こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

令和の幕開けはメーデー

2019年05月02日 06時42分00秒 | Weblog


 昨日から今日にかけてのテレビや新聞は「令和」一色で、他の記事はないのと思ってしまいます。
 私の「令和の初仕事」は唐津市民会館で、「第90回唐津・東松浦メーデー」に参加することでした。
 最初に勇壮な太鼓で幕開け。
次いで、来賓として日本共産党の大森ひとし参院佐賀選挙区予定候補が挨拶しました。
大森さんは、消費税導入の目的が「社会保障充実のため」とされながら、社会保障の充実には全く使われていなくて、大企業や富裕層への減税と軍事費の爆買いに使われていることを指摘し「アベノミクスで大儲けしている大企業と富裕層に応分の負担を求めれば7兆円の財源が生まれる」と代替え財源を示し、来るべき参院選で「市民と野党の協力で安倍政治を終わらせましょう」と呼びかけました。
 社民党の伊藤一之唐津市議は、政治情勢を述べた後「先の県議選で色々しがらみがあったけれど井上ゆうすけさんが再選できてよかった」と率直に述べていただきました。
 現場からの報告では、「保育無償化の問題」「玄海原発の問題」「教育現場での問題」「商売人から見た消費税増税の問題」など各方面からの発言は現場を踏んだ発言で説得力がありました。
 お楽しみ抽選会では、「労金賞」(写真)を頂き、幸先のいいスタートを切ることができました。
 今日は天気が良くなりましたが、事務所へ出ます。
 










コメント

ランキング

blogram投票ボタン