自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

2018 ハンドメイドバイシクル展 (その4)

2018年01月27日 22時27分05秒 | イベント

アマンダスポーツ





プロショップ タカムラ製作所「RAVANELLO」







柳サイクル









WELD ONE OGRE Bicycle









耐久レース用三輪車
これ欲しいっ!






ダイワボウプログレス「SOYO TYRE」




BYOB Factory







家庭用フレームジグ!
思わず笑ってしまいました。
「家庭用?!」
これからの時代、一家に一台、家庭用フレームジグ。



macchi cycles








「Dobbat's」ドバッツ・ライノ・ハウス







「EmmeakkA」ビチスポーツモリアイ






「LEVEL」マツダ自転車工業




東京サイクルデザイン専門学校






ケルビム





三ヶ島製作所




TOYO FRAME








本所工研




Life Bike







モールトン風、トラスフレーム
自転車製造教室も開催しているそうです。


鶴岡レーシング






東叡社










サイクルストアーヒロセ






渡辺捷治製作所








ビッグフロスト
今回の展示で初めて知りました。
高知から。







EQUILIBRIUM



ビルダー自身がダートを走るために制作したバイクのようです。



ディレーラーワイヤーも全て内蔵。
ダートでバイクを担いだ際、露出したワイヤーで人もバイクも傷つかないためだそう。
手の込んだバイクです。

ジャンル:
自転車
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2018 ハンドメイドバイシクル... | トップ | 大雪の後 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タンデム (Huret2100)
2018-02-08 12:55:39
当時高校生の私も1974年4月のサイスポをみてクラクラきていました。高校生カップル(!)ってのも衝撃的(笑)でしたが、ビーズオレンジのトーエイ のタンデムの刷り込みは強烈で、いつかはと思っていましたが、あれから40年以上経って、オーダー受けてくださると聞いてお願いしたのがこのタンデムです。雑誌の表紙(手元にあります)拝見して「おおやはりご覧になってらしたか」と思い書き込ませていただきました。いつも楽しい記事をありがとうございます。
Unknown (Merak2010)
2018-02-09 11:13:59
Huret2100さま
ブログご覧頂き、またコメント頂きありがとうごさいます。
サイスポのタンデムに憧れ、タンデム用にとパーツも集めたのですが、愚妻は興味がないようで未だ成就していません。
ハンドメイドサイクル展で拝見したタンデム オーナーからコメント頂けるとは思ってもおりませんでした。
40年超の自転車歴で同じ世代(Huret2100さんが少しだけ年上でしょうか)の方からのコメント、大変嬉しいです。
展示のタンデムは見るからに剛性がありそうで、かつブレーキ制動も高そうな作り、タンデムの熱が再燃しそうな1台でした。
特殊なパイプやオリジナルパーツも多用されているようで、相当時間を要したと察しています。
日本全国、どこでもタンデムが乗れるようになるタンデムのすそのも広がるのですが。
タンデム2 (Huret2100)
2018-02-09 23:49:04
ドライブトレイン・ブレーキをはじめパーツ類もどういうものがいいのかもわからず、そもそもあまりに謎が多い領域で一時は諦めかけましたが、パーツ集めに本格的に着手して一年半、制作をお願いしてからも思っていたよりも早く一年あまりで完成しました。経緯はそのうちどこかに纏めたいと思いますが、受けてくださった東叡社に感謝しております。あとは乗るフィールドが整えばなお有難いところです。
Unknown (Merak2010)
2018-02-11 15:07:49
Huret2100さま
タンデムに関する製作記事は、これまで雑誌も含めあまり目にすることがありませんでした。製作にまつわるエピソードやノウハウ、是非伺いたいものです。でこかでご披露下さい。楽しみにしております。

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事