「まっちゃん」日記~「市民派県議をめざして」かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

「つながる」かぬま運動展開中。政治をより身近なものにするために、私の活動近況等を公開させていただきます。

地域医療の充実は本当に必要

2012-06-10 20:02:26 | Weblog
 4月中旬に脳梗塞で私のごく親しい女性が病に倒れました。本当に余談を許さない日々が続きましたが、近代医療の凄さでしょうか、最善を尽くされた治療の結果、その女性は、みるみる回復し、いよいよその病院を退院し、塩原の病院でのリハビリに入ることとなりました。
 一時は、生死を彷徨った女性は、その強い生命力が病状を克服し、今は自力で食事ができるまでとなりました。今後は、麻痺のある右半身の回復に向けてリハビリに励むこととなります。
 地域医療の充実は、私の政治としてのテーマでもあります。国の臨床研修医制度の影響もあり、本県の医師数は大変少ない現状です。便のよい地域に多くの新人医師が行ってしまうという現状は、益々医療過疎を促す結果となります。元気な栃木県を作るためには、健康な栃木県民を作ることだと思います。医療インフラの整備をはじめ、医師数の確保や診療科の偏在解消等、県民総ぐるみで考えるべき課題です。
 冒頭の例にもありましたが、たまたま自分の地域に優秀な医師がいたことが幸いなことでした。逆にすぐに治療を受けたくても、医師がいない地域もあることを考えると、この経験を教訓に栃木県の地域医療の充実、本気で考えていきたいと思います。
コメント