こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

TPPは食糧主権に反する

2016年04月30日 05時51分08秒 | Weblog


 昨日は、佐賀市の「メートプラザ」で「TPPの批准阻止を目指すシンポジウム」に参加しました。
九大の田村武名名誉教授は、「TPPが批准されれば国内に多大な影響を及ぼす」と講演されました。
また「生産者と消費者が結びつくことで、農村の活性化も図れる」と食糧主権の重要性を強調されました。

 今日と明日で、議会報告を配布する計画です。
天気も良さそうなので、楽しみながら出かけてきます。

コメント

いよいよ坂井市長の登場へ

2016年04月29日 05時48分20秒 | Weblog


 昨日、坂井俊之市長の「政治とカネ」の問題で、第5回の審査会が開かれました。
 次の審査会では、市長、市長後援会長、出納責任者と補佐人の出席を求め、最終的な事実関係を確認する事を決めました。
 審査会では、報告書の「会長試案」が示され、市民団体が請求した6項目のいずれも「政治倫理基準に違反する」と、市長に厳しい内容となっています。
 配布された資料によると、各委員がコメントした中で、市長を擁護する意見は一切なく、会費の振込先を個人と企業は別々に示していたことについて「ポケットの使い分けを知っていたと言えるのでは」「公職に立候補する立場であれば・・・当然熟知したうえで立候補すべきで、知らなかったでは済まされない」「「市長とは、市のリーダーでありその資質に高潔さや倫理観をもった毅然とした尊敬である姿を、多くの良識ある市民は求めているのでは」「コンプライアンスの観点から求められているのは、法の不備をつき『法令に違反しない限りギリギリの行為をしてもいい』ということを戒めているのは当然」など、市長への厳しい意見が9ページにも及んでいます。

 次回の開催は未定ですが、坂井市長以外の参考人の方は「非公開」でおこなわれることも決まりました。

 次回は、是非傍聴においで下さい。
 委員のみなさんがどんな質問をされ、坂井市長がどんな発言をされるのか、それとも「出席拒否」をされるのか、注目されるところです。

 写真は、審査会が終わって、マスコミの質問に答える村上委員長。あとの二つは、午前中、北波多市民センターをおじゃました玄関ロビーです。




 
コメント

政治倫理審査会が開かれます。

2016年04月28日 06時28分56秒 | Weblog


 坂井市長の「政治とカネ」の問題を審査する、政治倫理審査会が今日、午後3時から唐津市議会議会棟の一階の委員会室で開かれます。

 今回は、論点整理がされ一定の方向が示されるのではないかと思われます。
傍聴は自由にできます。参加者には資料も用意されます。

 写真は、竹木場公民館で盆栽の展示会があっていました。

コメント

玄海町長に発言の撤回を求める

2016年04月28日 06時11分01秒 | Weblog


 昨日の毎日新聞に一面に、玄海町長が「高レベル放射性物質の処分場受け入れ」と報道されました。
私は、玄海原発対策住民会議のメンバーのみなさんと岸本玄海町長に発言の撤回と真意を質すために玄海町役場に向かいました。

 ロビーは、福岡などからのマスコミ各社が多数集まっていました。

 町長は、「自分の任期中は、誘致する事はない」と回答しましたが、「国から相談があれば町民説明会を開きたい」とも発言しました。

 岸本町長はこれまでも、プルサーマル、3・11以後の玄海原発再稼働、中間貯蔵施設などの受け入れに積極的な発言をくり返しており100%「誘致する事はない」との発言を信用することはできません。

 上の写真は、昨夜のKBCの「報道ステーション」です。


コメント

玄海町長の暴走は許されない

2016年04月27日 08時21分38秒 | Weblog


 今朝の毎日新聞一面に「玄海町長、核ゴミ最終処分前向き」と、インタビュー記事を報じています。
原発から出る「高レベル放射能廃棄物」の最終処分場受け入れにかなり前向きな発言をしています。

 受け入れに前向きな理由のひとつに、一号機のは廃炉に伴う交付金や固定資産税の減収を挙げています。
高レベル放射性廃棄物は、人が浴びると20秒で死に至るといわれ、天然ウラン程度の放射線に下がるまで10万年程度かかるといわれています。

 こんな危険なものを最終処分地を受け入れることに、町長や一部議員だけで決める事は断じて許されません。

 福島原発が収束しないなか、チェルブイリ原発事故から30年。人類の能力では制御できない物質に手を染めるべきではないと考えます。

 良心のあるみなさん。玄海町長に発言撤回を求めにいきましょう。


コメント (1)

わが家のボタンの花も見納め

2016年04月27日 06時42分18秒 | Weblog


 外は、雨が降っています。
わが家のボタンの花もこの雨で重くたれています。

 写真は、昨日撮ったものです。
淡いピンクがとてもきれいです。



コメント

「古唐津のぐい呑展」

2016年04月27日 06時32分27秒 | Weblog


 所用で近代図書館にうかがい、その足で「古唐津のぐい呑展」を拝見しました。
唐津焼は、「高級品」のイメージがあり庶民には疎遠の存在ですが、「ぐい呑み」ならと、酒好きな私の興味をそそり、足が向きました。

 主には、斑唐津の「ぐい呑」が展示されていました。
なかには、文芸評論家の小林秀雄氏や随筆家の白洲正子さんが愛用した「ぐい呑」も展示され低ました。
 400年も前に使われていたとは、想像に値するものを感じます。
それだけ、芸術的な価値があり親しまれている「唐津焼」との認識を改めて感じました。

 家に帰ると早速、頂いた日本酒で自分に乾杯!

 展示会は、5月8日(日曜日)までだそうです。
 興味のある方は、是非お出かけください。
コメント

とうふ料理

2016年04月26日 05時49分03秒 | Weblog


 昨日は、厳木と相知の市民センターにおじゃましました。
お昼に、相知の「とうふ料理・いきさ」で、とうふ料理を頂きました。
田園のなかでぽつんとあるお豆腐屋さんが自家製のとうふ料理を提供しています。
川のせせらぎと田んぼや山を眺めながらのひとときの至福の時間を過ごすことができました。







コメント (1)

TPPこれで承認?

2016年04月26日 05時40分19秒 | Weblog


写真は、TPP交渉の経緯が記されたとする報告書です。
24日の「やま・かわ・うみ・そらフェッシバルin佐賀の資料で頂いたものです。 
 環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案の衆院特別委員会での審議をめぐり、自民党は5日、政府の交渉資料を、特別委の理事会に提出しました。ただ、全て黒塗りされ、内容は分からない状態です。
 表題は、ブルネイ閣僚会合後:「PTTブルネイ交渉会合」平成25年9月と書いてあるだけで、後は黒塗りです。
 これで審議し、「承認せよ」と求める安倍政権のおごりと議会制民主主義を無視するやり方は許せません。
コメント

つぶやきが記事に

2016年04月25日 05時43分15秒 | Weblog


 昨日の佐賀新聞に、「転落防止柵パイプ消失」と私が22日にブログとFBでつぶやいた内容が記事になっているのを見てビックリしました。
 新聞記者として、各方面に取材されて客観的視点での記事でした。
少しでも、つぶやきが世論の喚起になればと思い、これからも情報発信をしてまいります。

 衆院北海道5区はとても残念です。
僅差で涙をのみましたが野党が統一すれば無名の新人でも当選できる希望のもてる結果となりました。
心を入れ替えて、佐賀でも無所属で統一候補を早く決めたいものです。




 
コメント (1)

ランキング

blogram投票ボタン