JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

日立真空管式14インチ白黒テレビジョンFY-370のオークション出品のご案内

2017年07月11日 21時40分26秒 | 06真空管式テレビ

日立真空管式14インチ白黒テレビジョンFY-370のオークション出品のご案内

突然ですが、被試験機として使用するためオークション出品を中止します。誠に申し訳ありません。後日再度出品予定です。(H29.07.17)

本商品を下記のオークションに出品しています。
興味のある方は参照してみてください。

【豊稔屋】倉庫整理品! 日立真空管式14インチ白黒テレビジョン FY-370
 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e230737787

 

 

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)定期点検作業H29.07.03 その10

2017年07月10日 22時07分28秒 | 06真空管式テレビ

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)定期点検作業H29.07.03 その10

日立テレビFY-370同様に平成23年7月24日のアナログ停波以来、真空管式テレビジョンへの興味が急激になくなり、倉庫に保管する日々となっておりました。
今回、テレビ画面表示装置の完成に伴い、本機(松下T-1480)の定期点検を実施するこことしました。
6年も経っていますが、とにかく通電するとハム音だけで出るようです。
残念ながら、ラスター画面はでません。
やはりブラウン管の問題があり、交換以外画面表示は困難です。
テレビ電波をいれておりませんので、正確ではありませんが、RFからIF・検波・音声出力までは正常のようです。
なお、本機の修理方法については、基本的には電源部周りの電解コンデンサーはすべて交換していますが、
同期分離や微分・積分回路のコンデンサーについては明らかに悪化してものしか交換しておりません。
この点が少し弱点かもしれません。
これで、すべての試験環境は整いました。

 


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日立テレビFY-370の定期点検記録 (2017年06月27日)

2017年06月27日 17時37分04秒 | 06真空管式テレビ

日立テレビFY-370の定期点検記録  (2017年06月27日)

平成23年7月24日のアナログ停波以来、真空管式テレビジョンへの興味が急激になくなり、倉庫に保管する日々となっておりました。
今回、断捨離のため本機の定期点検を実施するこことしました。
6年も経っていますが、とにかく通電するとラスター画面を表示しましたので、基本的な動作は問題はありません。
BDプレーヤーからRFコンバータを使用し1CH経由で受信すると「出力解像度を480pに設定してください。」のアナログ電波を表示しています。
少し時間が経過すると、垂直同期が不安定となり、画面表示が乱れてきました。
BDプレーヤーの設定を480pに設定しましたが、同じメッセージしか表示しません。
どうも、インターフェースが異なっているのか、設定不足が判然としません。
テレビ受像機の背部の水平、垂直同期調整を行っていてると、画面が安定してきました。
ただし、基本的には同期系が不安定であることには間違いありません。
6年前なら、修理を続行すると思いますが、現在ではもはや気力がありません。
残念ながら、この状態ではありますがオークションに出品するこことします。

 


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真空管式テレビ修復記録(日立FY-370)修復作業H23.07.23追記(おまけ) その11

2017年04月27日 16時44分37秒 | 06真空管式テレビ

真空管式テレビ修復記録(日立FY-370)修復作業H23.07.23追記(おまけ) その11

 アナログ放送停波について

とうとう平成23年7月24日のアナログ停波がやってきた。1953年初電波送信から58年間大変ご苦労様といえばいいのだろうか。ただ今は、言葉がみつからない。

 平成23年7月23日のテレビ画像

Os016

平成23年7月24日本日のテレビ画像

Os017

同上

Os018

平成23年7月24日正午以降のメッセージ画像

Os019_2

おわり

これで真空管式アナログテレビの終わりではない。今後ますます、テレビ修理の技術向上に努力したい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H23.07.24 その8

2011年07月24日 21時02分43秒 | 06真空管式テレビ

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H23.07.24 その8

アナログ放送停波について

とうとう7月24日のアナログ停波がやってきた。1953年初電波送信から58年間大変ご苦労様といえばいいのだろうか。ただ今は、言葉がみつからない。

15.オシロの完成

輝度が低くて、写真もくらくなった。ただし、垂直増幅のハムの除去ができず、今後の対策が必要である。CRT菅によるテレビ画像の表示には、時間的に達成することができなかったが、今後はじっくりこのテーマに取り組むこととしたい。

Os015

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加