こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

プルサーマル交付金と地域の食材

2006年10月30日 10時29分46秒 | Weblog
 国は、プルサーマルを実施する佐賀県に実施するまでに10億円その後5年間で50億円合計60億円を支給します。

  国は、佐賀県民に危険の代償として財政の厳しい地方自治体をお金をちらつかせて国の施策を押しつけようとしています。

 国がいうように本当に安全ならばお金を「ばらまく」必要はないのでは。それを60億円もばらまくのはやっぱり「危険」?

 そのお金を使って佐賀県は、唐津おくんちにアルピノ会館(唐津駅と東なり)で「イノシシの丸焼き」を観光客に提供するそうです。

 その観光客を目当てに唐津市の(玄海町も含めて)地域の食材の販売を行うことにしています。(300万円の予算)

 そのあと、旧市町村と玄海町で「地域の食材シンポジウム」を開き「地域振興の一翼にしたい」と計画されています。(300万円)

 地域振興や地域の食材の研究販売は当然しなければならない、行政の大事な仕事のひとつです。

 しかしなぜ行政の大事な仕事を、プルサーマルの交付金を使って行わなければならないのでしょうか。
 
 予算がないから「交付金」があるなら何でもいいから使ってしまおうとしたのか。目立たないようにプルサーマルアレルギーを薄めようとする魂胆なのでしょうか。

 どちらにしても国や県の下心が透けて見えるようなプルサーマル交付金です。

 国や九電、佐賀県は、プルサーマル交付金を出す前に住民に納得のいく説明や安全対策を図るべきではないでしょうか。
コメント

コスモスが満開です

2006年10月28日 16時23分27秒 | Weblog
 相知町山崎の信号機を鏡方面に向かうとすぐの左河川敷にコスモスが満開です。

 地元の人たちが丹誠込めて咲かせています。この花を見ようと多くの方が見えられています。

 私も佐賀から帰り途中で発見。パチリ。
コメント

同和差別なくす運動と不正給与受給

2006年10月24日 18時58分28秒 | Weblog
部落解放同盟幹部の奈良市職員は、病気を理由に5年間で8日しか出勤せず約2700万円の給与を受給していたことが明らかになりました。

 この市職員は、解放同盟の団体交渉や妻が経営する建設会社の営業でたびたび市所を訪れていたと言います。
 
 市役所は、本人が「病気休職」を届けたので制度的問題はない。としていますが納得できません。

 病気ならば、団体交渉や妻の経営する建設業の営業で市役所を訪れることはできなかったはずです。病気でなかったのに「病気で働けない」との診断書を書いた医者は虚実の報告をしたことになります。

 なによりも、「部落差別問題」を訴える部落解放同盟の幹部が「給与の不正受給」では行政の「人権・同和教育」は色あせたものになります。

 皆さんはどのようにお考えでしょうか。
コメント

赤旗まつり

2006年10月22日 21時26分15秒 | Weblog
 佐賀県赤旗まつりがどん3の森でありました。2000人の参加でした。


 メインゲストはラジオでおなじみの「ヒーマン」さんでした。歌のうまいのには驚きました。
 
 私たち山口勝弘県議候補の後援会では、サザエの壺焼き、豚バラを焼き、金魚すくい、唐津焼、古本の販売などの出店をしました。楽しい一日でした。
コメント

10・21集会

2006年10月21日 08時34分45秒 | Weblog
コメント

10.21集会に参加

2006年10月21日 08時29分39秒 | Weblog
10・21唐松集会に参加しました(昨日)
コメント

後発医薬品は確かに安い

2006年10月21日 08時00分47秒 | Weblog
 昨日(20日)病院にいった。尿酸を下げる薬と水虫の内服薬をもらうためだ。月一回通っています。
 
 薬代が6000円と高いので「後発医薬品」(特許が切れた薬で効能は厚労省のお墨付きでも価格は安い)をお願いしたところ3750円ですんだ。37%も安くなったことになります。早くお医者さんにお願いしすれば良かったと悔やんでいます。

 私は、以前から「医療費負担軽減に後発医薬品を」と求めていました。自ら率先していなかったことを自らの体験を通じ皆さんにお知らせしていきたいと思っています。
コメント

要望が実現

2006年10月19日 11時52分40秒 | Weblog
16日に「一中の登校道路から雨水が溢れて砂が堆積している。除去して欲しい」との要望の工事が昨日からはじまりました。
コメント

お金の使い道

2006年10月17日 20時55分23秒 | Weblog
 
 決算算特別委員会が11月6日から13日まで開かれます。6日はテレビ中継されます。
 今日は、決算委員会審議に必要な資料請求を各課にお願いしました。
 新唐津市が合併して初めての平成17年度の決算委員会です。
 予算審議は1年間の計画を審議するもで本会議での審議は2日間ですが決算委員会は1日だけです。
 しかし、使った結果は、市民の暮らしを応援する予算だったのか、それとも不満足であったのか、そうであればどのようにどこを改善すれば市民の暮らし応援できるものになるか。真剣な検証が必要です。
 こんな大事な審議に「使ってしまった予算を今さら言っても仕方がない」との意見を言う議員があまりにも多いのに驚きます。その結果発言する議員は予算と比べると半分以下です。
 私たち議員団は慎重審議を尽くします。
 唐津市の運営について皆さんのご意見をお寄せください。議会審議に活用させていただく場合もあります。
コメント

生活相談2件が解決の方向に

2006年10月16日 23時28分36秒 | Weblog
市民の皆さんから寄せられる生活相談は多岐に及びます。また、あらゆる場所や時間に声をかけられます。
先週は、恒例の「朝の挨拶」をしていたら、「市営住宅に猫をたくさん飼って迷惑をしている。支所に言っても聞いてもらえない。何とかしてほしい」と声をかけられました。
本所の建築課に交渉し、担当者が現地を確認して、「解決の方向で進んでいます」と私の携帯電話にありました。
今日は、山口勝弘県議候補の生活相談で、「雨の時に、一中の登校道路から砂が流れ込み困っている」との相談で、市の担当者と現地確認と解決について話し合いを行い。市が改善することで解決の見通しがつきました。
生活相談では、すぐ解決できるものと時間がかかるもの、制度を変えなければ解決できないものなどいろいろありますが、解決に向けて努力しています。
困っていることがあればご相談ください。
コメント

ランキング

blogram投票ボタン