JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

スター製通信型受信機SR-550の修理

2013年08月27日 11時06分27秒 | 07アマチュア無線機

スター製通信型受信機SR-550の修理

平成16年(2004)7月にオークションで購入し、シャーシの錆落しなどの整備を行い現在まで保管しておいたものです。当時、正常動作していたかは判然としません。
久しぶりに、開封し動作を確認することとしましたところ、無音状態でしたので、今回本格的に整備するこことしました。
電源を入れた状態で少しエージングしていくと最初にモータボーディング現象もどきが発生し、その現象がおさまると、最後に発振状態となりました。
エージングの段階でチャンネルをカチャカチャ何度も回転させたことでコイルのロータリーSWの接点が活性化したようです。
症状をよく観察するとAM復調だけは正常のようで各放送局を受信できるようになりました。
エージングをかけることにより、電解コンデンサーが充填され、正規の機能を発揮しだしたように思われます。
本来であれば、このような電解コンデンサー類はすべて交換してもよいのですが、オリジナルにこだわるためには故障個所のみの部品交換に限定するのが基本方針です。
問題はSSB受信の場合には、発振状態で受信することができません。
故障個所が限定的なことは大変良かったのですが、本機はSSB受信に専用のプロダクト検波を採用しています。
この方式はUSB,LSBとも対応することができますが、復調はクリチカルのようです。
また、プロダクト検波には通常6BE6が使用されますが、本機には6EA8(変換3-5極管)というレアーな真空管が採用されています。
この真空管はスターのSR-600などにも採用されていますがごくなずかのようです。
故障修理のため、この特殊な真空管の確保が必要となりますが、とになく家中を探すこと1時間なんとか4本の6EA8がありました。
わずかな記憶ですが秋葉原の真空管屋で当時購入していたのでしょう。
準備は完了したので、いざ故障探索となりましたが、もちろん部品の故障も考えられますが、事前に真空管の各電圧を測定し正常値であることは確認しておりました。
異常発振の事例はあまり記憶がなく、とりあえず真空管の交換から開始するとSSBの受信が正常となり、あっけない故障修理の顛末となりました。
あと、周波数校正用の水晶(3.5Mc)が欠落していたので代用品を付加しました。

スターについては、戦後赤箱のコイル販売で有名ですが、TVキットやアマチュア無線機などのも販売していました。
残念なことにアマチュア無線部門は1969年八重洲無線に吸収されたようです。
詳細については、ANTIQUE JAPANESE RADIO/日本の古いラジオの「ラジオメーカのリストと沿革」を参考にしてください。

http://www.geocities.jp/radiomann/HomePageRadio/Radio_Company.html

Sr5501


Sr5502


Sr5503


Sr5504


Sr5505


Sr5506


Sr5507

コメント

戦争の証人異常なし(中国新聞社の記事紹介)

2013年08月22日 17時32分23秒 | 96無線コラム

戦争の証人異常なし(中国新聞社の記事紹介)

平成25年8月15日の中国新聞社の記事です。
世羅町教委防空監視哨を点検したのとの記事により、甲山防空監視哨なるものが現存していることがわかり早速見学がてら訪問することとしました。
ふもとの今高野山の龍華寺から展望台までの636mとありましたが、山頂まで510mということなのでかなりの急こう配です。
やっとのことで登頂すると甲山防空監視哨があらわれました。残念なことに監視哨自体は復元されたものでしたが、豪そのものは当時のもののようです。
実は訪問の目的は、航空機発見から所轄の警察への通信連絡の手段がどのようなものか知りたかったのですが、判然としません。
24時間監視であれば、最低電灯線はあったとは思われますが、山の中などであれば蝋燭程度かもしれません。
無線機器なとが整備されたとも思われませんので、有線電話程度の設備があったのではないかと推測しますが、実態はわかりません。

なお、広島県内の防空監視哨についての詳細は下記のホームページを参考としてください。

http://www17.big.or.jp/~father/aab/hiroshima_kanshi/hiroshima_kanshi.html

Coramu2001


Coramu2002


Coramu2003


Coramu2004


Coramu2005


Coramu2006


Coramu2007


Coramu2008


Coramu2009


Coramu2010


Coramu2011

コメント

大型ラジカセのRX-5350修理考

2013年08月01日 15時33分44秒 | 05真空管式ラジオ

大型ラジカセのRX-5350修理考

知人から松下電器(パナソニック)の昭和57年製の大型ラジカセRX-5350の修理を無理やり依頼されました。
昭和57年当時は日本の家電メーカは、カラーテレビやVTRなどの生産・販売で興隆一途の勢いがあり、この大型ラジカセのRX-5350をみると当時の開発技術者の思いがよくわかります。
1980年代は、米国の家電メーカの衰退時期でもあり、米国のGE,RCA,ゼニス、マグナヴォックス、モトローラ、フィルコ、シルヴァニア、エマーソン、アドミラルなどのテレビメーカがテレビ生産から撤退することとなりました。
米国の家電技術者の無念さが、今の日本の家電技術者にはにはよくわかるはずです。
何故なら、今日は他のアジア諸国の興隆により日本の家電メーカの衰退が今まさに始まろうととしています。
今度は日本の家電技術者の悲哀の番なのでしょう。
この現象は単に人件費などの賃金や為替だけの問題ではなく、経営層を含む技術者のハングリー精神(開発意欲)の問題ととらえるべきテーマと思います。
このような思いを強くしていますが、最近の航空機事故で航空機用救命無線機(ELT)やボイスレコーダが米ハネウェル製であることが新聞・テレビで報道されていました。
さすがに軍事・航空機の製造関連技術では、米国の生産メーカは依然強固であるということでしょう。
しかしながら、航空機用救命無線機(ELT)やボイスレコーダなどは技術的には家電製品と変わらないレベルのはずではないでしょうか。
そう思うと日本の家電メーカもまだまだ頑張れる道があるのではないであろうか。
単に衰退するのみでは情けない。
家電技術者の奮起を期待しますが、団塊世代の引退・ディジタル家電化の対応など数々の問題に対する明快な答えは見えません。

などと妄想をしながら、本題のラジカセRX-5350の修理報告させていただきます。
基本的には、真空管式の無線機意外興味はありませんが、修理を依頼された以上頑張るしかありません。
このため、まずパナソニックのRX-5350のテクニカルマニュアルの入手が先決です。
正攻法として、パナソニックのお客様窓口にメールすると、以下の回答がありました。
お問い合わせの件につきまして、下記のとおりご回答申し上げます。
ラジオカセットRX-5350(1982年/S57年発売)を長年にわたり、ご愛顧賜り誠にありがとうございます。
ラジオの受信部が故障しているとお知らせいただいています。
ご不便をおかけし、誠に申し訳ございません。
恐れ入りますが、RX-5350の取扱説明書(コピー)は、有償での供給は可能でございますが、回路図や部品配置図などを含みますテクニカルマニュアルは公表しておらず、弊社の規定により、お分けできかねます。
ご了承のほどお願いします。
回答結果は予測できましたが、過去の遺物であるようなアナログ技術であれば、個々に情報開示し過去遺産の修復に役立てるような配慮がないかぎり(これは経営陣に対してですが・・・、また社員の問題意識もないような・・・、何故弊社の規定に疑問を持たないのか等々)、このような会社の未来はないと断言できます。

とはいっても、テクニカルマニュアルの入手をしないと修理不可能です。ネット検索で調べてみますと、下記のラジオ・ラジカセミニ博物館がヒットしました。
ラジオ・ラジカセミニ博物館
http://www.video-koubou-topaz.jp/radio-boombox-mini-museum.html
管理人のかたにメールしてみとる、テクニカルマニュアルの提供をしていただけることとなりました。大変ありがたいことです。

故障状況としては、ラジオのAM,FM部とも受信不能ですが、アンプ系はホワイトノイズがてているので正常のようです。
ラジオのチューナー部の故障として調査しましたが、実際はプリアンプを含む制御系のICの故障のようです。
なお、本機はトランジスターとICのハイブリット構成なので致命的な部品故障では交換修理が困難な場合が多いでしょう。
今回は、AMのラジオ波は正常であることから、バイパス手術のように不良個所を飛ばし、直接アンプの音量調節段と直結し、AMのみ生かすこととしました。
大変中途半端な修理に終わりましたが、ラジオをならしてほしいとの当初の目標はクリアーです。

Radio1001

Radio1002


Radio1003


Radio1004


Radio1005




 

 

コメント