格差のない平和な社会をめざして   

社会民主党の理念は「平和・自由・民主主義・平等・共生・連帯」
社民党の活動と地域情報を紹介してます。

vol.3 『街頭で政治を語る』

2017年10月31日 | 連載:過去から現在へ「選挙運動」

 

 街頭で政治を語る。
駅頭や商店街での街頭演説です。
私が党に入った頃の40年前は、党には宣伝カーがありませんでした。
街頭演説は選挙の時に、候補者が駅頭などでやるだけでした。

その代わりに、「対話集会」でした。
事前の案内は、手配りで1件1件訪問して、「対話集会に来てください」とビラを持ってまわりました。

ネット時代ですが、有権者との交流(対話)が社民党に求められていると思います。

 選挙の時期だけの「街頭演説」ですから、動員した支持者以外は「聞こう」としません。
普段から「街頭演説」を続けれは、演説を「聞こう」という空気が増してくると思います。
演説を聞いてくれるのは、最初は自分ひとりだけです。
それでも続けていれば、立ち止まって聞く人が現れます。


 社民党熊谷総支部で宣伝カーを購入できたのは、
畑やわら知事が書いた「ベテラン知事になりたくない」という本の売った資金で購入しました。



コメント

vol.2 『スマートフォンを脇に置け』

2017年10月30日 | 連載:過去から現在へ「選挙運動」

 前回、ブログで「情報を発信する」と書きました。
これから書くのは「スマートフォンを脇に置け」です。
ネットだけでは、地方の自治体議員は当選するのは難しいと思います。
ブログへの訪問者、ツイッターのリツイートが多いだけでは、
当選はできない。

 40年前に県議会議員を誕生させた時の事を書きます。
「100か所対話集会」を計画しました。
現代風のネーミングは、タウンミーティングでしょうか。

衆参の国会議員がいた時代です。
対話集会を計画して、集会の案内チラシを事前に戸別配布などのやりました。
実際の参加者は少なかったです。
主催者側は、衆参の国会議員、秘書と地元の党員で5~6名になります。
参加者が2~3名でした。いつも主催者の方が多いのです。

それでも、顔を見ながらの対話ですから、いろいろな意見が出されました。
ネットで情報を発信するのもひとつの方法ですが、
今の時代だから「顔の見える運動」が必要と思います。

 会場を借りるのにも苦労しました。
自治会館は地元民でないと借りられないので、お寺の社務所などでやりました。

2019年の統一自治体選挙に向けての、準備をそろそろ始める時期です。

 



 

コメント

vol.1 『ブログで情報を発信する』

2017年10月28日 | 連載:過去から現在へ「選挙運動」

議員候補者になったA君へ

 議員候補者にすすめるのが「今からでもいいからブログを書いたほうがいいよ」と助言をします。
紙の媒体でもいいが、頻繁に情報を発信するのならブログがお勧めです。

 どんな想いで議員になりたいのか、自分を知ってもらうために情報を発信する。
その過程でファンや応援してくれる人が現れるかもしれません。

 選挙区には現職議員がいます。実績もあります。
当然、紙の媒体(政党機関紙の個人版)、ブログやフェイスブックなどで情報を発信しています。
地方自治体議員でホームページもブログなどのSNSをやっていない人もいますが、
政党に所属している人は、当然のようにやっています。

 新人と現職の情報量の差があり、実績の差もあります。
有権者は、現在の活動状況だけでなく、過去の発言や活動を、さかのぼって知る(見る)ことができます。 

 個人が情報発信できる時代に、情報の出し方にもいろいろあります。
情報発信のツールの使い分けが必要です。
1、ホームページ 2、ブログ 3、フェスブック 4、ツイッターなどがあります。
私は「ブログ」を勧めます。

 ブログを開設したたら、間を空けずにどんどん活動状況や自分の考え方を発信していきます。
個性を出していきます。差別化も必要です。それがないと支持はされません。 

「今日の一言」
『すこしでもこちらの熱意を理解してくれる人を増やす』

 

 

コメント