こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

市役所の市民課待合所に喫煙所設置に疑問

2008年02月29日 06時40分14秒 | Weblog
 市役所の市民課待合所の一角に喫煙室を新たに設置する計画がある。

 担当の話しによると市民要望もあり、健康増進法の趣旨を踏まえて密閉した小部屋(2・5㍍×3・5㍍で予算90万円)をつくるとのこと。

 タバコは、肺ガンはもとより多くのガン発生の原因とされ健康増進法が施行されました。
公施設だけでなく多くの人が集まる建物や駅などでも灰皿が取り除かれ、飛行機、電車、タクシーまで禁煙が当たり前の時代になってきています。

 唐津市役所も、吸引機を設置するなどしていましたが、完全撤去した経緯があります。唐津日赤病院でも隔離した喫煙部屋がありましたがそれも撤去されています。

 私は直接、県内10市の庁舎管理担当に電話して確認したところ、鳥栖市が市民課に設置され佐賀市が議会の同意を得て設置中とのことでした。それ以外の8市は、建物以外の場所を指定しているとのことです。
 
 3月中には完成させたいとのことですが、そのための予算は計上されておらず、議員も知らない人が多いはず、市庁舎管理費の不用額を回すとしています。
「市民の要望」があったとしても健康増進法の趣旨からも逆行しておりもっと慎重にすべきです。







 

コメント

しだれ梅がもうすぐ満開

2008年02月28日 08時02分56秒 | Weblog
 お茶の水の青木さんのしだれ梅がもうすぐ満開です。
コメント

唐津市役所汚職事件報告・討論集会に40人

2008年02月27日 06時42分08秒 | Weblog
 日中まで雨が降る寒いなか開いた集会に40人の方が参加していただきました。

 当日は、大ホールで香西かおりのショーもあっていて駐車場は市役所もいっぱいになる状況でしたので会場まできて引き帰された方もあったのではないかと思います。

 私が報告し、吉野健三郎弁護士が用語解説をしていただき、参加者からの発言が相次ぎました。

 「税金を使って仕事をしている自覚が足りないのでは」「競争入札と提案型入札の違いは」「再発防止のシステム作りが必要」「再発防止委員会に市民の参加が必要」など積極的な意見が出されました。

 市主催の報告集会と思ってきたと言う方もあり、関心の高さを物語っていました。

 これからの原因究明と再発防止に全力を尽くしていきます。
コメント (2)

「暫定税率の廃止は地方財政に大打撃」?

2008年02月27日 06時31分50秒 | Weblog
 昨日の新聞折り込みチラシに自民党が出した広告に表題の文字が躍っていました。

 写真入りで、暫定税率が廃止になれば、唐津市で2億8700万円が影響するとしています。

 歩道がない道路や渋滞している道路があることは承知していますが、道路財源の半分近くは不要不急の道路建設に使われていることには触れられていません。

 千葉と神奈川を結ぶ「ゆりかもめ」の長大橋は赤字続きで採算のめどが立っていません。それなのに新たに橋を計画しています。本土と四国を結ぶ橋は3つありますがそこも採算のめどがたっていません。それなのにもう一本作るとしています。

 不必要な道路建設にメスを入れなければ、いくら財源があっても「真に必要な道路」は後回しです。

 そんなことには触れないままに、「地方の道路ができない」と脅かすやりかたには疑問があります。

 
コメント

3月議会

2008年02月26日 06時41分00秒 | Weblog
 3月議会は、1年間の市民のくらしを左右する予算を市長が提案し議会が審議決定する大事な議会です。

 昨日、予算資料が議員に届きました。相変わらず「ばらまき予算」「水ぶくれ予算」になっています。

 来年の市長・市議選挙を意識したものになっています。一般予算615億円は人口がほぼ倍の佐賀市で779億円ですから、どれくらい唐津市の予算が多いか分かります。

 補正予算も出されています。予算資料は8㌢にも及びます。これらを精査して審議の準備がこれから始まります。

 みなさんからのご希望、ご要望があればお寄せ下さい。お待ちしています。

 追録
 昨日の午後5時45分に議会事務局長から電話があった。内容は、配布した議案資料に2箇所誤りがあったので「差し替えたい」と市から申し入れがあっているので資料を届けてくれと言うものだった。

 2箇所ぐらいなら「正誤表でいいではないか」と私はいったのですが、どうしてもということです。膨大な資料をばらして差し替え、製本にする作業量は大変です。

 市は、議員に気を遣っているのでしょうが…。
 そんな作業をするくらいなら別の仕事をした方がいいのでは…。
 
コメント

「コメの作りすぎはもったいない」?

2008年02月26日 06時30分30秒 | Weblog
 東北農政局が作ったポスターに農家から「農民の感情を逆撫でするものだ」と反発が出て「ポスターの撤去」を申し入れたと毎日新聞が報道しています。

 「コメの過剰作付けは、資源のムダつかい」「コメの作りすぎはもったいない」などと書かれたポスターが農協などに3万枚張り出されたそうです。

 東北農政局は、「コメの生産調整」へ理解を深めてもらうつもりだったと述べているそうです。

 コメつくりが犯罪のように描き出すやり方には納得できません。
過剰なのは輸入米で、国内でコメが余っているのであれば輸入米を減らすべきなのに、血税を使って外米の輸入し続けていることが「ムダつかい」ではないでしょうか。

 3万枚のポスターを作る費用があったら、ほかに使い道があるのでは…。 

コメつくりで生き甲斐を感じている高齢者もいます。コメ作りで中山間地の農地保全の役割があります。

 東北農政局は「ポスターの撤去は考えていない」そうです。

 
コメント

「新幹線は要らない」が勝利

2008年02月25日 07時03分15秒 | Weblog
 江北町長選挙が昨日おこなわれて「新幹線によらない町づくり」を掲げた田中源一町長が再選されました。

 古川知事は、新幹線に反対している田中町長を辞めさせようと県庁職員を退職させ、候補者に立て応援しました。

 佐賀新聞も投票日の昨日は新幹線の特集を2ページにわたって掲載するなど応援しましたが、町民は田中町長を支持しました。

 それでも古川知事は、「新幹線を生かした地域づくりを田中町長と話しをすすめたい」とコメントしています。

 江北町民は「新幹線は要らない」といっているのに古川知事はあくまで新幹線に固執する姿勢は町民の判断を無視するものです。

 古川知事は、自分のいうことを聞かない首長は変えるためには手段を選びません。鹿島市長選挙でも反桑原市長を掲げた候補者を擁立しました。

 結果はここでも「新幹線は要らない」との市民に判断の前に否決されました。

 今回も同じ結果です。古川知事はもっと県民の意見を真摯に聞くときがきています。
コメント

雪の中のひまわり

2008年02月24日 09時01分16秒 | Weblog
 今朝雪が降ったので畑に行って撮ってきました。
コメント

消えた年金

2008年02月24日 07時01分08秒 | Weblog
 私が区の会計をしていることは以前書いたことがあります。

 区民の方から「年金を納めたたかどうか調べて欲しい」との依頼がありました。

 以前は、区で税金・水道料・電気料などとともに年金も「会計」が集め区長さんがそれぞれ納めていました。「その領収書がないか調べて欲しい」というものです。

 私は、30年も前の領収書を調べて欲しいと言われても「あるはずがない」と思いつつも、公民館の屋根裏をはいずり回りました。

 そうしたら「年金領収綴り」が完全でないにしても保存されていました。

 調べること1時間半。
残念ながら目的の領収書は見つかりませんでした。でも他の人の分でもし「欠格条項」になっている人の分があるのではとも思い、3月にある総会で紹介しようと思っています。

 あきらめずに調べる必要があります。
コメント

市役所「汚職事件報告・討論集会」

2008年02月24日 06時42分30秒 | Weblog
 議員団は、市民のみなさんに、元総務部長にによる汚職事件の概要を報告し意見交換会をおこないます。

 26日(火)午後6時30分から唐津市民会館中会議室で開きます。

 無料です。「今の市役所を良くしたい」と思っている人なら誰でも参加できます。みなさんの思いをお寄せ下さい。お持ちしています。

 昨日、その告知看板を掲示に山口さんとでかけたら、ある年配のご婦人がそれをしげしげと眺め、手帳に書き留めていました。

  
コメント

ランキング

blogram投票ボタン