格差のない平和な社会をめざして   

社会民主党の理念は「平和・自由・民主主義・平等・共生・連帯」
社民党の活動と地域情報を紹介してます。

第18富士山丸事件を取り上げたのは、ツイッターだけだった。

2014年09月30日 | くまじろうの一言コラム
 土井たか子氏の訃報に対して、「第18富士山丸事件」の土井氏の取り組みを紹介したのツイッター。





【第18富士山丸事件 Wikipediaから】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 日本政府は解放要求をしたものの、日本国外務省は「国交がないから、民間ベースで話し合え」として国交が無いことを理由に不作為に終始した。また北朝鮮の友好国等の第三国を仲介しての解放交渉も全く行われなかった。

 第十八富士山丸乗組員の救援運動が起こり、当時の日本社会党が熱心に取り組むとともに、1987年には当時の土井たか子委員長が金日成主席との会談で「乗組員の釈放・帰還」を強く切り出し「政府間交渉に委ねる」との返答を得た。
交渉の末に、1990年の金丸・田辺訪朝団でようやく解放が決まり、その後の土井たか子・社会党委員長と小沢一郎・自民党幹事長が乗るチャーター機で帰国を果たすことができた。

 野党外交を担ってきた当時の社会党は、北朝鮮に捕らわれている漁民の帰国のための交渉などに尽力し、再発防止のための漁業協定の締結に努めた。
コメント

戦争をさせない埼玉1000人委員会の「1の日行動」

2014年09月28日 | 脱原発・反核・反差別・平和運動
 戦争をさせない埼玉1000人委員会の10月の「1の日行動」は、

日 時:10月1日(水)、午後4時~
場 所:JR浦和駅・東口

コメント

教育職の賃金改善を提案します。

2014年09月26日 | くまじろうの一言コラム
 「人材確保法」とは、田中角栄首相の時に、当時の自民党文教族が田中首相と交渉し、
議員立法として作られたのが人材確保法、3条からなる特別措置法であります。
 内容は、「行政職より教育職が一割、賃金が高く」となる制度です。
正式な名称は、「学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の人材確保に関する特別措置法」です。

 日教組対策として不純な動機で作られた「人材確保法」ですが、文科省のHP内の答申などを読んでいくと、
教職員の賃金改善が必要だと思います。


<参考資料>

文科省のHPを見ますと、人材確保法により教育職の賃金が改善されたものも、一般行政職との優遇措置が減少した上に、
 2004年の公立学校教員給与の「国立学校準拠制」の廃止の法改正に際し、
人事院への勧告義務づけ規定が削除され、人材確保法はもはや理念のみの法律となっています。
(2005年には財政制度審議会において、雇用情勢の変化を理由に制度が廃止提起されました。)


 文部科学省のHPから「人材確保法の現状」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/07062816/006/005.htm



今後の教員給与の在り方について(答申から)http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=2b4f9d860b28e21516584d43834b6394&p=1&disp=10
第三章 メリハリある教員給与の在り方から抜粋。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/07062816/004.htm

「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006(骨太の方針2006)」(平成18年7月7日閣議決定)に
「2010年までに国際学力調査における世界トップレベルを目指す」とあるように、
国際的な競争環境の中で教育の質の向上を目指すことが国家戦略として位置付けられていることに鑑みても、
人材確保法の趣旨を踏まえて優秀な教員を確保していくことは極めて重要である。
また、イギリスや韓国などの諸外国においては、教員に対して教育の質の向上の意欲を持たせるためには教員給与の増額が必要との問題認識の下
現在、給与改善に取り組んでいるところであり、人材確保法を廃止することは、こうした諸外国の政策に逆行することとなる


 文部科学省のHPから「一般行政職と教員との給与比較」

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/07062816/006/002.pdf



 日本教職員組合のHPから「政策制度要求と提言」
http://www.jtu-net.or.jp/doc/proposal13-14_09.pdf

コメント

「写真報告」9.23さよなら原発全国大集会

2014年09月23日 | 脱原発・反核・反差別・平和運動


 亀戸中央公園に16000人が集まった。
「川内原発再稼動するな! フクシマを忘れない! 9.23さよなら原発全国集会」



 集会の参加者を出迎える社民党全国連合、吉田ただとも党首、福島みずほ副党首


 社民ユースのブースで、吉田ただとも党首、福島みずほ副党首












 社民党さいたまののぼり



 川上やすまささん



【出店ブース】



 I女性会議



 日本音楽協議会のブースで、ジョニーHさんが熱唱



 社民ユース東京 

 店番をする、豊島区議の石川大我さん、杉並区議の市来とも子さん

コメント

彩の国から考える  原発のない未来へ

2014年09月22日 | 脱原発・反核・反差別・平和運動



日弁連人権擁護大会プレシンポジウム

彩の国から 原発のない未来へ

日時:2014年9月27日(土)
   開場:午後0時30分
   開演:午後1時(終了予定:午後4時)
場所:加須市市民総合会館(市民プラザかぞ)
主催:埼玉弁護士会
コメント