自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

オリジナル トップキャップ(ヘッドキャップ)

2019年10月06日 21時30分07秒 | パーツ
「トップキャップ」もしくは「ヘッドキャップ」と呼ばれるフロントフォークとステアリングを固定するパーツは、アルミ、カーボン、チタン、とどの材質のパーツを使ったとしてもそれほど機能や性能に差は感じられないものです。
それよりもライディング中、常に目に付くパーツなのでデザインに拘りたいもの。

私がこれまでDeRosa Titanio で使っていたのは、クリスキングのオレンジ。



キャップの淵に刻印があるのが気にっているのですが、オレンジカラーにちょっと不満。
赤が欲しくて探したのですが、最近のクリスキングは、刻印にも色がついているので全体がプレーンな赤に見えてしまいます。

DeRosaに合いそうと見つけたのは、ハート型に彫刻したこちら ↓



きれいなのですが、ハートのデザインが、DeRosaのハートよりもやや細め。
長く手元に置いたまま装着せずに温めていました。

最近、通勤電車の中でググって見つけたのが、オリジナルのトップキャプ制作工房。
富士彫刻工業所さん。
そこに自分だけのオリジナル デザインでお願いしてみることにしました。

さて、どんなデザインにしようか?

やはりDeRosa Titanioに相応しいデザインでなければ・・・


今年2月、「ハンドメイドバイシクル展」で「BIXIS」のセールスにDoriano De Rosa氏が来日されました。
Doriano氏は、DeRosa兄弟の2番目でTitanioの製作をご担当されたTitanフレーム製作のレジェンドです(と、私は思っています)。
数年前、DeRosaから独立して「BIXIS」を立ち上げ活躍されています。
出展ブースでの接客やトークイベントで忙しくされている中、私のTitanioの写真を見て頂きました。
「このフレームは、Dorianoさんの製作ですか?」(私)
写真をじっと見て「そうです」(Doriano)
そして、快く写真にサインをしてくれました。



私のTitanioは、Doriano氏本人が製作したものだとのお墨付きを頂いたのでそのことを(ちょっとだけ)アピールする意味も込めてデザインに取り入れました。




想像以上の出来栄えす。





ハートの形もちょうど良いバランス。



赤色がフレームのデカールとも合っていい感じです。
大満足のオリジナル トップキャップとなりました。


コメント

READY STEADY TOKYO - 自転車競技(ロード) 東京オリンピック テストイベント

2019年07月27日 15時10分34秒 | イベント
東京オリンピックを1年後に控え、色々な競技でテスト大会が開催されるようになりました。
自転車ロードレースも7月21日(日曜日)武蔵野の森公園をスタート場所に開催されました。
今回は、その観戦レポートです。


今年の梅雨はいつまで続くのか・・・。
6月の中旬から毎週末に雨。
7月に入っても雨。
平日もどんより雲に覆われ、お日様が顔を出すことはほとんどなく、気持ちもどんよりの日々が続いていました。
雨が降るかもしれないけれど、少しだけでもロードバイクに乗ろうと出かけました。
走り始めると、ロードレースのテスト大会で交通規制があることを告知する看板を何度も見かけます。
明日が、その大会。

スタート会場は、普段ロードバイクで走っているコースのすぐ近くです。
国際大会を翌日に控えた会場はどんなものなのか、興味本位で寄ってみることにしました。

会場の武蔵野の森公園は、味の素スタジアムや調布飛行場といった広大な土地に隣接した公園です。



到着すると、すでに公園内の道路には、移動フェンスが設置されていました。







イベント会場の設営でしょうか。



こちらは、各チーム向けのテナント?



慌ただしく準備に追われているようでした。



当日の天気も曇り。
そして蒸し暑い!
こんなに自宅近くでロードレースが見られることはありません。
見に行くしかない!、です。

自転車で行って停めるところがあるか不安だったのですが、無ければ移動して迷惑のかからなそうな道路で観戦するつもりでしたが、幸い公園の中で停めることができました。
会場までの道路はすでに通行規制が始まっていて渋滞しています。
渋滞を避けて会場に到着。



遠くに見えるのがスタート会場。
恐らくイベントも開催されることでしょう。
(フェンスの左は、調布飛行場の敷地)

1時間ほど前ですが観客も徐々に集まっています。





観戦ポイント決めて後はスタートを待つことに。
人はどんどん増えています。



フェンスがクローズされ、通行も規制されました。



15分前告知のクルマがやってきました。



遠くでサッシャさんのMCの声も聞こえます。

ヘリコプターも2機飛来しています。

周辺がざわつき始めました。
大会関係車両やモーターバイクが数台通過します。

ブルーのニュートラル サービスカーも出ていきました。



ルーフに積んだバイクには、Shimano のロゴ。



シルバーのニュートラル サービスカー



ホイールを積んだモーターバイク



これまでバイクと走行ラインが異なり大回りをしてくる2台のバイク





「おうえん ありが とう」と、たどたどしひらがな文字。
なぜか急に胸が熱くなりました。



もう1台



この2台は、集団間のタイム差を知らせる役割のチームですね。


いよいよスタート!
集団本体の車列がやって来ました。







審判車 2





選手集団 登場!!



ここからは、選手の写真を連続で・・・

























選手通過後は、審判者1に続いて各チームのサポートが続々と通り過ぎます。
圧巻です。



このバイクはカメラマン



審判者1







そして最後は救急車。
それも3台。



公道を使っての国際大会が、これだけの関係者が関わって行われることに感動しました。
来年の東京オリンピック本番は必ず見に来ないといけないですね。


動画と写真を整理して気付いたのですが、ディスクブレーキの選手が思いのほか少ないということ。
専門誌では、ディスクが席巻しているように書かれていますが、これは広告掲出のメーカーの思惑によるものでしょうか。
まだまだリムブレーキが主流のようです。

そして翌日のスポーツ紙
さぞや大々的に記事になっていると思いきや、ほとんど取り上げられていませんでした。
一番大きな記事だったのが、スポニチ。
東京中日は文字だけ。
報知は、ゼロ。
もっともっと認知され盛り上がるといいですね。
コメント

BB30 異音 と Praxis Conversion(コンバージョン)BB

2019年06月16日 16時31分39秒 | メンテナンス
ライド中の異音は、たとえ小さなものでさえ気になるもの。
乗る楽しさも半減してしまいます。
その原因を解消しようと試みるもののなかなか突き止められず、考えられるものをひとつひとつ対策しては、乗りに行くことを繰り返す・・・。
なんのために乗っているのか分かりません。

「シッティングでペダルにトルクをかけると「カチッツ、カチッツ」と異音がする」
以前も同じような症状が出て、BBをバラし、グリスを入れ直したことがありました。
ちょうど1年前のことです。
またか・・・。

異音がするのは、DeRosa Merak(2010年)BB30 カンパ ウルトラトルクを使用 
ネットを検索すると、「BB30 は、異音がする」との情報がたくさん出てきます。
何とか対策できないものかといろいろ調べてみると、
Praxis Works のBB30 Conversion BB For CAMPAGNOLO ULTRA TORQUE Cranks
にたどり着きました。
BB30 の内側にスリーブを入れ左右で固定するという機構です。
カンパ純血を守りたかったのですが、今回はこのPraxis コンバージョンに異音解消をかけてみることにしました。

まず用意するもの


ウルトラトルククランク用BBカップ締め付けスパナ これは、2本必要
プレスフィット BB30圧入
プレスフィット リムーバー
どれも特殊な工具でそう何回も使うものではありませんが、趣味の世界ですから・・・

今回交換する Praxis のコンバージョンBB


入っているのは

コンバージョンBB
ウルトラトルク用の波型ワッシャーとU字型のフック
(ワッシャーとフックは、カンパ純正ではなさそうです)

機構は

左のBBカップとスリーブが一体で、ネジが切ってある右側のカップを締め込むというもの

取説は


日本語版も用意されています

困っている日本人が大勢いるということでしょうか?

取説では、焼き付き防止剤を塗布するように指示されています

パーツには、ブロンズ色のグリスが塗られていたので、同系と思われる FINISH LINE のTi-Prepを使用することにします

さて、作業開始
まず、ウルトラトルククランクの取り外し


外してみると

グリスはしっかり残っています


グリスを取り除いてみても特に異常はなさそうでした

反対側

こちらも特に異常はなし

BB30 の取り外し

リムーバーをBBカップに当てて金槌でたたきます
まっすぐ当てれば問題なく取り外し可能
こんな単純な工具で外せるものなのか、とちょっと感動。

外したBB30

注意が必要なのは、BB下のディレーラー ワイヤーリードの取り付けビス
ほんの少し出っ張る(写真はビスを緩め頭を下げた状態)

いよいよ取り付け

カップ端部に焼き付け防止剤を塗布して挿入


ここまでは手で挿入


ここからプレフィットを装着


取説通りに、ゴム製OリングがBBに接触するところで止めます


右側カップを取り付け

1本のスパナで左カップを固定。
右側のカップを回転させて締め込みます

装着完了


クランク取り付け




無事取り付けは完了したものの、さて異音はいかに・・・


40Kmほど乗ったところ異音は全くせず、症状は改善。
異音の原因は、解消されました。
Praxisa 素晴らしい!

これでストレス無く気持ち良くライドに集中できます。










コメント

2019 ハンドメイドバイシクル展 その2

2019年03月17日 22時14分17秒 | イベント
随分時間が経ってしまいましたが、2月23日に訪れたハンドメイドバイシクル展のレポートです。

鶴岡レーシング

タイムトライアル用だと思いますが、カラーリングのインパクトがすごい!です。





C.S.HIROSE



相変わらずオリジナリティあふれるオールドスタイルのランドナーの展示です。



展示車で面白いアイデアと思ったのが、センタープルブレーキのワイヤー調整にアジャスターを採用していること。
これは、私のミニベロにも使えそう。





新しいブランドとして「maware」(廻れ)



自転車に関連するモノを革で製作しています。





皮製バーテープも扱っていました。
どこで購入できるのかお尋ねすると、Amazon との回答。
後日、キャメルカラーを購入しまた。



渡辺捷治製作所



3本のフレームを展示





オーソドックスで綺麗なフレームです。



山音製輪所



展示車に装備されていたフロントバッグ



これはコンパクトでイイ感じです。



奥の白いランドナーは、よく見るとプルプル式のディレーラーが装着されていました。



細山製作所



オーナーの細山さんをはじめお店に集まる方がシングルギヤ愛好者が多いせいか、毎回シングルギヤの自転車が出展されます。




オーダーフレームを拝見していると「あのパーツを使ってこんな自転車ができるといいなあ」などと妄想してしてしまいます。
これ以上増やせないのは分かっていますが・・・。
あくまで妄想です。

コメント

2019 ハンドメイドバイシクル展 その1

2019年03月04日 23時24分15秒 | イベント
ハンドメイドバイシクル展の私的なレポートです。



今年のハンドメイドバイシクル展は、竹橋の科学技術館から東京流通センターに変わり開催も2月23・24日と少し遅い開催となりました。

今回の展示会で期待したのが、デ・ローサのビルダーであったドリアーノ氏に会えること。
氏は、初来日で、更にトークショーでもお話が伺えるということなので、このチャンスを逃すわけにはいかないと期待を膨らませて会場入りしました。

ドリアーノ氏は、デ・ローサのチタン フレーム製作を担当されていたのですが、数年前に独立。
現在は、BIXXIS ブランド立ち上げ活躍されています。
私は、昨年のハンドメイドバイシクル展で初めて実車を拝見し、その素晴らしにをひとめ惚れしました。
ちなみに私の Titanio(2012年納車フレーム)は、氏の製作ではないかと思っています。

会場



会場を訪れたのは11時半ごろ。
すでに多くの方が来場されていました。



ここ数年、自転車イベントを訪れる度に、その盛り上がりに驚かされます。


さて、気になったブランド、ブースの紹介です。
(あくまでも個人的な趣向による紹介です)


まずは、BIXXIS

やはり多くの方がブースに集まっています。



少し人が引いたところでブース全体の雰囲気を。



立派な木箱



この日、ドリアーノ氏は、ブースを訪れる多くに人と通訳を交えて話されていました。

13時からはトークショーにも出演され、BIXXIS 誕生の経緯やBIXXISの特徴を紹介。
氏のポリシーである自転車は個人に適合したオーダーが理想であるということ。
また会場の男性を題材に採寸方法を紹介するなど実際のオーダー方法を披露してくれました。
話を伺う中で、ドリアーノ氏が、誠実で実直、そしてシャイである印象を持ちました。
機会があれば(お金もあれば・・・)是非1台お願いしたいものです。



HELAVNA



下は、個人的にものすごく好きなタイプのロードです。



これまでのHELAVNAさんのテイストから少し変わった気もします。


CHERUBIM



こちらも毎回多くの方が集まるブランド。
展示されている自転車もやはり気になるものばかり。

ケルビムカラーのオールド ロード



最新ロード



タンデム



見るからにかなり丈夫そう。
タンデムの課題であるヘッド周りやフロントフォークはオーバーサイズ。



制動は、ディスクブレーキ。
タンデムで全国ツーリングできる日が待ち遠しいです。


TOEI



全体のまとまりは「さすが」の一言に尽きます。
フレームと同色のガード。
何気にチェンレストも装着されていました。


続く。
コメント