソコン自体は復旧したが、テレビのドライバーソフトを含めAPは全て消去されためテレビ機能も失われてしまった。
よくよく考えるとテレビとパソコンの複合機能では使い勝手が悪くお互い単独機能のほうがいいようだ。
仕方がないので、リサイクルセンターで中古の液晶テレビを購入するこことした。
今いくと、中古の液晶テレビは2011年モデルが多数展示されていました。
2011年モデルというと、ちょうど2011年7月24日までに現行のアナログテレビ放送を終了し、地上デジタルテレビ放送に転換した年に当たる。
国内家電テレビメーカーも大増産の真っただ中でした。
液晶方式、プラズマ方式、挙句にもう誰も知らない幻のSED:surface-conduction electron-emitter display)方式など、どの方式が勝利するか各社切磋琢磨した時代だ。
また、液晶では3Dも盛んに喧伝されていた。
巨大な液晶・プラズマ工場への投資など国内家電テレビメーカーには常に話題で一杯だった。
それなのに、2018年には、国内家電テレビメーカーはある意味では全滅したといっても過言ではないだろう。
どうしてと反芻すると、この契機が2011年の液晶テレビにはっきりとみられることが分かった。
ちょうど、今リサイクルセンターで多数の2011年モデルをみていると、国内モデルがほぼ2万円程度で出品されている。
ただ同じ2011年モデルなのに1台だけ大変スリムで、且つ1万5千円と安価なテレビがあることに気付いた。
なんと韓国のLG製のテレビである。
2011年頃、テレビコマーシャルでパネルが1.5cmの超薄型モデルを宣伝したいことを思い出した。
また、インターネットの操作にも特徴あるインターフェースを宣伝していた。
今回初めて国内メーカーのものではなく、このLG製のテレビを購入してみたいと思った。
製造的には、デジタルテレビはどこのメーカーでも同じハードウェア技術レベルと思っていたが、LG製をみると国内メーカーに比べ圧倒的な高密度実装技術を実現している。
これでは国内メーカーは、情けない話ではあるが、海外では競争できるわけはない。
デジタル技術の世界であれば、今度はソフトウェア技術の優劣が大きなファクターとなる。
試しに、番組表の画面と操作性を比較すると、残念ながな国内T社は最低のインターフェースと判断される。
こんなメーカーはテレビ生産の世界からそうそう撤退されたほうがいいだろう。

 


ネットに各社の対応があったので紹介する。
パナソニック(パナソニック プラズマディスプレイ)
 売却に向けて右側面のロゴが消された、旧尼崎工場尼崎市にプラズマテレビの新工場を設立し、大幅に増産と拡販をしていく方針であったが、プラズマテレビのシェア縮小により、2011年に尼崎第3工場と第5工場でのプラズマディスプレイの生産を中止し第4工場に集約することを決定した。
これにより42インチ換算で合計年間1380万台だったパネル生産能力は720万台に半減した。
2013年10月8日、生産拠点の尼崎工場売却とともに生産停止が日本経済新聞で報道され[6]、事実上国内大手最後のプラズマテレビの販売元であったパナソニックも生産撤退し、日本国内におけるプラズマテレビの時代の幕を閉じる。
その後、パナソニックプラズマディスプレイは、2016年11月に製造業では過去最高となる約5000億円の負債を抱えて倒産した。
プラズマテレビに参入した大手メーカーの中では、プラズマテレビの国内・国外ともに最大手として、プラズマディスプレイに社運をかけていたパナソニックは特に痛手が大きく、2014年12月には、中華人民共和国におけるテレビ受像器の生産そのものを停止するなど[7]、テレビ事業が大幅に縮小することとなった。

日立製作所(日立プラズマディスプレイ)
2005年4月に合弁会社富士通日立プラズマディスプレイの富士通が所有する発行済株式の30.1%相当を取得し、子会社とし日立プラズマディスプレイ株式会社に商号変更した。
2008年9月18日に年度内のプラズマディスプレイパネル生産からの撤退を発表した。
その後も国内での回路の生産とプラズマテレビセットの組み立て、販売は継続していたが、2011年3月には完全に海外に生産を委託し、テレビ受像器の生産からは撤退することとなった。
ただしブランドの維持・販売は継続し、パナソニックからのOEM供給を受けていた。

ソニー
プラズマテレビよりも、液晶テレビに注力していく方針に転換し、サムスン電子と合弁で設立したS-LCD(2012年合弁解消)の本格始動に併せてプラズマテレビの生産、販売から撤退した。

東芝
プラズマテレビの生産、販売から撤退し、SEDに注力していく方針に転換したが、2007年1月29日に製造販売会社SEDの全株式をキヤノンに売却し、SED事業からも撤退した。

シャープ
2001年に発売した「PZ-50BD3」と「PZ-43BD3」の2機種のみでプラズマテレビの生産、販売は終了した。

LG電子
需要の減少のため、2014年11月末にプラズマテレビから撤退。

サムスン電子(サムスンSDI)
2014年11月末に、プラズマテレビから撤退[10]。


広島戦時通信技術資料館は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

コメント

戦時標準船(第一武智丸 第二武智丸)と商船無線について(H30年3月11日)

2018年03月12日 23時12分02秒 | 96無線コラム

戦時標準船(第一武智丸 第二武智丸)と商船無線について(H30年3月11日)    

一度安浦町を車で通過したことがありますが、このコンクリート船を見逃したことがきにかかっていました。
今回、特別な思いで、この唯一現存する戦時標準船(コンクリート船 第一武智丸 第二武智丸)に会いに行くこととしました。

【武智丸 概要】
排水量2,300t 船長64m 船幅10m 建造地 兵庫県高砂市 建造年 昭和19年5月 第一武智丸・第二武智丸建造設計 舞鶴海軍工廠 林邦雄海軍技術中佐 コンクリート船の建造が採択され大阪府の土木会社武智昭次郎氏により高砂市の塩田跡の造船所で建造された。 
広島県内では安浦町の2隻、音戸町の1隻が現存している。
武智丸は昭和19年~20年にかけて4隻建造内3隻が就航、南方まで航海した。

武智丸については、ウィキペディアや他のブログなどで多数紹介されていますので詳しい説明はここではしませんが、まず、おどろいたのは専門の造船業界ではなく一介の土木会社武智昭次郎氏による建造というここと、武智丸の命名の由来が判明したことでした。
やはり、戦時であってもコンクリート船は海軍工廠や正規の造船業界では特異すぎたのでしょうか。
また、今日まで現存したこの戦時遺産の武智丸ですが、これも輸送船という機能を喪失させ、本来のコンクリートの機能を生かした護岸機能へ変質されることによりはたすことができましたが、ある意味では歴史の皮肉という結果といえるかもしれません。

 

 

 

 

 

以下戦時標準型無線機電信機の概要については、情報の正確性を期すため、参考文献1をそのまま抜粋引用します。
商船無線の臨戦態勢への転移の背景
太平洋戦争中の商船対策
昭和16年(1941)12月に太平洋戦争が始まったので、従来は、商船は逓信省、軍艦は海軍省と二元管理であったものを、全て海軍に一任し一元管理とし、商船、軍艦の建造を行うことになった。
戦時標準船
戦時標準船としは10種類が制定された。貨物船としは、A,B,C,D,E,Fの6種類、鉱石運搬船はK型、油槽船はTL,TM,TSの3種(L:Large,M:Middle,S:Small)であった。
従来型の貨物船や客船の建造は中止された。
電気艤装品についても大量・迅速なる建造を実現すべく、無線電信機、電動機、発電機および同機械、電灯、電具、電線、蓄電池などの規格制定が行われた。
この規格が制定されるまでには、造船統制会、海軍電気工業会の後援の下に、海軍、船主、造船所、機器製作所の関係者により数10回にわたり検討、審議が行われた。
これに並行した、試験検査規則、商船電気艤装心得、資材需給手続、資材産出基準表などが作成された。
戦時標準型商船用無線装置
戦時標準型商船の無線装置は船舶安全法(昭和4年(1929))によらなければならないが、海軍から助成金を受けている船(特に優秀船)は主装置として1KW以上の送信機を装備しなければならなかった。
以上の規則に基づき船舶用無線通信機の改善が、昭和13年(1938)ころから逓信省、日本無線電信電話標準化委員会を主体に進められた。無線機器メーカとしては、東芝、安立電気、日本無線、東洋通信機の4社が協力した。
昭和15年(1940)ころから、周波数の偏差の限度が規定されたので、無線送信機は自励式から逐次主発振式(水晶式)に換装された。
昭和16年(1941)に船舶関係事務が海軍に移管されると、海軍の作戦条件を加味して、周波数3波増加と短波長波同時通信可能なるよう改善された。
戦時標準型無線機電信機の規格
500W長短波送信機
長波および短波各1台からなり、周波数は従来のものに130,454,5,520,16,560KHzを追加。
250w長短波送信機
長波および短波各1台からなり、周波数の増加は500w機に同じ。
150w中短波送信機
1台にて中波および短波発信可能。
周波数は,375,410,425,454,500,5,520,6,210,8,280,11,040,12,420,16,560KHzとする。
50W長中波送信機
本記は補助送信機として装備する。周波数は375,410,425,454,500KHzとする。
無線方位測定機(方向探知機)
周波数範囲300~2,000KHz
短波受信機
2,000~21,000KHzのスーパヘテロダイン式8球のものと、オートダイン式4球のものの2種あり。
500W送信機と組合せる場合には前者を用い、それ以外の送信機と組合せる場合は後者を使用した。
長波受信機
30~2,000KHz オートダイン式4球のもの
無線電信機用電源規格
上記の無線電信機に使用する蓄電池、電動交流発電機および充放盤の規格は第2章4.3.4による。
戦時標準型船無線装置装備標準
1号型無線電信機
TL,TM,A,B,K型船に装備するもので、500W送信機、無線方位測定機、長短波受信機各1台を組み合わせもの。
2号型無線電信機
C.D型船に装備するもので、250W波送信機(長短波)、補助送信機、無線方位測定機、長短波受信機各1台を組み合わせもの。
3号型無線電信機
TS,E,F型船に装備するもので、250W中短波波送信機、中短波受信機各1台を組み合わせもの。
4号型無線電信機
改E型船に装備するもので、50W補助送信機、長短波受信機各1台を組み合わせもの。

参考文献1
日本船舶海洋工学会関西支部の造船資料保存委員会作成
デジタル造船資料館
日本の商船の電気技術史について
第8章 商船の無線機器(抜粋)
http://www.jasnaoe.or.jp/zousen-siryoukan/2013/130815-ootani.html
第2章商船の電気艤装・電気機器(3)
http://www.jasnaoe.or.jp/zousen-siryoukan/2013/130815-ootani/ootani-03.pdf

ながながと商船無線(無線兵装)について説明しましたが、武智丸は戦時標準E型船の範疇となります。
したがって、戦時標準型船無線装置装備標準に当てはめると3号型無線電信機か4号型無線電信機に該当します。
とすると、通信の命である船舶用受信機は単なるオートダイン式4球しか与えられないこととなります。
この受信機は民需のラジオ程度の性能しかありません。
こんな性能の受信機で内航や外航での輸送任務に当たられた船員の皆様のご苦労を思うと心が痛みます。

参考文献2
UECコミュニケーションミュージアム
第1展示室(4)
http://www.museum.uec.ac.jp/sub_room1/room1-4.html

船舶用短波受信機

日本無線製

 

戸根無線株式会社
Yahooオークション出展品(オークションID:q94588453)

安立電気製
オークション出展品(オークションID:d274247425)

 

 


広島戦時通信技術資料館は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

コメント