こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

政治倫理を求めて街頭署名

2015年11月30日 06時04分57秒 | Weblog


 今日午前11時半から約1時間程度、栄町のトライアル前付近で、坂井市長の政治倫理審査会開催を求める街頭署名を行います。
 署名をはじめて10日ほどになりますが、多くの方にご協力を頂くようになりました。
市民のみなさんからは「リコールをして欲しい」との声もあります。
まずは、「政治とカネの政治倫理を正すことから」と説明しています。
 ご都合のつかれる方は、是非ご協力をお願いします。

 写真は、先日竹木場公民館で開かれた「産業文化祭」のものです。
家庭菜園で採れた、白い人参、黄色い人参、紫色のミニ大根など珍しいものもありました。



コメント

企業献金が政治を歪めている

2015年11月30日 05時51分16秒 | Weblog


「政治とカネ」の話題は、事欠きませんが、企業の献金が増えていることが気になります。企業は有権者ではありません。と言うことは、主権者ではないと言うことです。
それが、なぜ政党に献金をするのかと言えば、「見返りを求めている」からに他なりません。
 見返りのない支出は「無駄カネ」とされ、経営者は株主から背任行為と訴えられます。事実、その効果は、ハッキリしているようです。
 昨日と一昨日の新聞報道に、原発関連企業から自民党へ政治献金が大幅に増えていることを報じています。(赤旗・11/27)
 電力業界は、原発再稼働に躍起です。国民の過半数が反対し、不安を持っている住民避難計画も不十分なまま、全ての原発を稼働させようしています。また、安倍首相は、「原発輸出のセールスマン」役を買って出ています。



 大企業の要求でもある「法人税減税」でもしかりです。 
唐津市でも、入札参加業者が坂井市長へ献金していたこととからも明らかです。





 「カネで政治を買う」手法は、民主政治の破壊につながることを肝に銘じるべきです。
コメント

市長後援会役員に地区の全区長

2015年11月29日 06時53分17秒 | Weblog


  昨日の朝日新聞に、浜玉町の駐在員が区長という立場で22人全員が坂井市長の後援会支部役員に就いていたことを報じています。
 市では、「誤解を招きかねない事態」と、市内の実態を調べる意向だとしています。

 報道によると、市が9月1日に「駐在員の職務について説明する場が設定」、市職員が退席した後を引き継ぐ形で、後援会の関係者が10月31日の坂井としゆき後援会の総会と市長を囲む懇親会を案内する文書と会費の支払いや企業献金を呼びかける文書とともに、区長全員を支部役員にする名簿が配布されたといいます。

 以前から、「駐在員、生産組合長になったら自民党に入らされた」などの話しは聞いていました。
駐在員であっても、思想信条は尊重されるべきものでありますが、本人の了解なく役員名簿に登載するのは行き過ぎです。
 それにしても、「駐在員と区長」とを使い分ける手法は、「迂回献金」の手法によく似ています。
このことを後援会の支部長に依頼した人は誰なのかが気になります。
コメント

防災訓練は、事業者責任で

2015年11月29日 06時08分21秒 | Weblog


昨日は、玄海原子力防災訓練の状況を4カ所で視察しました。
8時10分に特別養護老人ホーム「宝寿荘」(呼子町)到着し、職員さんに挨拶をして、通山施設長さんから訓練の概要を伺いました。
施設長さんは、入所者の体調を気遣っておられ、「寒さと長距離移動で体調を崩されないか心配」と言っておられました。
 お隣の、元呼子中学校では「殿の浦地区」の住民の方が集合され手いました。
「寒さで参加を断った人がある」「暮れの忙しいときに、弁当一つで動員された。九電は日当を払うべきではないか」などの意見がありました。
 佐賀市北山小中学校では、車のスクーリングと除染作業があっていました。
 二タ子地区住民50人の避難先である佐賀市の佐賀工業高等学校にも伺いました。
ここは、ラグビーの五郎丸選手の出身校でも有名で、選手たちの練習に、保護者が炊き出しに見えてありました。
 底冷えのする体育館には暖房もなく、住民の方は、持参したスリッパやブルーシートを使っていました。
ここでは、住民確認と昼食。「防災の心得」の講演が30分ありました。
参加者からは、「名簿の書く項目が多く混雑する」「車中では、唐津の情報が欲しい」「若い人が参加するようにして欲しい」などが出されていました。
 車座での食事、講演と続いていたので「バスの中が楽」「腰が痛い」との意見も出され、健常者と観られる人でも体調の弱い人もおられることが判りました。
 参加者の労いにきた山口知事に「原発は廃止して欲しい。私たちの時代につくったものは、私たちの時代に止めてしまって欲しい」と、参加者から要望が訴えられていましたが、山口知事はまともに応えていませんでした。
 秀島佐賀市長は「もしもの時の訓練、精一杯受け入れをしたい」。坂井唐津市長は、個人的なことで、ご心配とご迷惑をかけたことをお詫びしますと述べた後、「1号機の廃炉が決まった。1年しか違わない2号機はどうするのか。訓練のあり方について、事業者にも届けなければならない」と訓練参加者を前に話しをしました。
 終わったのは、午後2時前。遅い昼食を食堂で食べ、用事を済ませて事務所に戻ったのは4時過ぎていました。
 
 電力を発電する事で、事業を営み利益を得ている企業経営の中で発生する住民へのリスク影響に対する対策は、「企業がすべき責任を負うべきではないのか」それを、国や自治体がなぜ責任を負わなければならないのか理解に苦しむのは私だけでしょうか。

 「住民避難計画を再稼働の条件にしない」国の方針が、事業者を甘やかせている原因の一つです。
 今日の新聞では、「核のゴミ」最終処分地を21道府県が事実上拒否していることを伝えています。企業の営みで発生した「ゴミ」の処分さえできない企業に営業する資格があるのでしょうか。
 水俣病を発症させた企業は、「有害であることを承知で」、工場から排水を海に垂れ流しをしていたことが、社会的に大きな非難を受け、企業存亡の危機に至ったことは承知の通りです。











コメント

素早い対応が信頼に

2015年11月28日 17時41分56秒 | Weblog


 議会報告を配布中に、市民の方から「市道の補修」の要請がありました。
その場から担当に電話でお願いしていました。
早速、その日のうちに処置をしていた、職員さんの素早い対応に感謝します。
依頼された方も大変喜ばれていました。
素早い対応が市民の信頼につながると確信をしています。

コメント

今日は、玄海原子力防災訓練

2015年11月28日 07時01分41秒 | Weblog


 昨日は、ガン検診でした。
多くの方が、来られていましたが「それでも、いつもより少なかった」と職員さんが話されていました。
みなさん、まだのかたは受診しましょう。
「胃がん検診」のバリュームの影響で、夕方までお腹が張った感じでした。今朝は、大丈夫です。

 今朝の新聞では、農家の人口が5年間で50万人が減少し、就業年齢は66歳と報じていました。
減少の原因は、「高齢によるもの」とされ、後継者がいないことを裏付けています。
写真のような、空き家が増えています。
 工業製品輸出のために、農産物を犠牲にしてきた結果が現れてきています。
私も、水田耕作を来年から近所の方にお願いすることにしています。
「自国の食糧を自国で賄えない国は独立国とはいえない」ということは、世界での常識です。
それを、「他国から買った方が安い」などの宣伝に惑わされ、「農薬や遺伝子組み換え農産物」を食べるなければならない事になりかねません。

 今から、玄海原発防災訓練の様子を視察に出かけます。
「宝寿荘」(特養ホーム)と呼子中学校での避難状況。北山の除染と避難場所の様子を見ようと思っています。
 「原発は安全」と言うならば、訓練は必要ないという方もあります。
この訓練は、国の機関だけでなく、関係自治体は勿論、関係するあらゆる団体が参加する大規模なものです。
 それだけ、一度事故を起こせば、甚大な被害が広範囲に及ぼすことを示し、実際、福島原発での事故はその事を示しています。
 そんな危ない発電所を運営する九電が本来災害訓練の中心に運営されなければならないのではと思うのは私だけでしょうか。
 九電は、情報提供と原発敷地内での訓練です。
「企業責任」をもっと求めるべきだと考えます。




 
コメント

ガン検診へ

2015年11月27日 07時23分32秒 | Weblog


 今日は今から、「ガン検診」へ保健センターへ出かけます。
昨年は、人間ドックを済生会で受けていたので「パス」していました。
今日は、核、肺、前立腺、大腸、胃のガンを受診します。
 唐津市は、これらのガン検診を「無料」でおこなっています。
「無料」でおこなっている10市のうち、私の記憶では唐津市だけではないかと思っています。
「受診率向上」のために職員のみなさんは努力されていますが、なかなか効果が出ていないのが実情です。
「自分の健康は自分で守る」ことは判っているのですが、ついつい後回しになってしまっています。
唐津市民のみなさん、唐津のいい制度をシッカリ活用し、「早期発見」で健康な人生を送りましょう。
ということで、朝食抜き、お茶抜きで出かけます。



コメント

[確固たる決意」

2015年11月26日 05時45分22秒 | Weblog


 安倍首相は昨日、米国海兵隊トップのロバート・ネラー司令官と首相官邸で会談し、「普天間飛行場」の名護市辺野古への移転計画を「確固たる決意で進める」と伝えたそうです。
沖縄の島ぐるみでの「基地撤去」の声を踏みつける発言です。

 同じような事が、昨日開かれた佐賀県議会でも「不退転の決意で取り組んでいく」という防衛省の佐賀空港へのオスプレイ配備計画について川嶋貴樹九州防衛局長は発言したものです。
 佐賀空港建設に、不安を感じた漁協が「軍事基地にしない」との約束を県側に取り付けていたことにもあるように、「平和な空の下で暮らしたい」との思いがあったからです。
 一連の発言は、地元の意見を真摯に聴こうとしない「上から目線」の安倍政権の強権的な姿勢が現れてているように感じます。



コメント

特大「うどんどんぶり」

2015年11月25日 06時20分43秒 | Weblog


 加唐島からの視察帰りにに「鶴や」に立ち寄りました。
遅い昼食は、特製の漬け物、うどんとご飯です。
どれも美味しく、657円は安い。
漬け物も買うことができます。



コメント

加唐島へイノシシ被害調査へ

2015年11月25日 05時52分48秒 | Weblog


 昨日は、加唐島に「イノシシ被害調査」へ武藤、井上県議と志佐議員の4人で出かけました。
8時発の渡船に乗るため7時20分に大手口を出発しました。
島では、緒方正善駐在員と地元の2人で案内してもらいました。
 百済武寧王生誕の場所に行く道路にも法面を荒らしたイノシシの影響で、道に石ころが転が、それをよけながらの視察でした。
 ガードレールの支柱が浮いた状態や通学道路が通れなくなった所などかなりの被害状況を目にしました。
道路の落石を除去用の「ユンボを買う補助事業もあるが、自己資金が必要なので思案中」との事であった。
島の前には、玄海原発があった。
















コメント

ランキング

blogram投票ボタン