自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

香川 小豆島

2018年07月21日 14時59分57秒 | 旅行
7月の三連休、愚息が転勤で移住した香川県高松に行きました。
昨年に続いて2度目の高松。
東京からの移動方法は、①飛行機、②新幹線を利用した鉄道、③自家用車、と時間×費用で選択肢はいくつかありますが、高松での行動も考慮し、今回も自家用車を選択。
時間はかかりますが急ぐ旅でもないので多くのSAで休憩し、地場の産物を楽しみながら進むことにしました。

自家用車選択の理由はもう一つ。
自転車を積んで行けること。
自転車に乗ることのできる時間がどれほどあるか分かりませんが、持って行きたかったのです。

早朝に出発して高松到着は、15時過ぎ。
やはり時間はかかります。

宿泊した部屋からは、高松港が見下ろせて私にとって非日常の景色。
頻繁に港を出入りする高速船やフェリーで人と車が往来する様子は、時間を忘れて見入ってしまうものでした。



この町、この港は、瀬戸内の島々を結ぶ重要な拠点の役割を担っていることがわかります。


二日目、愚息の案内で小豆島に渡りました。



フェリーで約1時間。
宿泊した部屋から見たフェリーは、「随分ゆっくりとした動きだなぁ」と思えたのですが、実際に乗船してみるとそれなりの速さ。
デッキに出て風を受けながら眺める瀬戸内の風景も素晴らしいものでした。


小豆島は一周およそ120Km 。
自転車で走るのには、適度な距離です。
今回はそれが目的ではないので、どこかで少し乗れれば満足です。
既に昼時なので食事をする場所へ。
選んだのは小豆島名物のひとつ素麺。
「手延素麺館」



食事をするところの窓越しに、天日干しする素麺を見ることができます。



次の観光スポットは、「オリーブ園」。
ここからはほんの数キロ。
・・・ということで、私だけ自転車で移動することにしました。
積んできたのは、MiniVelo

この先、登りがありますが、距離は無いのでのんびり進みます。



愚息が撮った親父の写真です。



オリーブ園にはあっという間に到着。



さすがにもの足りないので私だけ海沿いを草壁港まで行くことにしました。





それにしても、海はきれいです。





オリーブ園に戻りました。




おまけの写真
オリーブ園からの写真



この日は、日本全国で猛暑日を記録。
とにかく暑い日でした。

香川から少し足を延ばせば、しまなみ海道も走ることができます。
次回は、本格的に走ることを目的にプランを立ててみることにします。

コメント