こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

ビワの季節

2007年05月28日 06時15分38秒 | Weblog
 近所の人から無袋の「ビワ」をもらった。今年は雨が少なく小ぶりで「甘い」。

 最近は、山に「ビワ」がなっていても採りに行く人も少なく。「鳥の餌」になっています。

 私たちが、少年の頃は「山柿」や「山葡萄」「山桃」を木登りの上手な仲間とよく採りに行ったものです。


 冬でもスイカが食べられるようになった時代ですが、旬を感じる「ビワのおすそ分け」です。

 もう暫くしたら、「山桃」が届くのではと楽しみです。
コメント

国保税を引き下げて

2007年05月25日 11時23分16秒 | Weblog
 国民健康保険料が払えず生活を圧迫しています。

 県内の自治体で「赤字」を理由に国保料の値上げが相次いるためです。
 
 唐津市も3年連続の値上げです。 

 「払いたくとも払えない」保険料を県として「改善して欲しい」と県内の日本共産党の地方議員20名が県に申し入れしました。(写真前列中央が私です)

 唐津市からは私と吉原まゆみ議員が参加しました。

 ある自治体では、小学生がケガをしたので病院に連れて行こうとして「保険証がない」事がわかり、市役所に駆け込んだら「滞納額の半分を払わなければ短期証は発行しない」と、かたくなに保険証の発行を拒んでいる実態が報告されました。

 県庁の職員も「このような実態は知らなかった」と述べていました。
 
 今回の申し入れについて、担当課長は「これからの改善にいかしていきたい」とのべていました。

 それにしても、現職の県会議員がいない時は、申し入れするにしても「狭い応接間」でした。

 武藤さんが返り咲き、立派な椅子に冷たいお茶までだしてもらい、職員の対応も丁寧なものでした。「こんなにも対応が違うのか」と議員一同感心した次第です。

 29日は厚労省に、「国保の問題」で交渉に行きます。日帰りです。

 社会保障が住民のくらしを破壊している時だからこそ「 日本共産党の出番」です。

 参院選挙で 日本共産党を伸ばして下さい。
コメント

もって雨よ降って

2007年05月25日 10時49分57秒 | Weblog
 昨日の夜から今朝にかけて雨が降りましたが、もっと降ってもらいたかった。

 勇んで田んぼを見に行きましたが代掻きできる状態ではありませんでした。

 佐賀平野では、麦刈りとタマネギ収穫で雨は降って欲しくない人もいますが、自然の恵みである雨は作物の生育には欠かせません。

 こんなに苦労して食糧を生産しているのに、政府は「日本に農業は要らない」との方針で外国からどんどん輸入する。

 自民党の支持基盤である農民を痛めつける農政に農民も気づきはじめています。

 参院選挙にその意思表示をしましょう。
コメント

タマネギが暴落

2007年05月24日 07時51分17秒 | Weblog
 今日の新聞に「タマネギが暴落」と伝えています。よい天候に恵まれて反収も上がったことが原因のようです。
 
 農家は、自民党の農政で「何をつくっても採算が合わない」状況の中で、近年比較的安定した「タマネギ」をつくる農家が増えたのです。

 「豊作貧乏」という言葉もありますが、農家にとって豊作を喜べる農政にはなっていません。

 バランスがとれた適地適作で農作物をつくれ、後継者が育つ施策が必要ではないでしょうか。

 日本の胃袋を大企業の利益のために売り渡す自公政権はご免です。
コメント

雨よ降って

2007年05月22日 05時58分20秒 | Weblog
 清々しい晴天で気持ちのいい日が続いています。一年中で最も過ごしやすい時期です。

 ところが、農家にとっては「恵みの雨」が欲しいのです。

 今年は雪も降らず雨も少なかったために、山林の保水が少なくわき水が極端に少ないために「田んぼの水が足りない」と農家は悲鳴をあげています。

 私も、コシヒカリの6反歩は植えたものの、山間部の3反歩は代掻きさえできない状況です。このままだと田植えせずに「減反田」になってしまいそうです。

 今夜は、「雨乞い」をしに唐津に飲みにでも行こうかなとも一人で考えています。
コメント

陣内出馬辞退騒動

2007年05月18日 08時12分17秒 | Weblog
 陣内孝雄参院議員は、7月の選挙を、前に立候補を辞退することを表明した。

 候補者差し替えは、昨年の6月に自民党本部から発せられていたのを、県連が陣内氏を押し通した経緯がある。

 陣内氏は、1万数千人に被害を及ぼした「佐賀商工協同組合破綻」の最高責任者で、その判決が告示前に出されれば「勝ち目がない」との算段か。

 臨時県議会が24日に開かれることになっている。県議会は10日に終わったばかりで臨時に開く理由は、次期候補者にあがっている川上副知事の解任のためか。

 どちらにしても「自民党の騒動」に県議会を巻き込六のは納得できない。

 県議会を開くにも多くの税金が必要です。6月議会は目前。人事案件というなら、それまでまっていてもいいのでは……。

コメント

田植え

2007年05月16日 06時36分49秒 | Weblog
 田植えをしました。コシヒカリの田植えです。今年は水が少なくて心配ですが田んぼに植わった早苗を見るといやされる気がします。

 いつまで田植えができるか気になる記事を見つけました。

 農民新聞(07年4月30日)によるとアメリカは日本とのEPA(経済連携協定)の圧力を強めているというものです。

 早い話が、「関税をなくして貿易が自由にできるようにしよう」というものです。

 もしこのことが実施されれば、自給率は40%が12%へ、米は90%減。小麦は99%減などというものです。

 自国の食糧自給率を高めてこそ「独立国ニッポン」のはずです。

 大企業の儲けのためには、自国の胃袋までアメリカに売り渡す安倍政権のやり方は許せません。

 今度の参院選挙できっぱりと「NO!」といいましょう。
コメント

大浦の棚田

2007年05月12日 12時22分22秒 | Weblog
 田植えがすんだ大浦の棚田を見に行きました。

 今年は大浦のうえに「風車」がまわっていました。肥前町に12基建設されるそうです。
コメント

棚田ウオーク歓迎の横断幕

2007年05月12日 12時19分24秒 | Weblog
ボタン公園入口
コメント

バイクを新調

2007年05月09日 10時26分35秒 | Weblog
 8年も使ったバイク(50CC)を新しく買い換えました。議員になって13年目になりますが替えたバイクは5台目です。3台は中古でしたが前のと今回は新車です。坂が多いので少し大きめ(ヤマハ100CC)にしました。

 バイクは、議会報告「こんにちは浦田関夫です」を配布したり新聞(佐賀新聞やしんぶん赤旗)を配布したり、田んぼの見回りと大活躍です。

 合併前までは竹木場と大良校区に配布していましたが、合併後切木校区も配布していますので約1000世帯にマル2日かかります。2日で約160キロ走ります。それを3ヶ月から2ヶ月の間隔でおこなっています。

 配布途中での対話が楽しみです。それを議会で取り上げることもあります。野菜などの差し入れもあります。

 みなさんから「楽しみにしています」と声がかかると元気が出て「また届けよう」となります。

 事故のないように安全運転でがんばりますので、ご支援よろしくおねがいします。
コメント

ランキング

blogram投票ボタン