JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

周波計JFR-N7とニキシー菅の思い出(2016年09年01日)

2016年08月31日 11時19分23秒 | 96無線コラム

周波計JFR-N7とニキシー菅の思い出(2016年09年01日)

ひょんなことから、2003年7月にヤフーの"ts_kbys"さんから自衛隊用周波数カウンターを購入していたことを思い出しました。
購入以来お蔵入りしており、一回も火入れもしておりませんでした。
今回駄目もとですが、確認試験のため電源起動を試み見ました。
通電開始後、すぐにニキシー菅が点灯し、数字の"0"を表示しました。
すぐにSSGによりシグナルを注入させましたが、0表示のままです。
やはり周波数カウンターの機能までは無理なのかと思いましたが、起動後数分経つと徐々に機能回復し、正確なシグナルの周波数を表示するようになりました。
まさか正常動作するとは感激です。
大変久しぶりにニキシー菅の明りをみるこことなりました。
本機は、自衛隊で昭和40年代に使用していた「周波計JFR-N7」というLSIもない時代にディジタル回路をトランジスターのみで製作した周波数計です。
初めて、ニキシー菅をみたのは、1968年(昭和43年)当時高校生のとき、アマチュア無線局の落成検査に電波監理局の職員が立会されたとき持参されて周波数計でした。
本機とほぼ同等な測定器であったように記憶しています。

当時アマチュア無線機の許可については、JARLによる認定による許可が一般的でしたが、申請すれば電波監理局の職員による落成検査合格することもできました。
小生は後者を選択し、立会検査にて合格した次第です。
電波監理局も郵政省の廃止にともない総務省に統合され、地方の広島では中国総合通信局と名称が変更されています。
免許更新も、いまでは電子申請システムで簡単に申請され手数料もペイジーにより支払いもオンライン化されています。
ただし、免許証については、郵送か直接取りに行くか選択できるので今回の免許更新では後者を選択しました。
再免証許受領のため、48年ぶりに旧電波監理局に出向いてみると、耐震補強はされていましたが、当時のビルのままです。
担当窓口も当時の2階の同じ場所のようです。(記憶違いかもしれませんが・・)
もちろん職員は若い人に世代がかわっています。
帰り際、こんな職場に勤めるのもよかったかな、なぜこのような役人を選択をしなかったのか考えながら帰宅の途に就きました。

 


広島戦時通信技術資料館は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/


参考資料
数字表示技術の発展 http://www.dentaku-museum.com/1-exb/special/displaybyty/display.htm
昭和49年度決算検査報告 http://report.jbaudit.go.jp/org/s49/1974-s49-0029-0.htm

 

コメント

受信機JBC-312Cの修復作業記録 その1 (2016年08月08日)

2016年08月08日 23時18分41秒 | 04戦後の軍用無線機

受信機JBC-312Cの修復作業記録 その1 (2016年08月08日)

本機の銘板を見ると、受信機本体には 無線機JSCR-193C 構成品名 受信機JBC-312C 製造年月1959年6月とあり、付属のスピーカには 中無線機JSCR-193-C 筐体名 高声器JLS-3 製造年月 昭和31年5月とあります。
いずれも、製造メーカーは東洋通信機株式会社です。
この情報をもとに、防衛年鑑 1960年版の通信電子機器の陸上自衛隊主要通信電子装備一覧を参照すると、HF無線機の用途として、固定用送信機、固定用受信機、軽無線機、中無線機、車載無線機、重無線機に分類されています。
この中の「中無線機」には、JAN/GRC-9とJSCR-193の本機の記載があります。
この時代は、旧軍の用語が依然使用されたようで、特に高声器などの用語は、現在ではパソコンの辞書にもありません。
本機は、米軍のWWⅡからの整備品でテクニアルマニュアルでは、真空管は金属管を使用していましたが、本機ではMT菅に換装されています。
特徴としては、筐体は大変コンパクトなのですが、大変重い受信機です。
修理などのため、電源部は蝶番により開くことができる構造となっています。

本機は、2004年に購入したとの記録がありますが、購入時に出品者から下記のコメントがありました。
商品の情報
1959年製、自衛隊マーク入り受信機JBC312Cです。
RF2段、IF2段、プロダクト検波付10球シングルスーパーです。
他にCW用シングルクリスタルフィルターと AC100V電源が内蔵です。
受信周波数は1.5~18MHZでSSBも結構いい音で聞こえます。
今のところ故障箇所は見あたりません。
さすが軍用受信機ですね。
自信と根気の有る方、レストア(パネル、ケースの再塗装)しませんか?綺麗になると思います。
付属品はスピーカー JLS-3と電源コードです。
配線図はケース内に貼り付けています。
パネルとケースの止めねじは5個のうち2個は飾りです。
内部は殆どオリジナルですがコンデンサーは数カ所交換と利得調整ボリュウムを追加しています。
重量は約35Kgで2口の発送になります。出来ましたら直接の引き取りを希望いたします。
不明な点はご質問下さいませ。NC,NRでよろしく

購入してして10年以上経っていますが、とりあえず無チェックで電源起動します。
少し通電すると無事受信音が聞こえます。
とりあえず、全バンドとBFOの機能確認を行いましたが、特に問題はありません。
まだまだ現役で使用可能です。
少し改造部分が気がかりですが、とりあえず修理作業はありませんでした。

参考資料

本機も南極で使用されていました。

南極 昭和基地での無線設備(昭和31年~32年)

 

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

コメント

短波受信機RH-901型の修復作業記録 その2 (2016年08月08日)

2016年08月08日 23時15分47秒 | 04戦後の軍用無線機

短波受信機RH-901型の修復作業記録 その2 (2016年08月08日)

前回の修理作業の最後に受信機の感度不足と表現しましたが、受信テストを行う都度感度低下を起こし、最後には全く受信できなくなりました。
少し重症のようです。
とにかく、真空管のチェックから開始します。
今回使用する真空管試験器は、米軍のTV-7A/Uです。
本真空管試験器は、たしか十数年前のハムフェアで購入したようです。
付属に日本語の簡単な使用マニュアルが添付されていますので、この記載どおりの手順で試験します。
そうすると、規定値以下の真空管が2本発見されました。
やはり、正攻法での修理方法が結果として早道のようですね。
とりあえず、該当の6SQ7と6SK7を交換して、テストを再開します。
不良真空管を交換したことで、受信機能は回復しましたが、少し感度不足のようです。
更に、現在の問題点としては以下の2点です。
・BFOが発振していないこと。
・Sメーターが動作していないこと。
上記の件を調査していると、電解コンデンサーが短絡した箇所がありました。
今回は、すべての電解コンデンサーの交換が必要のようです。
時間に余裕ができたら、電解コンデンサーの全交換するこことしますが、今回はこれで作業中断とします。

 

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

コメント